アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/18 【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)
 2017/09/19 【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/19 【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)
 2017/09/19 【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?
 2017/09/20 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/20 【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。
 2017/09/20 【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

 2017/09/22 全記事一覧(2005年-2017年)


【J1】 快進撃を続けるセレッソ大阪の強さを示す6つの数字 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

(1) 失点数がリーグ最少。被シュート数はリーグ2位。

→ J2時代のC大阪は失点の多いチームだった。大熊監督が指揮した2016年は4位でプレーオフに進んで「J1復帰」を果たしたが42試合で46失点。自動昇格を果たした札幌が33失点、清水が37失点だったことを考えると相当に多い。DF山下の相方となるCBを固定できず、バイタルエリアをスカスカに開けたことが仇になって決定機を作られる場面は多かったが12節を終えた時点で10失点のみ。堅守が光っている。

Kリーグで2年連続でベストイレブンに選ばれたクロアチア出身のDFマテイ・ヨニッチが加入した効果は絶大だった。すでに4ゴールを挙げるなど得点力の高さが目立ちに目立っているが空中戦に強くて統率力もある。移籍話が浮上しながらチームに残ったGKキム・ジンヒョンは今シーズンも存在感を発揮しているが、1試合平均の被シュートが8.58本。これはリーグ2位の少なさとなる。全体の守備意識が高まった。

表1. 得点数・失点数・シュート数・被シュート数
順位 チーム名 得点 失点 シュート/90分 被シュート数/90分
1 ガンバ大阪 26 9 11.08 10.33
2 セレッソ大阪 19 10 11.17 8.58
3 川崎フロンターレ 19 11 11.08 9.75
3 柏レイソル 17 11 11.50 9.33
3 ヴィッセル神戸 14 11 11.08 9.92
6 横浜F・マリノス 12 12 10.17 10.58
6 FC東京 18 12 8.08 11.33
8 ジュビロ磐田 13 13 9.33 10.08
8 ヴァンフォーレ甲府 9 13 6.58 10.92
10 鹿島アントラーズ 14 14 12.92 7.33
11 浦和レッズ 33 15 12.83 8.75
12 サガン鳥栖 14 16 7.92 11.17
13 清水エスパルス 16 18 9.08 10.08
13 北海道コンサドーレ札幌 11 18 10.00 11.17
15 サンフレッチェ広島 11 19 12.92 9.58
16 大宮アルディージャ 5 22 6.83 11.00
17 ベガルタ仙台 12 23 9.33 11.33
18 アルビレックス新潟 9 25 8.92 9.58




(2) セットプレーからのゴール数がリーグ最多。

→ FW杉本健とDFマテイ・ヨニッチは187センチで、トップ下で開花したMF山村和は186センチ。さらに183センチのMFソウザと182センチのDF山下もサイズに恵まれている。キーパーのGKキム・ジンヒョンを含めると180センチを超える選手がレギュラー11人の中で6人もいる。高さは今シーズンのC大阪の大きな武器となるがここまでの12試合でセットプレーから8ゴール。これはJ1の18クラブの中で最多となる。

言うまでもなく優秀なプレイスキッカーもいる。真っ先に名前が出てくるのは日本屈指のプレイスキッカーという評価がすでに定着しているMF清武であるが、右利きのキッカーの1番手はMFソウザで、左利きのキッカーの1番手はDF丸橋になっている。MFソウザあるいはDF丸橋の精度の高いキックから多くのゴールが生まれている。MFソウザは早くも5アシストを記録しており、昨シーズン以上に右足が冴えている。

表2. セットプレーでの得点数/失点数
順位 クラブ名 得点数 失点数
1 セレッソ大阪 8 2
2 ジュビロ磐田 7 5
3 鹿島アントラーズ 6 3
3 FC東京 6 5
3 ベガルタ仙台 6 4
3 サガン鳥栖 6 6
7 川崎フロンターレ 5 1
7 柏レイソル 5 3
7 浦和レッズ 5 6
10 ヴィッセル神戸 4 1
10 ガンバ大阪 4 2
10 清水エスパルス 4 7
10 コンサドーレ札幌 4 5
10 ヴァンフォーレ甲府 4 6
15 横浜Fマリノス 3 3
15 サンフレッチェ広島 3 6
17 アルビレックス新潟 2 10
18 大宮アルディージャ 1 8




(3) 平均身長は180.34センチでリーグで最高。

→ すでに触れた通りで今シーズンのC大阪は身長の高い選手が多い。チーム統括部長で前監督の大熊さんはユース代表を率いていた頃からサイズのある選手やフィジカルの強い選手を重視するタイプの指導者だったが、大熊さんが選手補強において中心的な役割を担っており、移籍市場ではサイズやフィジカルに恵まれた選手を優先して獲得に動いているのは間違いなさそうだ。高さは絶対的な武器になっている。

12節を終えた段階での全18クラブの平均身長(=(各選手の身長*出場時間(分))の和/(チームトータルの出場時間(分)))を計算してみるとC大阪は180.34センチ。これはJ1の18クラブの中では最高の数字となる。J1の平均値は177.49センチで、最低は柏の176.12センチ。これだけサイズのある選手が多いと自分たちのセットプレーは大きなチャンスになるし、相手のセットプレーは簡単に跳ね返すことが出来る。

表3. 平均身長のランキング
順位 クラブ名 身長 体重
1 セレッソ大阪 180.34 74.17
2 コンサドーレ札幌 180.28 73.61
3 FC東京 179.55 74.78
4 ヴィッセル神戸 179.06 73.06
5 アルビレックス新潟 178.97 74.96
6 横浜Fマリノス 178.88 71.56
7 ガンバ大阪 178.80 72.76
8 ジュビロ磐田 178.77 73.15
9 鹿島アントラーズ 178.47 73.02
10 清水エスパルス 178.42 72.12
11 サンフレッチェ広島 178.41 73.95
12 ヴァンフォーレ甲府 178.39 71.31
13 サガン鳥栖 178.39 73.07
14 ベガルタ仙台 177.27 71.12
15 川崎フロンターレ 177.04 71.96
16 大宮アルディージャ 176.58 70.91
17 浦和レッズ 176.28 73.08
18 柏レイソル 176.12 70.26




(4) 後半30分以降の失点数がリーグ最少。

→ 昨シーズンのC大阪は後半の終盤に失点して勝ち点を取りこぼす試合が目立った。後半44分と後半49分に連続失点して1対2で逆転負けを食らった34節の清水戦(A)が典型例と言える。2016年の「後半30分以降の失点数」はリーグワースト2位となる18失点。最下位になってJ3に降格した北九州の22失点に次ぐ悪い数字だった。終盤になると運動量や集中力が低下して同点・逆転を許す試合が非常に多かった。

尹晶煥監督が就任してキャンプ期間中は3部練習を取り入れるなどスパルタ式のトレーニングが話題になったが、トレーニングの成果なのだろう。12節を終えた時点で「後半30分以降の失点」は1つだけ。J1で最少となる。後半48分にセットプレーから同点弾を食らったG大阪戦(H)だけなので劇的に改善されている。トップ下のMF山村和を最終ラインに下げて3バックにシフトチェンジするのがパターンになっている。

表4. 時間帯別の失点数
順位 クラブ名 総失点 前半15分まで ~前半30分まで ~前半終了まで ~後半15分まで ~後半30分まで ~後半終了まで
1 セレッソ大阪 10 1 1 1 4 2 1
2 コンサドーレ札幌 18 2 2 3 4 5 2
2 鹿島アントラーズ 14 3 3 2 2 2 2
2 横浜F・マリノス 12 1 2 2 1 4 2
2 ガンバ大阪 9 0 1 0 5 1 2
6 柏レイソル 11 1 0 4 0 3 3
6 FC東京 12 2 1 2 3 1 3
6 清水エスパルス 18 2 1 1 4 7 3
6 ジュビロ磐田 13 1 2 1 2 4 3
6 ヴィッセル神戸 11 2 1 1 1 3 3
6 サンフレッチェ広島 19 3 2 5 2 4 3
12 ヴァンフォーレ甲府 13 1 0 2 5 1 4
13 ベガルタ仙台 23 0 6 4 7 1 5
14 浦和レッズ 15 2 1 1 2 4 5
15 サガン鳥栖 16 1 2 3 1 3 6
16 大宮アルディージャ 22 1 2 2 4 6 7
16 川崎フロンターレ 11 1 0 1 1 1 7
16 アルビレックス新潟 25 4 3 5 3 3 7




(5) 反則ポイントがリーグ1位。

→ 12節を終えた時点で反則ポイントがマイナスなのはC大阪・清水・鳥栖・大宮の4チームだけ。反則ポイントは「警告および退場(退席も含む)が無かった試合は1試合につき3ポイントを減ずる。」という決まりになっているが、-10のC大阪がリーグ最高の数字を残している。2位の清水は-6なので結構な差がある。警告・退場・退席が無かった試合がすでに7試合。これはJ1の18クラブの中で最多となる。

とにかく無駄なイエローカードが少ない。1試合平均の反則数は14.50回でリーグ10番目。ほぼ平均程度なので反則が少ないわけではないがイエローカードの対象となるような反則は非常に少ない。警告の数も7枚でリーグ最少となるが、そのうちの4枚は異議・遅延によるもの。これはリーグ2位の多さになるが、異議・遅延以外でイエローカードを受けたのは3回だけ。2番目に少ないのは6回の鳥栖なので突出して少ない。

表5. 反則ポイントのランキング
順位 チーム 反則ポイント 警告 異議・遅延行為 警告・退場・退席無し試合数
1 セレッソ大阪 -10 7 4 7
2 清水エスパルス -6 11 1 6
3 サガン鳥栖 -3 9 3 5
4 大宮アルディージャ -1 11 0 4
5 ベガルタ仙台 0 12 0 4
5 ガンバ大阪 0 13 2 5
7 ジュビロ磐田 1 10 2 5
7 サンフレッチェ広島 1 16 2 7
9 FC東京 5 14 3 4
10 横浜F・マリノス 6 14 1 4
11 川崎フロンターレ 7 13 0 4
12 浦和レッズ 14 14 0 2
12 柏レイソル 14 14 3 3
12 北海道コンサドーレ札幌 14 18 5 3
15 ヴィッセル神戸 15 17 3 3
15 ヴァンフォーレ甲府 15 19 2 2
17 鹿島アントラーズ 19 17 2 0
18 アルビレックス新潟 20 20 2 2




(6) プレーオフからの昇格組の年間勝利数→新記録達成

→ 昇格プレーオフがスタートしたのは2012年だった。2013年は大分、2014年は徳島、2015年は山形、2016年は福岡がプレーオフを制してJ1に昇格してきたが残念ながら1年限りでJ2降格となった。しかも、4チームとも最下位に終わったので、「プレーオフ制度の意義」を問われるシーズンが続いた。「プレーオフを勝ち抜いてJ1に昇格してきたチームはJ1では通用しない。」というのが定説になっていた。

プレーオフを制してJ2に昇格してきた5チーム目となるC大阪は戦力が充実しているので「プレーオフからの昇格組は必ず最下位になって1年限りでJ2に降格する。」というジンクスを打ち破ることが期待されていたが、ここまで6勝2敗4分けで勝ち点「22」。勝利数は2015年の山形と2016年の福岡を抜いて5チームの中では最多。さらに2013年の大分、2014年の徳島、2016年の福岡の年間勝ち点を早くも上回っている。

表6. プレーオフからの昇格組のJ1初年度の成績
年度 順位 チーム 勝点 試合 引き分け 得点 失点
2013年 18 大分トリニータ 14 34 2 8 24 31 67
2014年 18 徳島ヴォルティス 14 34 3 5 26 16 74
2015年 18 モンテディオ山形 24 34 4 12 18 24 53
2016年 18 アビスパ福岡 19 34 4 7 23 26 66
2017年 4 セレッソ大阪 22 12 6 4 2 19 10




投票 ・・・リンク先から投票することができます。

 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(キーパー部門) → 877票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(右SB/WB部門) → 342票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(CB部門) → 769票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(左SB/WB部門) → 320票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(ボランチ部門) → 1116票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(アタッカー部門) → 848票
 ・【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか?(フォワード部門) → 776票




関連エントリー

 2017/05/04  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)
 2017/05/05  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)
 2017/05/05  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2017/05/05  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2017/05/06  【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2017/05/06  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2017/05/06  【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (攻撃的MF編)
 2017/05/07  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (攻撃的MF編)
 2017/05/07  【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/05/08  【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/05/26  J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月22日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 川崎フロンターレの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 サガン鳥栖の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌の歴代ベストイレブンを考える。 (1998年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: