アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)
 2017/11/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)
 2017/11/20 【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。
 2017/11/20 【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)
 2017/11/21 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)
 2017/11/21 【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス
 2017/11/21 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)
 2017/11/22 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)
 2017/11/22 【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。
 2017/11/22 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。
 2017/11/24 【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?

 2017/11/24 全記事一覧(2005年-2017年)


【新潟×鹿島】 偉大なMFレオ・シルバに近付きつつある20歳のMF小泉慶 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2ndステージの開幕戦

J1は2ndステージが開幕。3勝9敗5分けで17位と降格ゾーンに位置するアルビレックス新潟がホームのデンカビッグスワンスタジアムで鹿島アントラーズと対戦した。鹿島は6勝7敗4分けで8位。ACLとの掛け持ちでタイトなスケジュールになったことも大いに関係しているが、名門クラブとしては不本意な成績で1stステージを終えた。初降格の危機を迎えている新潟にとっては降格圏を脱出することが目標となる。

ホームの新潟は「4-2-2-2」。GK守田。DF川口尚、舞行龍ジェームズ、大井、コルテース。MFレオ・シルバ、小泉慶、加藤大、山本康。FW指宿、山崎亮。急性胆嚢炎でしばらくの間、チームを離れていたMFレオ・シルバがようやくピッチに戻って来た。5月10日(日)に行われた第11節の横浜FM戦(A)以来のリーグ戦出場となる。リーグ6位タイとなる7ゴールを挙げているFWラファエル・シルバは怪我で欠場となった。

対するアウェイの鹿島は「4-2-3-1」。GK佐藤昭。DF西大伍、植田直、昌子、山本脩。MF青木剛、小笠原、カイオ、土居、金崎。FW赤崎。日本代表のMF柴崎岳は怪我で欠場となったが、左SBのDF山本脩がスタメンに復帰して、DF昌子は本職であるCBの位置に戻った。FW赤崎は7試合で4ゴールと少ない出場機会で結果を残している。長期離脱していたFWダヴィが戦列に復帰してきて久々にベンチ入りを果たした。

■ 鹿島が劇的な逆転勝利を飾る。

試合は前半30分にアウェイの鹿島が先制する。左サイドのCKを獲得するとMF小笠原の蹴ったボールを東アジアカップの日本代表の予備登録メンバーに選出されたDF昌子が頭で豪快に決めて先制に成功する。しかし、直後の前半31分に新潟はMF加藤大のパスを受けたFW指宿が右足を振り抜くと、これが鮮やかにネット隅に決まってあっという間に1対1の同点に追いつく。FW指宿は2試合連続ゴールとなった。

すぐさま同点に追いついたことでチーム全体にエネルギーが湧き出て来た新潟は前半42分にカウンターからMF加藤大の絶妙のスルーパスを受けたボランチのMF小泉慶が落ち着いて決めて2対1とホームの新潟が逆転に成功する。高卒2年目のMF小泉慶は嬉しいJ1初ゴールとなった。4試合連続スタメンとなったMF加藤大はこの日も2アシストの活躍だった。前半は2対1と新潟がリードして折り返す。

後半は引き続いて立ち上がりから新潟が押し込む展開になる。高い位置でボールを奪ってチャンスに結びつける場面が何度も訪れたが、MF山本康とMF加藤大は絶好のチャンスにシュートを枠に飛ばすことが出来ず。後半15分に鹿島はFWダヴィを投入。流れを大きく変えることはできなかったが、後半49分にMF金崎のシュートがポストに当たって跳ね返ったボールをMF土居が押し込んで鹿島が2対2の同点に追いつく。

さらに後半50分にはMF金崎のパスを受けた途中出場のMF遠藤康が左足でシュート。うまくヒットしなかったが、MFレオ・シルバの足に少し当たってコースが変わってゴールイン。結局、1対2で敗色濃厚だった鹿島が後半49分と後半50分に連続ゴールを奪って3対2で劇的な勝利を飾った。17位と降格圏に位置する新潟は目前まで迫っていた勝利を逃しただけでなく、連続失点で勝ち点「1」すら獲得できなかった。

■ 底力を感じたアディショナルタイムでの逆転劇

前半30分に鹿島がCKからDF昌子のゴールで先制したが、1分後にFW指宿のゴールで新潟が同点に追いつくと、その後は完全なる新潟ペースとなった。MF柴崎岳を欠く鹿島は新潟が得意とするプレスの餌食になって最終ラインや中盤での不用意なミスが続出した。1対1のスコアになってからの試合内容は圧倒的に新潟の方が良かったが、こういう結果になった。何と表現すればいいのか分からない試合になった。

鹿島イレブンの最後まであきらめない姿勢と同点に追いつくだけで満足することなく逆転までもっていったメンタリティはさすがだった。内容的にはかなり悪くて、自分たちのサッカーはほとんどできなかったが、必要以上にフラストレーションを溜めて自分を見失うような選手はいなかった。敗色濃厚だった鹿島にとっては勢いのつく形での勝利となった。結果だけを見ると最高のスタートを切ったと言える。

後半49分に同点ゴールを決めたのがMF土居で、後半50分に逆転ゴールを決めたのはMF遠藤康だった。ともにMF金崎のプレーがきっかけになったが、攻撃的なポジションは大卒2年目のFW赤崎がここ最近はしっかりとゴールという結果を残しており、エースのFWダヴィも戦列に復帰してきた。突如として攻撃的なポジションは選手層が厚くなったが、MF金崎とMF遠藤康とMF土居の3人はいいアピールができた。

アディショナルタイムでの連続ゴールには「底力」を感じたが、あまりいい内容ではなかったのは事実で、反省すべき点はたくさんある。気になるのはGK佐藤昭のプレーがあまり安定していない点である。GK曽ヶ端をベンチに追いやってスタメン出場が続いているが、代わってチャンスを得たGK佐藤昭に対しても全幅の信頼を置くのは難しい状況である。今シーズンの鹿島はキーパーのポジションで苦労している。

■ ショッキングな負け方ではあるが・・・。

敗れた新潟はショッキングな敗戦となった。同じ2ndステージの開幕戦で最下位の清水がホームで神戸に0対5と大敗している。同じ1敗ではあるが、新潟の負け方と清水の負け方は全く違っている。内容的にも散々だった清水の負け方もダメージの大きいものだったが、新潟の負け方も相当に堪える負け方である。2ndステージの2節は7月15日(水)に行われるので、早く気持ちを切り替えなければならない。

「いいサッカーをしても勝てなかったら意味がない。」と考える人もいると思うが、「意味がない。」と切り捨てるのはあまりにも勿体ないと感じるほどこの日の新潟のサッカーは非常に良かった。1stステージの終盤はほとんどの試合で3バックを採用したが、この日は「4-2-2-2」を採用。MFレオ・シルバとMF小泉慶をWボランチの位置で起用したが、この2人が中盤の底で献身的なプレーを見せてチームを支えた。

これまでに何度も記述しているので繰り返しになるが、前からのプレスが胆となる新潟には「3-4-2-1」はミスマッチに思える。CBやGKに軽率なミスが続いたので、「後ろの枚数を多くしたい。」という考えの下、柳下監督は3バックを採用したと思うが、3バックだと持ち味のプレスはかかりにくくなる。チームとしての最大の武器を捨てて戦っているような状態だったが、「4-2-2-2」になると全体が活き活きしてくる。

■ 走れてかつ決定的な仕事もできる選手に進化中のMF加藤大

3点目を奪うチャンスが沢山ありながらも決められなかった代償は大きかったが、新潟は若い選手が躍動した。なかなか結果が出なくて苦しんでいたFW指宿は失点直後の前半31分に値千金の同点ゴールを記録した。全く結果が出ていない時期も柳下監督はFW指宿に期待して起用し続けたが、ようやく実を結んだ。ゴールは見事だったが、ポストプレーなど「それ以外のプレー」の質もかなり高かったと言える。

右サイドハーフに入ったMF加藤大も素晴らしかった。1点目のFW指宿のゴールと2点目のMF小泉慶のゴールをいずれもアシストしているが、ラストパスを出すセンスはJ1のアタッカーの中でも屈指と言える。MF加藤大は1stステージの終盤になってスタメンで起用されるようになったが、1試合の走行距離の数字は1人だけ飛び抜けた数字を示しており、「走れてかつ決定的な仕事もできる選手」に進化しつつある。

約2か月ぶりの出場となったボランチのMFレオ・シルバもなかなかいいプレーを見せて周囲を安心されたが、この試合は何と言っても高卒2年目のMF小泉慶である。2対1のままで試合が終わっていたら大ヒーローだったので、終盤の連続失点で残念ながらヒーローになり損ねたが、90分を通して他の誰よりもフィールド上で輝いていた。チームの勝ち点にはつながらなかったが、称賛に値するプレーを見せた。

■ ここ数試合は驚きのプレーを続けるMF小泉慶

FW指宿と同様でMF小泉慶も春先は低調だった。1年目に見せていたアグレッシブなプレーがほとんど見せられずにピッチを去る試合が多かった。昨シーズンの輝きは失われていたが、15節の名古屋戦(H)あたりから急激にパフォーマンスが良くなって、以後、毎試合のようにハイレベルなプレーを見せている。ブラジルに一時帰国していたMFレオ・シルバが「MF小泉慶の成長に驚いた。」と語っているのも納得である。

ポジションも同じで、運動量とボール奪取力がウリとなる点などMFレオ・シルバと共通する部分は多い。MF小泉慶も「どうやったらMFレオ・シルバのようなプレーができるのか?」を日々研究していると言うが、ここ4試合ほどのMF小泉慶のプレーはMFレオ・シルバが乗り移ったかのようなで、とてつもない活動量でチームを支えている。この日は中盤の底にMFレオ・シルバが2人並んでいるかのようだった。

ここ最近の試合で多くのゴールに絡んでいるレフティのMF加藤大にも同じようなことが言えるが、若い選手というのは短期間で急激に伸びることがある。開幕から低調なプレーが続いていたMF小泉慶のパフォーマンスが急激に良くなった理由は何なのか?は分からないが、些細なこともきっかけになりうる。降格ゾーンからの脱出に失敗した新潟だったが、ここに来てポジティブ要素がポツポツと出てきている。


★ 現在の投票数 → 315票

   → 投票したい選手の名前を選択してから左下の「投票」のボタンをクリックしてください。
   → 最大で6人の選手まで投票することができます。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
   → 記事内容に関係のないコメント(政治的な内容も含む。)はご遠慮ください。



関連エントリー

 2013/03/10  【新潟×広島】 2度目のビッグスワンの旅 (上) (生観戦記)
 2013/03/13  【新潟×広島】 2度目のビッグスワンの旅 (下) (生観戦記)
 2013/03/14  ビッグスワンの旅 (3月8日-3月9日)
 2013/07/16  日本代表の柴崎岳の「落ち着き」について
 2014/03/28  MFレオ・シルバ(新潟)がきっかけとなった1つの流行
 2014/04/20  支持したい鹿島アントラーズの非フェアプレー
 2015/06/27  【J1】 全18クラブの走行距離とスプリント回数をまとめてみた。(アルビレックス新潟編)
 2015/06/29  【J1】 全18クラブの走行距離とスプリント回数をまとめてみた。(鹿島アントラーズ編)
 2015/07/12  クラブ別エントリー(アルビレックス新潟)
 2015/07/12  クラブ別エントリー(鹿島アントラーズ)



おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月24日
【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。

11月22日
【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)

11月22日
【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。

11月22日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)

11月21日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)

11月21日
【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス

11月21日
 2017/11/21  【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)

11月20日
【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

11月20日
【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。

11月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)

11月19日
【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?


11月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: