アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/15 【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)
 2018/04/16 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)
 2018/04/16 【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/16 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)
 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2018/04/17 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2018/04/17 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (札幌・仙台・鹿島)
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1907  2018/04/03  【J3】 4節を終えた時点でのチームスタッツに注目してみた。 (下)
 #1908  2018/04/04  【J3】 4節を終えた時点での個人スタッツに注目してみた。
 #1909  2018/04/06  熊本 vs 新潟、C大阪U-23 vs FC東京U-23、FC岐阜 vs 甲府、名古屋 vs 川崎F
 #1910  2018/04/06  熊本 vs 新潟、C大阪U-23 vs FC東京U-23、FC岐阜 vs 甲府、名古屋 vs 川崎F
 #1911  2018/04/07  【J2】 7節終了時点でのセットプレーでの得点/失点に注目してみた。
 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感

 #0000  2018/04/13 全記事一覧(2005年-2018年)


【神戸×鳥栖】 「解任やむなし」と言える状況になった森下仁志監督 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2ndステージの第9節

J1の2ndステージの第9節。7勝10敗8分けで勝ち点「29」のヴィッセル神戸がユニバー記念競技場でサガン鳥栖と対戦した。鳥栖も同様に7勝10敗8分けで勝ち点「29」。得失点差の関係で神戸が11位で、鳥栖が12位となる。ノエビアスタジアムの芝の状態が思わしくないためユニバー記念競技場での開催となった。このスタジアムはオリックス・ブルーウェーブの本拠地だったグリーンスタジアム神戸の隣にある。

ホームの神戸は「4-2-3-1」。GK山本海。DF奥井、岩波、増川、相馬崇。MFチョン・ウヨン、三原雅、渡邉千、森岡、石津。FWレアンドロ。神戸は主力級の選手に怪我人等が続出しており、DF高橋峻やDF高橋祥やMF小川慶などが欠場。阪南大学在学中のMF松下佳やユース出身で1年目のDF山口真などがベンチ入りを果たした。DF岩波とMF前田凌の2人はU-22日本代表に選出されて京都合宿に参加した。

対するアウェイの鳥栖は「4-2-3-1」。GK林彰。DF丹羽竜、菊地直、谷口博、吉田豊。MF高橋義、藤田直、水沼、鎌田、金民友。FW豊田。怪我を抱えているエースのFW豊田が6試合ぶりにスタメンで起用された。FW豊田はJリーグ史上2人目となる「4年連続15ゴール以上」という大記録にリーチをかけている。U-22日本代表に初選出されたMF鎌田がトップ下に入った。DF丹羽竜は11試合ぶりのスタメンとなる。

■ クラブ新記録の7ゴールを挙げた神戸が大勝

試合はアウェイの鳥栖が先制する。前半26分に中盤での競り合いを制すると、MF高橋義の絶妙なスルーパスを受けたFW豊田が左足でニアに豪快に蹴り込んでアウェイの鳥栖が先制する。FW豊田は今シーズン15ゴール目となった。先制された神戸だったが、前半34分にMFチョン・ウヨンのCKからファーサイドのDF岩波が頭でつないだボールをMF渡邉千が頭で押し込んで神戸が1対1の同点に追いつく。

さらに前半47分には左SBのDF相馬崇のクロスをニアでFWレアンドロが合わせて逆転に成功する。2対1で迎えた後半は神戸の一方的な展開になる。開始早々の後半2分に相手のミスからFWレアンドロが決めて3点目を挙げると、後半8分にはCKからDF岩波が決めて4点目。勢いの止まらない神戸は後半13分にMF石津、後半15分にMF森岡、後半27分にMF渡邉千が決めて合計7ゴールのゴールラッシュとなった。

結局、7対1でホームの神戸が圧勝。J1の舞台では2000年の1stステージの3節のジェフ市原戦で記録した6ゴールというのがクラブ最多だったので、見事にクラブ新記録達成となった。FWレアンドロとMF渡邉千が2ゴールを挙げるなど攻撃的なポジションの選手が躍動した。敗れた鳥栖は今シーズン3回目となる5失点以上の敗戦。得失点差のことを考えても、非常にダメージの大きい敗戦になってしまった。

■ まさかの大勝劇

神戸もここ5試合は1勝4敗。チーム状態はそれほど良くなかったので、まさかの展開になった。序盤は鳥栖が優勢。前半26分にいい形でボールを奪ってFW豊田が先制ゴールを決めたが、前半34分にセットプレーから神戸が同点に追いついた。後半8分にもセットプレーからDF岩波のゴールが生まれているが、ゾーンで守っている鳥栖の守備陣の高さが不足しているエリアを186センチのDF岩波が逃さずに突いた。

神戸はこれで勝ち点「32」。試合前の時点で2ndステージは8試合で3勝4敗1分け。波に乗り切れておらず、降格ゾーンにいる松本山雅や清水や山形の動向が気になる微妙な位置だったが、この勝利によって今後は下位クラブのことは気にせずに戦うことができるだろう。今シーズンの下位チームの勝ち点ペースから『残留するためには勝ち点「36」程度が必要』と推測できるが、もう少しでこの数字に到達できる。

神戸は2ndステージの初戦となった清水戦(A)も5対0で大勝している。カウンター型のチームなのでリードを奪うことができるとイケイケの展開になる。FWレアンドロやMF森岡を中心としたカウンターは迫力満点。後半2分に3点目を奪った後は鳥栖の守備陣の集中力が切れてしまったので面白いように追加点のゴールが決まった。スタジアムの芝の問題で揺れているが、勢いに乗れそうなクラブ史に残る大勝劇だった。

■ ファンタジスタ対決を制したのはMF森岡亮太

結局、FWレアンドロが2ゴールで、MF渡邉千は2ゴール1アシスト。DF岩波が1ゴール1アシストで、MF石津とMF森岡も1ゴールずつ。左SBのDF相馬崇も2アシストと攻撃的なポジションの選手だけでなく、最終ラインの選手もゴールに絡んだ。中でも目立ったのはFWレアンドロである。最後に大チャンスを迎えたが決めることができず。ハットトリックは逃したが、試合の行方を左右する2点目と3点目のゴールを奪った。

この日はFWレアンドロの1トップで、トップ下にMF森岡が入る形だった。ネルシーニョ監督はシステムを変えることに躊躇しないタイプなのでいろいろなシステムを採用しているが、今シーズンの神戸の強みというのは中盤から前の選手のタレント力である。1stステージはフォワードの軸が定まらずに苦労したが、FWレアンドロが加入して固定された。1.5列目や2列目に個性の強い選手を多く擁しているのは武器となる。

両チームとも「4-2-3-1」を採用したが、トップ下でプレーする神戸のMF森岡と鳥栖のMF鎌田に注目が集まった。MF森岡はアギーレジャパンのときに日本代表でプレーしており、MF鎌田は五輪代表に初選出されたばかり。両者は独特の感性を持っており、現代の日本人ではほとんどいなくなったファンタジスタ系の選手であるが、2人の対決は自身の1ゴールを含む多くのチャンスに絡んだMF森岡に軍配が上がった。

MF鎌田にも同じようなことが言えるが、MF森岡も「次にどんなプレーを選択するのか全く予想ができない。」というタイプの選手である。簡単なプレーを正確にこなすこともプロ選手にとっては非常に大事なことであるが、魅せるプレーのできる選手が増えてこないとJリーグは面白くなくなる。FCソウルのMF高萩も同じ系統の選手であるが、彼らの存在というのは日本サッカー界にとって貴重であり、財産になりうる。

■ 目立つのは大量失点での大敗

一方の鳥栖は予期せぬ大敗となった。エースのFW豊田が2ndステージの3節の新潟戦(A)以来の先発出場。前半26分にFW豊田が先制ゴールを決めるなど出だしは良かったが、今シーズンの鳥栖は「先制ゴールを奪った後の戦い方」に大きな課題を抱えている。2ndステージの8節の横浜FM戦(H)も逆転負けを喫したが、先制ゴールを挙げたにも関わらず、逆転で敗れた試合がすでに5試合。これは異常な多さである。

「後半になると極端に運動量が落ちる。」とまでは言えないが、ペース配分の問題も幾分かは関係していると思われる。立ち上がりはいい感じで攻め込んでいい時間帯に先制ゴールを奪うことは多いが、やはり、序盤にエネルギーを使うとどこかで反動が来る。結果が出ていないチームが相手に先制されると苦しくなるのは間違いないが、序盤に入れ込みすぎて余計に結果が出なくなっているのではないかと思う。

気になるのは大量失点で敗れる試合が多い点である。得失点差は「-18」。2014年にJ2に降格した大宮が「-16」で、C大阪は「-12」。1ステージ制になった2005年以降で得失点差が「-18」よりも悪い数字でJ1に残留できたのは2006年の新潟と甲府の2チームのみ。得失点差に関しては降格するチームと同レベルか、もっと悪いくらいの数字になっている。最後に得失点差の勝負に持ち込まれると勝ち目はほぼない。

■ 監督交代が行われても不思議はない状況

1stステージの14節の浦和戦(H)は1対6で敗れて、続く15節の仙台戦(A)は0対5で敗れた。浦和戦は前半に退場者を出して10人だったことが大きく関係しているが、(拮抗した展開になったときは特に問題はないが、)2点ビハインドのような難しい展開になると途端に守備陣の集中力が切れてしまう。この日も後半2分に1対3のスコアになった後は考えられないようなミスが続いて最後の守備も淡白だった。

鳥栖というと「粘り強いチーム」というイメージを持っている人が大半だと思うが、今シーズンは異なる。劣勢になったときの諦めが早いので大量失点で敗れる試合が出てくる。同じ1敗ではあるが、「0対1」や「1対2」といったスコアで敗れるのと、「1対6」や「0対5」や「1対7」で敗れるのとでは精神的なショックの度合いが全く違う。わずかな期間で選手たちのメンタルをリカバーさせるのは大変なことである。

試合中にズルズル生き始めたときにほとんど効果的な手を打つことができない就任1年目の森下監督に批判の声が集まっても仕方がない。森下監督は2012年から2013年の途中まで磐田を指揮したが、このときはチームを立て直すことができないままで途中解任となった。「修正力」という意味ではクエスチョンマークの付く監督なので、近日中に監督交代という決断が下されても何ら驚きはない状況になっている。



★ 現在の投票数 → 96票

  → 投票したい選手の名前を選択してから「投票」のボタンをクリックしてください。
  → 最大で6人までチョイスして投票することができます。
  → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
  → 記事内容に関係のないコメント(政治的な内容も含む。)はご遠慮ください。




関連エントリー

 2008/06/01  松本育夫(サガン鳥栖GM)のサッカー人生
 2013/01/29  【読エ】 思い出のストライカー新居辰基
 2013/04/07  【鳥栖×清水】 3度目の鳥栖スタジアム(生観戦記) (上)
 2013/04/08  【鳥栖×清水】 3度目の鳥栖スタジアム(生観戦記) (下)
 2013/04/09  ベアスタで気になったところ
 2015/07/11  【J1】 全18クラブの走行距離とスプリント回数をまとめてみた。(ヴィッセル神戸編)
 2015/07/13  【J1】 全18クラブの走行距離とスプリント回数をまとめてみた。(サガン鳥栖編)
 2015/07/28  【読エ】 サガン鳥栖の森下仁志監督をフェアに評価する。
 2015/08/03  【読エ】 J2降格の危機にあるサガン鳥栖 監督解任の難しさについて
 2015/09/04  クラブ別エントリー(ヴィッセル神戸)
 2015/09/04  クラブ別エントリー(サガン鳥栖)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)

04月04日
【J2】 ロアッソ熊本は何がどう変わったのか?を考える。

04月03日
【熊本×新潟】 キレキレのプレーを続けるMF田中達也

04月02日
【J3】 「17クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
04月02日
【Jリーグ】 面白すぎる展開になっている2018年のJ3リーグ


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: