欲しいものリスト
アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島・山形・山口・京都あたり~
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~福岡・横浜FC・東京Vも勝ち組候補~
 2018/08/16 【ロアッソ熊本×横浜FC】 依然としてJ2トップレベルのMFレアンドロ・ドミンゲス。2ゴール2アシストの活躍。
 2018/08/16 【電撃移籍】 FW久保建英(FC東京→横浜Fマリノス)は本当に伸び悩んでいるのか?
 2018/08/17 【移籍市場】 まさかの草刈り場になっている徳島ヴォルティスだが・・・。
 2018/08/17 【SBS杯:U-18日本×U-18豪州】 将来を嘱望されるストライカーのFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
 2018/08/17 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その12)
 2018/08/18 【アジア大会:日本×パキスタン】 どん底状態から復活を果たしつつあるMF岩崎悠人(京都サンガ)
 2018/08/18 【女子U-20W杯:日本×ドイツ】 ベスト4進出。立役者は飛び級での選出となるMF遠藤純(JFAアカデミー福島)。
 2018/08/18 【J1】 夏の補強に成功したのはどこだろうか?(上)~文句なしの勝ち組はル神戸と名古屋~
 2018/08/19 【J3】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?~勝ち組は鹿児島ユナイテッド&ガイナーレ鳥取~
 2018/08/19 【J1】 残留争いの展望 ~中心となるのはガンバ大阪・名古屋グランパス・サガン鳥栖など~
 2018/08/20 【J1】 夏の補強に成功したのはどこだろうか?(下)~降格回避を図るガンバ大阪と横浜Fマリノス~
 2018/08/20 【名古屋グランパス×サガン鳥栖】 躍動する新戦力のDF金井貢史。5連勝でついに降格圏を脱出。
 2018/08/20 【ベガルタ仙台×ガンバ大阪】 フル代表入りも夢ではなくなってきた21才のFW西村拓真

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2001  2018/07/28  G大阪×清水、熊本×山口、C大阪U-23×盛岡、札幌×磐田
 #2002  2018/07/29  【J1】 ガンバ大阪のクルピ監督の解任について
 #2003  2018/07/31  米国×日本、日本×ブラジル、新潟×千葉、京都×東京V
 #2004  2018/08/01  【日本代表】 森保一監督の就任について
 #2005  2018/08/02  C大阪×浦和、C大阪×鹿島、鳥栖×磐田、長野×秋田
 #2006  2018/08/03  【J3】 ブラウブリッツ秋田の監督交代について
 #2007  2018/08/04  【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名について
 #2008  2018/08/06  【女子】 U-20W杯のメンバー・21名について
 #2009  2018/08/07  神戸×柏、FC琉球×YS横浜、千葉×松本山雅、徳島×水戸
 #2010  2018/08/08  【J2】 ラストパスの本数に注目してみた。

 #0000  2018/08/08 全記事一覧(2005年-2018年)


【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (愛媛FC・アビスパ福岡・ロアッソ熊本・大分トリニータ) (2017年-2018年オフ) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

愛媛FC

GK 岡本昌弘 (ジェフ千葉) A+

→ 今シーズンは21才のGKパク・ソンスを正キーパーで使い続けたが経験不足は否めず。軽率なミスから失点するケースが多かった。192センチの大型キーパーの潜在能力の高さを買ってほぼスタメンから外さなかった間瀬監督の我慢が実を結ぶ可能性もあるがこのオフは経験のあるキーパーを獲得して競争させたタイミングだったので非常にいい補強が出来た。GKパク・ソンスのメンターとしても期待大。



MF 神谷優太 (湘南ベルマーレ) → A-

→ M-150カップ2017では森保JAPANで10番を託された。3試合で1ゴール2アシストと素晴らしい活躍を見せて準優勝に大きく貢献した。湘南で少しずつ成長を遂げているがまだJ1で活躍できるレベルとは言えないのでこのタイミングでの期限付き移籍は本人ならびにクラブ(=湘南)の未来を考えると適切な決断と言える。状況的には2014年に京都から愛媛FCに期限付き移籍したMF原川(鳥栖)と重なる部分が多い。



DF 前野貴徳 (アルビレックス新潟) → A-

→ 地元の愛媛FCで台頭。2012年のオフに鹿島に引き抜かれたが出場機会は限られた。新潟でも定位置を確保できなかったのでここ数年は毎年のように「愛媛FCに戻ったらいいのでは?」という声が出ていたがついに愛媛FCに復帰することになった。ステップアップの移籍で愛媛FCを離れた選手なのでサポーターは復帰を歓迎するだろう。ユース出身の出世頭の1人なので愛媛FCにとっては特別な選手である。



MF 安藤淳 (松本山雅) → B+

→ 近年は怪我がち。力を発揮できていないが技術の高さと判断の正確さは大きな武器となる。33才になったが身体的な能力で勝負するタイプではないので年齢的な衰えはあまり心配しなくても大丈夫な選手である。たくさんのポジションでプレーできるがWボランチのレギュラー2人が一気に抜けたのでボランチ起用が濃厚か?2列目やWBやCBでもプレーできるがボランチが最も良さを出せるポジションと言える。



MF 上原慎也 (コンサドーレ札幌) → B-

→ 札幌一筋でプロ9年目。サポーターに愛されたが契約満了。愛媛FCに移ることになった。「本職がどこのポジションなのか?」が分かりにくい選手である。フォワードでもプレー可能。ウイングバックでもプレー可能。最終ラインでもプレー可能。使い勝手のいい選手なので選手層が厚くない愛媛FCで重宝される可能性は高い。186センチの長身で身体的な能力が高いのでパワープレー要員としても期待できる。



DF 池田樹雷人 (バンコク・グラスFC) → C+

→ 三菱養和SCユースから2015年にC大阪に加入。2016年はJ3のC大阪U-23で11試合に出場したが2017年は期限付き移籍でタイのバンコク・グラスFCでプレーした。184センチとサイズに恵まれており、左足の精度も高い。CBの素材としては面白い選手だったので完全移籍というのはやや驚きである。思い切った決断と言えるがC大阪と比べると強力な競争相手は少ないチームなので大ブレイクに期待したい。



MF 野澤英之 (FC岐阜) → C-

→ 2017年はFC岐阜でプレーした。ショートパス主体のサッカーに挑戦するFC岐阜は「力を発揮しやすい環境」に思えたがJ2では14試合の出場のみ。さしたるインパクトは残せなかった。Wボランチのレギュラー2人が揃って流出した愛媛FCなのでチャンスはありそうな気もするが課題の多い選手なので相当な覚悟を持ってプレーしないとこれまでと同様のシーズンになるだろう。片道切符になる可能性もある。




アビスパ福岡

DF 篠原弘次郎 (ファジアーノ岡山) → B-

→ 東福岡高出身なので慣れ親しんだ福岡でプレーすることになった。177センチなのでCBとしてはかなり小柄であるが「空中戦の弱さ」を感じる機会は少ない。2016年の敵陣での空中戦勝率も56.1%なので極端に低い数字ではない。激しいプレーを見せる選手なのでサポーターにも気に入られるだろう。正確なフィードにも定評があるが海外移籍の可能性がある「DF冨安の後釜」という立ち位置になると大変である。



DF 輪湖直樹 (柏レイソル) → B+

→ 大宮も獲得に興味を示していたが福岡に加入することになった。天皇杯の準決勝で横浜FMに敗れた後、号泣していた姿から「退団」は十分に予想できた。J1の上位クラブで主力を張っていた選手がJ2のクラブに移籍するというのはやはり珍しい。驚きのニュースといえる。福岡にはDF亀川がいるが普通に考えるとDF亀川は他クラブに移籍するのだろう。入れ替わりで柏入りということも十分に考えられる。



FW トゥーリオ・デ・メロ (シャペコエンセ) → A+

→ 神戸に移籍した大エースのFWウェリントンの後釜候補として大きな期待がかかる。ブラジルならびにフランスの国籍を持っている。193センチ/90キロという恵まれた体格で動画を見る限りではヘディングでのゴールが多い。高さと強さが武器となるポストプレーヤー系の選手なのでFWウェリントンとは非常によく似た系統の選手と言える。今年の1月で33才になる年齢は気になるがぴったりとハマる可能性は高い。



GK 圍謙太朗 (セレッソ大阪) → C+

→ 190センチの長身キーパーは福岡に期限付き移籍することになった。安定感のあるキーパーでFC東京U-23ならびにC大阪U-23で結構な試合経験を積んでいる点は強みとなる。福岡は絶対的なキーパーはいない状況なので「頑張ればレギュラーポジションを獲得できるかもしれない。」というシチュエーションになるのはプロ選手としては魅力的な環境である。C大阪はキーパーの補強がありえる状況になった。



MF ユ・インス (FC東京) → B+

→ FC東京U-23の主軸として2016年は26試合で11ゴール、2017年も20試合で8ゴール。J3を代表するアタッカーだったがトップチームではほとんどチャンスが与えられなかった。非常に勿体ない状況になっていたので「今オフの移籍は確実」と思われていたが福岡入りを決断した。FWウェリントンの周りでプレーする選手の得点力の低さが福岡の弱点だったのでなかなかいい補強が出来たと考えられる。



DF 平尾壮 (ガンバ大阪) → D+

→ もともとはフォワードの選手。2017年もFW登録だったが攻撃力を評価されて右SBが主戦場になっている。J3のG大阪U-23では24試合に出場するなど主力としてプレーしているがG大阪はSBの層が厚いのでなかなかトップチームの活動には絡めない。プロ3年目のシーズンを終えてJ2の福岡に期限付き移籍することになったが移籍先の福岡で相当なインパクトを残さないと「片道切符」になるだろう。



FW 森本貴幸 (川崎フロンターレ) → B+

→ 中学生Jリーガーとして話題になった怪物ストライカーも今年の5月でついに30歳になる。ケガの多いサッカー人生になっているが得点感覚の鋭さは天性のものがある。ケガによる離脱の多い選手なので計算はしにくいが途中出場の切り札な起用法になるとまだまだ力を発揮できるはず。193センチのFWトゥーリオ・デ・メロをサポートする第2・第3のフォワードとしてはハイレベルな選手であることは確か。



MF 枝村匠馬 (清水エスパルス) → C+

→ ベテランのMF兵働(清水)の復帰が確定したがJ1で30試合に出場した選手なので下部リーグへの期限付き移籍はやや驚きだった。J2でプレーするのは2016年以来で2度目。期限付き移籍はC大阪・名古屋・神戸に次いで4チーム目となる。気の利いたプレーが出来る選手であるが若い頃は得点力が相当に高かった。謎の得点力が魅力だった選手なのでゴール前で仕事が出来ないと価値は半減する。



FW ドゥドゥ (ヴァンフォーレ甲府) → A-

→ 動向に関するニュースがなかなか流れなかった。「甲府を退団すること」は予想できたが昇格を争うライバルクラブに期限付き移籍することになったのは驚きである。2017年は29試合で5ゴールと不振。秋に調子を上げてスーパーな活躍を見せたが長続きせず。シーズンの大半は不調だった。ポテンシャルが高い選手であることは明らかなので大エースとして君臨する可能性はあるがコンディション次第と言える。




ロアッソ熊本

DF 高瀬優孝 (ザスパクサツ群馬) A+

→ 今シーズンは怪我の影響もあって6試合の出場にとどまったが万全の状態であれば「J2では最高クラスの左SB」である。怪我のためプレーヤーとしての価値がやや下がっているタイミングで獲得できた熊本は素晴らしい補強が出来たと言える。2016年のクロス数は229本でJ2最多だった。最後の8試合を欠場しながら2位以下の選手に大きな差を付けて断トツで1位だった。運動量が豊富で左足のキックは精度が高い。



DF 青木剛 (サガン鳥栖) → B+

→ 鹿島時代にたくさんのタイトルを獲得しているベテランのCBはJ2の熊本でプレーすることになった。J2でプレーするのはキャリア初となる。35才とベテランの域に入ったが今シーズンもJ1で17試合に出場している。DF谷口博がケガをしてDFチョン・スンヒョンが加入するまではCBのレギュラーとしてプレーしたので年齢的な不安は小さい。リーダータイプではないと思うが経験値は熊本を助けることになるだろう。



FW 皆川佑介 (サンフレッチェ広島) → C-

→ 織田GMのルートでJ2の熊本に期限付き移籍することになった。「サイズのある大型フォワードで精力的なチェイシングが武器」というのは元日本代表のFW巻と同じ。FW巻は最高のお手本になると思うがキャラはもろ被り。FW安柄俊もいるので「熊本行き」という選択は適切ではなかったように感じる。本人ならびに広島にとっては有意義な移籍になるかもしれないが熊本にとっていい補強になる可能性は高くない。



FW 佐野翼 (アルビレックス新潟S) → ???

→ アルビレックス新潟Sからの「逆・輸入選手」となる。順天堂大から新潟Sに加入して2017年は21試合で26ゴールと量産。得点王に輝いている。J1で印象的な活躍を見せたFW河田(新潟)は2016年は22試合で13ゴールを記録。年間最優秀選手に選出されているがシンガポールでの実績では引けを取らない。動画を見る限りではゴール前で仕事のできるストライカーである。得点感覚は高そうなので期待は持てる。



MF 伊東俊 (京都サンガ) → B-

→ 山形時代には4年半ほど10番を背負ってプレーした。アタッカーの層が厚い京都では出場機会が限られたがテクニックがあってドリブルで突破のできる選手なので熊本で攻撃の中心になる可能性はある。ボールを受ける技術が高いので渋谷監督がショートパス主体のサッカーに挑戦するのであれば能力は発揮されやすい。悪くない補強と言えるが得点力不足解消のためにはもうワンランク上のアタッカーが必要である。



DF 多々良敦斗 (ジェフ千葉) → C-

→ 千葉との契約が満了になったDF多々良はJ2の熊本に移籍することが決まった。千葉ではSBでもプレーしたが堅実なプレーに定評がある。安定感のある計算の出来るCBであることは間違いないがDF園田やDF小谷も同系統のCBである。3人とも身長は180センチなのでCBとしては小柄な部類に入る。選手層は厚くなるが「違ったタイプのCB」を獲得した方が戦力アップにつながったのではないか?と思われる。



MF 田辺圭佑 (FC琉球) → A-

→ J3を代表するプレーメーカー系のボランチがついにJ2のクラブに個人昇格を果たした。明らかにJ3レベルの選手ではなかったのでJ2へのステップアップの移籍自体は全く驚きではない。左利きで展開力があって守備も粘り強い。左利きのボランチでここまで展開力のある選手は日本には少ないので非常にいい補強と言える。気になる点を挙げるとMF上里と重なる部分が少なくない点。出番に恵まれない可能性もある。




大分トリニータ

DF 星雄次 (レノファ山口) B-

→ 2016年はJ2で30試合に出場して5ゴールを記録。DF香川勇と左SBのポジションを争ったが前目の位置で起用されることもあった。今シーズンは29試合で3ゴール。2016年と比べるとインパクトは薄かった。攻撃的なサイドプレーヤーなので左SBよりも左WBの方が良さを出しやすい。3バックが基本となる大分は良さを出しやすいチームと考えられる。SBやWBの位置から点に絡めるのは大きな武器となる。



DF 刀根亮輔 (ギラヴァンツ北九州) → C+

→ 若い頃から能力を高く評価されてきた。10代の頃から大分で出場機会を得ていたが2年のみで東京Vに移籍した。その後、名古屋・長崎・北九州でプレーしたが、「チーム選びがうまくいかない選手」という印象が強い。代理人の問題なのか?本人の問題なのか?は定かではないが自分に合ったチームを見つけることが出来なかった。個人昇格となるが古巣の大分に戻ることが出来たことを嬉しく思っているだろう。



MF 馬場賢治 (カマタマーレ讃岐) → B+

→ 水戸ならびに讃岐で攻撃の中心として活躍したMF馬場は「J1復帰」を狙う大分でも攻撃の中心になる可能性がある。テクニックがあってトリッキーなプレーが出来るがゴール前では冷静。シュート技術も高い。大分は「3-4-2-1」を採用するケースが多いのでシャドーの位置でプレーすると思うがMF後藤優やMF三平やMF小手川やMF川西などとは全く違うタイプの選手である。いい補強と言えるだろう。



MF 丸谷拓也 (サンフレッチェ広島) → C-

→ 2012年の途中から2013年まで、約1年半、大分でプレーしている。その時以来の加入となる。MF青山敏&MF森崎和の壁は厚くてなかなか出場機会は増えなかったが堅実なプレーは評価されている。ずっとJ1で戦ってきた点は魅力となるがチームを大きく変えるだけのパワーを持っている選手ではないことを考えるとMF國分やMF姫野などユース出身の若手を優先して起用した方がいいのでは?と感じる。



MF 那須川将大 (松本山雅) → C+

→ 近年はケガが非常に多くて力を出し切れていないが高精度の左足を持っている。コンディションが万全であればある程度以上の存在感を発揮できる左サイドのスペシャリストなので悪くない補強と言える。MF松本怜やMF山岸智が左SWでプレーする機会が多かったがどちらも右利きの選手である。左利きのMFシキーニョは退団するので「左利きのWB」は大分の補強ポイントの1つだった。適切な補強と言える。



FW 藤本憲明 (鹿児島ユナイテッド) → A+

→ J3で30試合で24ゴールを挙げたので「個人昇格の可能性は高い。」と考えられていたが移籍先は大分に決まった。絶対的なストライカーがいなかった大分にとっては願ってもない補強になった。カテゴリーが上がると相手のCBのレベルが上がるので「さっぱり活躍できなくなる。」という選手は少なくないがFW藤本憲に関してはその可能性は低い。「J2でも上位クラスの点取り屋になれる。」と考えられる。



MF 宮阪政樹 (松本山雅) → B+

→ Jリーグで最高レベルのプレイスキッカーとして知られるが松本山雅ではレギュラーポジションは確保できなかった。主に守備の部分がネックになって反町監督の信頼を勝ち取ることはできなかったがスペシャルな右足を持っている選手なので大分で大きな戦力になる可能性はある。大分はセットプレーからの得点がJ2で21位となる9得点のみ。セットプレーでの得点の少なさを1人で解決できるだけの右足を持っている。



GK 兼田亜季重 (アビスパ福岡) → D+

→ 正キーパーだったGK上福元(→東京V)が抜けた大分に加入することになった。守護神のGK杉山力がケガをして離脱した時期に出場機会を掴んで2017年はキャリア最高となる14試合に出場した。14試合で9失点のみだったので結果を残した。新天地の大分ではGK高木駿やGK修業とポジションを争うことになるが心許ない陣容である。「もうワンランク上のキーパーを狙っている可能性は高い。」と考えられる。



DF 山口真司 (ヴィッセル神戸) → C-

→ 神戸U-18出身の21才。2016年の途中に神戸から大分に期限付き移籍するとJ3優勝を目指していた大分で出場機会を獲得。3か月ほど大分でプレーしてJ3で7試合に出場。終盤戦の5連勝にも貢献した。「神戸に戻っても出番はない可能性が高い。」と思われたので昨オフに神戸に復帰したのは少し意外だったが1年ぶりに大分に戻ることになった。左足のキックの精度は高いのでJ2でチャンスをつかみたい。



DF イム・スンギョム (名古屋グランパス) → B-

→ 昨夏に韓国の大学を休学して名古屋に加入した。本職はボランチながら風間監督はCBの位置で起用した。183センチの長身。足元の技術も高い。大分は3バックを採用するチームなのでストッパーの位置がメインになると思うがボランチでの起用もあり得る。潜在能力の高い選手なので面白い補強と言える。名古屋はこれで外国人枠が1つ空いたので噂のGKランゲラクとは別の外国人の補強があるかもしれない。



 2018/01/07  【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:293名)
 2018/01/08  【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:121名)
 2018/01/11  【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:28名)




関連エントリー

 2018/01/06  【J2】 2018年シーズンの展望 (上) ~昇格争いは5強が中心か!?~
 2018/01/06  【J2】 2018年シーズンの展望 (中) ~5強を追う第2集団はどこか?~
 2018/01/21  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC)
 2018/01/22  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・東京ヴェルディ)
 2018/01/23  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (町田ゼルビア・横浜FC・ヴァンフォーレ甲府)
 2018/01/24  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (松本山雅・アルビレックス新潟・ツエーゲン金沢)
 2018/01/26  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山)
 2018/01/28  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (レノファ山口・カマタマーレ讃岐・徳島ヴォルティス)
 2018/01/29  【J2】 クラブ別の各補強の12段階評価 (愛媛FC・アビスパ福岡・ロアッソ熊本・大分トリニータ)








| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


08月20日
全記事一覧(2005年-2018年)

08月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


08月20日
【ベガルタ仙台×ガンバ大阪】 フル代表入りも夢ではなくなってきた21才のFW西村拓真

08月20日
【名古屋グランパス×サガン鳥栖】 躍動する新戦力のDF金井貢史。5連勝でついに降格圏を脱出。

08月20日
【J1】 夏の補強に成功したのはどこだろうか?(下)~降格回避を図るガンバ大阪と横浜Fマリノス~

08月20日
【J1】 残留争いの展望 ~中心となるのはガンバ大阪・名古屋グランパス・サガン鳥栖など~

08月19日
【J3】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?~勝ち組は鹿児島ユナイテッド&ガイナーレ鳥取~

08月19日
【J1】 残留争いの展望 ~中心となるのはガンバ大阪・名古屋グランパス・サガン鳥栖など~

08月18日
【J1】 夏の補強に成功したのはどこだろうか?(上)~文句なしの勝ち組はヴィッセル神戸と名古屋グランパス~

08月18日
【女子U-20W杯:日本×ドイツ】 ベスト4進出。立役者は飛び級での選出となるMF遠藤純(JFAアカデミー福島)。

08月18日
【アジア大会:日本×パキスタン】 どん底状態から復活を果たしつつあるMF岩崎悠人(京都サンガ)

08月18日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その12)

08月17日
【SBS杯:U-18日本×U-18豪州】 将来を嘱望されるストライカーのFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)

08月17日
【移籍市場】 まさかの草刈り場になっている徳島ヴォルティスだが・・・。

08月16日
【電撃移籍】 FW久保建英(FC東京→横浜Fマリノス)は本当に伸び悩んでいるのか?

08月16日
【ロアッソ熊本×横浜FC】 依然としてJ2トップレベルのMFレアンドロ・ドミンゲス。2ゴール2アシストの活躍。

08月16日
【J2】 22クラブの中でセットプレーに強いチームはどこだろうか? (2018年版)

08月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

08月15日
【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。

08月15日
【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~アビスパ福岡・横浜FC・東京ヴェルディも勝ち組候補~

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島ヴォルティス・モンテディオ山形・レノファ山口・京都サンガあたり~

08月14日
【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。

08月13日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)

08月13日
【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)

08月13日
【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。

08月12日
【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について

08月12日
【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。

08月11日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【女子U-20W杯:日本×スペイン】 欧州女王の壁は打ち破れず。エースのFW植木理子(日テレ・ベレーザ)は不発。

08月10日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その9)

08月09日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月09日
【J2】 ポジション別に11位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【新10番】 レノファ山口のMF池上丈二の「ラストパス/90分」が異次元な件。

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【女子:U-20W杯】 初の世界一に向けて好発進。決勝ゴールを決めたのはMF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の中盤戦)

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (後編)

08月06日
【京都サンガ×モンテディオ山形】 JFLのFC大阪から加入したFWジュニーニョが相当に凄い。

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (前編)

08月06日
【日本代表】 新生・ポイチJAPANは3バックを採用するのか?4バックを採用するのか?

08月05日
【ジェフ千葉×松本山雅】 脅威のスピードスターのMF前田大然が輝きを放つ。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (MF/FW編)

08月04日
【ヴィッセル神戸×柏レイソル】 スペイン代表のMFイニエスタはさすがのプレーを見せる。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (GK/DF編)

08月03日
【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名が発表~初代表はDF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)~



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: