アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2018/04/17 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (札幌・仙台・鹿島)
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/13 全記事一覧(2005年-2018年)


オシムジャパンを巡る5つの考察(その4) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

---今回のテーマ---

① なぜ、サウジ戦で「走ること」ができなかったのか?

準決勝のサウジアラビア戦は、コンディション的には、日本が有利な状況であった。相手のサウジアラビアよりも一日だけ休養日が多く、また、準々決勝の会場と同じであったので移動の必要もなかった。したがって、試合前から、日本が、運動量では、日本がサウジアラビアを上回ることが出来るのではないかという、予想が多かった。

しかしながら、サウジアラビア戦の日本代表の選手たちは、一様に、コンディションが悪く、キレを感じられなかった。チャンスの数ではサウジアラビアを上回っていながら、DF陣は、サウジのFWについていけず、FW陣は、サウジのDFを振り切ることが出来なかった。

よって、試合後の分析で、「走り負けた。コンディションの差で負けた。」という論評が並んでいたのも、うなずけないことはない。さらに、一歩進んで、「走るサッカーを掲げるオシムサッカーの構造的欠陥が表れた。」と評する向きもあった。

では、いったい、なぜ、有利な状況にもかかわらず、サウジアラビアよりもコンディションが悪かったのか?コンディションが悪く見えたのだろうか?

1つ考えられるのが、オシムジャパンには、前任者がチームを去ってから、フィジカルコーチがおらず、単純に、コンディショニングに失敗したことということ。いくら、オシム監督といえども、コンディショニングに関しては、プロではない。ボクは、「フィジカルコーチがいない」ということは、オシムジャパンの謎の一つで、専門のコーチを置くべきではないかと常々、思っているのだが・・・。

だが、この件に関して、サッカーライターの後藤健生さんが、次のような説を唱えている。

「トレーニングの時間が足りない」と嘆くオシム監督にとって、アジアカップはワールドカップに向けての準備の場だった。

連日、ほとんど休養なしに、かなりハードなトレーニングが行なわれた。貴重なトレーニングの時間を休養に当てるわけにはいかないのだ。試合前のウォームアップのときも負荷のかかるトレーニングが行なわれた。大会を勝つためのトレーニングではなかったのだ。

http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2007072613421602.html



「コンディショニングに失敗した」のか、「そもそも、コンディショニング調整を行っていない」のかは、180°事情が異なる。アジアのどこ国も、アジアカップを一つの目標として臨んできたわけで、事実、今大会の成績不振を受けて、監督を辞めさせられた人もいるくらいである。

「少しくらいコンディションが悪くても、サウジなら勝てる。」と思っていたのか、「コンディションが良くないのは想定どおりだが、でも思っていた以上に、コンディションが悪かった。」のか、いずれにしても、サウジアラビア戦がオシムジャパンのマックスパフォーマンスではないことは明らかであり、「これが現時点の日本代表の限界である。」と判断すると、今後の状況を見誤ることになるだろう。注意しなければならない。

② 黒子役にも正しい評価を!!!

諸事情により、オーストラリア戦は、リアルタイムで試合は見ていない。したがって、結果を知ってから、改めて、120分間の試合を観戦したわけだが、試合を見る前に、いくつかのスポーツ新聞の記事を確認していて、気になった部分があった。

それは、ある新聞社が、日本代表選手のオーストラリア戦でのパフォーマンスに関する採点の中で、

「MF鈴木啓太 4.5」

と評価していたからである。同点ゴールのFW高原が「8.0」で、GK川口が「7.5」であったので、勝利したチームの選手としては、異例の低さである。

ということで、試合中は、鈴木啓太に注目していたのだが、確かに、怪我の影響もあって、100%の状態ではなかったようだが、それでも、相手FWのビドゥカにボールが入ったときの的確なサンドイッチングと、バイタルエリアを広く監視するプレーを絶え間なく見せて、貢献度は、チームの中でも、ピカイチであった。

マスコミといっても、ピンきりであるが、日本を代表する新聞社(スポーツ新聞)がこの惨状かと思う嘆かわしい。確かにパスミスも少なからず見られたが、サッカーは、オン・ザ・ボール以外でのプレー時間が圧倒的に多い。華やかなプレーをする選手だけが評価される時代は、とうに過ぎている。

③ 中村俊輔は、オシムジャパンに必要なのか?

アジアカップの中村俊輔をどう評価するかについてだが、「可もなく不可もなく。」という感じだろうか。それなりにゴールには絡んでいたので、「まったく駄目」というわけではないが、「やっぱり俊輔はオシムジャパンに必要だ。」と断言できるだけのプレーを見せることは出来なかった。

07年になって、全8試合のうち、怪我で欠場したモンテネグロ戦以外は、すべて先発で出場していて、当初に比べると存在感を発揮するようになってきているが、「さすが俊輔」という圧倒的なプレーを披露した試合は、まだ無い。

まず、はじめに擁護すると、彼は「努力系ファンタジスタ」なので、チームになじむためには、人よりも、いくらか時間がかかる。これまでのキャリア全体を振り返ってみても、そうである。したがって、まだ、見守る時期なのかもしれないが、あえて記述する。


アジアカップでの日本代表チームの課題として、アタッキングサードで自分から仕掛けるシーンが、あまりにも少なすぎたという点が挙げられているが、その仕事を担うべきだったのは、中村俊輔だったのでは?、という疑問が生じる。

俊輔がセルティックでプレーしていて、小野伸二や小笠原満男がJリーグでプレーしている理由を考えてみると、一その番の要因が、ボールを保持したときに、1対1で仕掛けられるかどうかであると見る。セルティックの中村俊輔は、サイドでボールをもったとき、自らドリブルで仕掛けてアクションを起こすことが出来るのだが、オシムジャパンの中村俊輔は、そういうシーンがあまりにも少なすぎた。

この件に関して、きんとさんの記事を取り上げてみる。

松木の「選手が監督の言いなりになってる」ですが、その後、いろいろと記事を見て何でそんなことを言ったのか大体わかった。選手コメントとか読んでなかったからさ。

俊輔が「パスを回すことを優先にしている」とか「今のチームでは個人技を出すタイミングが難しい」とか言ったからなのね。

あなた、ほんと、俊輔サマサマなのね、松木サン。

でも、それって俊ちゃんの考えすぎだと思うよ。

爺様はパスを回せと言っても、それは守備を崩すためのもの。あくまで「手段」なのだから。仕掛けるか、パスを出すかはすべて自分の判断。
その判断を磨くためのトレーニングのはず。シュートに行けると判断したら、行っていいのだ。羽生だってミドル撃ったじゃん。(ブログ読んでたら、「羽生もミドル撃てるんだね」というご意見が。そりゃ、撃てるよ、失礼な! Jでゴールだって決めてるよ!)

「パス回して、崩して」って自ら型に嵌ってしまっちゃダメ。
そういうのは爺様が一番嫌うことだよ。人を裏切るようなプレーが大好きな、ヘソマガリジジイですから。

サッカー、見てる? サウジ戦後、思ったこと



しばしば、オシム監督(オシムサッカー)に対する批判として、「選手の個性を殺している。」という、ある意味、頓珍漢な批評が見られるが、このきんとさんの記事にあるように、オシム監督の指導はむしろ、この反対で、トレーニングの段階から、すべての選手にアイディア(イマジネーション)を発揮することを求めている。もちろん、攻守両面においてタスク(約束事)も少なくないが、それは、全世界で共通のものであって、オシムサッカーが特別であるわけではない。

だから、サウジアラビア戦後の俊輔のこのコメントは、やや危険に感じる。オシム監督のサッカーでは、(そして、現代サッカーでは、)「チームとしての約束事(タスク)をこなしつつ、個性を発揮すること」は、一流のサッカー選手が備えるべき、必要最低限のものであるからである。

これは、俊輔だけではなく、遠藤保仁にも当てはまる部分である。タスクをこなすことに気をとられて、個性が発揮できなければ、残念ながら、日本代表における、居場所は、なくなるだろう。アジアカップ以後、オシム監督が、中村俊輔や遠藤保仁ではなく、家長や柏木、梅崎といったより若い選手を起用したとしても、不思議ではない。当面は、アジアカップを終えて、俊輔と遠藤のプレーが、どう変化するか、見物である。

④ マスコミは、あれから進歩しているのか?

   3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ(2007年07月26日)

   阿部&中沢2発台なしの3失点(2007年07月26日)

   クロス精度低く…駒野攻守でミスミス(2007年07月26日)

   芸術点なら勝っていた?サウジ戦読者の声

恒例のオシム日本読者採点、負けた代償は大きく、及第点は闘志をむき出しにして戦っていた中沢だけ。「中沢以外   総取っ換えでやり直せ」(30歳男性)という厳しい意見があったが、賛成の人も多かっただろう。

特に、スポーツ新聞の場合は、売り上げ部数で優劣が判断されて、見出し勝負に陥りがちである。したがって、同情すべき点も少なくはない。まっとうな記者も多いと思われるだけに、残念である。

⑤ ジーコの呪縛から解き放たれなければならない人がいる。

「ジーコ監督の時代は良かった。」、「スター選手がそろっていた。」「テレビ視聴率も高かった。」、「最後まであきらめない精神がすばらしかった。」、「華麗なパス回しに酔いしれた。」、「スタジアムもいつも満杯で、雰囲気も良かった。」、「今のチームよりも、はるかに魅力的だった。」と考える人もいる。そう考えるは、自由である。

だが、もう時代は、移り変わっているのだ。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

>>>  チビ森島・待望!さん

コメントありがとうございます。

アジアカップを終えて、個の重要性(ドリブラーの必要性)が叫ばれていますが、結局のところ、俊輔にしても、高原にしても、世界トップレベルからは見劣りするわけで、攻撃のときに、彼らを自由にプレーさせたところで、世界大会で勝ち抜けるとは思えません。実際、ロナウジーニョとか、アンリとか、ルーニークラスでも、W杯では、思うようなプレーをさせてもらえていませんので、当たり前のことです。

いかにして、個人技とチームプレーをミックスさせていくかが重要でしょうね。
2007/08/10(金) 08:13:52 | URL | じじ  [編集]
シュンスケに関しては私もそれに近い考えかもしれません。
世界レベルでも個人能力があるとは言い難い日本代表では、試合状況に応じて、得意な個人技や逆にチームプレーに拘ることなく効果的な選択を行う各人が結びつき組織で戦わなくては、勝負にならないと思います。
(シュンスケは随分走るようになりましたが)そこを指摘するためにパサーを3人も起用したのかオシムは、知らないけれど。
ドリブラー入れりゃ済むって話になるのは本意ではないと思う。知らないけれど。
日本選手でトップの能力を持つシュンスケでもこのような問題点があるのだと、他の選手も糧にしてレベルアップして欲しいものです。
2007/08/09(木) 14:04:28 | URL | チビ森島・待望!  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/664-29fd8df9





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: