アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/07/13 【J1】 残留争いの展望 (上) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~
 2018/07/13 【J1】 残留争いの展望 (下) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~
 2018/07/13 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (41位-50位)
 2018/07/14 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (31位-40位)
 2018/07/14 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (21位-30位)
 2018/07/14 【逮捕】 小田桐健一容疑者(元カマタマーレ讃岐)は「元Jリーガー」でも「元プロサッカー選手」でもない。
 2018/07/15 【黙祷騒動】 意味不明だった横浜FCのサポーターの行動とその意図
 2018/07/15 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (キーパー編)
 2018/07/15 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)
 2018/07/16 【ロシアW杯】 強かったフランス代表。立派な戦いを見せたクロアチア代表。
 2018/07/16 【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (前編)
 2018/07/16 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その3)
 2018/07/16 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (11位-20位)
 2018/07/17 【J1】 優勝争いの展望~サンフレッチェ広島を追うセレッソ大阪と川崎フロンターレとFC東京~


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1974  2018/06/24  ロシア×エジプト、ナイジェリア×アイスランド、ポルトガル×モロッコ、メキシコ×韓国
 #1975  2018/06/26  デンマーク×豪州、ドイツ×スウェーデン、日本×セネガル、ポーランド×コロンビア
 #1976  2018/06/27  ウルグアイ×サウジアラビア、スペイン×イラン、フランス×ペルー、ウルグアイ×ロシア
 #1977  2018/06/28  セルビア×スイス、ポルトガル×イラン、豪州×ペルー、アルゼンチン×ナイジェリア
 #1978  2018/06/29  ベルギー×チュニジア、イングランド×パナマ、セルビア×ブラジル、韓国×ドイツ
 #1979  2018/07/01  スペイン×モロッコ、スウェーデン×メキシコ、日本×ポーランド、コロンビア×セネガル
 #1980  2018/07/02  フランス×デンマーク、クロアチア×アイスランド、スイス×コスタリカ、ベルギー×イングランド
 #1981  2018/07/03  フランス×アルゼンチン、ウルグアイ×ポルトガル、ロシア×スペイン、クロアチア×デンマーク
 #1982  2018/07/04  【ロシアW杯】 日本代表の戦いはひとまず終了した。
 #1983  2018/07/06  ブラジル×メキシコ、日本×ベルギー、スウェーデン×スイス、コロンビア×イングランド

 #0000  2018/06/11 全記事一覧(2005年-2018年)


Jリーグ クラブ別大総括(30) 浦和レッズ編 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

浦和レッズの2007年シーズンを振り返る。



■ オジェック監督の復帰

06年にチームを初めての年間王者に導いたブッフバルト監督が勇退し、ドイツ人のオジェック監督が11年ぶりに古巣の監督に復帰。ACLとリーグ戦のダブルタイトル獲得を目指して、チーム作りを行った。

選手の入れ替えは最小限にとどまり、左サイドのMF三都主アレサンドロがオーストリアのザルツブルグに移籍し、新加入選手として加入したのは日本代表のMF阿部勇樹のみだった。

迎えたシーズンは、決して万全のチーム状態ではなく、故障者の続出に苦しんだ。MF小野はシーズンの終盤のほとんどを欠場し、DF闘莉王も春先から故障を抱えてのプレーが続き、万全とは程遠かった。FW田中達也も昨シーズンの怪我の後遺症でシーズン前半を欠場した。

結局、イラン代表のセパハンとの激闘を制して日本勢としては初めてのACL王者となったが、超過密日程が災いしたのか、リーグ戦は終盤に失速。残り5試合で2敗3分けに終わり、鹿島アントラーズに逆転でリーグ制覇を譲る形となった。

■ 奮闘した守備陣

ACLの決勝のセパハン戦を見れば分かるように、シーズンを通して対戦相手に主導権を握られる試合が多く、プランの戦いが出来たというわけではなかった。だが、DF闘莉王を中心とした3バックと長谷部・鈴木の両ボランチが体を張ったプレーでしのぎきって、したたかに勝利を重ねていった。

一見すると、浦和が押し込まれているように見えても、最後のエリアはしっかりと封鎖していたので、簡単に失点を喫するようなことはなかった。彼らは、いくつものタイトルを獲得していく中で、王者のメンタリティを備えていった。その精神力は、アジアチャンピオンにふさわしいかった。

■ 原点回帰で立て直したオジェック監督

監督就任後、オジェック監督はブッフバルト体制からのバージョンアップを図り、開幕から4バックを採用したり、前線からのプレスを強要したりと、モデルチェンジに取り組んだ。しかしながら、なかなか思うような結果が出ず、勝ちきれない試合が増えていった。

すると、オジェック監督は、後半戦に入ると、ひとまず理想を捨てて現実主義にシフトチェンジ。右ウイングバックの山田と左ウイングバックの平川も引き気味で、5バックに近い陣形となった。結果的に、リーグ戦では最小失点。発展性は見せなかったが、チームをうまくマネージメントとした。

■ オジェック氏の限界

しかしながら、リーグ戦は、最後の最後で大失速。ほぼ手中におさめていたリーグ2連覇を目前で失うことになった。選手たちは連戦になってもタフに戦ったが、疲労の色は隠せなかった。

リーグ制覇の可能性の薄くなった川崎FがACLの準々決勝のセパハン戦に向けて、ターンオーバーを行ってJリーグからクレームを受けたが、対照的に浦和は一貫して、ベストメンバーで試合に臨んだ。しかし、これが果たして正解だったかというと、やはり疑問が残るだろう。残り5試合で2敗3分けという結果では、追撃する鹿島に逆転優勝をさらわれても仕方がなかった。

オジェック監督は、いっかんして、「48時間経てば大丈夫。」と発言し、疲労の影響は否定し続けていたが、もっと柔軟な選手起用を行うべきであったし、選手起用に対して、否定的な見方をされても仕方なかった。

■ アジアチャンピオンの称号

リーグ制覇は逃したが、ACLを制覇したことは、高く評価できる。現行の制度になってから、日本勢では初めてのタイトルであり、他のどのチームも成し遂げられなかった快挙である。

タイトル獲得と同時に、ACLをメジャーなタイトルに押し上げた功績も評価できる。これは、浦和の選手だけでなく、サポーター、フロントが一丸となった末の功績である。来シーズンは、浦和、G大阪、鹿島の3チームがACLに参戦するが、G大阪も鹿島も、以前の挑戦のときとは比べ物にならないくらいのモチベーションで大会に臨むだろう。当然、グループリーグ突破は最低限のノルマとなる。

■ ポンテの活躍

苦しいチームを支えたのはMFポンテだった。ゲームメークだけではなく、アシスト役とゴールゲッターの役割もこなし、単調になりがちな攻撃に彩りを加えた。高い技術を持つにもかかわらずセルフィッシュな部分は見られず、その技術をうまくチームに還元した。

リーグ戦では、5ゴール12アシスト。ハードワークもこなせる点が魅力で、派手さはないが確実なプレーでチームを助けた。攻撃陣では、ただ1人、代えの利かない選手だった。チームのために必要なプレーを必要なときにこなすことの出来る選手であった。

■ リーダーとして鈴木啓太

チームを支えたMF鈴木啓太は、リーグ戦、ACL、日本代表と、ほとんどフルに働いた。そのタフネスぶりは賞賛に値する。類稀な危機察知能力でピンチを未然に防ぎ、押され気味の試合になればその能力が発揮された。

ACLやアジアカップ等で、海外の選手たちと戦う中で、攻撃面でもレベルアップし、中盤の底でしっかりとボールを受けて、確実に味方につなぐことが出来るようになった。ミドルパスの精度はまだまだではあるが、国際試合をこなすごとに、ボランチとして成長を見せていった。

華麗さはないが泥臭いスタイルは、確かに今のレッズの象徴である。

■ ハイパフォーマンスを見せたGK都築

06年の後半は山岸にポジションを奪われていた都築だったが、07年はシーズンを通してポジションを獲得。抜群の反射神経を生かしたファインセーブを連発し、最後の砦となった。

凡ミスがほとんどないのも特徴で、素晴らしいシーズンを送った。身体的な能力にも恵まれていて、ムラもなかった。日本代表に招集されても、全くおかしくない。

■ 懸念の左サイドに定着した平川

三都主の抜けた左ウイングバックのポジションは、シーズン序盤は、日本代表候補にも選ばれたMF相馬やMF小野、阿部らが試された。しかしながら、いまひとつフィットせず、悩みの種となった。

後半戦になると、相馬や小野の怪我もあって、平川が起用されるようになると、相馬と比べると突破力はなかったが、抜群のスピードを生かしたサイドアタックと安定した守備で完全にレギュラーポジションを獲得し、日本代表のオシム監督にも注目される存在となった。

右サイドの山田が怪我でチームを離れたときは、右サイドでもプレーし、遜色のないプレーを見せた。チームへの貢献度は、非常に高かった。

■ ポリバレントを体現した阿部勇樹

リーグ戦とACLの2冠を達成するためには、阿部勇樹の活躍は不可欠だった。移籍金は4億円と高額だったが、その価値に見合うだけのプレーを続けた。

阿部の加入は、1人の選手の加入の効果にとどまらなかった。故障者続出のチームにあって、センターバック、リベロ、右ウイングバック、左ウイングバック、ボランチ、左サイドバックと6つのポジションをこなした。

真骨頂を発揮したのは、ACLの準決勝の城南一和戦と決勝のセパハン戦。押され気味の試合の中で、獅子奮迅の活躍で、PK戦でも勝利に大貢献。痛みに耐えながら戦う姿は、感動的だった。

■ 造反組に対する扱い

シーズン序盤から、なかなか思うような試合が出来なかったこともあって、選手たちからはオジェック監督に対する不満が続出した。シーズン序盤には、MF小野が起用方法に不満を表明したが、中でも、FWワシントンとオジェック監督の関係は、もはや修復は不可能だった。

昨シーズンのリーグ得点王のワシントンだが、今シーズンは12ゴールのみ。独善的なプレーも多く、絶対の存在ではなくなった。途中交代させられるたびにベンチにオジェック監督とワシントンは険悪な雰囲気になった。

このようなワシントンの態度は非常にプロらしくはなかったが、オジェック監督は大人に対応し、出場停止等のペナルティーも考えられたが、ACL決勝も含めて、FWワシントンを先発で起用し続けた。賛否両論はあるが、うまく操縦したともいえる。

■ アジア№1クラブへ・・・

ACLを制覇したことは高く評価できる偉業である。ただ、残念ながら、その試合内容は、豪華なタレントが並ぶチームにしては、それほど褒められたものではなかった。どの試合でも、リードを奪うとDFラインが下がりすぎて、相手の猛攻を食らうシーンがあって、GK都築やDF闘莉王の最後のがんばりもあって乗り切ったが楽な戦いは1つもなかった。

確かに、「過密日程」による疲労が、その要因の1つであったことは間違いない。だが、やはり、オジェック監督の能力的な要因も大きく、後ろ向きのチームであったことは否めない。これだけの選手が揃っているのだから、確率高く、他チームを圧倒するくらいの試合を見せてもよかった。

例えば、ACLの決勝戦を見た日本以外のアジアの国の人々は、浦和レッズとセパハンの試合をどのように感じただろうか?きっと、浦和のサポーター集団やさいたまスタジアムの魅惑的な雰囲気に魅了されることはあっても、レッズのサッカー自体に魅了されることは無かっただろう。

浦和レッズが、日本を飛び出して、アジアの中でも人気のあるメジャークラブとなるためのライバルは、マンチェスターUやアーセナルやバルセロナである。同じアジアのチームとして、少しばかりの親近感は感じてもらえるだろうが、結局は、これらの欧州のトップクラブと同じくらい魅力的なチームを作って、エンターテイメント性溢れる試合を見せ続けなければ、見向きもされないだろう。

幸いにも、方向性を変えるだけで、今のタレントを見れば、リーグ戦でもACLでも、毎試合のように相手を圧倒するだけの魅力的なサッカーが出来るだけの土壌は備わっている。例えば、アウェーの磐田戦やホームのFC東京戦のサッカーは、ファンタスティックで素晴らしかった。

レッズには、こういう試合をずっと続けてほしい。そのためには、レッズのサポーターも、より厳しい目でレッズを見守る必要があるだろう。味方であっても安易なミスには苦言を呈するべきだし、明らかに格下のチームを相手に苦戦するようであれば、チームに叱咤激励をしなければならない。彼らは、アジアチャンピオンだから・・・。

レッズ戦




コメント

来季もレッズは有力選手を集め層を厚くするようですが
それはいいんですが
選手を固定化しがちなオジェックが監督というのが何とも…
2007/12/30(日) 11:57:08 | URL |    [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/861-d92ebcf0





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






欲しいものリスト


最近のエントリー (50記事)


07月17日
全記事一覧(2005年-2018年)

07月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


07月17日
【J1】 優勝争いの展望~サンフレッチェ広島を追うセレッソ大阪と川崎フロンターレとFC東京~

07月16日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (11位-20位)

07月16日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その3)

07月16日
【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (前編)

07月16日
【ロシアW杯】 強かったフランス代表。立派な戦いを見せたクロアチア代表。

07月15日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

07月15日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (キーパー編)

07月15日
【黙祷騒動】 意味不明だった横浜FCのサポーターの行動とその意図

07月14日
【逮捕】 小田桐健一容疑者(元カマタマーレ讃岐)は「元Jリーガー」でも「元プロサッカー選手」でもない。

07月14日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (21位-30位)

07月14日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (31位-40位)

07月13日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (41位-50位)

07月13日
【J1】 残留争いの展望 (下) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~

07月13日
【J1】 残留争いの展望 (上) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~

07月12日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (アタッカー編)

07月12日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (ボランチ編)

07月12日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その2)

07月11日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その1)

07月11日
プロスポーツは『結果がすべて』なのか? ~ポーランド戦最後の10分間を考える~

07月11日
【ロシアW杯】 MFエムバペ(フランス代表)の遅延行為を過剰に批判するのは正しいのか?

07月10日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (左SB/WB編)

07月10日
【ロシアW杯】 スター選手から劇団員に落ちたブラジル代表のMFネイマール

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (CB編)

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (右SB/WB編)

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (GK編)

07月08日
【日本代表】 GK川島永嗣の後継者として期待したい若手の大型キーパー・10人 (後編)

07月08日
【日本代表】 GK川島永嗣の後継者として期待したい若手の大型キーパー・10人 (前編)

07月08日
【ロシアW杯】 場違いな日の丸に嫌悪感を抱いた件 (ベルギー vs ブラジル)

07月07日
【ロシアW杯】 見苦しい行為が多かった南米勢(ブラジル・アルゼンチン・コロンビアetc.)

07月07日
【ロシアW杯】 ベルギーの強さは半端ない件 (vs ブラジル)

07月07日
【J2】 2018年の夏の移籍市場の勝ち組と負け組はどこだろうか? (前編)

07月06日
【日本代表】 結局、「ハリルホジッチ監督の解任という決断」はどう評価すべきなのか?

07月06日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (01位-10位) (フォワード編)

07月06日
【日本代表】 西野監督の後任としてふさわしいのは誰だろうか?どんな人だろうか?

07月06日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (11位-20位) (フォワード編)

07月05日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (01位-10位) (ボランチ編)

07月05日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (11位-20位) (ボランチ編)

07月04日
【J1】 2018年の夏の移籍市場の勝ち組はどこだろうか? (後編)

07月04日
【日本代表】 「後任監督選びよりも総括が先」はクレイジーな意見に思えるという話

07月04日
【日本代表】 次期キャプテンにふさわしいのは誰か?を考える。~候補は吉田麻也・香川真司・柴崎岳など~

07月03日
【日本代表】 次期監督にふさわしいのは誰か?を考える。~最有力候補は西野朗監督だが・・・~

07月03日
【W杯:日本×ベルギー】 美しく散った23人の侍たち。彼らのことを誇りに思う。

07月03日
【企画】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバー23名を予想しよう。 (現在の参加者→15名)

07月03日
【投票:ロシアW杯】 日本 vs ベルギーで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

07月02日
【J1】 2018年の夏の移籍市場の勝ち組はどこだろうか? (前編)

07月02日
【移籍話】 さすがにかっこ悪いよ。FWフェルナンド・トーレスさん。

07月02日
【日本代表】 セルジオ越後を有り難がるのはいい加減、やめようぜ。

07月02日
【日本代表】 安易に日本サッカー協会を批判するのはもう止めよう。

07月02日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (01位-10位) (アタッカー編)

07月02日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (11位-20位) (アタッカー編)

07月01日
【投票:ロシアW杯】 フランス vs アルゼンチンで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月30日
【ロシアW杯】 独断と偏見で選んだグループリーグの名勝負 (1位-10位まで)

06月30日
【ロシアW杯】 西野JAPANのグループリーグのMVPは誰なのか?を考える。

06月30日
【スタメン漏洩問題】 日本代表の足を引っ張る日本のメディアに呆れた。

06月29日
【ロシアW杯】 日本代表の「大幅なスタメン変更」を批判する人は素人か? (vs ポーランド)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: