アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

 2017/10/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【新潟×大宮】 ビッグスワン初体験記 (生観戦記 #18) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ビッグスワンへ

新潟のビッグスワン。2002年のW杯を開催した日本海側では最大のスタジアムであり、アルビレックス新潟のホームスタジアムである。

「ビッグスワン」については、これまで、たくさんの人から、「ビッグスワンは素晴らしいところなので、一度、行ってみてください。」というコメントをいただいており、非常に気になっていた場所である。今回、ようやく、そこを訪問することが出来た。

ビッグスワンは、上越新幹線の新潟駅から、バスで20分ほどの位置にある。新潟市は、政令指定都市になったばかりで、人口は80万人をオーバーする。

シャトルバス


■ ホームタウン

さっそく、新潟駅からシャトルバスでビッグスワンを目指すが、噂通りに、バス内の平均年齢は高い。60歳を超えていると思われるおじさんやおばさんが多く、地域密着度の高さがうかがい知れる。

多分、この人たちは、生まれてから50年以上もの間、サッカーとは何の関係も無い人生を送ってきた人だろう。それが、新潟にアルビレオが誕生し、発展していくに連れて、サッカーの磁力に引き込まれていった人なのだろう。

ビッグスワン①


ビッグスワン③


■ ビッグスワン

4万人収容のスタジアムでほぼ満員の観衆で埋まるビッグスワンということで、いい席を確保するためにも、試合開始の2時間前に到着して準備万端!!!と思いきや、スタジアムに入ってみると、予想外に出足が鈍いように見える。バックスタンドは、まだまだ余裕があって、センターポジションを確保することが出来た。

何故かというと、アルビサポーターは、試合開始の数時間前にビッグスワンに到着しているにもかかわらず、スタジアム内には入らずに、周辺でのんびりと自然を堪能している。さながら、ピクニックである。

ビッグスワンは、日本海がすぐそばにあって、最高の自然環境に囲まれている。日産スタジアム周辺で、ブルーシートを敷いて悠長にお弁当を食べているマリノスサポーターを見つけられるだろうか???

ビッグスワン④


ビッグスワン⑤


■ 4連敗中のアルビレックス

さて、試合である。

アルビレックス新潟は4連敗中。一時は3位まで順位を上昇させたが、8位にまで転落した。この試合も、MFマルシオ・リシャルデスが出場停止。さらに、CB永田とMF田中が怪我のため長期離脱中。FWエジミウソンは、怪我上がりでベンチスタートと、苦しい陣容である。GK北野。DF三田・中野・千代反田・松尾。MFシルビーニョ・本間・寺川・坂本。FW深井・矢野。

対する大宮は、現在17位。前節、横浜Fマリノスに2対0と勝利した勢いを持続させたい試合である。<4-4-2>で、GK江角。DF西村・冨田・レアンドロ・波戸。MF佐伯・小林慶・小林大・藤本。FWは、前節1ゴール1アシストの吉原と元新潟の森田。FWデニス・マルケスはベンチスタート。

■ 膠着状態の前半

試合は、前半はスローな展開。両チームともなかなか前線までボールが運べずに、チャンスを作れない。

新潟は、2トップの深井と矢野の関係がいまひとつで、ともに裏を狙う場面が多く、下がってきてボールを受ける場面が皆無。左サイドハーフの坂本と左サイドバックの松尾の連携からクロスボールを上げる回数は多かったが、ひねりがなく、大宮のCBコンビにあっさりと跳ね返された。

対する大宮も、前線の吉原と森田を生かしきれずに苦戦。MF藤本がサイドに流れてタメを作ったときは、やや形になりかけたが、いかんせん攻撃にスピードがなく、単調な攻めに終始した。

■ 劇的なロスタイム弾

0対0のまま前半を折り返すと、新潟は、後半頭からFW深井に代えてFWエジミウソンを投入。エジミウソンのドリブルから、ようやく突破口を見出す。

対する大宮も、MF小林大が攻撃にからみ始めてゴール前のシーンを作り始める。

後半38分に、大宮の右サイドバック西村が2枚目のイエローカードで退場になると、新潟はパワープレーで押し込む。しかしながら、なかなかネットを揺らせず、これまでかと思われたロスタイムのラストプレーで、混戦からFWエジミウソンが右足で決めて新潟が先制。そして、そのまま試合終了。復帰してきたエースの劇的なゴールで勝利した新潟は、ようやく連敗をストップ。サポーターは、久々に勝利の歓喜に酔いしれた。

対する大宮は、ロスタイムに痛い失点を喫して17位のまま。順位を上げられなかった。

スコア


■ 連敗ストップ

新潟はひとまず連敗ストップとなった。しかしながら、攻撃陣はなかなか機能しなかった。ダブルボランチに入ったMFシルビーニョとMF本間は、ともにボールをキープできる選手であるが、それが災いして、ボランチで無駄なキープや横パスが多く、攻撃にスピード感を加えられなかった。

この2人は、キャラクターが似通っている。今シーズンは、MF本間がパワーアップし、中盤の核となっており、シルビーニョの存在意義は昨年と比べると薄くなっている。シルビーニョはいい選手であるが、立場は微妙である。

そして、何といっても、右サイドバックの内田潤の不在の影響が大きかった。代役の三田は守備は強いが攻撃的なセンスはなく、精度の高いクロスを供給できなかった。

新潟は、サイドバックの層の薄さは深刻である。守備面で計算のできる選手はいるが、攻撃で貢献できる選手が少ない。今シーズン、内田潤が飛躍し、坂本が左サイドバックでも好プレーを見せたのは収穫だが、いかんせん、絶対数が少ない。

ただ、逆に言うと、サイドバックをもっと強化できれば、1ランク上のチームに進化できるだろう。それだけ、中盤から前線のタレントは豊富である。サイドバックは、オフに補強したい最優先のポジションである。

■ エースとして大きな期待がかかる矢野貴章

先日の鹿島戦の矢野のゴールは衝撃的だった。185cmの長身選手が、あれほどスピードのあるドリブルを見せてDFをぶっちぎってゴールをマークしたということに、この選手の持つ底知れない潜在能力を感じずに入られなかった。そして、同じような活躍が期待された大宮戦だったが、決勝ゴールにはからんだものの好プレーは見せられなかった。

気になるのは、ボールを持ったときに雑なプレーが目立ったことである。せっかく大きな体があるのだから、しっかりとDFと競ってボールを保持できれば大きなチャンスにつなげることが出来るにもかかわらず、不用意なプレーが多かった。

ビッグスワンのサポーターも、矢野に対しては、厳しくも暖かい気持ちをもって、プレーを見守って欲しい。潜在能力の高さは誰もが認めるものなのだから、もう一歩飛躍できると、日本代表でもポジションを確保できるだけのタレントなのである。

■ エジミウソン効果

試合は、やはりエジミウソンという感じで、エースのゴールが連敗をストップさせた。スタメンで起用された深井も、鋭いドリブル突破からチャンスを作るシーンもあったが、やはり、エジミウソンほどの可能性のあるプレーは見せられなかった。

J1昇格以後、ずっとそういう傾向にあるが、新潟は、FWエジミウソンの出来が結果にダイレクトに反映してくる。エジミウソン自体がJ1でもトップクラスのストライカーであり、1人でも局面を打開できる選手であるから必然ではあるが、エジミウソンのいないときに、どうやって勝ち点を重ねていけるかが、依然として、チームとしての課題として残っている。

復帰戦でいきなり大きな仕事をしたエジミウソンだが、改めてその存在の大きさを感じさせた。

エジミウソン


■ プランどおりだった大宮だが・・・

大宮としては、前半のゼロゼロは、想定内だっただろう。1試合に3点・4点と量産出来るチームではないので、まずは、先制点を取られないことを前提に戦うことは、無理も無い。

ただ、後半に訪れた決定的なチャンスに決めきれず、後半38分にDF西村が退場になったことは、予定外だった。特に、西村が退場になって以降は、防戦一方になった。ここで、アウェーということもあって、ドローでOKという判断を下せればよかったが、残留を果たすためには、そこまでの余裕は無く、カウンターからゴールを狙っていく必要があった。

守備陣はよく持ちこたえていたし危なげも無かったが、最後の時間帯で、やや攻撃陣と守備陣に意識の差があって、攻めに出るべきか、守りに徹するべきか、曖昧になってしまった。

■ シンプルに

大宮の中盤は、小林大・小林慶・藤本と攻撃的なタレントがそろっている。しかしながら、彼らの高い技術を生かしきれないというもどかしい試合が開幕から続いている。

ポゼッションサッカーをしようとすれば十分に可能な選手が集まっているが、どうにもこうにも、どういう形で攻撃を仕掛けていくのかがはっきりしない。新潟戦では、長身FW森田を起用したが、その森田の高さを生かそうとする意識は見えなかった。

永田を欠く状況で、ロングボールを蹴られていれば新潟としても危険な状態であったが、森田の恐怖にさらされることも無かった。もっとシンプルに攻撃してもいいのではないだろうか。

■ 残留争い

J1は残り6試合。16位の甲府と17位の大宮との差は、勝ち点「1」だけ。残り試合で、G大阪、横浜FM、柏といった上位との対戦が残っている甲府に対して、広島と横浜FCという下位チームとの対戦を残している大宮の方が、やや対戦相手としては恵まれている感じはする。

いずれにしても、第32節の直接対決の結果が最重要になるだろう。ホームの小瀬で戦えるため甲府が有利だが、予断は許さない。

大宮横断幕


■ 「4万人」の理由

さて、アルビレックス新潟については、何故、あれほどの観客動員力があるのかについて、ずっと疑問に思っていた。2006年シーズンは平均38709人で、浦和レッズについでリーグ2位。J2優勝を飾った2003年の平均は30339人。2003年の記録は、おそらく、当時、一度もトップリーグ経験の無いチームの動員数としては、世界記録ではないだろうか。とにかく、圧倒的な動員力を誇っている。

J1・J2のほとんどのチームが観客動員に苦しんでいる中で、アルビレックス新潟は異例の存在である。「初期のころは、タダ券を多くばら撒いていた。」という話を聞いたことがあるが、それは、どのチームも行っていることであり、ほとんどのチームが一見さんをリピーターにすることに苦心しているのであるが、アルビはそうではない。

何故、これだけ、アルビレックスが新潟市民に受け入れられているのか?それを探ることが、今回の大きなテーマであった。

■ 「非日常的」でない空間が生み出す空気

ビッグスワンは、他のスタジアムと比べて何が違うのだろうか?結論から言うと、その答えはおぼろげながら見えてきた。

もっとも強く感じたのは、ビッグスワンならびにその周辺は、「非日常的な空間」ではないということである。

スタジアムは、夢を提供する場である。多くのサポーターは、スタジアムに向かうときは、少なからず、現実社会の喧騒から逃れたいという感情をもつ。日本に存在するスタジアムの多くは、「非日常的」な空間であり、サポーターも、「非日常的」な空間を求めて足を運ぶ。したがって、たいていのスタジアムは、どこかで、「日常」と「非日常」の境目が存在する。

多くは、その境目は最寄り駅となるが、スタジアムならびにスタジアム周辺は、一種の独特な空間であり、本当にサッカーが好きな人だけが集まって来る場所であり、最寄駅のプラットホームに足を踏み入れた瞬間、張り詰めた空気を感じることがある。ある意味、特別な空間である。

しかしながら、ビッグスワン周辺には、その境界線が存在しなかった。いい意味で普通の空気が流れていた。

ビッグスワンに集まる4万人の中の多くは、そこでプロサッカーの試合が行われることに、特別なものを感じていないのだろう。だから、街中のショッピングセンターに買い物に行くような感覚でビッグスワンを訪れる。

多くのサポーターにとって、スタジアムに通うことは、義務では無いが、もはや日課であり、生活の一部であるように感じる。ちょうど、元日には初詣に行かないと、なんとなく気持ちが落ち着かないのと同様に、アルビの試合があるのにビッグスワンに行かないというのは、消化しにくいものになっている。

当初は、1000人程度だったサポーターの数が、4万人まで膨れ上がった要因が何だったのかは分からないが、とにかく、バリケードが張られていないだけに、一見さんもリピーターになりやすいし、4万人が生み出すパワーが、新しいアルビサポーターを作り出す要素になっている。

そうなると、やはり強い。

ビッグスワン⑪


■ レッズではなくアルビレックスを目指せ!!

Jリーグの多くのチームは観客動員数に苦しんでいる。浦和レッズのような熱狂的なサポーターを集められれば理想だが、それは簡単ではないだろう。だが、アルビレックス新潟のようなサポーター層をスタジアムに呼び込むのは、不可能ではないように感じる。

おそらく、アルビサポーターの半数近くは、アルビレックスの試合だけを見に来ているのではないのだろう。試合前の競技場周辺では、多くの家族連れがシートを広げて、お弁当を食べているし、川のほとりでは、ゆったりと川の流れを眺めながら自然を満喫する人もいる。

そこは、さしずめ、「Stadium」ではなく、「Park」であった。

アルビサポーターには、「サッカー観戦だけが目的である。」という人もいるだろうが、そうではない人も多いだろう。近い将来、アルビレックスが上位に進出して優勝を目指す段階になった時、もしかしたら、コアサポーターとの間に軋轢が起こるかもしれない。しかしながら、ここで論じても意味は無いだろう。

■ アルビレックスの価値

今後も、アルビレックス新潟が全国区の人気チームになることはないだろう。新潟という地方都市のチームでは、どこかで限界が生じるだろう。

しかしながら、それは全く問題視する必要は無くて、着実に道を進めていくべきである。確かに、J1の18チームの中ではかなり異質な部類のチームではあるが、J1のスタンダードというものにとらわれすぎてしまうと、アルビレックスのよさを失う結果となるだろう。アルビレックスにはアルビレックスにしかない良さが、すでに十分備わっている。

試合後③



人気エントリー アルビレックス新潟編 (ベスト10)

第01位 0767  2007/10/07  【新潟×大宮】 ビッグスワン初体験記 (生観戦記 #18)
第02位 0939  2008/02/16  アルビの成功例に見る「サポーターの高齢化」はむしろ歓迎すべきことだという思い
第03位 1749  2009/08/28  げんなりなペドロ・ジュニオールの移籍
第04位 1855  2009/11/06  【神戸×新潟】 地方の星・アルビレックスの限界点
第05位 0974  2008/03/13  【大宮×新潟】 覚醒するペドロ・ジュニオール
第06位 0894  2008/01/10  坂本将貴のジェフ復帰報道
第07位 0277  2006/07/22  「ニイガタ現象」を読んで
第08位 0618  2007/06/23  【千葉×新潟】 躍進を支えるふたりの充
第09位 0009  2005/11/28  反町康治監督の勇退
第10位 1238  2008/11/12  【検証1】 アルビレックス新潟は本当にホームで強いのか?


人気エントリー 大宮アルディージャ編 (ベスト10)

第01位 0177  2006/04/29  【浦和×大宮】 小野伸二と土屋征夫
第02位 1844  2009/10/29  【浦和×大宮】 天使・ラファエルのプレーを見逃すな!!!
第03位 0974  2008/03/13  【大宮×新潟】 覚醒するペドロ・ジュニオール
第04位 0817  2007/11/19  【甲府×大宮】 ぬるい残留争い
第05位 1015  2008/04/13  【千葉×大宮】 きっと新居辰基が救世主になる!!! (生観戦記 #4)
第06位 0698  2007/08/19  【大宮×神戸】 デニス・マルケスは救世主になるのか?
第07位 0767  2007/10/07  【新潟×大宮】 ビッグスワン初体験記 (生観戦記 #18)
第08位 0847  2007/12/01  Jリーグ クラブ別大総括(17) 大宮アルデージャ編
第09位 1253  2008/11/28  【新潟×大宮】 チップキックの鮮やかゴール
第10位 1885  2009/11/28  【大宮×柏】 太陽が沈んだ日


ビッグスワン ギャラリー

big swan①


big swan②


big swan③


big swan④


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0





おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/767-ebfed9f6





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: