アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)
 2017/10/20 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)
 2017/10/20 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2017/10/21 【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)
 2017/10/21 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)
 2017/10/21 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)
 2017/10/22 【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)
 2017/10/23 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

 2017/10/23 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×UAE】 プロの監督の凄さ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ グループリーグ第2戦

初戦で、グループリーグの最大のライバルと目されていたカタールに引き分けてグループリーグ突破に大きく前進した日本は、初戦でホスト国のベトナムに0対2で敗れて後のないUAE代表と対戦。

日本は、<4-4-2>。左MF山岸に代えて、FW巻を起用。2トップに変更。左サイドバックには、怪我が癒えたDF駒野が入り、加地・中澤・阿部・駒野の4バックでスタート。

対するUAEは、<4-3-3>。2003年のワールドユースでMVPを獲得している、FWイスマイル・マタルが攻撃の軸。

■ 待望のゴール

日本は、立ち上がりこそ、UAEの出足のよさに苦しんだが、前半の10分を過ぎると、試合は、日本ペースに落ち着いていく。カタール戦と同様に、中村憲剛と遠藤を中心に、見事な連携からの崩しを見せ始める。

そんな中、前半22分、中村俊輔のクロスをゴール前でフリーになっていた高原が決めて先制。さらに、前半27分にも、右サイドバックの加地のクロスを遠藤がスルーし、ゴール前の高原が右足ダイレクトで決めて追加点。前半42分には、中村憲剛のロビングパスを裏で抜け出た遠藤が、相手GKに倒されてPKを獲得。そのPKを中村俊輔が決めて、3対0となった。

日本は、2トップに変更したことで、高原へのマークが緩んで、高原の得点力を存分に生かせるようになった。巻は、ゴールこそなかったが、献身的なプレーで、チームを活性化させた。また、駒野が復帰したことで、左サイドからも鋭い攻撃が見られるようになった。守備陣も、相手の10番、イスマイル・マタルへのマークが厳しく、徹底されていた。

■ 失速した後半

後半7分、UAEのDFがレッドカードで退場になって、相手が10人になる。その後、日本は、ボールポゼッションで圧倒したが、暑さからか、徐々に足が止まり始めると、後半28分に、ドリブル突破から、ゴールを許す。

その後も、マタルのシュートに脅かされるなど、楽な展開にはならなかったが、それでも、最後は、したたかに時間稼ぎを行って、3対1で勝利。グループ首位に立った。

■ プロの戦士が見せた意地

高温多湿なコンディションに加えて、初戦で嫌な形で同点ゴールを奪われていたことから生じた雑音などなど、ネガティブな要素も少なくなかったが、その雰囲気を一掃するだけの試合内容を見せた。

特に前半は、強豪のUAEを3対0で圧倒。高い組織力と個のアイディアが終結し、UAEをまったく、寄せ付けなかった。カタール戦のあと、たぶんに、ポーズもあったと思うが、オシム監督に渇を入れられた選手たちは、見事に結果と内容を両立するサッカーを見せた。

■ エース誕生

エースの高原は、見事な2ゴール。貴重な先制ゴールと、追加点の2点目。特に、2点目のふりの速いコンパクトで力強いシュートは、明らかにアジアレベルを超越していた。

カタール戦でも先制ゴールを挙げている高原は、2試合で3得点。巧みなキープ力で前線で基点となるプレーも秀逸で、非の打ち所のないプレーだった。

フランスの地で、FW三浦知良というエースストライカーを失って以来、日本中が捜し求めていたストライカーが、ようやく生まれようとしている。カズは、チームが苦しい立場に追い込まれたとき、必ず、チームに栄光をもたらすゴールを生み出した。高原も、ベトナムの地で、チームに栄光をもたらすゴールを、決められるのだろうか?

■ 遠藤保仁の輝き

高原と同様に、高いパフォーマンスをみせたのが、MF遠藤。初戦では、やや消極的なプレーも見られたが、この試合では、試合開始早々のドリブル突破のシーンが象徴するように、積極的で効果的なプレーを続けた。

ジーコジャパンでは、ボランチでのプレーがほとんどだったが、オシムジャパンでは、一貫して、攻撃的MFでプレーしている。当初は、ポジションの違いに、やや戸惑いも見られたが、試合を重ねるごとに、前目のポジションに適合してきており、オシムジャパンの核といってもいいだろう。

3得点すべてに絡んだだけでなく、試合終盤には、相手をいなすボールポゼションの中心に君臨した。すばらしい出来だった。

■ 改善の余地のある中村俊輔のプレー

1ゴール1アシストという結果を残した中村俊輔だが、彼のマックスパフォーマンスから考えると、カタール戦に引き続いて、UAE戦のパフォーマンスも、十分ではなかった。後半開始早々に、右サイドで仕掛けて、相手DFを外して、GKと1対1となったシーンのような場面をもっと作らないといけなかった。

印象では、ポジションがやや下がりすぎていて、アタッキングエリアでドリブルで仕掛けるシーンが少ないのが、気になる。サイドでボールをもった俊輔のドリブルからの仕掛けは、日本の武器のひとつなので、ベトナム戦では、そういうシーンを多く作って欲しい。

■ 効果的な水野の起用

中村がPKのシーンで、イエローカードをもらっていたことで、MF水野が、後半途中に中村に代わって攻撃的MFで起用されたが、ポジティブな印象をもった。

相手が10人の状況ではあったが、日本の流動的な中盤の枠組みに組み込まれず、水野自身が完全に右サイドに張ったことで、右サイドアタッカーが水野と加地の2枚になり、水野が右サイドバックの加地のオーバーラップを効果的に引き出して、右サイドから厚みのある攻撃を演出した。

■ 失速の理由

前半で3対0とリードし、後半も畳み掛けたい日本だったが、後半にやや失速し、不完全燃焼の後半になった。後半に足が止まることは、この気候では仕方のない部分であり、足が止まる時間(後半15分あたり)までに、十分なリードが奪えていれば、なんら問題はないと思う。ただ、もう少し、したたかに、試合をクローズできれば、無駄な労力を使わなくても済むので、オシムジャパンの課題のひとつといえる。

試合によって状況は異なるので、どういうクローズの仕方が正解かについては答えはないが、この試合では、2トップから1トップに変更したことも、流れが悪くなった要因になった。羽生の運動量は効果的ではあるが、この試合に限っていうと、2トップのままで、相手に、もっと圧力をかけたほうがよかった。

■ 1トップか2トップか

1トップか2トップか、どちらがふさわしいかについては、オシム監督も悩んでいるようだが、個人的には、やはり、2トップがベターであるように感じる。

ゴール前の人数が増えることはもちろんその第一理由だが、遠藤や中村憲剛がいる日本の中盤の構成力を考えれば、もうひとり、MFタイプの選手を増やす必要性は、FWを増やす必要性よりも大きいとは思わない。

■ 脱アジアへの期待

カタール戦、UAE戦とも、リズムのいい時間帯の日本の攻撃は、アイディアが豊富で、ファンタスティックなものだった。アジア全体のレベルが向上しているのは今大会の結果を見れば明らかだが、それでも、相手DFを崩し切って攻撃チャンスを生み出す日本の力は、頭ひとつ抜けているような印象をもつ。

相手にべた引きされたときに崩すことが難しいのは万国共通だが、それでも、遠藤&中村憲剛&中村俊輔のトリオならば、何とか崩して、美しいサッカーを見せてくれるのではないかという、期待を抱かせる。

■ プロの監督のすごさ

この2試合で一番、感じるのは、イビチャ・オシムのすごさである。ワールドクラスの選手、たとえば、エトーやカカ、ルーニーらが、日本人選手と比べても、明らかに力が優れているのと同様に、ワールドクラスの名将は、やはり、只者ではないという思いを抱かずにはいられない。

思い起こしてみると、昨年のオシムジャパンのベストメンバーといえるサウジアラビア戦とは、サッカーの質も内容もスタイルも、アジアカップの日本代表チームとは、かなり異なっている。

どちらが好みかは、それぞれの嗜好によるし、ボクは、危うさと隣り合わせながら、チームのどこからでも仕掛けられて、誰もがゴール前に侵入していくアグレッシブな「06バージョン」の方が好みではあるが、中村俊輔と高原と中澤というスペシャリストを要所に配置して、高い技術と高い守備能力を備える「07バージョン」は、引いてカウンターを持ち味とするアジア諸国を相手にするには、理想に近いチーム構成であるように思える。

アジアカップ以後、オシム監督が、どちらのスタイルをベースにするのか分からないし、そもそも、意図的に区別をしているつもりはないのかもしれないが、傍から見ると、よくも、これだけの短期間で、2つ異なるスタイルの完成度を高めて、試合に披露できるようになったと、感心せずにはいられない。

アジアカップというひとつの区切りが終わると、結果はどうあれ、オシム監督は、更なる選手発掘にいそしむことだろう。この試合のピッチに立った選手であっても、地位が安泰な選手は誰一人いない。世界的な名将は、今後、どんな人材を発掘し、登用していって、最終的には、どんなチーム構成を描いているのだろうか?

■ ベトナム戦に向けて

グループ首位に立ったことで、優位に立った日本だが、グループ最終戦は、ホスト国のベトナムである。ホームの大歓声を背に、アグレッシブに攻めてくるベトナムは、容易な相手ではないだろう。

とはいっても、個人能力では、日本が圧倒的に優勢である。したたかに戦うことができれば、問題のある相手ではない。個人的には、グループリーグの第1戦と第2戦でイエローカードを受けていて、第3戦にイエローカードをもらうと、大事な決勝トーナメントの初戦が出場停止になるDF阿部とMF中村俊輔を先発で起用するのか、興味がある。

ともに、チームにとっては大事な選手であるので、難敵との対戦が予想される決勝トーナメントに向けて、温存させるのも、作戦のうちである。




日本代表・採点

GK川口能活 6.0

 → マタルの強烈なシュートを2度はじいて、最小失点に抑えた。

DF加地亮 6.5

 → カタール戦とは見違えるプレーで、サイド攻撃を活性化。見事なアシストもマーク。

DF中澤佑二 6.5

 → ハイボールへの強さは、群を抜く。安定感も抜群。

DF阿部勇樹 6.0

 → フィードでは、軽率なミスもあったが、カバーリングはすばらしかった。

DF駒野友一 6.5

 → 前半から、果敢にサイドアタックを仕掛けた。中に切れ込んで、シュートを放つ意欲も旺盛。

MF鈴木啓太 6.0

 → ハードワークで、守備の穴を作らなかった。怪我が心配だが・・・。

MF中村憲剛 6.0

 → やや狙いすぎのシーンもあったが、確実なキープ力は、日本の攻撃には不可欠。

MF中村俊輔 5.5

 → 見事なアシストも、攻撃の流れの中には乗り切れず。ドリブルで仕掛けるシチュエーションを、もっと作りたい。

MF遠藤保仁 7.0

 → 憲剛とともに、攻撃をリード。飛び出す意識も高く、文句のつけようのない出来。

FW高原直泰 7.0

 → 体調不良をおしての2ゴールは、圧巻。唯一、代えのきかない選手なので、体調が心配。

FW巻誠一郎 5.5

 → イーブンのボールを、相手DFと競り合ってマイボールに出来るのが、どれほどチームにとって、助かるかを証明した。決定機を外したのは、マイナス。

MF羽生直剛 5.5

 → アグレッシブに動いたが、実効性は欠いた。

MF水野晃樹 6.5

 → 途中出場で、右サイドの基点となった。

MF今野泰幸 6.5

 → 難しい展開の中、ピッチに投入されて、ミスなく、試合を終えた。ユーティリティ性が光る。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

>>> ハッサン二世さん

どうも、コメントありがとうございました。
興味深い内容でしたので、文中で引用させていただきました。

これからも、よろしくお願いいたします。
2007/07/14(土) 21:28:17 | URL | じじ  [編集]
とても参考になります
遠藤は本当良かった

かなり叩かれてますけど巻は今日自分も良かったと思います

ただ巻の1トップは高原さんの1トップよりキツイですね

巻でも矢野でも次は彼ら自身の得点を期待します

最後に他ブログなどを見ると必要以上に巻羽生山岸水野阿部が叩かれていてジェフサポでない自分も悲しくなります

彼らはそんなに悪いプレーしてると思えないのですがどうなんでしょう?
2007/07/14(土) 02:53:08 | URL | ハッサン二世  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/647-bc7b8f04





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

10月23日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)

10月22日
【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)

10月22日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

10月21日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)

10月21日
【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)

10月20日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

10月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (長野パルセイロ編)

10月20日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~


10月04日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: