アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/19 【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?
 2017/09/20 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/20 【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。
 2017/09/20 【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2017/09/24 【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

 2017/09/24 全記事一覧(2005年-2017年)


【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#12) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ U-16日本代表チーム

豊田市で行われている、U-16の世界大会。第8回となる今回の参加チームは、U-16日本代表、U-16韓国代表、U-16USA代表、U-16UAE代表、U-16オーストラリア代表、名古屋グランパスU-16の6チーム。

今回の日本代表チームは、実際には、ベストメンバーではない。同時期に、U-16の北海道国際ユース大会にも出場しているので、このチームは、西日本のチームに所属する選手だけで構成されている。J1では、東高西低が続いているが、若年層では、むしろ、西高東低である。ガンバユース、サンフレッチェユース、ジュビロユースが、先日行われたU-18の日本クラブユース大会で、ベスト4に残っている。

日本代表は、前日のオーストラリア戦で3対0と勝利を飾っており、この試合に勝つと、決勝戦に進むことが出来る。



豊田市運動公園球技場前の垂れ幕


日本は、<4-4-2>。GK嘉味田(神戸Y)。DF大崎(広島Y)、内田(G大阪Y)、寺岡(神戸Y)、小川(磐田Y)。MF井上(京都Y)、上村(磐田Y)、扇原(C大阪Y)、宇佐美(G大阪Y)。2トップは、永井(C大阪Y)と木村(神戸Y)。

召集されているのは、91年1月1日以降に生まれた選手であり、早生まれの選手は高校2年生になる。最年少は、宇佐美ら中学3年生である。この年代の選手たちが、2011年のU-20W杯の主力選手となる予定である。

■ 効果的な得点

試合は、中盤の技量で優る日本が優勢。前半4分に、左サイドからのクロスをFW永井がヘディングで決めて先制。後半2分にも、MF宇佐美のセットプレーから、FW木村が頭で決めて追加点。

その後、後半16分に、USAがチャド・バルソンのゴールで1点を返すが、後半29分に、日本は、MF宇佐美が個人技で突破し、永井(?)からのワンツーパスを受けて、フリーでシュート。これが決まって、3対1と突き放した。

USAに1点を返された後の時間帯は、やや劣勢になった日本だったが、効果的な時間帯に得点を奪って、3対1で勝利し、日曜日に豊田スタジアムで行われるUAEとの決勝戦に駒を進めた。

■ 和やかな雰囲気

さて、会場の豊田市運動公園球技場は、とても国際試合を行っているというような雰囲気はなく、のどかな雰囲気で行われた。TOYOTAのお膝元の豊田市は、名古屋からは一時間近く。電車を利用するときは、交通の便のいいところではない。豊田市運動公園球技場の周りも、ほとんど何もないところであった。

試合が行われた球技場は、正直、どこにでもありそうなスペックの球技場であり、ピッチとスタンドの境界もない。したがって、第一試合のUAEと韓国の試合を、日本代表の選手も、すぐそばで、一緒になって、観戦している。Jリーグの試合では、まったく考えられない。観衆は、300人くらいだったかもしれないが、雰囲気はよかった。



試合を観戦するU16の代表選手達


■ オールラウンドな能力が光るFW永井龍

ただ、やはり、試合になると、選手たちは、真剣そのもの。国際試合を行っているという緊張感が伝わってくる。試合前に、公衆トイレで騒いでいた日本代表の選手たちも、日の丸を背負う自覚が、プレーに表れる。

さて、この試合のMOMを選ぶとしたら、FW永井(C大阪Y)だろう。それは、何も、永井君のご家族が、隣の席に座っていたことを考慮したリップサービスを含むものではなく、前線でボールを受けてタメを作る仕事と、ゴール前でシュートを放つ仕事の両方を、高いレベルでこなしていた。

175cm62Kgと、決して大きくはないが、体の使い方がうまく、ポストプレーも正確で、相手DFを背負ったときのプレーもボールを失わなかった。後半の半ばに入ると、USAのDFに何度も倒されていたが、それは、彼が効果的な仕事をし続けていたからであろう。

■ チームの心臓として働く上村岬

キャプテンマークをつけていたのが、MF上村岬(磐田Y)。背番号11で、ジュビロ磐田所属のMFで、なおかつ、岬という名前から、岬太郎を連想させるが、現実の上村は、それほど、華やかなプレーをするわけではないが、このチームの心臓であることは、試合を見れば明らかであった。

豊富な運動量で中盤を駆け巡って相手の攻撃の目をつんで、さらには、低い位置でボールを受けて、ビルドアップの中心になっていた。感心するのは、相手にプレスをかけられても、決してあわてることなく、正確に味方につなぐことのできる点である。

彼は、先週の日曜日に行われていた、U-18の日本クラブユース選手権の決勝戦に出場している。167cm61Kgと、ややスケール感に欠ける印象もあるので、どれだけ、スケールアップできるかが、課題であろう。

■ 内田達也の可能性

事前に、予備知識があったのは、実は、2人だけで、その1人が、DF内田達也(G大阪Y)である。彼も、U-18の日本クラブユース選手権の決勝戦に出場している選手であり、高校1年生ながら、将来のG大阪を背負って立つDFという評判の選手である。

実際にそのプレーを見て、試合後は、「その評判に偽りなし」という感想を持った。とにかく、USA代表チームが、CBの内田のところを集中的に狙って攻撃しているかのような錯覚を覚えるくらい、クロスボールもクサビのパスも、すべて内田がカットして、USAの攻撃を阻止した。

タイプとしては、ストッパータイプいうよりは、ラインコントロールをしながら、危険なエリアを監視するスイーパータイプなのかもしれない。したがって、同じG大阪ユース出身の宮本恒靖を彷彿とさせた。クレバーさが光った。

しかしながら、彼は、まだ、高校1年生。今は、177cm60Kgという体格だが、仮に、あと5cm身長が伸びたとしたら、空中戦でも、地上戦でも問題なしの、とんでもない、CBになりそうである。それほどのポテンシャルを秘めている。



試合前の表情


■ さて、宇佐美貴史について

この試合のお目当てが、G大阪Y所属の中学3年生のMF宇佐美貴史であったことは、隠しようがない。中学3年生で、最強Gユースのレギュラーであり、先日の日本クラブユースの決勝で、ゴールを決めたスーパープレーヤーである。

彼がいったい、どんなプレーをするのか、噂どおりの選手なのか、否か。飛び級でユースチームでレギュラーを張るだけの逸材なのか。日本サッカー界の未来なのか。興味は尽きないところであった。

そして、そのプレー振りだが、実は、前半は、期待外れだった。彼のスターティングポジションは、右の攻撃的MFだが、いかんせん、彼にボールが渡る回数が少なく、むしろ、守備面での活躍が目立ったくらいである。ボールを持ったときは確かにいいプレーをするし、実際、3度ほど、あわやのシーンを作ったが、もっと自由に動いて、ずっとボールを保持して、攻撃の全権を握る王様のような選手を想像していただけに、やや物足りなかった。

■ 怪物の真価

ただ、後半に見せたプレーは、やはり怪物だった。

後半の開始2分に、セットプレーのキッカーとしてパーフェクトなクロスを上げて、FW木村のゴールをアシストすると、そこからは、宇佐美のショータイムが始まった。USAのDFのマークがゆるくなったのか、宇佐美の運動量が増したからなのか、理由はよくわからなかったし、おそらく、偶然の要素が大きかったと思うが、それにしても、USAのDFをあざ笑うかのようなドリブル突破と決定的なキラーパスを連発し、日本の攻撃のほとんどのチャンスシーンを演出した。

後半29分には、右サイドから中央に切れ込んで、FW永井(?)からのワンツーパスを受けて、駄目押しのシュートを決めたが、圧巻だったのは、その少し前のプレー。

同じく、右サイドから中央に切れ込んだ宇佐美は、USAのDF3人に囲まれながらも、ボールを保持。UAEのコーチが、「strong!!!」と叫んだ、その次の瞬間、浮き球のパスで、USAのDF3人のマークを外してフリーとなって、決定的なシュートを放った。そのシュートは、わずかにゴール左にそれたが、ミッシェル・プラティ二を思い起こさせるファンタスティックなプレーは、この試合のハイライトとなった。

以下で、彼のプレーを細かく見ていく。

■ 宇佐美のドリブル

彼のドリブルは、超一級品である。相手DFの間を割って入っていって、なおかつシュートにまで結びつけることができる。相手がきっちりとDFの組織を作っていても、まったく関係なし。こういうプレーの出来る日本人選手は、全盛期の本山雅志以外には思いつかない。

スピードがないわけではないが、圧倒的というわけでもない。天性のボールコントロール技術と、トップスピードに入るまでの速さが、そのドリブルを可能にするのだろう。

また、この試合は、右サイドにいるケースが多かったため、サイドラインで相手DFと1対1になるケースもあったが、そのときの打開力も抜群。相手DF二人に囲まれながらも、突破してペナルティエリア内に進入する場面も、2度ほど見られた。

■ 宇佐美のパス

パスセンスも備えていることは、間違いないだろう。彼がボールを持つとまず、相手DFはドリブル突破を警戒するのだが、その瞬間、何とも言えない絶妙のタイミングで、味方FWにキラーパスが繰り出されて、決定的なチャンスを生み出すことが何度かあった。まさしく、センスと表現するしかないパスである。

ただ、それ以上に特記したいのが、クロスボールの質の高さである。これは事前に想像していたものではなかったので、意外な驚きとなった。この試合の宇佐美は、FKもCKもほとんどすべてのキッカーを任されていて、直接ゴールを狙えるようなFKは残念ながらなかったが、サイドからのセットプレーで中央にあわせるボールは、すべて質の高いボールが入ってきて、そのほとんどが、味方の頭にどんぴしゃであって、シュートに結びついた。FW木村の2点目のゴールも、木村の頭にぴたりとあった。

ドリブルが得意で、パスも出せる選手であることは認識していたが、セットプレーのキッカーとしても、高い能力を持っていることを印象つけた。

■ 宇佐美の運動量とディフェンス力

残念ながら、運動量という意味では、試合に出ていた選手の中では、最低ランクであった。特に、前半は、ほとんど動きがなく、物足りないものであった。

だが、後半の最後まで、まったく、ドリブルのキレが落ちなかったことを考えると、本来持っているスタミナは、相当のものだと想像出来る。要は、意識の問題で、今後、運動量を増やしていくことは可能で、まだまだ、改善できるだろう。

また、ディフェンスに関しても、それほど、高い意識を持っているとは、思われなかった。チームの一員としての最低限の仕事はこなしているが、現状は、それだけである。

とはいっても、まだ、中学3年生であり、課題があっても当たり前であり、何ら、問題視する必要はないだろう。むしろ、この試合のポジション(右の攻撃的MF)が彼のベストポジションだとは思わないし、守備の負担を軽く出来るような位置で起用すれば、もっと、攻撃面で仕事が出来るだろう。だが、そのあたりは、将来を考えて、あえて、守備力も求められるポジションで起用しているというのが、実際のところだろう。

■ 宇佐美の将来性、そして可能性

今の宇佐美をデフォルメで表現すると、「5分に1回だけボールに触って、10分に1回の割合で決定的な仕事をする選手。」という感じであろう。ボールを持ったときのプレーは、確かに物凄いとしか言いようがないが、肝心の試合に参加している時間帯が少なく、この日も、特に前半は、不十分であった。また、前半と後半でプレーが劇的に変化したように、安定して高レベルのプレーを続けるだけの力は無いようである。

ただ、間違いなく可能性のある選手ではある。これは、断言できる。ボクは、彼については、「将来の日本サッカー界を背負って立つだけの可能性をもつ逸材」というよりは、「将来の日本サッカー界を背負って立ってもらわなければ困るだけの逸材」であると認識する。それだけ、スペシャルな選手であると考える。

確かに、まだ、中学生であり、過剰な期待は禁物であるが、やはり、期待せずにはいられない。彼をワールドクラスのアタッカーに育て上げることは、これからのガンバ大阪と日本サッカーの大きな使命であると思う。

「スターシステム」と呼ばれて、若い選手をことさら持ち上げようとすることは基本的には毛嫌いされているが、問題なのは、持ち上げるだけ持ち上げて、結果が振るわないとスポイルしてしまいがちな姿勢であって、有望な選手を取り上げて期待をかけて見守っていくこと自体は、別に、間違っていない。

教育の現場では、「特別扱い」することは問題視されるが、サッカーにおいては、特別な才能をもった選手に対して、「特別扱い」することは、まったく問題ではないだろう。

数年前、バルセロナのカンテラのFWメッシが、この大会を経験し、世界のトップクラスにまで巣立っていったように、数年後、「そういえば、あの宇佐美もこの大会に出場していたらしいよ。」と言えるようになってほしい。

12日の日曜日、日本最高のスタジアムのひとつである、豊田スタジアムに、宇佐美が登場する。彼のプレーは、絶対に見る人の期待を裏切らないだろう。宇佐美貴史を体感したいのなら、ぜひ、豊田スタジアムに・・・。



後半に向けて円陣を組む選手


---U-16日本代表:採点&コメント---

GK:嘉味田隼  1992.01.17 182/74 神戸Y   6.5

 → とにかく、声がでか過ぎ。フィールド上の選手全員の名前を呼んで、ポジショニングの指示をしてくれるので、選手名を覚えるには、非常にありがたい。声がかれないか心配。

DF:大崎淳矢  1991.04.02 172/62 広島Y 6.0

 → このチームは、サイドバックが頻繁にオーバーラップするわけではないので、攻守でそれほど目立つことは無かったが、プレスに来たUSAの選手を足技で簡単にいなすシーンを見る限り、テクニックもありそう。

DF:寺岡真弘  1991.11.13 178/70 神戸Y 6.0

 → 高さでやられることも無く、フィードでもミスはなかった。リーダーシップもありそう。

DF:内田達也  1992.02.08 177/60 ガンバ大阪Y 7.0

 → 文句なしの逸材。

DF:小川大貴  1991.10.16 171/65 磐田Y 5.5

 → この選手も、U-18の日本クラブユース大会の決勝に出場している選手。左OMFの扇原とのコンビは、それ程見られず、攻撃では、なかなかいい部分は見せられなかった。

MF:井上寛太  1991.04.12 174/64 京都サンガU-18 6.5

 → 総合力の高いセントラルハーフ。上村と並んで、攻守両面で貢献。

MF:上村岬   1991.10.28 167/61 磐田Y 7.0

 → チームの心臓。ミスが無く、正確につなげる。
      
MF:宇佐美貴史 1992.05.06 174/53 ガンバ大阪Y 7.0

 → スーパー中学生。

MF:扇原貴宏  1991.10.05 181/65 セレッソ大阪U-18 5.5

 → 左利きの背番号10。長身で、元ブラジル代表のリバウドのようなボール扱いを見せる。強さが出てくれば、大化けするかも。もう一度みたい選手。 

FW:木村一貴  1991.07.08 181/70 神戸Y 6.5

 → フィジカルが強く、空中戦でのバランス感覚もいい。スピードもありそう。

FW:永井龍   1991.05.23 175/62 セレッソ大阪U-18 7.5

 → MOM。すべてのプレーがハイレベル。


宇佐美貴史 (うさみ・たかし)

 2008/08/12  【U-16日本×U-16ルーマニア】 天才・宇佐美貴史の未来(生観戦記#12)
 2009/05/21  【ACL:G大阪×ソウル】 宇佐美貴史 プロデビュー戦
 2009/10/25  【U-17日本×U-17ブラジル】 日本には明るい未来はあるはず
 2010/04/24  【G大阪×FC東京】 宇佐美貴史のリーグ戦初ゴール
 2010/10/06  【U-19日本×U-19ベトナム】 宇佐美貴史 ハットトリック&アシスト
 2010/10/28  もしも、Jリーグにドラフトがあったならば・・・
 2010/11/26  アジア大会のメンバーから漏れたロンドン世代の有力メンバーを考えてみた。
 2015/03/28  【日本×チュニジア】 岡崎・本田・香川・宇佐美という新たなカルテット
 2015/04/01  【日本×ウズベキスタン】 宇佐美貴史は代表のエースになることはできるか?
 2015/04/13  【清水×G大阪】 宇佐美貴史 もはや手が付けられない天才児




おすすめエントリー (10記事)

コメント

宇佐美貴史のプレーを是非生で見てみたいです。
2007/12/02(日) 23:49:52 | URL | ジン  [編集]
まだまだ、これから、宇佐美も、杉本、も原口も、先羽らこれからや、君達、さわぎすぎ
2007/10/31(水) 23:07:42 | URL | ぉお  [編集]
>>> ガンバ好きさん

どうも、コメントありがとうございます。

なるほど、ブレーキングですか。面白い考え方ですね。何故、あんなに簡単に、3人・4人の間を抜けていくことが出来るのか、少し、謎が解けました。

原口拓人君に関しては、名前くらいしか分かりません・・・。これから、注目してみます。
2007/08/12(日) 23:16:56 | URL | じじ  [編集]
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。

2007/08/12(日) 14:35:29 | URL | タイムブログランキング  [編集]
練習でのプレーを見ていて思う宇佐美くんの凄いところは下半身の強さですね。
スピードだけなら彼よりも早い選手は何名かいるのですが、他の選手に比べて抜群にブレーキングが良いです。
F1でも速いドライバーはブレーキの使い方によってコーナー前後でのライン取りやその後の加速といった違いをもたらすように、宇佐美くんのドリブルは止められそうになっても別のコースを選択することでゴールまで結びつけられるタイプのドリブルです。

宇佐美くん以外では、スピードアタッカー系の原口拓人くんに要・注目です。
2007/08/12(日) 00:52:00 | URL | ガンバ好き  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/684-da7e41bd





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月24日
【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 川崎フロンターレの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 サガン鳥栖の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌の歴代ベストイレブンを考える。 (1998年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: