アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【ナビスコ決勝戦:川崎F×G大阪】 決勝戦・体験記 (生観戦記 #20) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2度目のファイナル

川崎フロンターレとガンバ大阪の対戦。ともに、初めてのナビスコカップ獲得を目指す。

ホーム扱いの川崎Fは、2000年のナビスコカップで決勝に進出しているが、その当時とは比べ物にならないくらいの戦力を擁して国立に帰ってきた。ACLの準々決勝でセバハンとの死闘を演じてからやや調子を落としていたが、先週末のFC東京戦で7対0という大勝劇を演じている。のぼり調子といえる。

対するG大阪は2005年以来の決勝進出。そのときの対戦相手は、イビチャ・オシム監督率いるジェフ千葉。その試合では、PK戦の末、敗退し、ジェフ千葉がはじめてのタイトルを獲得。。名著である木村元彦氏の「オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える」の表紙となっている歓喜に沸くイレブンとイエローのサポーターを見上げるシュワーボの柔らかい笑顔が印象的である。



G大阪も夏場にやや失速したが、MF寺田の活躍もあって上昇ムード。しかしながら、前節の清水戦で完敗し、リーグ制覇は難しい状態になっている。したがって、プライドを守るためにも、なんとしても、ナビスコカップだけは勝ち取って大阪に帰りたい。

混雑具合


■ 情熱的な国立

チケットは前日のうちに、ソールドアウト。

13:35のキックオフだが、試合前から応援合戦はヒートアップ。この日の国立は、フロンターレカラーとガンバカラーの真っ二つに分かれて、熱いバトルが繰り広げられた。その割合でいうと、川崎Fサポが5割、G大阪サポが4割、中立サポが1割という感じだろうか。G大阪サポーターの多さが目に付く。

恒例になりつつある、サポーターのマスゲームだが、フロンターレはチームカラーの水色に統一してきた。対するG大阪は、青・黒・白の3色で鮮やかに観客席を彩った。

横断幕①


川崎Fサポ


ともに、リーグ戦では、夏場にやや失速し、9月半ば以降にやや盛り返してきたチームであるが、川崎Fは

注目されたスタメンは、川崎Fが、GK川島。DF森・箕輪・佐原・伊藤。MF寺田・中村憲・谷口・大橋。鄭大世とジュニーニョの2トップ。MFマギヌンが出場停止で、その代役にMF大橋。中央には河村ではなく寺田を配置し、変則の5バック。

対するG大阪は、GK藤ヶ谷。DF加地・シジクレイ・山口・安田。MF明神・橋本・遠藤・二川。FWバレーとマグノ・アウベス。好調のMF寺田ではなく、DF安田を左サイドバックで起用。

キッズたち


■ 押し込むフロンターレ

立ち上がりは、川崎Fが押し込む。意図的にロングボールを多く蹴って、シジクレイと山口にプレッシャーをかける。開始10分で、ジュニーニョが決定機を作るなど、2トップの動きが脅威になる。

対するG大阪は、ややスローテンポな立ち上がりだったが、前半25分過ぎから、ようやく川崎Fのプレスがおさまってボールが落ち着くようになる。こちらも、精度の高いロングボールが効果的だった。

前半は、結局、0対0で終了。チャンスの数では互角だったが、川崎Fのチャンスがシュートまで結びついたのに対して、G大阪のシュートはフィニッシュまでつながらないことが多く、やや川崎Fが優勢だった。

■ 安田理大の決勝ゴール

司令塔対決ということで注目されたこのカードだったが、双方ともに、前半は目立った無かった。しかし、後半になると、ようやく、G大阪のMF遠藤がボールに関与し始めてリズムを作る。

すると、後半10分に、FWバレーが右サイドに流れてボールをキープ。そのバレーが、意表をつく速いグラウンダーのクロスを送ると、川崎FのDFラインがクリアしきれずに、ファーサイドで待ち構えていたDF安田が、フリーで流し込む。前日にニューヒーロー賞を獲得した安田が、貴重な先制ゴールをもたらした。

追いつかなければならない川崎Fは、MF久木野、MF河村、FW黒津を投入するも、G大阪のGK藤ヶ谷の好セーブもあって、ゴールは奪えず。結局、1対0でG大阪が勝利し、初めてのナビスコカップを獲得した。

ガンバサポ


■ 決勝というステージで・・・

カップ戦の決勝ということで、やや立ち上がりは硬さも見られたが、両チームとも、次第にいつものサッカーを取り戻し、カップ戦の決勝らしくない、好ゲームとなった。

川崎Fにも、十分な数のチャンスはあって、チーム力は互角であった。しかし、昨シーズンの最終戦で敗れてACLの出場権を失い、その代わりにACLに出場したのが川崎Fで、その川崎Fがベスト8に入るという、なんとも悔しい思いをしてきたG大阪の意地が大きなエネルギーとなって、紙一重の勝敗を左右したように思う。

両チームとも、勝ちたいという気持ちは同じだったが、いろいろな経緯があって負けられないという気持ちではG大阪が上回っていた。

優勝チーム


■ 西野監督の決断

ヒーローとなったのは安田であるが、その安田を先発で起用した西野采配が光った。

ここ最近、安田はベンチに回ることが多く、橋本が左サイドバックに回る形式が、ここ最近のG大阪の基本形であった。そして、安田の代わりにスタメンで起用されるようになったMF寺田の運動量と技術がチームを助ける働きをしてきたので、当然、ファイナルも寺田を起用してくると思われたが、安田を大抜擢し、見事に結果を残した。

このあたりは、非常に頑固な西野氏らしい采配であると感じる。

川崎Fの右サイドバックの森は非常にスピードのある選手なので、橋本ではやや危ういと考えたのかもしれないが、セオリーでは安定感のある橋本を左サイドでスタメン起用したほうがリスクは少ない。

ただ、これまでも、再三にわたって見られた采配ではあるが、西野監督としては、スタメンを決定するときに、今シーズンのベストの布陣(開幕から続けてきたシステムと選手起用)でファイナルを戦いたいという衝動に駆られたのではないかと推測する。

今年の天皇杯での敗戦でも議論されたが、西野監督の「情」によって、G大阪はこれまでも、何度か取れそうなタイトルを落としてきたが、この日は、功を奏した。勝利のために非情になりきれない部分は、西野氏の監督としての最大の欠点ではあるが、最大の魅力でもある。

■ 値千金のプロ初ゴール

決勝ゴールを挙げた安田は、これがプロ初ゴール。これまでも、積極的にゴールを狙ってプレーしてきたが、なかなか得点には結びつかなかったが、この大一番のためにとっておいたかのような最高のシチュエーションでの初ゴールとなった。

この試合は、前半はやや抑え気味だったが、後半に入ると、積極的にオーバーラップし、川崎Fの森を圧倒し、サイドを制した。前回の対戦では、森に完敗した安田だったが、この日は、見事にリベンジを果たした。

本職はサイドバックではないが、この1年間で守備力も格段に進歩し、もう不安のないレベルにまで達することができたように思う。アタッキングエリアで臆することなくドリブルで勝負の出来るサイドバックは、今年の日本には存在しなかった。

彼については、外見上、頭は悪そうに見えるが、ことサッカーに関しては、相当にクレバーで優秀な選手であると思われる。もちろん、そいうい選手だからこそ、19歳でG大阪でポジションを獲得したわけだが、欠点であるクロスの精度を磨いて、今までの日本サッカーの常識を破るサイドバックになってほしい。

■ シジクレイの大きさ

MVPは安田に決定したが、安田と同じくらい、シジクレイの活躍も目立った。3度ほど、軽率なパスミスがあったことはマイナス面だが、90分間にわたって、川崎Fのハイボールをほとんど1人ではね返したプレーは賞賛に値する。

特に、フィジカルの強いチョン・テセに対しても、まったく動じることなく、圧倒し続けた。スピード不足は否めないが、単調な攻撃を相手にするときは、ほとんどシジクレイが跳ね返した。

このシジクレイも35歳となって山口も30歳を迎えている。攻撃的なチームだからこそ、余計に、CBのプレーは重要であるが、シジクレイ&山口の後釜は、簡単に見つかりそうもない。

■ G大阪優勝の意義

意外にも、西のチームがナビスコカップを獲得したのは、初めてである。完全に、「東高西低」のサッカー界において、この意義は小さくない。

現在の日本サッカー界は、完全に「東日本」が主体である。浦和レッズ、鹿島アントラーズ、横浜Fマリノスといったチームが常に、Jリーグでタイトルを争ってきて、静岡の2チームを除くと、それ以外のチームは蚊帳の外という状態が長かったのである。

ただ、時代は変わりつつあって、G大阪やサンフレッチェ広島のユースチームからは、毎年のように逸材が輩出されているし、九州の高校からは、すでに何人もの代表選手が生まれている。

何だかんだで関東のチームが優遇されている状態で、その状態を打破するためには、やはり結果が必要だった。G大阪は、その抵抗勢力の中心でなければならないし、また、この日の勝利で、その資格を得た。

■ もうひとつ上のステージへ・・・

この優勝は、G大阪をもうひとつ上のステージに押し上げることだろう。浦和レッズ、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレという3強を撃破した末のタイトルは、チームに自信と希望を植えつけるに十分である。

これからのG大阪に課された使命は、ずばり、現時点で、日本サッカー界の中で独走しつつある浦和レッズに対抗していくことである。浦和レッズには素晴らしいスタジアムがあって、毎試合のように5万人以上のサポーターがさいたまスタジアムに集まってくる。経営も順調で、Jのレベルを超越しようとしている。この使命は簡単ではないが、彼らであれば、可能なはずである。




■ 「強さ」だけではない「美しさ」

そのためには、今後も、「強さ」だけではなく「美しいサッカー」を追求していってほしい。

どちらかというと現実的な浦和レッズのサッカーに対して、G大阪のサッカーは非効率的な部分もある。それが、これまでにいくつかのタイトルを失う要因となっていることは確かだが、それでも、現実的に戦うG大阪に魅力は感じないし、らしくないのである。

基本的には、「勝てるチーム」を作ることは非常に難しいことだと思うが、「美しいチーム」を作ることは、それよりもずっと難しいことだと思うし、意義のあることだと思う。

記録用紙に残るのは「勝てるチーム」であるし、タイトル数は「勝てるチーム」の方が多くなるのかもしれないが、人々の記憶に残るのは、間違いなく「美しいチーム」の方なのである。

ナビスコ王者にふさわしいチームが、その称号を手にした。

■ 痛かったマギヌンの不在

一方の川崎Fは、あと一歩のところでタイトルを逃した。FWジュニーニョの決定機など、G大阪と同数以上の決定機を作っていただけに、惜しい敗戦となった。実力的には、まったく互角だったといえる。

ただ、1つ悔やまれるのは、MFマギヌンが出場停止でいなかったことである。MFマギヌンの代わり入ったMF大橋のプレーも悪くなかったが、ジュニーニョとチョン・テセのスピードに苦戦していた前半に、MFマギヌンのような3人目の動きの得意な選手がいれば、G大阪としてはかなり脅威だっただろう。

また、スーパーサブ的な存在のMF大橋がスタメンで出場したことで、攻撃的なカードがFW黒津とMFフランシスマールくらいしか残っていなかった。控えに、MF家長、FW播戸、FW前田、MF寺田がいたG大阪と比べると、ベンチの層の薄さは否めなかった。

関塚監督の考え方次第だが、もう少し早い時間帯にFW黒津を投入して、FWジュニーニョとFWチョン・テセとFW黒津の3トップに変更しても面白かった。

準優勝チーム


国立





おすすめエントリー (10記事)

コメント

>>> くうさん

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、試合内容といい雰囲気といい非常にいいファイナルだったと思います。国立の試合運営だけは、いまひとつだったとはお思いますがね・・・。

>>> へろへろさん

イーブンな試合だと思いましたが、先制ゴールが大きかったですね。川崎Fが先制ゴールを挙げていれば、一方的な展開もありえました。

安田のコメントについてですが、本人も反省しているようなので・・・。悪意のあるコメントではないように思いますが、フロンターレ側からすれば気分のいいインタビューではなかったことは間違いないです。

>>> ネロさん

そういう程度の低いコメントは、どこか別の場所でしてください。フロンターレサポならびに他サポの方の気分を害するような発言は慎んでください。
2007/11/06(火) 22:19:29 | URL | じじ  [編集]
つまり川崎サポーターとしては安田に「川崎は強かった。
勝てるとは思えませんでした」とでも言って欲しいのかね?
19歳のガキの照れ隠しのコメントにマジギレして、カッコ
悪いんじゃないの?
悔しい気持ちは次の試合にぶつければ済むこと。
試合後のエール交換さえできないようじゃ、「新興クラブの
サポなんてこんなもんだよね」と思われても仕方が無い。
2007/11/06(火) 13:23:45 | URL | ネロ  [編集]
通りすがりの川者ですが。
確かにガンバは強かったですね。
うちも頑張ったけれども、やっぱり足らないものがあった。
それがACLノックアウトステージ敗退であり、
昨日の準優勝だと思います。
ですが、今後も川崎は川崎らしく。
この借りはこの先にきっと返していきます。

横レスですが、くうさん。
ブーイングが出たのは安田選手のコメントがあまりにあまりだったからです。
自分は勝者には、MVPには賞賛を与えたかったですが、
あの場であのコメント。耐えられませんでした。
それでもがっかりだと仰るのであれば、構いませんが、
そういう事情もあるのだとご承知おきください。
あの場にいた方なら、少しはお分かりいただけると思いたいのですが。
2007/11/04(日) 10:38:32 | URL | へろへろ  [編集]
国立に観戦に行きました。(清水サポですが)
両サポともに大入りで、試合内容と合わせ素敵な試合だったと思います。
ただ、最後の安田選手のインタビューでの川崎サポのブーイングは正直がっかりです。ガンバサポのフロンターレコールにも応えないし…。
両チーム好印象だっただけに、最後の後味が悪くて、少しだけ残念でした。
2007/11/03(土) 22:19:36 | URL | くう  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/802-01d707f6
今回の話題の商品紹介はこちら!安田初タイトルでコーラファイトだデイリースポーツ“自力”でつかみ取る初のタイトルだ。未成年のため、優勝後のシャンパンファイトは隔離されるが「コーラファイトっす」と勝利の“美コーラ”を思い描いている。 23歳以下が対象のニュー?...





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: