アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/06/17 【U-16日本代表×U-16アメリカ代表】 パリ世代(仮)の攻撃の中心はMF谷本駿介(セレッソ大阪U-18)
 2017/06/18 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (浦和レッズ編)
 2017/06/18 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (鹿島アントラーズ編)
 2017/06/19 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (名古屋グランパス編)
 2017/06/19 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジェフ千葉編)
 2017/06/20 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アビスパ福岡編)
 2017/06/20 【U-16日本代表×U-16ギニア代表】 スター性に溢れた10番のFW斉藤光毅(横浜FCユース)
 2017/06/20 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (水戸ホーリーホック編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ファジアーノ岡山編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC岐阜編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (徳島ヴォルティス編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ロアッソ熊本編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ザスパクサツ群馬編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (愛媛FC編)
 2017/06/23 【J1】 FWパトリック(ガンバ大阪→サンフレッチェ広島???)は本当に救世主になるのか?

 2017/06/23 全記事一覧(2005年-2017年)


【J3:レノファ山口×AC長野パルセイロ】 いくつもの魅力を持った昇格1年目のレノファ山口 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 昇格1年目で首位を走るレノファ山口

創設2年目となる2015年シーズンのJ3リーグは13チームで構成されている。13チームの3回戦総当たり方式でリーグ戦が行われるので各チームは年間で36試合を戦うが、チーム数が奇数なので「お休み」となる節がいくつか出てくる。全日程の半分程度を消化した段階で首位に立っているのは昇格組のレノファ山口。昨シーズンはJFLで16勝7敗3分けで4位という成績だった山口の快進撃を予想できた人はいないだろう。

 → 【J1】 2015年開幕直前 順位予想まとめ (参加者数:304名)
 → 【J2】 2015年開幕直前 順位予想まとめ (参加者数:166名)
 → 【J3】 2015年開幕直前 順位予想まとめ (参加者数:62名)

7月5日(日)に行われた第19節を終了した時点で山口は15勝3敗で勝ち点「45」。2位のSC相模原が12勝4敗2分けで勝ち点「38」なので、勝ち点「7」差が付いている。3位の長野は12勝4敗1分けで勝ち点「37」で、4位の町田ゼルビアは10勝2敗6分けで勝ち点「36」。山口が頭1つ抜け出している状態で首位の山口と3位の長野の直接対決が行われた。自動昇格を目指す長野にとっては勝たなければならない試合と言える。

ホームの山口は「4-2-3-1」。GK一森。DF小池龍、廣木、宮城、黒木恭。MF庄司、小塚、鳥養、福満、島屋。FW岸田。エースのFW岸田は6試合連続ゴール中。17試合で16ゴールと2014年のJFL得点王の実力をいかんなく発揮している。FW岸田は大分U-18出身。日本代表のMF清武弘の1学年下となる。MF島屋は12ゴール、MF福満は10ゴール、MF鳥養は7ゴールを挙げており、得点ランキングの上位を独占している。

対するアウェイの長野は「3-4-2-1」。GK田中謙。DF内野、大島嵩、松原優。MFパク・ゴン、有永、小山内、山田晃、佐藤悠、近藤祐。FW宇野沢。ここに来て積極的な補強を行っているが、福岡のMFパク・ゴン、北九州のMF近藤祐、札幌のMF小山内の3人が揃って長野での初出場となった。解説者の都並敏史さんの息子で3節からずっとスタメンが続いていた大卒ルーキーのMF都並はこの日はベンチスタートとなった。

■ 0対2からの大逆転劇

試合の前半は堅い展開となる。上位チーム同士の直接対決にありがちな睨み合いが続いたが、前半20分にホームの山口が右サイドのCKを獲得。左SBのDF黒木恭が左足で蹴ったボールを「7試合連続ゴールなるか?」に注目が集まった山口のエースストライカーのFW岸田がゴール前でうまく頭で合わせてネットを揺らしたかに思えたが、ハンド&イエローカードの判定でゴールは認められず。前半は0対0で終了する。

この試合で勝たないと自動昇格が厳しくなる長野は後半17分に左サイドを細かいパスワークで崩すと、最後はMF佐藤悠のグラウンダーのクロスを中央に入って来た右WBのMF小山内が右足でうまく合わせてアウェイの長野が先制に成功する。札幌から期限付き移籍のMF小山内が大仕事をした。さらに後半20分にも相手の不用意なクリアを奪った左WBのMF山田晃がキーパーとの1対1を確実に決めて長野が追加点を奪う。

0対2となった山口だったが、後半26分にMF福満が自ら得たPKを確実に決めて1点差に迫ると、後半45分には途中出場のDF香川のCKからCBのDF宮城がヘディングシュート。これが相手のオウンゴールを誘って2対2の同点に追いつく。さらに後半49分には右SBのDF小池龍が得たPKをエースのFW岸田が右足で落ち着いて決めて逆転に成功する。結局、0対2から3ゴールを奪った山口が劇的な形で勝ち点「3」を獲得した。

■ ダメージの大きい逆転負けで4位転落・・・

長野にとっては表現の難しいダメージの大きい試合になった。首位の山口とはこれだけ勝ち点差があるので引き分けではダメである。勝つしかない試合で2対0とリードを奪うことができた。長野にとっては理想的な展開になったが、まさかの連続失点。「ドローでも厳しい。」という試合で負けるという最悪の結果になった。4位の町田が勝利したため、長野は首位の山口との差を縮めるどころか、4位転落となってしまった。

1点目のMF小山内のゴールは長野らしかった。今シーズンの長野はエースのFW宇野沢が怪我で出遅れたこともあって、フォワードの選手のゴール数が伸びてこない。この点が悩みの種になっているが、左右のWBの選手がゴールに絡むケースが多い。この日も1点目が右WBのMF小山内で、2点目が左WBのMF山田晃だったが、サイドをアップダウンするだけにとどまらず、積極的に中央に入ってくるのが特徴である。

解説の人は「守りに入ったことが長野の敗因」という話をしていたが、勝たないといけない試合でリードを奪ったチームが守備を重視した選手交代を行うのは珍しくない。サッカーの場合、予期せぬ失点や防ぎようのない失点があるので守備固めを行ったとしても必ず逃げ切れるわけではないが、逃げ切りに成功する確率は高くなる。なので「守りに入ったことが長野の敗因」という意見には賛同はできない。

■ ジャッジに泣かされたAC長野パルセイロ

長野にとって気の毒だったのはジャッジに泣かされた点である。最後の3失点目につながったハンドでのPKは極めて妥当なジャッジだったが、山口の1点目のPKは「これくらいの接触でPKを取るのはどうなのか?」と思うようなシーンだった。もちろん、後手を踏んだMF小山内が手を出して止めようとしているのは確かだが、当事者のMF福満の倒れた直後のリアクションを見るとプレーを流すのが妥当だったと思う。

ただ、1失点目のPKに関しては「PKを取る人もいるだろう。」と思えるレベルなので誤審とは言えないが、前半26分にカウンターからMF山田晃の突破をサイドで阻止した山口のFW岸田のプレーは完全にイエローカードに相当するプレーだった。FW岸田は前半20分にゴール前での故意のハンドで1枚目のイエローカードを受けているので、この時点でFW岸田は2枚目のイエローカードで退場となるべきだったと思う。

日本では前半のうちに退場者が出ると、(退場に値する行為を行った選手ではなくて)主審の方が責められることになる。当然、誰しもが「できる限り11人対11人のままで試合が進んで欲しい。」と思うが、退場に値する行為があったときは別である。長野の美濃部監督や当事者のMF山田晃は「イエローカードが出ないのはおかしいのではないか?」という風な抗議を行っていたが、このシーンは完全な誤審だったと言える。

前半の半ば過ぎで相手のエースが退場になるのか否かは大きな違いがある。ある程度以上、サッカーを知っている人であればほぼ全員が疑問に感じるようなジャッジがあったので、「長野はアンラッキーだった。」と言えるが、気持ちを切り替えるしかない。今シーズンはJ2の残留争いも熾烈で、入れ替え戦に回る21位に戦力の豊富なチームが来る可能性もある。長野は諦めることなく自動昇格を狙う必要がある。

■ 異次元と言えるレノファ山口の得点力

切羽詰った状態の長野とは対照的に山口は2位以下のチームとの差が広がっている。「引き分けでも悪くない。」という試合だったが、0対2の状況から3点を奪った。「J2ライセンス」が取得できるかどうかはまだ不透明な部分もあるので、J3リーグで優勝できたとしてもライセンスの問題でJ2昇格が見送りになる可能性は無きにしも非ずであるが、J3リーグの優勝に大きく前進する劇的すぎる勝利をつかんだ。

昇格1年目での首位というポジション、そして、16勝3敗という成績も驚きに値するが、最大の驚きは圧倒的な得点力である。19試合で57得点というのは「誤植なのか!?」と思うほど。リーグ2位の得点数を記録しているSC相模原は19試合で33得点で、リーグ3位の町田は19試合で26得点で、リーグ4位の長野と福島は18試合で23得点。「バイエルン・ミュンヘンかよ。」と思うほどの痛快なまでの突き抜け具合である。

スカパー初登場となった山口を興味深く観察したが、「これだけの得点力を誇るのも納得」と感じた。もちろん、相手チームは「リーグ屈指の堅守」として知られる長野で、首位攻防戦というプレッシャーも幾分かはあったと思う。思うようにプレーできなかった部分もあったと思うが、前の4人は絶えず動き回ってボールを呼び込んでおり、WボランチのMF小塚とMF庄司のところからは精度の高いパスが頻繁に出てくる。

MF庄司はJ2に昇格してきたときの町田で中心だった選手なのでサッカーファンには知られているが、FW岸田、MF鳥養、MF福満、MF島屋の4人はJリーグを中心に観ているサポーターにはほとんど馴染みのない選手である。「詳しくは分からない。」という選手たちがJ3リーグの得点ランキングの上位を独占していることに関してはちょっとした違和感も感じていたが、異次元の得点数を記録するのも分かる気はする。

■ 攻撃型のサッカーで旋風を巻き起こすレノファ山口

2012年に昇格初年度でJ1の5位に入った鳥栖であったり、今シーズンのJ2で旋風を巻き起こしている金沢であったり、2013年の長崎であったり、堅い守備をベースにした堅守速攻型のチームが昇格1年目のシーズンで存在感を発揮することはJリーグでも稀にあるが、山口のような攻撃型のチームが昇格1年目でここまでの成績を残すケースというのは珍しい。長いJリーグの歴史を振り返ってみてもほとんどなかった。

雰囲気が似ているのは1994年にJリーグに昇格してきたベルマーレ平塚か。ただ、「攻撃が9、守備は1」くらいの振り切れようだった当時の平塚と比べると攻守のバランスも取れている。当然、堅守速攻というのも1つのやり方ではあるが、独自のカラーを持ったチームがもっと増えてこないとJリーグは面白くなくなる。そういう意味でも今シーズンのJ3リーグで旋風を巻き起こしている山口は注目に値するチームである。

個々の選手で目立ったのはボランチのMF小塚。J1の新潟から期限付き移籍しているが、下がり目の位置で攻撃的なセンスをいかんなく発揮している。新潟時代から攻撃的な資質を高く評価されて来たが、カテゴリーが2つ下がった環境でのびのびとプレーできている。柔らかいパスを出せるのがMF小塚の大きな武器で、同じようにパスに特徴のあるMF庄司と組むWボランチは本当に魅力的なコンビと言える。

町田で期待されたほどは活躍できなかったMF庄司、新潟で期待を集めながら出場機会を増やせなかったMF小塚のみならず、「期待されていたのに・・・。」という選手が頑張っているのも山口の1つの魅力ではないかと思う。G大阪ユースでFW宇佐美と同級生で、FW宇佐美に次ぐ(=MF大森以上の)評価を得ていたFW原口、プラチナ世代の1人でFC東京U-18時代にU-17W杯に出場しているDF廣木もその1人である。

個人的にはC大阪U-18出身でFW永井龍やMF扇原と同期でタレント軍団だったC大阪U-18の主戦キーパーだったGK一森がレギュラーとして快進撃を支えている点も感慨深いものがある。(※ 横浜FMユースで強烈な存在感を発揮していたMF松本翔も負けずに頑張ってほしいところ。)必ずしも順調なサッカー人生にはならなかった逆襲を誓う選手たちが放つエネルギーの大きさを昇格組の山口からは感じ取ることが出来る。


★ 現在の投票数 → 361票

   → 投票したい選手の名前を選択してから左下の「投票」のボタンをクリックしてください。
   → 最大で6人の選手まで投票することができます。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
   → 記事内容に関係のないコメント(政治的な内容も含む。)はご遠慮ください。





関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#14)
 2008/05/30  中田英寿のいない日本代表チーム
 2009/01/10  【JYカップ決勝:G大阪Y×C大阪U-18】 逸材たちの競演
 2010/12/21  Jユースカップにも光を・・・
 2012/05/05  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ベルマーレ平塚・湘南ベルマーレ編)
 2012/05/07  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ジュビロ磐田編)
 2014/05/20  Jリーグの主審20名を評価する。 (前編)
 2014/05/21  Jリーグの主審20名を評価する。 (後編)
 2015/01/23  【J3】 順位予想バトル 2015年版 受付終了 (参加者:62名)
 2015/03/03  【J3】 2015年 順位予想まとめ (参加者数:62名)






おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


06月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

06月23日
【J1】 FWパトリック(ガンバ大阪→サンフレッチェ広島???)は本当に救世主になるのか?

06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (愛媛FC編)

06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ザスパクサツ群馬編)

  06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ロアッソ熊本編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (徳島ヴォルティス編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC岐阜編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ファジアーノ岡山編)

06月20日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (水戸ホーリーホック編)

06月20日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アビスパ福岡編)

06月19日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジェフ千葉編)

06月19日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (名古屋グランパス編)

06月18日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (鹿島アントラーズ編)

06月18日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (浦和レッズ編)

06月17日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (柏レイソル編)

06月17日
【U-16日本代表×U-16アメリカ代表】 パリ世代(仮)の攻撃の中心はMF谷本駿介(セレッソ大阪U-18)

06月17日
【Jリーグ】 MFレアンドロ・ドミンゲス(元柏レイソル)の移籍先はどこだろうか?

06月16日
【U-16日本代表×U-16オランダ代表】 188センチの大型フォワードのFW栗原イブラヒムジュニアとは?

06月16日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴィッセル神戸編)

06月15日
【J1】 DF塩谷司の代役としてサンフレッチェ広島が獲得しそうなJリーガーは誰だろうか?

06月15日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (川崎フロンターレ編)

06月15日
【J1】 DF 塩谷司 (サンフレッチェ広島)のアル・アインへの移籍(?)について

06月14日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC東京編)

06月14日
【日本代表】 GK川島永嗣の責任なのか?DF吉田麻也の責任なのか? (vs イラク代表)

06月14日
【アジア最終予選:イラク×日本】 過酷な条件で何とか勝ち点「1」をゲットしてW杯出場に王手

06月13日
【W杯予選】 vs イラク戦(@テヘラン)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

06月13日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジュビロ磐田編)

06月13日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ガンバ大阪編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (清水エスパルス編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴァンフォーレ甲府編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (横浜Fマリノス編)

06月11日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アルビレックス新潟編)

06月11日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (大宮アルディージャ編)


06月11日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん