アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/14 【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)
 2018/04/14 【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件
 2018/04/15 【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/15 【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)
 2018/04/15 【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)
 2018/04/16 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)
 2018/04/16 【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/16 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)
 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2018/04/17 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1907  2018/04/03  【J3】 4節を終えた時点でのチームスタッツに注目してみた。 (下)
 #1908  2018/04/04  【J3】 4節を終えた時点での個人スタッツに注目してみた。
 #1909  2018/04/06  熊本 vs 新潟、C大阪U-23 vs FC東京U-23、FC岐阜 vs 甲府、名古屋 vs 川崎F
 #1910  2018/04/06  熊本 vs 新潟、C大阪U-23 vs FC東京U-23、FC岐阜 vs 甲府、名古屋 vs 川崎F
 #1911  2018/04/07  【J2】 7節終了時点でのセットプレーでの得点/失点に注目してみた。
 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感

 #0000  2018/04/13 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×韓国】 立ち上がれ!!!羽生直剛 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 日韓決戦

アジアカップの3位決定戦。日本は、韓国と対戦。

日本は、これまで4試合連続スタメンだったFW巻に代えて、山岸を起用した以外は、これまでと同じスターティングメンバー。

日本は、前半に、中村俊輔からのパスを受けた遠藤のシュートシーン、ゴールほぼ正面からの遠藤のFK、CKから中澤が至近距離から決定的なシュートを放ったシーンなど、いくつかのチャンスを作るが、決めきれず。韓国の攻撃は、ロングボールを使った単調な攻めで、日本は、阿部と中澤がしっかりと跳ね返すものの、前半の中盤以降は、セカンドボールが拾えなくなって、やや押し込まれる場面も目立った。

後半開始10分、韓国のDFが退場になって、数的優位な状況になったが、オーストラリア戦と同様に、引いた相手を崩しきれず、スコアレスのまま、PK戦に突入。結局、日本の6人目の羽生が失敗し、4位という結果で大会を終えた。

■ 計りかねるオシム監督の意図

日本は、非常にもったいない試合をした。

スタメンがほとんど同じだったのは、ベトナムからインドネシアへの移動に手間取って、ほとんど、事前の練習が出来なかったからなのだろうか?日本は、オーストラリア戦やサウジアラビア戦と同様に、完全に引いた相手を崩しきれないという欠点を露呈し、10人の韓国からゴールは奪えなかった。

それにしても、このスタメンで試合に臨めば、疲労もあって十分なパフォーマンスは期待できず、オーストラリア戦やサウジアラビア戦の後半のように、閉塞状態になることは、ある程度、想定できたことである。なぜ、オシム監督は、フレッシュな太田や水野や矢野といった若い選手をスタメンに抜擢しなかったのだろうか?

■ 選手交代に冴えが見られず

今大会を通して、オシム監督の選手交代は冴えを見せなかった。ジェフ千葉時代には、何度も、選手交代の妙を見せてきたオシム監督には、多大な期待がかけているので、この点は、やや不満の残る部分である。

特に、10人になったときの選手交代は、オーストラリア戦も韓国戦も、かなり消極的で、流れを引き寄せることは出来なかった。もともとのスターティングメンバーがかなり攻撃に偏ったメンバー選考をしているので、これ以上、攻撃的にすることはなかなか簡単ではないが、この試合でも、オシム監督が取った策は、中村憲→羽生、山岸→佐藤、高原→矢野という無難な選択だった。

■ 崩しきれないことについて

「相手に守られたときに崩しきれないこと。」は、今大会で明確になった日本の課題である。(これは何も、日本代表だけが抱える課題ではなく、世界中のどのチームにも当てはまるものであるが・・・。)その課題は、韓国戦でも、解決策は見せられなかった。しかしながら、これは、想定内のことである。サウジアラビア戦からは、3日しか経っておらず、ほとんど練習もしていない。したがって、課題が解決しているはずはない。

よって、これは、アジアカップ以後に解決すべき課題である。ひとりで打開できるタイプの選手を入れるのか、もっとリスクを背負った攻撃ができるように攻守のバランスを調整するのか、いずれにしても、いくつかの解決策はあるだろう。

■ 収穫は俊輔・鈴木・阿部

あまり多くの収穫はなかったが、それでも、いくつかの収穫はあった。まずは、中村俊輔のプレーである。この試合の俊輔のプレーは、今大会を通して最高のものであり、日本のビッグチャンスのほとんどを、俊輔が演出した。

サウジアラビア戦のあと、「このチームでは個人技を発揮しにくい。」という風な発言をしていたが、この試合の俊輔は、タスクをこなしつつ、随所にアイディア溢れるプレーを見せており、彼の適応能力の高さ(頭の良さ)を感じずにいられなかった。

また、鈴木啓太のプレーも、非常に良かった。サウジアラビア戦では、怪我の影響もあったのか、ダイナミズムを欠いていたという印象を受けたが、この日のプレーは、いつもの鈴木啓太のプレーだった。

他には、CB阿部のプレーも、素晴らしかった。サウジアラビア戦では、失点シーンに絡んだので非難を浴びてしまったが、韓国のCFを相手に、空中戦でも負けずに、まったく仕事をさせなかった。ビルドアップにもっと関与して欲しいという不満はあるが、阿部のCBでの起用に、一定の目処がついたことは、今大会の大きな収穫である。

■ いい経験となった羽生直剛

さて、実際には、あまり3位も4位も変わらないと思うが、「負けるよりは勝つ方がいい。」と考える人がほとんどだろう。したがって、決定的なシュートを2本外して、さらには、PK戦でもPKを失敗した羽生は、分かりやすい戦犯として、しばらくの間は、祭り上げられることだろう。日本代表の試合は注目度も高いので、仕方ない部分もある。

しかしながら、この試合をきちんと見ていた人であれば、いかに羽生の存在が攻撃を活性化させるのか、そして、彼がオシム監督の愛弟子だから代表に選ばれているわけではなく、日本代表の戦士としてピッチに立つ実力が十二分に備わっていることが、分かるだろう。この逆境を乗り越えることが出来れば、プレーヤーとして新しい境地に達することが出来るだろうし、また、彼のパーソナリティを考えれば、それも十分に可能だろう。

■ 今大会の収穫

今大会の総括すると、現状で出来ることと出来ないことが、はっきりと明確になったことが、一番の収穫だろう。

出来ることとしては確認できたのは、

 ・カタールやUAEといったアジアの中堅クラスのチームを相手にした場合、それなりに引かれたとしても崩しきれるということ。
 ・オーストラリアやサウジアラビアといったアジアトップレベルのチーム相手でも、ポゼッションでは優位に立てること。
 ・相手の個人技やセットプレーに対する弱さは見せたものの、しっかりと守備の準備が出来ていれば、日本の守備陣を崩せるチームは、アジアレベルではほとんどないということ。


であり、出来なかったこととして確認できたのは、

 ・オーストラリアやサウジアラビアといったアジアトップレベルのチーム相手に引かれると、崩しきれずに攻撃が行き詰るということ。
 ・試合の流れを変えられるだけのジョーカーを持たないということ。
 ・スタメンと同レベルの実力をもつ選手がベンチには少ないということ。


であろうか。

■ オシムの誤算?

「引いた相手を崩せないこと。」については、大会前に、オシム監督に読み間違えがあったのではないかと推測する。

ボクの推測するところでは、オシム監督は、大会前に、やや日本の実力を過小評価(あるいは、対戦相手を過大評価)していて、ポゼッションスタイルでは、カタールやUAEレベルでも、苦戦を強いられると予想していたのではないだろうか。実際、昨年の日本代表は、相手のシステムやスタイルに合わせるカメレオンスタイルで試合を行ってきたので、相手がどうであれ自分たちのポゼッションスタイルを前面に押し出して試合に挑むようになったのは、今年の3試合(ペルー戦、モンテネグロ戦、コロンビア)しか、準備をする機会がなかったのだ。

したがって、オシム監督は、今大会で6試合をこなすことで、徐々に連携を高めていって、とりあえずは、まず、ポゼッションスタイルを完成に近づけていくつもりであったのではないだろうか。ベンチ入りした23人の顔ぶれを見る限り、他のスタイルで戦おうとする意図は、あまり感じられない。

ただ、最初の2試合で予想外にポゼッションから相手DFを崩せてしまったため、その後、十分な上積みができずに、端から見ていると、やや尻すぼみの印象になってしまったのではないだろうか。それでも、大会前に想定していたレベルには、十分に達しているのではないかと見るが、どうだろうか。

■ オシムジャパンの今後

オシムジャパンは、今大会で、昨年までは見せなかった、ポゼッションスタイルを見せて、一定の成果を挙げた。とりあえず、ベスト4に入ったことでオシム監督は、最低限のノルマは達成し、今後、しばらくは、純粋な代表の強化に専念できるだろう。

今後の見所は、縦に速い従来のスタイルと、今大会で手ごたえをつかんだポゼションスタイルを、どう使い分けていくかである。今大会は、気候の影響もあって、一貫して、ポゼッションスタイルで挑んだが、もっと温暖な気候条件ならば、「走り勝つ」という、オシム監督の得意のスタイルが披露できるだろうし、時間帯によって、使い分けることも出来るだろう。

■ メンバーの入れ替えはあるのか?

さて、今大会終了後に、大幅なメンバーの入れ替えがあるのかどうなのかも、注目されるところであるが、いくつかのポジションでは、新戦力の台頭が待たれる。

GKは、主将でもある川口が当分は中心だろうが、右サイドバックは、今大会で十分なプレーが出来なかった加地ではなく、駒野を左サイドではなく右サイドに戻して先発で起用するのが、現実的な方法ではないだろうか。

CBは、中澤と阿部のコンビが起用されているが、闘莉王が戻ってきたときに、どうするのか。高さ等を考えると中澤を外すことは考えにくく、4バックの場合は、阿部を外して、中澤と闘莉王のコンビになるのだろうか?とすると、鈴木啓太の位置(ボランチ)に阿部を起用することも可能になる。

ウイークポイントになっている左サイドバックは、三都主の復帰が待たれるが、守備力や高さを考えると、中田浩二の起用も考えられるだろう。あるいは、1対1で仕掛けられる安田理大という存在も、クローズアップされるだろう。

ボランチでは、守備的な位置には、鈴木や阿部のほか、五輪代表の青山敏も候補に入ってくるだろうし、中村憲剛がつとめた位置は、さまざまな選手の起用が可能な最激戦区である。

いずれにしても、オシムジャパンは、アジアカップを終えて、新しい章に入った。一年前と比べると、その進歩は明らかである。これからも、その発展を見守っていきたい。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

>なぜ、オシム監督は、フレッシュな選手をスタメンに抜擢しなかったのだろうか?
サウジ戦直後には選手を替えると言っていた通り、その時点では替えるつもりだったのでしょう。ただその後、疲労組の試合出場への熱いコールや、周囲の日韓戦への特別視される声を聞く中で、冒険が出来なくなったのではないでしょうか。日韓戦試合前会見で随分迷ってる様子が感じ取れましたし、その時点でフレッシュな選手を使う構想は壊れていたのかもしれませんね。で、本来与えない「再チャンス」、最後の観察で己の筋を通し、成熟の進んだ方のベストメンバーを送り出したのではないか、と。
考えすぎですかねぇ。

結果として、良くも悪くも、アジア杯を戦ってきた日本代表‘そのまま’が反映された試合だったと思います。
2007/07/29(日) 17:27:12 | URL | x365  [編集]
自分の応援するチームの選手が羽生のような状況になったら・・・と考えると、かなり苦しくなります。
神戸で選ばれるなら大久保ですから、そうなる可能性は非常に高いです。

チーム全体の問題から生まれた敗戦だと思ってます。
一定レベルでドン引きの相手をどうするか、という課題は残りましたから、マイナーチェンジはあるかもしれませんね。

羽生立ち上がれ
2007/07/29(日) 09:40:14 | URL | チャン  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/667-e982b0f8





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月18日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)

04月04日
【J2】 ロアッソ熊本は何がどう変わったのか?を考える。

04月03日
【熊本×新潟】 キレキレのプレーを続けるMF田中達也

04月02日
【J3】 「17クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
04月02日
【Jリーグ】 面白すぎる展開になっている2018年のJ3リーグ

04月02日
【J3】 ガイナーレ鳥取に何が起こっているのか?

04月01日
【J3】 2018年に注目すべき若手プレーヤーを17人だけ挙げてみた。 (下)

04月01日
【J3】 2018年に注目すべき若手プレーヤーを17人だけ挙げてみた。 (上)

04月01日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (全ポジション・まとめ) (2018年の序盤戦)

03月31日
【日本代表】 ロシアW杯の本大会の左SHは誰がベストなのか?を考える。


03月31日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: