アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)
 2017/07/26 【J1】 ゴール量産中のMF杉本健勇(セレッソ大阪)は覚醒なのか?確変なのか?

 2017/07/26 全記事一覧(2005年-2017年)


【岡山×熊本】 さすがのプレーを続ける元日本代表のMF加地亮 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J2の第8節

J2の第8節。昇格候補との対戦が続いた中、3勝1敗3分けで勝ち点「12」といい位置に付けるファジアーノ岡山(6位)がホームのシティライトスタジアムでロアッソ熊本と対戦した。熊本はオフの補強に成功して前評判はかなり高かったが、ここまでのところ1勝3敗3分けで勝ち点「6」。17位とややスタートで躓いた。3節の愛媛FC戦(A)で今シーズン初勝利を飾ったが、4節以降は0勝3敗1分けと苦しんでいる。

ホームの岡山は「3-4-2-1」。GK中林。DF久木田、岩政、竹田忠。MF渡邊一、千明、加地、田所、伊藤大、染矢。FW押谷。コンディション不良でキーマンをMF片山瑛が欠場。スピードのあるMF染矢が今シーズン2度目のスタメンとなった。キーパーと最終ラインとボランチと両WBはほぼメンバーが固定されており、元日本代表のDF岩政とMF加地のコンビは開幕からスタメン出場が続いている。

対するアウェイの熊本は「4-1-2-3」。GK金井。DF藏川、クォン・ハンジン、園田、片山奨。MF高柳、嶋田慎、上村周。FW常盤、平繁、齊藤和。大卒2年目のMF中山雄はベンチスタートで、ユース出身で2年目のMF嶋田慎がインサイドハーフに回って、右ウイングの位置には東京Vから加入したFW常盤がスタメンで起用された。キーパーはGK原の状態が万全ではないので、2試合連続でGK金井がスタメンとなった。

■ 3対0でホームの岡山が快勝

試合の序盤はやや熊本ペースとなる。前半21分にはゴール前でエースのFW平繁に絶好機が訪れるが、シュートを枠に飛ばすことが出来ない。すると、前半30分に右サイドでフリーになった右WBのMF加地が丁寧なクロスを入れると、ゴール前でフリーになっていたMF伊藤大が頭で合わせてホームの岡山が先制する。大分から加入したMF伊藤大は今シーズン初ゴールとなった、前半は1対0で折り返す。

先制した後は試合のペースを握り続けた岡山は後半12分にMF伊藤大に代えてMF矢島慎を投入。すると、後半22分にFKの流れからMF染矢のシュートのこぼれ球をMF矢島慎が左足で冷静に決めて2点目を挙げると、直後の後半25分にはMF矢島慎の絶妙のパスから裏に抜け出したFW押谷が無人のゴールに流し込んで決定的な3点目を挙げる。エースのFW押谷は早くも今シーズン4ゴール目となった。

結局、途中出場で五輪代表のMF矢島慎が1ゴール1アシストと活躍するなど攻撃的なポジションの選手の活躍が目立ったホームの岡山が3対0で快勝した。岡山は4節の千葉戦(A)は終盤に決勝ゴールを許して0対1で惜敗したが、負けたのはこの1試合のみ。4試合負けなしとなった。一方の熊本はこれで5試合勝ちなし。ここまでわずか1勝のみと厳しいスタートになっている。J2は次の9節から中2日 or 中3日の5連戦が始まる。

■ 攻守両面でいいプレーを続けるベテランのMF加地亮

岡山は2節の大分戦(A)から7節の磐田戦(A)まで「昇格候補」との対戦が続いた。2節が大分(A)で、3節がC大阪(H)で、4節が千葉(A)で、5節が大宮(H)で、6節が徳島(A)で、7節が磐田(H)ということで、勝ち点を計算しにくい強敵との対戦が続いたが、死の6連戦を「2勝1敗3分け」で乗り切ると、今節の熊本戦は3対0の快勝。昨シーズンは序盤で躓いたが、今シーズンは申し分ないスタートを切ったと言える。

この日は右WBのMF加地の活躍が目立った。試合の序盤はどちらかというと熊本ペースだったが、前半30分にピンポイントクロスでMF伊藤大の先制ゴールをアシストした。その前にも何本か精度の高いクロスを上げており、この日のMF加地は右足が冴えていた。どちらのチームも爆発的な攻撃力を持っているわけではないので「先制ゴールが大事」と言えたが、ベテランの右足から欲しかった先制ゴールが生まれた。

元日本代表で国際Aマッチは64試合に出場しているMF加地は「補強の目玉の1人」と言われて大きな期待を受けて岡山に加入したが、ここまでは期待通りかそれ以上の働きを見せている。今年の1月で35歳になったので、『「重労働」と言われる右WBのポジションで果たしてやっていけるのか?』という声もあったが、開幕からスタメン出場を続けており、岡山のストロングポイントになっている。

7節の磐田戦(A)はビルドアップのところのミスで失点に絡んでしまったが、ここまでの8試合の中で「ミスらしいミス」と言えるのはこのシーンくらいである。変なボールの失い方はほぼ無いので味方に安心感を与えることができるし、2節の大分戦(A)のFW押谷の決勝ゴールの場面が象徴的と言えるが、ゴール前の枚数が少ないときはサイドから中央に入っていってシュートチャンスに絡もうとする。

攻撃においても、守備においても、気の利いたプレーを続いているのが今シーズンのMF加地であり、「さすがは長い間、日本代表の右アウトサイドでレギュラーを張ってきた選手だ。」と岡山のほとんどのサポーターが思えるようなプレーを見せている。(※ 余談になるが、7節の磐田戦(A)の試合前に日本代表でポジション争いを続けてきたDF駒野とあいさつをかわすシーンはうるっとくるようないいシーンだった。)

■ 独特の感性を持った五輪代表のMF矢島慎也

言うまでもなく、CBのDF岩政の活躍もこの日は目立ったが、若手選手では五輪代表のMF矢島慎が途中出場で1ゴール1アシストと活躍した。後半12分という比較的早い段階で先制ゴールを決めたMF伊藤大と交代でピッチに立ったが、落ち着いたフィニッシュで後半22分に追加点となる2点目のゴールを記録して、後半25分にはドリブルで相手をかわしてからFW押谷に浮き球の絶妙のラストパスを供給した。

3月中旬から五輪代表チームに合流していたこともあって、この日が4試合目の出場だった。2シャドーの位置は(怪我等が無ければ)高さがあって、かつ、ハードワークのできるMF片山瑛で1つはほぼ決まりで、MF伊藤大とMF矢島慎とMF染矢の3人で残った1つのポジションを争う形になっている。出場機会が約束されているわけではないが、6節の徳島戦(A)に続いて早くも今シーズン2ゴール目を挙げた。

攻撃的なポジションのタレントが揃っていたこともあって、浦和時代はほとんど出場機会が無かった。ただ、それでも手倉森監督は、ほぼ毎回、五輪代表に召集しており、準レギュラーに近い立場で頻繁にチャンスを与えてきた。他のどの選手にも無い独特の感性を持っており、スタメンでも、途中出場でも攻撃のアクセントになることができることもあって、「手倉森監督に重宝されている。」と言える。

ボールタッチが柔らかくて、ドリブルで突破することもできるし、決定的なパスを出すこともできるし、ゴール前のポジショニングが良いので点にも絡むことが出来るが、ネックとなるのは安定感に欠けることである。タフマッチになると試合から消えてしまう傾向が強かったが、経験不足が大きな理由の1つだったと思われるので、岡山で継続的に出場機会を得ることができると五輪代表にとっても大きい。

■ 勝ち点を得にくい成長段階に入っているロアッソ熊本

一方の熊本はこれで1勝4敗3分けとなった。昨シーズンの終盤は好成績を残して13位でシーズンをフィニッシュして、オフの補強にも成功して、さらには2月に行われたニューイヤーカップでもJ1の浦和や清水を相手になかなかいい試合を見せたので、自然と期待値は高まっていた。まだ始まったばかりではあるが、ここまでは「期待を大きく裏切っている。」と言われても仕方がない成績である。

4月26日(日)に行われる第9節からJ2は中2日 or 中3日の5連戦がスタートする。連戦になるときにチーム状態がいいのか?悪いのか?はシーズンの最終成績に大きく関係してくる。状態がいい時に試合が続くと一気に順位を上げることが出来るが、その反対で状態が悪いときに試合が続くと一気に上のチームから離されてしまう。熊本は9節の金沢戦(H)までの1週間は本当に大事である。

なかなか勝てない理由はいくつか考えられる。1つは前回のエントリーで記述したように「ロングボールを多用するチームとの対戦が続いて持ち味であるハイプレスを有効に活用できなかったこと。」が挙げられるが、もう1つはボールを大事にする意識が高まってポゼッション率などは上がってきているが、その分、相手チームから見ると「戦いやすい相手」になってしまっていることも理由の1つだと思われる。

もちろん、丁寧にボールを繋ごうとするのは基本的には悪くないが、「中途半端にパスを繋いでくるチーム」というのは相手から見ると怖さがあまりないので、比較的、戦いやすい。昨シーズンの序盤から中盤までの熊本は「とにかくボールを奪ったら前へボールを蹴りだす。」というサッカーをしていて、秋あたりからダイレクトパス等で相手DFを剥がすシーンが非常に増えたが、まだまだ完成系にはほど遠い。

つなぎの部分での精度やアイディアなどは好成績を残した昨シーズンの終盤と比べても今シーズンの方がよりレベルが上がったと言えるが、やろうとしているサッカーの質がもう1ランクか2ランク上がって洗練されたサッカーになった場合か、もしくは1ランクか2ランク下の慌ただしいサッカーになった方が勝ち点にはつながりやすいように思う。今の成長段階がちょうど「もっとも勝ち点を得にくい。」と言えると思う。

わずか1勝と苦しんでいるので、一時的に理想とするサッカーを捨てて、「ガチャガチャしたサッカー」に戻すのも一手だと思うが、一方で、シーズンの中盤から後半を見据えて、今、トライしていることを貫くのもアリだと思う。「ガチャガチャしたサッカー」には限界があるので、しばらくは辛抱してやり続けるのがベターな道だと思うが、そう簡単にはサッカーの質は上がらないので、相当な辛抱が必要となるだろう。


関連するツイート






関連エントリー

 2010/02/03  ファジアーノ岡山の1つの宣言
 2013/04/15  (続) ファジアーノ岡山の1つの宣言
 2013/10/04  【岡山×千葉】 3度目のkankoスタジアム (生観戦記・上)
 2013/10/05  【岡山×千葉】 3度目のkankoスタジアム (生観戦記・下)
 2015/01/20  非常に評価の難しいファジアーノ岡山のDF加地亮の獲得
 2015/04/07  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (C大阪・千葉・札幌・京都・大宮・徳島)
 2015/04/07  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (群馬・長崎・岡山・大分・FC岐阜)
 2015/04/08  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (熊本・栃木SC・讃岐・水戸・愛媛FC)
 2015/04/09  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (磐田・東京V・北九州・横浜FC・福岡・金沢)
 2015/04/20  クラブ別エントリー (ファジアーノ岡山)
 2015/04/20  クラブ別エントリー(ロアッソ熊本)
 2015/04/20  Jリーグ (2015年シーズンまとめ)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん