アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

 2017/07/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【ロシアW杯】 2次予選の組み合わせに恵まれた日本代表 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ アジア2次予選の組み合わせ抽選会

3年後の2018年に行われるロシアW杯のアジア予選はすでにスタートしている。W杯の本大会まであと3年以上もあるこの時点ですでにロシアW杯出場の可能性が消滅している国もいくつかあるが、日本代表などが登場するアジア2次予選の組み合わせ抽選会が4月14日(火)にマレーシアで開催された。抽選の結果、日本代表はシリア・アフガニスタン・シンガポール・カンボジアと同じE組に入った。

2015年4月発表にされたFIFAランキングを下に5つのポットに分かれた。ポット分けは以下のとおりであるが、各ポットに関して感想を箇条書きで述べると、

 ・イランがアジアでは1位になっているのか・・・。
 ・ポット1に入ることができた中国はラッキー。
 ・ポット2にサウジアラビアが入っているのはやや不気味。
 ・ベトナムの三浦俊也監督は日本代表のことを良く知っているのでできれば避けたい。
 ・ポット3の中ではタイとレバノンがやや難敵。
 ・同様にポット4の中では北朝鮮は避けたい。

あたり。ポット2がサウジアラビアで、ポット3がタイで、ポット4が北朝鮮で、ポット5がマレーシアになった場合が「最悪の組み合わせ」と言えたが、いずれのチームとの別組になった。もちろん、どんな組み合わせになっても「絶対に突破できる。」とは言い切れず。油断は禁物と言えるが、一緒になると嫌なチームはほぼ避けることができたので、『どちらかというと恵まれた組み合わせになった。』と言える。




ポット分け

<ポット1>

イラン(40)、日本(50)、韓国(57)、オーストラリア(63)、UAE(68)、ウズベキスタン(73)、中国(82)、イラク(86)

<ポット2>

サウジアラビア(95)、オマーン(97)、カタール(99)、ヨルダン(103)、バーレーン(108)、ベトナム(125)、シリア(126)、クウェート(127)

<ポット3>

アフガニスタン(135)、フィリピン(139)、パレスチナ(140)、モルディブ(141)、タイ(142)、タジキスタン(143)、レバノン(144)、インド(147)

<ポット4>

東ティモール(152)、キルギス(153)、北朝鮮(157)、ミャンマー(158)、トルクメニスタン(159)、インドネシア(159)、シンガポール(162)、ブータン(163)

<ポット5>

マレーシア(164)、香港(167)、バングラデシュ(167)、イエメン(170)、グアム(175)、ラオス(178)、カンボジア(179)、チャイニーズタイペイ(179)




グループA

・UAE 68位
・サウジアラビア 95位
・パレスチナ 140位
・東ティモール 152位
・マレーシア 164位

 → アジアカップ2015の準々決勝でPK戦の末に日本を下してベスト4入りを果たしたUAEがポット1。2012年のロンドン五輪に出場するなど若年層も結果を残している。10年ほど前までは日本・韓国・イランとともに「アジアの4強」と言われたサウジアラビアはここ数年低迷している。ただ、経験値はあるのでポット2の中ではサウジアラビアと同組になるのはどの国も避けたかった。UAEが貧乏くじを引いた。

アジアカップ2015のGL初戦でアギーレジャパンと対戦したパレスチナがポット3で、ポット4の東ティモールは2005年9月12日付けでFIFAに加盟した新しいチームである。ほとんど実績はないが、札幌や湘南などで活躍したFWキリノ、J3リーグの長野でプレーするFWムリロ・アルメイダなどブラジル人選手を積極的に帰化させて代表チームの強化を図っている。東ティモールは不気味な存在と言える。




グループB

・オーストラリア 63位
・ヨルダン 103位
・タジキスタン 143位
・キルギス 153位
・バングラディッシュ 167位

 → 地元開催のアジアカップ2015を制覇したオーストラリアが大本命と言える。数年前までは「世代交代の遅れ」が心配されていたが、アジアカップ2015では若手が躍動。若手が国際経験を積んで自信を付けており、近年はACLでもオーストラリアのクラブが好成績を残している。依然としてFWケーヒルの存在感は絶大なので、彼の年齢は気になるが、オーストラリアが2次予選で敗退することは考えられない。

アジアカップ2011のGLの初戦で対戦した時は1対1のドロー。ブラジルW杯のアジア最終予選ではホーム戦では6対0で快勝したが、アウェイ戦では1対2で敗れた。ザックジャパンが苦手にしていたヨルダンは非常に守備の堅いチームである。一方、ポット3のタジキスタンは南アフリカW杯のアジア3次予選で日本と同組だったが、日本が8対0と4対0で勝利している。ヨルダンが2位抜けする可能性が高いと言えるだろう。




グループC

・中国 82位
・カタール 99位
・モルディブ 141位
・ブータン 163位
・香港 167位

 → 比較的、裕福な国が多くてアウェイ戦のときも「アウェイの洗礼」を受けずに済みそうな国が多いグループC。アジアカップ2015は準々決勝で開催国のオーストラリアに0対2で敗れたが、ウズベキスタン・北朝鮮・サウジアラビアと同居する厳しいグループを3連勝で突破して各国を驚せれた中国がポット1。近年はACLでも中国のクラブの躍進が目立っており、経験値の高い選手が増えている点は強みとなる。

ただし、2002年の日韓W杯で本大会初出場を果たした後、2006年・2010年・2014年のW杯はいずれもアジア予選敗退。しかも、3大会連続でアジア最終予選にも進めていない。2022年に地元でのW杯を控えているカタールは積極的に強化を進めているので、(ポット2ではあるが、)グループCは「カタールが本命」と言えるだろう。それでも、モルディブ・ブータン・香港を相手に中国が取りこぼすことは考えにくい。




グループD

・イラン 40位
・オマーン 97位
・インド 147位
・トルクメニスタン 159位
・グアム 175位

 → 「アジアの3強」と言われる日韓豪を上回ってFIFAランキングでアジア最上位のイラン。日韓豪の3カ国はアジアカップ2011で上位に入ったため、次回のアジアカップ(=2015年の豪州大会)の出場権を確保したことでアジアカップ2015の予選が免除された。このことがイランが3カ国を上回っている最大の理由と言える。(※ アジアカップの予選はFIFAランキングのポイントを稼ぐ絶好のチャンスである。)

当然、グループDの本命はイラン。アジアカップ2015は準々決勝でイラクにPK戦の末、敗れてベスト8止まりだったが、エースのFWグーチャンネジャードを中心とした攻撃陣はアジア屈指。アジア有数のキーパーであるGKアル・ハブシを擁するオマーンも順当に2位通過を果たすだろう。ポット3のインド代表は下関市出身のMF和泉新がインドに帰化して2013年に代表入りを果たしたことが大きな話題になった。




グループF

・イラク 86位
・ベトナム 125位
・タイ 142位
・インドネシア 159位
・チャイニーズタイペイ 179位
.
 → GLの2戦目はアギーレジャパンと対戦して0対1で敗れたが、アジアカップ2015はベスト4に入った。2013年に行われたU-20W杯はアジア最高となる4位に入って、2014年1月に行われたU-23アジア選手権は優勝。「リオ世代のタレント力はアジア最高」と言えるイラクはW杯の本大会に出場したことはないが、若いタレントが続々と出てきているので、ロシアW杯は初出場の大きなチャンスと言える。

イラクが大本命と言えるが、グループFは2位の座を巡ってポット2のベトナムとポット3のタイの激しい争いになることが予想される。大宮や札幌などを指揮した三浦俊也監督の下、強化を進めるベトナム代表にとっては二次予選を突破して最終予選に進出できれば大成功と言える。U-23アジア選手権の本大会出場を決めるなどここまでは着実に結果を残している三浦俊也監督の挑戦にも注目したい。




グループG

・韓国 57位
・クウェート 127位
・レバノン 144位
・ミャンマー 158位
・ラオス 178位

 → 言うまでもなく、アジアカップ2015で準優勝に輝いた韓国が大本命であるが、楽なグループではない。「ちょっと厳しめのグループに入った。」と言えるだろう。1982年のスペインW杯の本大会に出場した経験を持つクウェートは近年はW杯予選でもアジアカップでも好成績を残せずにいるが、韓国が苦手とするタイプのチームである。2次予選ではあまり当たりたくないチームの1つである。

ポット3のレバノンはブラジルW杯のアジア最終予選に進出した。快挙と言えたが、韓国とは0勝1敗1分け。負け越したが、レバノンのホーム戦は「後半52分に韓国が同点ゴールを決める。」という壮絶な試合で、韓国を大いに苦しめた。ポット4のミャンマーはつい先日の3月11日(水)に手倉森ジャパンが対戦して9対0で大勝したが、2015のU-20W杯の本大会出場を決めるなど勢いがある。こちらも侮れない。




グループH

・ウズベキスタン 73位
・バーレーン 108位
・フィリピン 139位
・北朝鮮 157位
・イエメン 170位

 → ポット1のほとんどの国は「2010年の南アフリカW杯に出場している北朝鮮と同組になることだけは避けたい。」と考えていたと思うので、ウズベキスタンはアンラッキーだった。ブラジルW杯はアジア地区のプレーオフでヨルダンにPKの末に敗れている。「W杯初出場まであと2歩」のところまで迫ったが、今回は二次予選から厳しいグループに組み込まれた。A組からH組の中でもっともタフなグループと言える。

「ウズベキスタン・バーレーン・北朝鮮」という日本代表があまり当たりたくない国が少なくとも1つ以上、2次予選で姿を消すというのは日本にとってはありがたい。北朝鮮代表というと川崎Fなどで活躍したFW鄭大世、J1の仙台でプレーするMF梁勇基の2人が有名であるが、J2の長崎の右ストッパーのレギュラーで活躍中のDF李栄直も北朝鮮代表。今シーズンのJ2では攻撃参加が目立っている。


関連エントリー

 2014/04/22  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (GK編)
 2014/06/27  FW大久保嘉人のサプライズ召集は失敗だったのか? (前編)
 2014/06/28  FW大久保嘉人のサプライズ召集は失敗だったのか? (後編)
 2014/06/29  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (右SB編)
 2014/06/30  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (CB編)
 2014/07/02  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (左SB編)
 2014/07/03  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (ボランチ編)
 2014/07/17  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (攻撃的MF編)
 2014/07/20  2018年のロシアW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)
 2014/11/26  ベトナム代表の三浦俊也監督の発言をまとめてみた。




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん