アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/22 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−
 2018/04/23 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/23 全記事一覧(2005年-2018年)


オシムジャパンを巡る5つの考察(その5) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

① オシム監督に何を期待するのか?

アジアカップを終えて、一部では、オシム監督の責任を問う声が出始めている。確かに4位という結果は最低限のノルマは達成したものの、3連覇を期待していた人にとっては、不本意なものであったに違いないだろう。

敗因を探ることは間違いなく重要である。だが、周辺事情を冷静に判断すべきである。日本代表は、3連覇を成し遂げるだけの実力はあったが、それは、絶対的に保障できるものではなかった。結局のところ、UEFAのチャンピオンズリーグで、ここ数年、チェルシーやマンチェスターU、バイエルン、リヨンといった超一流クラブが、毎年のように、ビッグイヤーの獲得を期待されながらも実現には至っていないのと同レベルの話であって、いくつかの内的事情といくつかの外的事情が重なって、そのミッションは達成できなかった。

ここで、はっきりさせておかなければならないのは、いったい、オシム監督に何を求めるのかである。アジアカップ制覇なのか?コンフェデの出場権獲得なのか?南アフリカ大会の出場権獲得なのか?南アフリカ大会でのグループリーグ突破なのか?

個人的には、オシム監督が、「日本サッカーの日本化」という使命に対して、どのように作業を進めていくのかに、強い興味をもつ。オシム監督の行うことがすべて正しいとは限らないし、ノーチェックですべてを受け入れるのは危険だが、それでも、ユーゴスラビア代表監督時代、シュトルム・グラーツ監督時代、ジェフ市原・千葉監督時代の輝かしい実績が、その言動の多くに説得力をもたらせる。それは、残念ながら、前監督にはなかったものである。

今、日本サッカー界に求められるのは、過剰に、目先の勝敗にとらわれることではなく、例え、南アフリカ大会で結果が出なかったとしても、びくともしないくらいの骨格を作ることではないだろうか?それが、いつかの未来を輝かせることにつながるだろう。その芽は育ちつつある。

② レジスタの必要意義

「オシムサッカーには、レジスタを必要としていないのではないか。」という考えがある。

中盤の底で、守備的なボランチと組んでゲームメークを行うレジスタ役は、アジアカップでは川崎の中村憲剛が努めたポジションであり、憲剛の存在が日本代表のポゼッション能力を高めた反面、攻撃のスピードがなかなか上がらなかった要因のひとつになった。

振り返ってみると、ジェフ千葉時代のオシム監督は、ダブルボランチに阿部勇樹と佐藤勇人を起用し続けた。彼らは、攻守にわたってアグレッシブに動き回ってチームの中心になる選手ではあるが、中盤の底でたくさんボールを触って、攻撃のリズムを作るタイプの選手、いわゆるレジスタではない。

オシム監督は、日本代表でも、チームではボランチでプレーすることの多かった(昨シーズンの)遠藤保仁や中村憲剛を、ボランチではなくもう一列前の攻撃的MFで起用し続けた。それは、何故だろうと考えてみると、先の、「オシムサッカーにはレジスタは必要としない。」という仮説に結びつく。攻撃の基点をレジスタに集中させることで、ボールは支配できるが、攻撃のスピードが停滞してしまうことがある。それは、全員攻撃・全員守備という、トータルフットボールを理想とするオシム監督のサッカー観とは、やや方向性がずれる。

オシム監督は、今後、どんなタイプの選手をボランチで起用するのだろうか?例えば、鈴木啓太と阿部勇樹、今野泰幸といった守備の得意なボランチを並べて起用したとすると、表面上は守備的な布陣のように見えるが、それが、即、守備的なサッカーにつながるわけではなく、むしろ、DFラインからの効果的なオーバーラップを促せるのであれば、攻撃的なサッカーにつながるだろう。

③ 阿部勇樹のCBでの起用の是非

「レジスタをどうするか?」という問題は、アジアカップ期間中から賛否両論のあった阿部勇樹のCB起用とも絡んでくる問題である。

ジェフ千葉時代の06年途中から、クラブチームでの阿部は、ほとんどの試合で、本職のボランチではなく最終ライン(CBあるいはサイドバック)でプレーしており、粘り強い守備の対応とカバーリング能力を生かして、一流DFへの道を歩み続けている。とはいっても、現時点で、単純に守備能力という観点から見れば、アジアカップでサブに入っていたDF坪井慶介を上回ることはないだろう。

もちろん、阿部の攻撃能力(得点力、フィード力)は、坪井のそれをはるかに上回っている。だが、アジアカップの日本代表には、中村憲剛という正真正銘のレジスタがいたことを考えると、DFラインの選手に過剰にビルドアップ能力を求める必要性はなかったし、実際に、阿部が最終ラインからゲームを構築するようなシーンは、ほとんどなかった。と考えると、アジアカップの日本代表は、CBとボランチの補完性という意味では、それほど優れていたわけではなかったし、阿部のCB起用にこだわる必要性は、高くなかったといえるかもしれない。

アジアカップでは怪我のため欠場したが、ビルドアップ能力のある闘莉王(まだ、雑なパスも多いが・・・)がいれば、まずは、中澤と闘莉王をCBのコンビで起用したのかと想像できる。それならば、阿部をどういうポジションで起用したのか、非常に興味ある部分である。ボランチなのか?サイドバックなのか?それとも、ベンチだったのか?さてさて。

④ ラストチャンスだった選手は誰なのか?

アジアカップの3位決定戦の韓国戦のオシム監督の選手起用は、非常に不可解であった。オーストラリア戦やサウジアラビア戦で露呈した問題を改善させることなく、ほとんど同じメンバー&戦い方で試合に臨んで、前2試合と同じようなサッカーで苦戦を強いられた。

「いったい、何故?」という疑問も生じたが、試合後のオシム監督のコメントで、その何故は少し解けた。オシム監督は、「チャンスは、2度目はあっても、3度目はないかもしれない。」という意味のコメントを残した。

オシム監督は、選手器用に関していうと、かなり慎重なタイプであるように感じる。抜擢した選手に対しては、しっかりと責任をもって扱っており、無責任で、選手のためにならないような起用はこれまでのところ行っていない。

もともと、アジア(カップ)仕様のチームを期間限定で作ってきた感もあるので、大会後に、メンバーの入れ替えが行われるのは想定内といえるが、韓国戦の選手起用とその後のコメントから推測すると、もしかしたら、アジアカップ以後、想像以上に選手の入れ替えが行われるかもしれない。

そこで、アジアカップでのパフォーマンス、現年齢、後進のタレント(代表でポジションを争う若手選手の有無)を考えると、DF加地亮、MF山岸智、MF遠藤保仁、FW佐藤寿人の4人は、今後、代表での立場が、苦しいのではないかと想像する。

また、もっと大胆に改革を進めるのであれば、GK川口能活、MF中村憲剛、MF中村俊輔といったクラスの選手も、韓国戦がラストチャンスであった可能性を完全には否定することが出来ない。(ただ、中村俊輔に関しては、韓国戦がラストチャンスであっても、合格であった可能性が強いが・・・。)毎度のことだが、中盤のタレントは豊富である。

⑤ アンテナを張り巡らせる必要性

かつて、欧州組であれば、自動的に代表へのパスポートを与えられる時代があったが、オシム監督になってから、状況は一変した。欧州組の中で、アジアカップの代表に選ばれたのは、昨シーズンの所属チームでの活躍が評価された、MF中村俊輔とFW高原直泰の2人だけであった。

欧州のクラブに所属する選手は、国内組に比べて、相対的な能力が高いのは間違いないが、それがイコール代表入りを確約するものではない。一部では、欧州組と国内組を分けて考える向きもあるが、区別する必要はまったくない。その点、オシム監督は、かなり公平のように思える。

問題点としては、中村俊輔のセルティックや、松井大輔のルマンのように、常時、日本のテレビでも試合を視聴できる環境であればいいのだが、中田浩二のバーゼルや、三都主のザルツブルグのように、試合を視聴することが、ほとんど困難なチームに所属している選手も存在する。当然、代表スタッフであれば、彼らの出場試合のビデオを入手して、状態を、逐一、チェックすることは可能だが、一般人にとっては難しい。だから、実際に、どんなプレーをしているのかを知らないにもかかわらず、待望論が巻き起こる。それは、決して、正常な状況とはいえない。

アジアカップ期間中に、「なんで、小野伸二が代表に入っていないの?」という質問を受けた。それほど、サッカーのことを分かっている風ではない人が相手だっただけに、その質問を答えるのに一瞬、窮した。

ドイツW杯を終えてから、小野伸二は、一度も代表に招集されていない。したがって、アジアカップで代表に招集される可能性はほとんどゼロであったが、ここ最近の小野のパフォーマンスを見る限り、ボクは、アジアカップ以後の代表チームであれば、小野が代表に復帰する目は、それなりに高いのではないかと感じていた。だから、失礼ながら、「あれ?よく見てるんじゃない。」という感じで、答えに戸惑った。

小野は、シーズンの序盤、浦和でもスタメンを外されたり、左ウイングバックで起用されたりと、落ち着かない状況であったが、6月に入ってからの小野のパフォーマンスは高みで安定しており、そろそろ、という思いは強い。そのパフォーマンスは、ドイツW杯のころのと比べると、雲泥の差であり、明らかに、代表レベルであるのは、ここ最近のプレーの方である。試合を決定付けるような仕事をすることも、少なくない。

実際、ドイツでの小野のパフォーマンスは散々であり、06年の後半戦は、浦和レッズでもポジションを失っていた。したがって、「小野はもう終わった選手」というレッテルを貼られているような状態であったが、サッカー選手とは、グラウンド上でのパフォーマンスで、そのレッテルをはがすことが出来る職業であり、また、小野は、それだけのポテンシャルを持った選手である。

オシム監督の就任直後、オシム監督は、「走れる選手を重視していてテクニックのある選手を軽視している。」という批評もあったが、監督就任から一年経って、もはや、そんな低次元の話をする人はほとんどなく「走れて、なおかつ、テクニシャンであること」が、代表に求められる選手像である。

だが、現状では、「走れるテクニシャン」は、日本では、誰もいないといっていいだろう。そして、それは、世界的に見ても、ほとんどいないだろう。したがって、どちらか一方が欠けていたとしても不思議ではなく、確かに、小野伸二の運動量は十分ではないが、有り余るテクニックとインテリジェンスで、同じポジションを争うと想定される、遠藤保仁、中村俊輔、中村憲剛、羽生直剛といったライバル選手を、上回ることが証明できれば、問題ないのである。ここ最近のプレーを見る限り、そのことを実証できる可能性は、低くはない。

一年前、羽生や山岸、中村憲剛、太田、水野、矢野といった選手が、アジアカップの代表に選ばれると想像した選手は、いったい、どのくらいいただろうか?そう考えると、サッカー選手の評価は、刻一刻と変化するものであり、過去の幻想にとらわれていてはいけないだろう。アンテナは、常に張り巡らしていなければならない。それは、国内組に対しても、欧州組に対しても、当てはまるものである。




【関連記事】

オシムジャパンを巡る5つの考察(その1)
オシムジャパンを巡る5つの考察(その2)
オシムジャパンを巡る5つの考察(その3)
オシムジャパンを巡る5つの考察(その4)
オシムジャパンを巡る5つの考察(その5)




おすすめエントリー (10記事)

コメント

>>> HTさん

コメントありがとうございます。

いろいろな意見があると思いますが、個人的には、海外のチームに移籍することは、メリットもあるますが、デメリットも多くあるように思います。

キャリアアップや待遇面(お金を稼ぐこと等)を考えて海外に移籍するのもありだと思います。実際、いくら、Jリーグで活躍しても、欧州で認められることはないですから。ただ、純粋に能力アップという観点から見ると、何でもかんでも海外にさえ移籍すれば解決すると考えるのは、やや危険ではないでしょうか。
2007/08/10(金) 08:23:09 | URL | じじ  [編集]
いつも楽しく拝見させていただいてます。
オシム千葉が好きだった自分が、
代表がイマイチ好きになれない理由が
分かった気がします。
さて、自分として気になっている点が一つあります。
それは、日本代表の課題として、いつも選手の
個々のレベルアップが必要と言い訳に近い敗戦論が
横行していることです。
でも、代表にも選ばれるJリーグで
平均以上の選手(ガンバの遠藤選手等)らが
国内で個々に、高原や俊輔みたいに今まで以上、
さらにもう一段階レベルアップするのは、無理と思います。
また、海外に行くのは、年齢的に高い人が多いし、
チームの主力が海外に出るときは、
いつもJクラブと揉めます。
さらに、サッカー以外の問題点が多すぎて、
試合にでれない危険性が高く、現実的では無いと思います。
そこで、日本協会が海外に興味がある日本の監督、選手&J1チーム1人、1年間強制参加で、南米か、ヨーロッパに練習場&住居を買い取って2部でいいので日本人のみで外国リーグに参加するのはどうでしょうか?
もちろん、そのチームから自由に他クラブ売込みOKです。
放映権だけで十分元はとれると思います。
また、Jリーグにも、6ヶ月限定で参加する、人数割わりふり関係なしで安い給料のアジアを含む世界中の外国人&契約できなかった日本人の混成NEWチームを作り、Jリーグをもっと刺激して欲しいです。
Jリーグの外人を4人に増やすよりは
面白いのではと思ってます。長文すみませんでした。
2007/08/05(日) 12:04:41 | URL | HT  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/675-441f21b9





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月23日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: