アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−
 2018/04/23 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/23 【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/24 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)
 2018/04/24 ハリルホジッチ監督解任は妥当だが・・・。~問題なのは日本サッカー協会の長期的戦略の無さ~
 2018/04/24 【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)
 2018/04/25 【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)
 2018/04/26 【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)
 2018/04/27 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)
 2018/04/27 【アウェイ全敗】 ジェフ千葉の低迷の理由をスタッツから考えてみた。


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921  2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?
 #1922  2018/04/21  【J1】 「90分あたりの走行距離のワースト20」を計算してみた。~5位:大井健太郎、4位:昌子源、3位:アダイウトン、2位:ジョー、1位は…~
 #1923  2018/04/22  群馬 vs 藤枝MYFC、日本 vs 豪州、愛媛FC vs 甲府、東京V vs 水戸
 #1924  2018/04/23  金沢 vs 大分、横浜FM vs 湘南、神戸 vs 名古屋、川崎F vs 鹿島
 #1925  2018/04/24  清水 vs FC東京、岡山 vs FC岐阜、徳島 vs 讃岐、京都 vs 熊本
 #1926  2018/04/26  広島 vs 鳥栖、広島Y vs 神戸Y、仙台 vs 磐田、福岡 vs 千葉
 #1927  2018/04/27  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (前編)
 #1928  2018/04/28  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (後編)

 #0000  2018/04/28 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×カメルーン】 新戦力の台頭 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 大分でのカメルーン戦

アジアカップ後の初戦。日本は、GK川口。DF加地、闘莉王、中澤、駒野。中盤は、鈴木、阿部、遠藤、大久保。2トップ気味の形で、前田と田中達也。

試合は、前半25分、日本はFKのチャンスをつかむと、MF遠藤からの精度の高いボールをDF闘莉王がヘディングで決めて先制。後半に入ると、日本は、MF山瀬やFW高松ら新戦力を投入するが、なかなかリズムをつかめず劣勢の展開に。しかしながら、後半43分に、CKのチャンスから、相手クリアボールをMF山瀬が豪快に蹴り込んで2対0とリードを広げた。結局、2対0で勝利した。

■ 闘莉王の存在感

日本は、粘り強い守備でカメルーンを完封。カメルーンのコンディションがどの程度だったのか、そして、どのくらいのモチベーションだったのか、分からないが、ともかく、カメルーンに対して、彼らの持ち味であるスピードとイマジネーションを出させなかった。

この点では、やはり、DF闘莉王の復帰は大きかった。高さと強さを兼ね備えた大黒柱は、身体能力の高いカメルーン相手でもまったくそん色なく対抗し、中澤や阿部、鈴木とのコンビネーションもよく、守備ブロックの安定を手伝った。

また、攻撃面でも、貴重な先制ゴール。さらには、鋭いくさびのパスで攻撃の第一歩となるなど、やはり、闘莉王のいない日本代表はありえないということを印象つけた。

■ MOM阿部

この試合のMOMは、ボランチに入った阿部だろう。アプローチの速さと玉際の強さは、カメルーン相手でも、際立っていた。アジアカップでは、CBでプレーしていた阿部だが、闘莉王の復帰に伴って、ボランチに移動し、そこでも、ハイレベルなプレーを見せた。

守備のときには、対人能力の強さも必要だが、スペースへの管理能力も同様に大切な要素である。特に、カメルーンのようなスピードのある選手の多いチームを相手にする場合は、不可欠である。この試合では、バイタルエリアの危険な領域を管理する阿部の特性が、見事に発揮された。

その阿部勇樹の相棒には、鈴木啓太を起用。どちらかというと、鈴木が前目で、阿部が後ろ目の配置であった。アジアカップでは、川崎Fの中村憲剛がダブルボランチの一角としてスタメンに起用されていたが、これは、これまでのオシム監督の用兵を考えるとかなり異質な部類に入るだろう。これまでは、1ボランチあるいは、守備的な選手を並べることが多かったからだ。

阿部と鈴木は、どちらかというと、守備的なタイプのボランチコンビだが、だからといって、チーム全体が守備的になるかといったら、そうはならないのが、サッカーの面白いところであり、ボランチの位置が安定することで、攻撃的なポジションの選手がより攻撃に集中できるようになって、アグレッシブな攻撃が可能となる。前半は、この形が、非常にうまくいったケースだろう。

この戦法は、ガンバ大阪の西野監督が、五輪代表のMF家長をベンチに下げてまでも、明神と橋本をダブルボランチで起用し、攻守のバランスを保って、攻撃的なサッカーを見せていることに通じる。

■ 前田遼一のポストワーク

前線では、初めてのAマッチ出場となった、FW前田が非常によかった。同じ長身でターゲットマンタイプではあるが、巻と比べると、柔軟性があるので、状況に応じたプレーが可能であり、サポートが薄い状況では自らキープをして味方の上がりを待つ時間を作ったり、意外性のあるパスで相手DFを欺いたりと、前線で、しっかりと基点となった。

彼にボールが渡ると、少なくともボールを取られることは無いので、味方は安心して、押し上げることが出来る。コンビネーションが熟成されていけば、さらにハイレベルなパフォーマンスを見せることだろう。

あとは、どれだけ、ゴール前に入っていって仕事が出来るかどうかである。その機会を増やせていけば、必然的に、日本代表でもゴールを重ねられるだろう。

■ カウンターアタックの主役

その前田遼一と2トップを組んだ、FW田中達也も、非常に良かった。アジアカップで露呈した日本の問題点として、相手チームに対してカウンターによる脅威を与えられなかったことが挙げられるが、田中達也の存在が、解決策のひとつになるかもしれない。ひとりでもボールを運べる選手は、非常に貴重である。

また、アジリティに優れた選手であるので、たびたび、ファールを誘うプレーを見せて、セットプレーでのチャンスを作った。アジアカップではなかった武器を持つ選手として、貴重な戦力になりそうである。

■ 後半の戦い方に課題

前半と比べると、後半はカメルーンに対して防戦一方になった。最大の要因は、前線で巧みにボールをキープし、試合のリズムを作っていた、MF遠藤やFW前田、FW田中が次々とピッチを去って、その代わりにピッチに入った選手が、いまひとつ機能しなかったからだろう。後半の中盤以降は、まったく、ボールのおさまりどころが無くなって、サンドバック状態になった。

この試合は、最後まで集中力を切らさずに戦って守りきったが、耐えるのも限界があるし、一発でやられる危険性も残る。後半のメンバーは、テストの意味合いが強く、必ずしも勝利に対してこだわりを見せたわけではなかったが、新しく入った選手が、次々と機能しなかったのは、不安な要素である。

これまでに、MF羽生というカードを手に入れたオシムジャパンだが、もう、1枚・2枚は、ジョーカー的なカードを持ちたい。交代人数の多いテストマッチではなかなか難しいが、いろいろとチャレンジして欲しいところだ。

■ アピールに成功した山瀬のミドル弾

完全に劣勢だった時間帯に、山瀬がミドルシュートでゴールをマークした。このゴールは、チームにとっても大きかったが、今後の山瀬自身にとっても、大きなゴールとなるだろう。

高い能力とは裏腹に、これまで、Aマッチ出場が1試合のみと、相性の悪かったA代表での山瀬。後半途中から出場し、必ずしも大プレーを見せたわけではなかったが、何はともあれ、ゴールという結果を残したことは非常に大きいだろう。なかなかボールが持てない時間があって、集中力が切れそうなシチュエーションだったが、集中を切らすことなくこぼれ球に集中していたことが、弾丸ミドルにつながった。

Jリーグでは、他を圧倒するだけの突破力と得点感覚を備える山瀬だが、国際試合にどれだけ適応できるかは、まだ、未知数である。この日も、カメルーンの選手の身体能力の高さに戸惑うようなシーンもあった。だが、国際試合を積み重ねていけば、ある程度は、慣れで解決できる問題でもある。久々の国際試合を経験して、横浜FMでの山瀬のプレーが、どう変わるのか、注目していきたい。

■ 大久保嘉人に対する期待

怪我の影響もあったのか、途中交代に終わった神戸の大久保。ヴィッセル神戸で任されているのと同じポジションでプレーしたが、若干、空回りした感もあった。

気になったのは、なかなか、ボールに触れることが出来ずにいたためか、イライラ感をもってプレーしていたことである。確かに、シュートシーンにほとんど絡めず、得点という形でアピール出来なかったかもしれないが、前半から、左サイドで大久保が見せるフリーランニングは相手DFのギャップを作るには効果的に作用していて、総合的に見ると、十分に評価するだけのプレーを見せていたのではないだろうか。

並外れた身体能力と得点感覚を持つ大久保について、ボクは、もっと沢山のいい経験をつんで、柔軟な思考を持ってプレーできるようになれば、日本で№1のフォワードになれるだけの選手だと思う。だから、試合の中で味方をサポートする動きや、自らが囮になるプレーを覚えてチームプレーヤーとしても機能できるようになれば、一皮剥けるのにな・・・、と残念に思うことがある。確かに、一途にゴールを目指す姿勢は攻撃的な選手にとっては不可欠な要素ではあるが・・・。

そういう意味では、代表の活動で、オシム監督と接する機会が得られたというのは、今後のサッカー人生でも小さくない意味を持つだろう。意識改革が出来れば、再度の欧州クラブへの移籍の道も、近づくだろう。

■ 右サイドの加地

アジアカップでは不振を極めた加地だったが、この試合では、見違えるような動きで、右サイドを疾走した。カメルーンの左サイドのマークが甘かったこともあるが、アップダウンの多さは脅威的だった。

Jリーグを見渡しても、右サイドバックは非常に人材が多く、経験豊富な加地といえども、まったく安泰ではないのだが、オシム監督は、加地に対して、十二分な信頼を抱いており、この日のプレーは、その期待に応えるだけのプレーだった。

■ 難しいマッチメーキング

日本サッカー協会のマッチメーク能力に関しては、多方面から、非難の声が聞こえてくるが、ボクは、どちらかというと、日本サッカー協会には、同情的である。日本と同等以上の力を持つ国で、モチベーションを保ったままで、遠い中を日本にまで遠征してきて、真剣勝負を行おうとするチームは、なかなか見当たらないだろう。

そう考えると、アジアカップで4位に終わったことで、2011年のアジアカップの予選から戦わなければならなくなったことで、予選でサウジアラビアやイエメンクラスのチームとH&Aで公式戦を戦える機会を得たことは、災い転じて福となすという感じであろうか。

■ 今後のオシムジャパン

ともかく、カメルーン戦を勝利で飾った日本代表。もちろん、親善試合の勝敗は、それほど大きな意味をもたないが、負けるよりは、ずいぶんとましだろう。

今後は、高原や中村俊輔以外の、欧州でプレーする選手も代表に組み入れて、チームを作っていくことになる。この試合も、五輪代表の試合とバッティングしたため、U-22の選手は招集できず、海外組も含めて、これまで、一度もフルメンバー(=オシム監督が望むメンバー)で戦ったことが無いのは、一番の不安要素であり、いったい、オシム監督が考えるベストメンバーがどういうものなのか、まったく見えてこないが、それを想像するのも、今後の楽しみの一つであろう。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/700-5f2f4631





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月27日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)

04月26日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)

04月26日
【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月26日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)

04月25日
【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)

04月24日
【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月24日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)

04月23日
【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月23日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。


04月05日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: