アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

 2018/02/19 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)
 2018/02/19 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)
 2018/02/19 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/19 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/19 全記事一覧(2005年-2018年)


【ACL決勝:浦和×セパハン】 Jリーグ新時代へ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 最終決戦

いよいよACLの決勝戦。

第1戦のアウェーの地で1対1のドローをもぎ取った浦和レッズが、ホームのさいたまスタジアムに戻ってきた。熱狂のさいたまスタジアムは、平日にもかかわらず6万人以上の観衆を飲み込んだ。アウェーゴールをマークしている浦和は、スコアレスドローでもアジア制覇が決まる。

ホームの浦和は、<3-5-2>。GK都築。DF堀之内・闘莉王・坪井。MF阿部・鈴木・長谷部・平川・ポンテ。ワシントンと永井の2トップ。FW田中達也はベンチスタート。けが人続出で苦しい事情ではあるが、オジェック監督は、現時点でのベストメンバーを選んできた。

■ 永井の先制ゴール

前半7分にいきなり浦和がチャンスを作る。ポンテのFKからDF闘莉王が決定的なヘディングシュートを放つもGKのファインセーブ。その後は、アウェーのセパハンがボールを支配するが、前半22分にFW永井の右足が炸裂。オフサイドラインの裏を抜け出た永井が渾身の右足シュートを放つと、そのシュートがセパハンのゴールに突き刺さっで先制した。

永井という選手は、ドイツのカールスルーエにレンタル移籍をしていた時期を除くと、ずっと浦和でプレーしてきた生え抜きである。シーズンを通して、ゴール数はそれほど多くないが、インパクトのあるゴールが多く、数字以上の貢献をする選手である。その永井が大事な大事なゴールを生み出した。

前半は、セパハンに決定機を作らせず、浦和が1対0で折り返した。

■ 値千金の阿部のゴール

後半は、最低でも1点を返して試合をイーブンに戻したいセパハンが前がかりになって攻め込む。浦和はポンテやワシントンを基点としたカウンターアタックが中心となって、セパハンがボールを支配する。

しかしながら、浦和の最終ラインが、闘莉王を中心に体をはってセパハンの猛攻を防いでいく。待望の追加点が生まれたのは、後半25分。ぺナルティエリア内でボールを受けたFW永井が右足でシュートを放つと、セパハンのGKがはじいたボールを右ウイングバックの阿部がヘディングで押し込んで、2対0とリードを広げた。

ACLの準決勝のころから、満身創痍の阿部の体だが、決して弱音を吐くことなく、チームに求められるポジションで求められるプレーをハイレベルでこなしてきた。その阿部が、執念のゴールで貴重な2点目をマークした。

■ 耐えて耐えての勝利

2点のリードを奪った浦和だったが、アウェーゴールを考えると2対2に追いつかれると、セパハンに逆転を許す。したがって、決してセーフティーリードとはいえなかった。

セパハンもイラン王者らしく、最後まで浦和レッズを苦しめた。しかしながら、最後までGK都築の守るゴールを破ることは出来なかった。セパハンのきわどいシュートは、6万の観衆の悲鳴の中、ゴール隅に外れていった。

オジェック監督は、ロスタイムにFW岡野を投入する粋な采配を見せて、2対0で勝利。見事にアジアチャンピオンに輝いた。

■ 祝・アジアチャンピオン

レッズは、見事な勝利でアジアチャンピオンに輝いた。試合内容のすべてが素晴らしかったわけではないが、チーム全体でハードワークを行って、したたかに勝利を重ねた。戦いが終わってみれば、最もアジアチャンピオンにふさわしいチームが、アジアを制したことになる。

6万人を超す圧倒的なサポーターの力は絶大であった。

■ 縦の関係を築くダブルボランチ

超過密日程の影響もあって、浦和の選手は万全ではなかったが、それでも果てることの無い闘志を見せた。

特に鈴木啓太と長谷部誠のダブルボランチが、攻守に抜群の働きを見せた。鈴木と長谷部のダブルボランチコンビは、これまでは横並びの関係を築くことが多かったが、ここ数試合はかなり長谷部が前目のポジションを取っていて、2.5列目といった様相である。

したがって、長谷部はこれまで以上に攻撃的な仕事がやりやすくなって、この試合でも長谷部のドリブル突破が効果的だった。若いころの長谷部と比べると無理なドリブルはなくなって、それが消極的に感じることもあったが、最近は、リスクを冒してでも仕掛けていく姿勢が戻ってきた。

ACLという戦いを終えて、もしかしたら長谷部は、一皮剥けたかもしれない。

■ 阿部勇樹がもたらしたアジアチャンピオン

ポンテ、長谷部、都築、鈴木の貢献度も高かったが、ACLのMVPを選ぶと、MF阿部を推したい。ボランチだけでなく、センターバックやサイドバック、さらにはウイングバックをマルチにこなし、さらには貴重なゴールにからむ貴重な働きを続けた。

ACLに臨むにあたって、今シーズンの補強は阿部1人であり、不安視された部分もあったが、チームの期待通りに、「1人で4・5人分の補強」を実現させた。

特に、チームが窮地に陥った準決勝の第2戦の鬼人のような働きは、印象深い。ぼろぼろの体になりながらも必死に戦う姿は感動的であった。

10代のころは将来を嘱望されながらも怪我が多く、大事な試合で力を発揮できないことが多かったが、そのころのひ弱さは微塵も感じられない。

■ 特別な夜・・・

戦前に言われていたように、この試合が、「ドーハの悲劇」や「マイアミの奇跡」や「ジョホールバルの戦い」に匹敵する戦いだったのかは、現時点ではまだ分からない。だが、この試合は、後世に振り返ってみたときに、間違いなくターニングポイントになりうる試合であった。

浦和レッズがJリーグを飛び出してアジアを制したことは、快挙であり、浦和レッズのサポーターにとって、この日は特別な夜となった。レッズのサポーターは、この日の美しい出来事を、ずっと忘れないだろう。

■ Jリーグ新時代へ・・・

レッズがアジアを制したことで、Jリーグは新しい時代に入ったといえる。

これで、来シーズンは、浦和レッズがアジアチャンピオンとしてACL連覇に挑むだけでなく、07年の天皇杯準優勝のガンバ大阪と、07年のリーグ戦3位の鹿島アントラーズもしくは清水エスパルスのJリーグ勢3チームが、ACLに参戦する。

当然、浦和の2連覇も期待したい。今シーズンのレッズは、ACLを視野に入れたアジア仕様のチームを作ったが、来シーズンのレッズは、更なる上であるクラブW杯を視野に入れた世界基準のチーム作りを求められる。そして、結果だけでなく、アジア王者にふさわしい試合内容と品格をもって、アジア中のチームの目標になるようなチームになることを期待される。

そして、他のJチームは、その巨大なレッズに対抗しなければならない。浦和の躍進は、他のクラブに大いなる刺激を与えることだろう。

Jリーグは、その規模から言って、アジア最高のリーグにならなければならない宿命を持つ。よって、これからは、Jリーグで上位争いをするチームは、「アジア制覇」を視野にダイナミックなチーム作りをしなければならない。レッズの優勝は、ドメスティックな戦いの時代は去って、Jリーグが新しい時代に入ったことを意味する。

Jリーグの創設当時は、興行的にも「戦力均衡」が求められたが、もはや時代は変わってきている。力のあるチームが、魅力のあるチームが、繁栄する必然の時代に入った。

■ レッズに続くのは・・・

当面の興味は、「浦和レッズについでJリーグ勢で2チーム目にACLを制するのは、果たしてどこのチームなのか」ということである。レッズに次いでJリーグ勢がアジアを制したとき、Jリーグは、名実ともに、アジアサッカー界のリーダーとなる。

レッズに続くのは、どのチームだろうか?


その魅惑的な攻撃的サッカーがアジア中に旋風を巻き起こす可能性をもつ「西の雄・ガンバ大阪」なのか。


<4-2-2-2>のブラジルスタイルをベースに、伝統的な勝負強さを備える鹿島アントラーズなのか。


藤本淳吾や兵働昭弘、枝村匠馬といった優秀な若手選手を擁し、アジア最高レベルの中盤を抱える清水エスパルスなのか。


松田や中澤といった経験豊富な強固な守備陣をベースに、アタッカー陣に優秀な若手選手を擁する横浜Fマリノスなのか。


かつてオシム日本代表監督に、「8人で攻めて10人で守ることの出来る唯一のチーム」と絶賛された、常勝ジュビロ磐田なのか。


中村憲剛という稀代のプレーメーカーを擁し、カミソリのような切れ味を誇るカウンターアタックを秘める川崎フロンターレなのか。


イビチャ・オシムの育てたオシムチルドレンを中心に、「考えて走るエレガントなサッカー」を体現するジェフ千葉なのか。


レッズに匹敵する熱狂的なサポーター集団をバックに、情熱的な戦いを繰り広げる柏レイソルなのか?


首都・東京をホームにビッグクラブへの階段を駆け上がるハラ・トーキョーなのか?



果たして・・・。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

こんにちは。
シエナは、MFに波のある選手が多いので、長谷部を獲得したいのでしょう。ですから、満足なパフォーマンスを継続しなければ、ベンチ要員になる可能性は高いと思います。それは、環境を考えると、簡単ではないでしょうね。
それよりも、浦和のポンテの位置に入るほうが、環境にも恵まれていますし、代表行きもスムーズになりますし、何より長谷部の成長の為になると思います。
しかし、オジェックの起用法を見ていると、厳しいと思いますけどね…。浦和は前の少数だけで試合を決めてしまいますし…。
2007/11/23(金) 14:01:08 | URL | フロッツ  [編集]
>>> フロッツさん

コメントありがとうございます。

長谷部に関してはシエナへの移籍が噂されていますが、どうなんでしょうか。明らかにレッズよりも環境の悪いチームで、持ち味が発揮しにくいのではないかと思います。

それよりも、やはりレッズでポンテの位置で起用してみて欲しいと思います。

>>> 哉(はじめ)。さん

どうも、コメントありがとうございます。
長文は、特に構いません。むしろ歓迎します。

レッズについての感想は、後日、今シーズンを総括したときに書きますが、今シーズンの試合内容は十分ではなかったと思います。

ただ、それでも勝利してしまうあたりはさすがですが、来シーズンは、どこかJの他のチームにストップしてもらいたいと願います。それが、レッズの発展にもつながると思います。

>>> Mさん

ジュビロがアジアチャンピオンになったときも、賞賛されましたが、注目度は低かったと思います。

ACLの前身であるアジアクラブ選手権やカップ・ウイナーズカップに関しては、99年のジュビロ以前にも、日本勢でタイトルを獲得したチームはありましたから、快挙でしたが、珍しいことではなかったと思います。
2007/11/23(金) 10:28:22 | URL | じじ  [編集]
ガンバの試合って魅力的ですか?外人2トップの縦本サッカーじゃないですか・・・
2007/11/19(月) 22:34:39 | URL | kei  [編集]
ジュビロの時はどうだったんでしょうか?
2007/11/16(金) 13:23:06 | URL | M  [編集]
昨日の試合、日本のサッカーにとって特別な試合でした。

そして今日、ここを見て安心したことが一つ。

>試合内容のすべてが素晴らしかったわけではないが、チーム全体でハードワークを行って、したたかに勝利を重ねた。

このコメントからも垣間見えるように、ブログ主さんが必ずしも「試合内容自体」を褒めてはいないこと。

普段はサッカーを見ないようなファン層の方も、きっと昨日は見てくれていたのだろうと思われます。その中で、みんながみんな口をそろえて「昨日は感動した」と言っている様子。確かに、熱狂的なサポーターと応援が
、素晴らしいスタジアムで歓呼されている様子がテレビで放映されている映像は、本当に日本の出来事なのか?と疑ってしまうほどで。日本のサッカーの歴史の中でも、感動を呼び起こすに十分の出来事であったことは間違いありません。

でも、みんながみんな口を揃えて言うほどに「素晴らしい試合だった」のか、と言えば・・・・・・。

いつもJをよく見てる皆さんからしたら、あれは本当に「素晴らしい試合」だったのですかね。

自分は川崎サポなので、あまりサッカーを見ない友人に言われるのが「3-5-2」は、基本的にはカウンターサッカーになってしまうので、生で見るか、よほど戦っているチームに思い入れがない限り、見ててあまり面白い試合にはならないんですよね。

ましてや、今は疲労の色がどうみても隠せてないレッズ。インターセプトされまくって、ゴール前に6人も7人も固まるレッズの戦術。そして、空中戦ではフィジカルが圧倒しているにもかかわらず、ゴール前の足元ではなぜかすぐに転ぶレッズの選手(これは自分が川崎サポだから穿った見方になってしまってるだけなのでしょうか?)。

昨日の試合、どちらに「ひたむきさ」を感じたかといえば、それは間違いなくセパハンだったと思われます。

勿論、ひたむきさなんていくらあっても勝たなければしょうがありません。ましてや、常勝を義務付けられている今年のレッズのプレッシャーというのは相当なものだと思います。どんなサッカーだろうが、最後は勝つ。それを踏まえた上での戦術、そして「強さ」があるというのも分かるのですが。

来年以降は、バルサのように、とは言えませんがガンバに負けないくらいの「美しく勝つ」サッカーを見せて欲しい。

昨日の試合は本当に素晴らしく、レッズのファンの方には、おめでとうと言いたいです。

でも、感動したのその後に、そんなことを思ったのは、本当に自分だけなのでしょうか?

長文、失礼しました。
2007/11/15(木) 09:27:20 | URL | 哉(はじめ)。  [編集]
おめでたい日になりましたね。 Jリーグをずっと見続けてきたじじさんにとっては、相当感慨深いものがあるでしょうね。

長谷部については、ポンテの位置に入りフルシーズン戦ったらどうなるんだろう、と期待を膨らませています。
現時点でのポンテの仕事量を考えれば、難しいでしょうけどね。
2007/11/14(水) 22:35:23 | URL | フロッツ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/812-71f47a72





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月19日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)

02月19日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)

02月19日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: