アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)
 2017/10/13 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2017/10/14 【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

 2017/10/17 全記事一覧(2005年-2017年)


バルバリッチ監督の契約解除とタレント軍団のコンサドーレ札幌の未来 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 7試合勝ちなしで契約解除に・・・。

2012年以来のJ1復帰を目指すコンサドーレ札幌はオフに元日本代表のMF稲本やFC岐阜で17ゴールを挙げたFWナザリトを獲得。「J2では屈指」と言える戦力を揃えることに成功したが、6月21日(日)に行われた19節の北九州戦(H)から7試合勝ちなし。7月22日(水)に行われた25節の北九州戦(A)では終了間際に追いつかれてドローに終わると、2日後の7月24日(金)にバルバリッチ監督との契約を解除することを発表した。

25節終了時点での成績は8勝6敗11分けで勝ち点「35」。プレーオフ圏外となる9位という順位だった。幸か不幸か大宮と磐田の2チームは抜け出しつつあったが、3位以下は大混戦。この時点で3位だったC大阪との差は「6」のみ。十分にプレーオフ出場を狙える状況だったが、この時期の「7試合勝ちなし」というのは印象が良くない。どちらかというと唐突であり、かなり意外なタイミングでのバルバリッチ監督の交代劇となった。

個人的な話になるが「松山光プロジェクト」に参加していることもあって、札幌は気になるチームの1つである。(もちろん、わずかな額ではあるが、)クラブを支えていくことになる若手選手を育成する費用を少しばかり援助しているクラブなので、札幌から年代別代表(将来的にはフル代表)に招集されるような若手がたくさん出てくることならびにJ2で好成績を残すことを期待しているが、思うようなシーズンになっているとは言い難い。

 → 2014/12/11  コンサドーレ札幌の「松山光プロジェクト」に参加してみた。 (前編)
 → 2014/12/11  コンサドーレ札幌の「松山光プロジェクト」に参加してみた。 (後編)

■ 若手は育ちつつあるが・・・。

若手が台頭してきたのは確かである。これをバルバリッチ監督の功績と呼んでいいのか否かは意見が分かれるところだと思うが、C大阪時代は全く試合に出場することができなかったGKク・ソンユンは開幕から正キーパーとしてゴールを守り続けた。3月末には韓国の五輪代表に招集されて、先日行われた東アジアカップ2015では韓国のフル代表に招集されている。195センチの大型キーパーは大飛躍のシーズンになっている。

J3リーグの福島ユナイテッドから戻ってきたMF堀米悠は左WBあるいはボランチのポジションでスタメンの座を確保しており、五輪代表のMF荒野も主に右WBの位置でレギュラーをつかんだ。さらにDF櫛引は盟友のDF奈良が抜けた穴を感じさせないプレーを続けており、7月に行われたU-22コスタリカ戦では五輪代表に選出された。GKク・ソンユンを含めた五輪世代の4人はチームにとって欠かせない戦力になった。

さらには川崎Fからの期限付き移籍ではあるが、DF福森晃は主に左ストッパーの位置でレギュラーを確保。183センチのサイズを生かした空中戦と高精度の左足のキックはチームのストロングポイントの1つになった。バルバリッチ監督は愛媛FCのときから「若手の育成」には定評があったが、「ベテラン」と「中堅」と「若手」という3つの世代ををうまくミックスさせたバランスの取れたチームを作ったのは確かである。

ユースから続々と有望な選手が出てくる札幌にとっては「有望な若手選手をしっかりと一人前に育て上げること」は極めて重要なことである。その点に関しては合格点が与えられるだけの仕事をしていたと思うが、やはり、J1昇格を狙えるだけの戦力を持っているクラブなので、「何人かの若手を成長させた。」というだけでは周囲は満足しない。リーグ戦の結果が芳しくないと「契約解除」という話が出てきてしまう。

■ 生かしきれなかったFWナザリトの個人能力

25節を終了した時点で失点数は「24」。1試合平均で1.0に満たない数字である。守備面に関しては大きな問題はなかった。もちろん、リードをした状態で終盤を迎えながら同点ゴールあるいは逆転ゴールを食らう試合がここ最近は多かった。「試合の締めくくり方」という点で問題がなかったとは言えないが、やはり、より問題視されたのは攻撃陣である。25試合で28得点というのはタレント力を考えるとかなり物足りない数字である。

バルバリッチ体制を振り返るとき、攻撃力ならびに得点力をアップさせるための切り札として獲得したFWナザリトを生かしきれなかった点は避けては通れない部分である。11試合で5ゴール。開幕から7試合連続でスタメン出場したが、8節の水戸戦(H)は出場停止で、9節の岡山戦(A)からスタメン落ちが続いた。結局、8節以降でスタメン出場したのは13節の熊本戦(H)のみ。ここ最近は怪我もあってメンバーから外れている。

数字だけを見ると開幕7試合で5ゴール。十分すぎるほどの数字を残している。ハイライトや数字だけを追いかけていた人は「何でこれだけゴールを決めているFWナザリトを使わないのか?」と感じたと思うが、彼を起用する場合はFW都倉が下がり目のポジションでプレーすることになるので、FW都倉の持ち味が出なかった。FW都倉はかなり気を使ってFWナザリトを生かそうと奮闘したが、2人の共存はなかなか成功しなかった。

開幕前から「FWナザリトをどう扱うのか?」が今シーズンの札幌の大きなテーマだと考えていたが、意外なほど諦めるのが早かった。「見限った。」と表現できるほど戦力外に近い扱いにしたわけではなかったが、出場停止明けの9節の岡山戦(A)からベンチスタートが続いた。「2列目はタレントが豊富なので無理をしてFWナザリトとFW都倉を併用するよりも、FW都倉の1トップの方がベター」という考えに早い段階で到達した。

■ あのまま使い続けていたらどうなっていたのか・・・。

このバルバリッチ監督の判断は果たしてどうだったのか?個人的には決して間違いではなかったと思うし、極めて賢明な判断だったと思う。(努力はしていたが、)守備のときは穴になっており、ビハインドになるとイライラしてプレーの質が極端に落ちてしまうこともバルバリッチ監督は問題視していただろう。また、彼のマイナス要素に目を背けてスタメンで使い続けることはチームの雰囲気をおかしくする危険性もあった。

ただ、そうはいっても、バルバリッチ体制がこういう結末になった以上、「FWナザリトの扱い方に失敗した。」という人が出てきてもおかしくない。少なくとも開幕から7試合で5ゴールとストライカーとしては十分な結果を出していたので、(FW都倉は犠牲になってしまうが、)あのままFWナザリトをスタメンで使い続けていたら、どこかのタイミングの何かしらのきっかけによって状況が好転したことも考えられる。

結局のところ、『バルバリッチ監督はFWナザリトをどう扱うべきだったのか?』というのは結論を出しにくいデリケートな話であるが、とにもかくにも、後任には長い間、札幌U-18を率いて素晴らしい実績を残している四方田監督が任命された。ユースチームで実績を残した監督がトップチームの監督に就任するパターンというのは昨今、Jリーグでも増えている。柏の吉田監督、東京Vの冨樫監督が典型例と言える。

「クラブのことを一番よく知っている人」とも言えるので、今後、こういうパターンはさらに増えていくと思うが、個人的にはリスキーな選択なのではないかと思う。本人も、周囲も、「いずれはトップチームの監督を・・・。」という考えはあったと思うが、柏の吉田監督と同様で札幌にとっては切り札的な存在である。ピンチヒッターで起用して結果を出すことができずにつぶしてしまうことはクラブにとって大きな損失となる。

■ 2018年のロシアW杯あたりが勝負の時期と言えるが・・・。

ユースチームへの悪影響も心配されるが、個人的には今の札幌に限らず、トップチームがどうしようもない状況に陥ったとしても、シーズン途中で下部組織を率いている監督を引っ張ってくるのはできる限り避けるべきだと思う。もちろん、外部から新たに監督やスタッフを招聘するとなると多額のお金が必要となるので、ある意味では経費節減になるが、失敗に終わったときは本人とクラブがボロボロになる危険性がある。

もちろん、結果が出なかったときに「監督を代える。」という道を選ぶことは悪くないが、「GMであったり、強化担当であったり、強化部長であったり、監督を選ぶ立場にある人物が自ら監督になる。」というのが最悪なパターンで、「下部組織を率いている監督をトップチームの監督に据える。」というのがその次に駄目なことである。(※ 「自ら監督になる。」というパターンよりははるかにマシではあるが・・・。)

今更言うまでもないことであるが、札幌はリオ世代がきわめて充実している。MF荒野とDF櫛引とGKク・ソンユンの3人が今年になって五輪代表に招集されているが、FC東京に期限付き移籍しているDF奈良も先日のU-22コスタリカ戦のメンバーに選ばれており、MF堀米悠も五輪代表に選出されてもおかしくないプレーを続けており、MF深井一に関しては「怪我さえなければ確実に五輪代表に入っていただろう。」と言える選手である。

他にもMF中原彰がいて、MF神田がいて、DF内山がいて、前兄弟もいる。同時期に各ポジションにこれだけ優秀な若手タレントを集めるのは育成力に定評のある札幌と言えども相当に難しいことなので、彼らが中堅世代となる2018年のロシアW杯あたりの時期は札幌にとっては勝負のときである。悲願ともいえる「J1定着」に向けて決して失敗は許されない大事な時期を迎えつつあるが、楽観視できない状況になりつつある。


関連エントリー

 2013/02/20  コンサドーレの野々村芳和社長への期待
 2014/02/06  数字が示すMF深井一希(札幌)の凄さ (前編)
 2014/02/06  数字が示すMF深井一希(札幌)の凄さ (後編)
 2014/11/25  コンサドーレ札幌のホーム最終戦の横断幕を見て感じたこと
 2015/01/02  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (札幌・水戸・栃木SC・群馬・大宮・千葉編)
 2015/01/03  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (東京V・横浜FC・金沢・磐田・FC岐阜・京都編)
 2015/01/03  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (C大阪・岡山・徳島・讃岐・愛媛FC編)
 2015/01/04  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (福岡・北九州・長崎・熊本・大分編)
 2015/07/01  こんな選手を手倉森ジャパンに・・・ (その1)
 2015/07/01  こんな選手を手倉森ジャパンに・・・ (その2)
 2015/08/11  クラブ別エントリー (コンサドーレ札幌)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編) 10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~

09月29日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬の歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月29日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月27日
「セレッソ大阪のばばあサポーター(@キンチョウスタジアム)」が迷惑すぎる件

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。


09月25日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: