アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/13 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)
 2017/11/14 【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)
 2017/11/14 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)
 2017/11/14 【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?
 2017/11/15 【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/11/15 【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。
 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

 2017/11/18 全記事一覧(2005年-2017年)


【鳥栖×徳島】 鳥栖での夜に感じたこと (生観戦記 #13) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 鳥栖スタジアム

ある筋からの情報によると、西日本最高のスタジアムという評判の佐賀県の鳥栖スタジアム。鳥栖駅についてびっくり。ある程度の規模の大きさのJRの駅の目の前に、サッカースタジアムがあるのは、ここだけだろう。

J2第29節。ホームのサガン鳥栖は、13位の徳島ヴォルティスと対戦。J1昇格争いの仲間から外されないためにも、どうしても「勝ち点3」が欲しい試合である。








■ 新加入のふたり

鳥栖は、C大阪からFW金信泳をレンタルで獲得。今シーズン、韓国の漢陽大学からC大阪に加入した新外国人フォワードで、いきなり背番号10を与えられるなど大きな期待を受けていたが、FW小松やFWデカモリシの台頭で、出番は限られており、心機一転の移籍となった。

対する徳島も、実質、FW羽地との交換トレードの形でFW長谷川太郎をヴァンフォーレ甲府から獲得。2005年にJ2で17得点を挙げたストライカーに、得点力不足打開を託す。

ともに、新天地でのデビュー戦となったこの試合で、金信泳は、エース藤田と2トップを組み、長谷川は小林と2トップを組んで先発出場した。

■ ひやひやの勝利

試合は、序盤から、予想に反して、徳島がボールを支配する。MFダシルバを中心とした、パスワークが鳥栖のプレッシャーをかいくぐっていく。対する鳥栖は、2トップの藤田と金のところで、まったくボールがおさまらず、苦戦を強いられる。しかしながら、前半27分にコーナーキックからPKを獲得すると、FW藤田が落ち着いて決めて先制。藤田は、今シーズン、13得点目となった。

後半も、徳島が優勢だったが、徳島もなかなかシュートまではつなぐことができない。すると、鳥栖は、後半19分に、負傷交代したFW金に代わって、途中投入されたMF広瀬のドリブルの仕掛けから、MF高地が左足でファインミドルを決めて追加点を挙げる。

試合終了間際に、徳島のFW片岡がループシュートを決めて1点差に迫り、さらに、ロスタイムには、FW長谷川が決定的なシュートを放つなど、最後は、ひやひやの展開となった鳥栖だったが、なんとか、2対1で逃げ切って、勝利をおさめた。




■ 注目の鳥栖の2トップ

注目された2トップ。鳥栖は、185cmの藤田と186cmの金という大型の2トップとなったが、役割分担が明確でなく、出来はいまひとつだった。2トップにくさびのパスが入っても、サポートが少なくボールを失うケースが目立ち、全体が押し上げられない要因になっていた。

特に、金のプレーは、散々だった。セットプレーからPKを獲得したものの、プレーが雑で、チームのリズムを崩した。

とはいっても、まだ、チームに加入して数日しかたっておらず、金も、ところどころでは、高いポテンシャルを秘めていることを想像されるだけのものは見せた。時間をかけて育てていければ、元韓国代表のFW黄善洪のような大型選手に育つ可能性は秘めている。前線の層の薄い鳥栖としては、金が戦力として計算できるようになると大きい。

一方の藤田も、PKで1得点を挙げたが、シュートはわずかに2本で、相手の脅威にはなれなかった。185cmの体格で、あれだけ動き回って献身的な仕事の出来るフォワードは、それだけで希少価値がある。同じ長身の金との2トップになって、ゴール前以外での藤田の仕事量が減って、より得点を挙げることに専念できるようになれば、日本人得点王も見えてくる。

■ サイドハーフの弱さ

鳥栖のシステムは、<4-2-2-2>。2トップに長身の選手がいるので、サイドアタックを仕掛けて、サイドからクロスボールをたくさんあげたいところだが、右の清水、左の野崎がなかなかサイドを突破できず、サイドバックの攻撃参加を促すようなキープを見せられずに、不完全燃焼に終わった。

このポジションには、サイドアタッカータイプではないが、MF山口貴之、MFユン・ジョンファンがいるが、ベテランの彼らに多くを望むことが出来ないので、若手選手の躍進に期待したいところだが、現状では、苦しい状況である。

■ 高地のテクニック

この試合のMOMは、高地だろう。前半のボールがつながらないときにも、高地の技巧がチャンスを演出し、後半も、苦しい状況で、追加点となるミドルシュートを決めた。

出来れば、そのテクニックを、もっと攻撃的な位置(左サイドハーフ)で起用したいところだが、高地の代わりにボランチがこなせる選手がなかなかいないので、仕方がないか。

■ パスワークのさえた徳島

対する徳島の出来は、鳥栖よりも良かった。中盤の核となったMFダ・シルバに加えて、MF熊林とMF塩川の技巧がさえて、見事な連携でパスを回していった。

ただ、鳥栖に比べるとアタッキングエリアでのアイディアと精度に欠けて、なかなか得点チャンスを奪えなかった。結局、最後の段階では、個人の技術が必要となるので、個々のレベルアップを図って欲しい。

新加入のFW長谷川は、スピードを生かした裏への飛び出しから、後半に2度、決定機をつかんだ。いずれも、決まっていれば、同点となるゴールだったので、逸機は痛恨だったが、今後、間違いなく戦力になるだろう。

■ 徳島の歩むべき道

徳島は、現在13位だが、この試合で見せたサッカーの質は、その順位を感じさせないものだった。

数年前は、J2で下位争いをしていたヴァンフォーレ甲府や横浜FCが、現在、J1で戦っており、サガン鳥栖もJ1昇格をうかがう位置につけている。現戦力では、徳島ヴォルティスのJ1昇格の可能性はほとんどなく、来シーズンや再来シーズン終了後のJ1昇格の可能性も乏しいといわざる得ない。

だが、この試合のよう、内容のある試合を続けていければ、いつか、J1に昇格するチャンスが訪れるだろう。それまでは、地道に、チーム力をあげていくしかない。




■ 鳥栖での夜に感じたこと

この試合の観衆は、4533人。これを多いと取るか、少ないと取るかは、人それぞれだが、裏で、アジアカップの日本代表の試合(オーストラリア戦)が行われているにもかかわらず、鳥栖のスタジアムに駆けつけた人は、それだけ、サガン鳥栖、あるいは、徳島ヴォルティスを愛しているのだろう。

鳥栖スタジアムは、噂どおり、いやいや、噂以上に、すばらしいスタジアムだった。観客席とピッチの近さは尋常ではなく、アクセスも抜群。この試合では、鳥栖のU18の選手たちがボールボーイをつとめていて、試合前には、小学生がピッチ上で前試合を行っていたが、子供のころから、これだけのサッカー専用スタジアムで、プロの試合を見られる子供たちは、幸せである。いつか、きっと、鳥栖からも、世界に名をとどろかせるだけのサッカープレーヤーが誕生することだろう。

この日、かつて、瀕死の状況にまで陥ったサガン鳥栖が、これだけの熱いサポートを受けて勝利をおさめた。

今、サガン鳥栖に代表されるように、地元のサポーターに支えられた数多くのサッカークラブが誕生し、発展を続けている。東京や大阪や名古屋のような大都市圏だけでなく、日本全国の至るところで、「サッカー」が浸透してきていることを感じる。

この現象って、もしかしたら、日本代表がアジアカップの準々決勝でオーストラリアを撃破したことと同等か、もしくは、それ以上の価値をもつのではないだろうか。




■ サガン鳥栖(カテゴリー)

0266 2006/07/10 【東京V×鳥栖】 国立初体験 LIVE
0306 2006/08/14 【柏×鳥栖】 新居・衝撃のハットトリック ぜひA代表に・・・
0333 2006/09/03 【鳥栖×東京V】 大観衆の前で
0571 2007/04/29 【鳥栖×東京V】 連敗脱出はならず
0660 2007/07/22 【鳥栖×徳島】 鳥栖での夜に感じたこと LIVE
0666 2007/07/28 【札幌×鳥栖】 コンサドーレの守備は堅いのか?
0681 2007/08/06 【鳥栖×湘南】 アジエルを巡る熱い攻防
0694 2007/08/17 【鳥栖×東京V】 魂のこもった試合
0753 2007/09/23 【鳥栖×C大阪】 連勝は続く。
0808 2007/11/11 【鳥栖×札幌】 J1昇格は持ち越し
0836 2007/12/01 Jリーグ クラブ別大総括(6) サガン鳥栖編


■ 徳島ヴォルティス(カテゴリー)

0535 2007/03/21 【京都×徳島】 赤信号が灯った京都 LIVE
0713 2007/08/31 【徳島×愛媛FC】 白熱の四国ダービー
0660 2007/07/22 【鳥栖×徳島】 鳥栖での夜に感じたこと LIVE
831 2007/12/1 Jリーグ クラブ別大総括(1) 徳島ヴォルティス編



おすすめエントリー (10記事)

コメント

ありがとうございます、参考になりました!鳥栖は残念な女社長の頃、暗黒時代があり、応援やサッカー観に影響あるかもしれません。あまりにも合わせられんので外人選手はCKから殆ど直で狙ってたものです。(ちなみにJ創世紀マリノスにいたビスコンティです)ぜひまた鳥栖へ来てください。九州は熊本、沖縄、長崎からJの芽が出てきてますよ。(長崎は国見の小嶺監督選挙出馬がきな臭いんですが・・)
2007/07/25(水) 00:43:50 | URL | ワッキーリグ  [編集]
>>> ワッキーリグさん

鳥栖は、非常にいいところでした。また、おじゃまします。
ご質問の件ですが、箇条書きで書かせていただきます。

 ・売店のホットドックのウインナーが長すぎ。持ち運びにくい。でも、おいしかった。冷めていたのは残念。
 ・カキ氷の蜜が少なくて、味がほとんどしなくて残念。
 ・鳥栖のCKでの、盛り上がり方が異常。(そんなに得点率が高いのかな?)
 ・後ろに座っていたおじさんが、うるさかった。鳥栖の選手がボールをキープしていると、いつも、「はやくボールを離せ。バカモノ。」と叫んでいた。そんなんじゃ、鳥栖から、ドリブラーは生まれないよ・・・。
 ・メインスタンドもいいけど、バックスタンドも見やすそう。
 ・場内放送が聞こえにくかった。また、試合後の、岸野監督のインタビューも、スタジアム内には流れていなかったのが残念。
 ・MF野崎選手陽介選手のご親族が、三重県から来られていました。前列の左側に座っていて、彼のプロデビュー戦を見守っていました。野崎選手のプロサッカー人生に幸あれ!!!(ドリブルに光るものはあるヨ。)

こんな感じでしょうか。他のスタジアムの印象を挙げると・・・。

 フクアリ → 綺麗で幻想的。見やすい。
 味スタ → U自由席の方が、チケット代が高いのが謎。
 豊スタ → 傾斜が急すぎて、転げ落ちそう。
 ヤマハ → 逆サイドのタッチラインが見えない!
 さいスタ → スタジアムまでの屋台が連なる通りが楽しい。
 横国 → でかい。ハーフタイムでもトイレが混まないのはすごい。
 日本平 → 普通に、民家の庭にみかんがなっているのが驚き。
 瑞穂 → グランパスの応援は、好きだな。
 小瀬 → 一体感がすごい。でも、駅から遠い。
 等々力 → ジュニーニョを見たいのに・・・。
 国立 → 聖地。食べ物がいまひとつ。
 長居 → メチャメチャきれい。
 平塚 → 観客のレベルが高い!!!
 ビッグアイ → 開放感あり。
 エコパ → 見やすかった。
 西京極 → 西京極のSバックが、一番落ち着く。
2007/07/23(月) 21:28:29 | URL | じじ  [編集]
一つ目の名前文字バケしてますが私が書きました。もし良かったら教えてください。サガン鳥栖のサポがどう映ったかと、他のスタジアムやサポで特に印象深い感想があったら教えてください。J2の試合がTV視聴、アウェー観戦共に難しい環境なもので、じじさんを通した雰囲気を知りたいです。
2007/07/23(月) 01:56:08 | URL | ワッキーリグ  [編集]
私も同日観戦してました。鳥栖スタまで来られるバイタリティ、尊敬します。代表戦の日にスタジアムへ足を運ぶ各Jサポの皆さんが今後の代表を育てる礎となっていくのでしょう。鳥栖スタは私達の財産、大事にしていきます。
2007/07/23(月) 01:45:00 | URL | 椚薫惴  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/660-5cf00fde





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (アタッカー編)

10月30日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (京都サンガ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (ボランチ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (左SB/WB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (CB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (右SB/WB編)


10月27日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: