アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)
 2017/11/18 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)
 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)
 2017/11/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)
 2017/11/20 【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。
 2017/11/20 【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

 2017/11/20 全記事一覧(2005年-2017年)


【清水×G大阪】 宇佐美貴史 もはや手が付けられない天才児 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第5節

J1の第5節。1勝2敗1分けで勝ち点「4」の清水エスパルス(10位)と、2勝1敗1分けで勝ち点「7」のガンバ大阪(5位)がIAIスタジアム日本平で対戦した。清水はJ1のリーグ戦では10位とまずまずの位置にいるが、ナビスコカップは3連敗スタート。リーグ戦も2連敗中なので、公式戦は5連敗と結果が出てない。一方のG大阪はミッドウイークはタイに遠征してブリーラム・ユナイテッドと対戦したが2対1で勝利している。

ホームの清水は「4-2-3-1」。GK櫛引。DF犬飼、三浦弦、平岡、福村。MF本田拓、六平、村田和、大前、白崎。FW長沢駿。4節の仙台戦(A)で退場処分を受けたDFヤコヴィッチとMF河井は出場停止で、CBには今シーズンは右SBで先発することが多かった20歳のDF三浦弦が入った。左SBは開幕後にJ2の京都から加入したDF福村で、FWピーター・ウタカとMFミッチェル・デュークはベンチスタートとなった。

対するアウェイのG大阪は「4-2-2-2」。GK東口。DF米倉、丹羽大、岩下、藤春。MF遠藤、今野、阿部浩、倉田。FWパトリック、宇佐美。ハリルジャパンに召集されて3月31日(火)のウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めた日本代表のFW宇佐美はここまで4試合で4ゴールと結果を出している。シーズン序盤は怪我でプレーすることが出来なかったMF今野はリーグ戦は2試合連続スタメンとなった。

■ 3対2でアウェイのG大阪が競り勝つ。

試合は前半15分あたりで清水の右SBのDF犬飼が怪我をしてプレー続行が不可能となるアクシデントが発生。代わってDF枝村が右SBで投入されるが、先制したのはアウェイのG大阪で、前半29分に左サイドでボールを持ったMF阿部浩がゴール前にミドルパスを送ると、難易度の高いボールをうまくコントロールしてシュートチャンスを作ったFW宇佐美が決めてG大阪が先制する。

さらに後半5分には右SBのDF米倉のクロスをFWパトリックが合わせて2点目を挙げる。FWパトリックは今シーズン2ゴール目となった。劣勢の清水はFWピーター・ウタカを投入。すると、ここまではほとんどチャンスを作れていなかったが清水に流れが移っていく。投入された直後の後半11分に右SBのDF枝村のクロスからFWピーター・ウタカが決めて1点差に迫る。FWピーター・ウタカはJリーグ初ゴールとなった。

さらに後半19分にはキーパーのGK東口の軽率なプレーから気配を消した状態でボールを奪ったFW大前が無人のゴールに流し込んで清水が2対2の同点に追いつく。MF大前は今シーズン3ゴール目となった。嫌な形で追いつかれたG大阪だったが、後半35分に中央のエリアで途中出場のMF二川のパスを受けたFW宇佐美が個人技で1人をかわしてから右足で強烈なシュートを決めて3対2とG大阪が勝ち越しに成功する。

結局、名古屋戦(H)に続く2試合連続2ゴールのFW宇佐美の活躍でG大阪が3対2で勝利した。G大阪はこれでリーグ戦は3連勝となった。FW宇佐美はこれで5試合で6ゴールとなった。一方の清水はリーグ戦は3連敗。ナビスコカップも含めると公式戦は6連敗となった。開幕戦で鹿島に3対1で勝利するなどなかなかいいスタートを切った清水だったが、就任2年目となる大榎監督のクビが危うくなってきた。

■ 公式戦6連敗と苦しむエスパルス

ナビスコカップに対する考え方というのは各チームによって様々である。本気でタイトルを狙ってベストに近いメンバーを送り出すチームもあるが、若手中心のメンバー構成にしてくるチームもたくさんある。「J1残留」が大きな目標となるチームはナビスコカップに力を注ぐのは難しい状況で、ナビスコカップの結果はあまり参考にならないところもあるが、清水は公式戦は6連敗と苦しんでいる。

清水もナビスコカップはある程度はメンバーを落として戦っている。ナビスコカップの勝敗は気にしなくてもいいのかもしれないが、6連敗というのは何とも苦しい。Jリーグ初年度の1993年からずっと1部で戦ってきた名門クラブである。「No more 2014」という横断幕も出ていたが、これ以上、負けが込むようだとフロントも何かしらの対処をせざる得ない状況になってくる。早く連敗を止めないと大変なことになる。

ホームのIAIスタジアム日本平での試合とは言っても、王者のG大阪の状態が明らかに上がってきているので、試合前の段階から劣勢になることが予想されたが、その通りの試合展開になった。警戒していたはずのFW宇佐美とFWパトリックにゴールを決められて0対2となった。ほぼ一方的な展開だったので、ここから清水が盛り返すことは考えにくい情勢だったが、FWピーター・ウタカを投入すると流れが一変した。

この日は1トップに位置で起用された長身のFW長沢駿はほとんど何も仕事ができなかった。後半9分という早い段階でFWピーター・ウタカが投入されたが、フィジカルが強くて、キープ力があるFWピーター・ウタカが入ってからは前線でタメが出来るようになったので、厚みのある攻撃が可能になった。ナイジェリア代表でプレーした経験のあるFWピーター・ウタカの活躍は清水にとって数少ない収穫と言える。

気になるのは右サイドハーフのMF村田和が全く攻撃に絡めなかったっ点である。4節を終えた段階で0ゴール3アシストと彼のところからチャンスを作る場面が多くて清水の最大の武器と言えるが、大阪体育大学の同級生となるDF藤春との勝負は完敗だった。持ち味であるサイドからの突破はほとんど見られず。サイドでの引っ張り合いに負けていて、味方選手がボールを奪った瞬間のポジションが低かった。

理由はいくつか考えられる。G大阪の選手がMF村田和の突破を要警戒していたという側面もあるが、MF村田和は出来るだけ高い位置を取らないと清水の攻撃に迫力が出てこない。右サイドハーフというポジションが基本となるが、「4-2-1-3」となってMF村田和が右ウイングのようなポジションでプレーしているように見えるときは清水は強い。チーム全体で最大の武器を生かそうとする工夫は見られなかった。

■ 手が付けられない状態の宇佐美貴史

一方のG大阪は2対0とリードしながら、GK東口の軽率なミスもあって2対2の同点に追いつかれた。後半9分にFWピーター・ウタカが登場するまではG大阪にとっては非常に楽な展開になっていたので、同点に追いつかれて選手たちは焦ったと思う。普段は温厚なMF今野が判定に対してエキサイトするなど平常心を失っている選手も何人かいたが、最後はエースのFW宇佐美の個人技に助けられた。

FW宇佐美は前節の名古屋戦(H)でも2ゴールを記録しているので、これでJ1のリーグ戦では2試合連続2ゴール。5試合で6ゴールとなったが、浮き球の難しいパスをマークに来たDF平岡の頭上を通してコントロールしてシュートチャンスを作った1点目のゴールも、中央でボールを受けて味方の動きを利用しつつ、個人技でDF福村をかわしてから豪快に決めた2点目のゴールもともにスーパーゴールだった。

先日のチュニジア戦で代表デビューを飾って、代表2試合目となるウズベキスタン戦で初ゴールを記録したが、Jリーグでも結果を出し続けている。勝負どころでゴールを決めることが多くて、かつ、ゴールシーンも鮮やかである。手の付けられない状態で、「1試合で1点を決めるのは当たり前」と言えるほどのペースでゴールを決め続けている。「モードに入っている」と言っても言い過ぎではない状態である。

Jリーグで活躍して日本代表入りが期待されながらもなかなか代表に召集されない状態が続いたことで、「待望論」がマックス付近まで高まっていた状態でハリルジャパンに呼ばれたが、期待どおりに代表でも好プレーを見せた。代表では2試合連続で後半の終盤にピッチに送り出されたが、FW宇佐美が活躍しやすい(と思われる)環境を作るなど、最大限のお膳立てをしたハリルホジッチ監督は巧みだったと思う。

■ 知られるようになったのはおよそ10年前

FW宇佐美の名前が多くのサッカーファンに知られるようになったのは中学2年生のときだった。今からちょうど10年前になるので、大騒ぎされるようになってから日本代表で初ゴールを決めるまで10年かかった。個人的には『天才児にしては時間がかかった。』と思うが、間違いなく、今、日本人のサッカー選手の中でもっとも輝いている選手であり、一瞬たりとも目を離してはいけない選手になっている。

「天才児にありがち」と言えるが、メンタル的にはそこまで強くない。それほど多くの挫折を経験してこなかった選手なので、どちらかというとメンタル的には弱いタイプだと思う。ドイツ時代など試合に出場できないときはメンタル的に落ち込んで回復させるのが難しくなった。「打たれ弱いタイプ」と言えるが、その一方で、試合に出場してゴールを決めて周囲から称賛されると必要以上に乗ってくるタイプである。

ということで、「扱いが難しい選手だ。」とも言えるが、「扱うは簡単な選手だ。」とも言える。どちらとも言えると思うが、「(いい意味で)調子に乗りやすい。」というのはFW宇佐美のいいところであり、全てのことがうまく回っているように見える今は「本当にいい状態だ。」と言える。『これを決められたら守備側の選手はお手上げ。』というゴールが多くなっており、アンストッパブルな状態と言える。

「超・有望株をどのように育てていくのか?」というのは難しいテーマである。宇佐美クラスは、それこそ、10年に1人くらいの頻度でしか登場しないので、なかなかサンプル数が増えない。試練を与え続けて天狗にならないように周囲が配慮し続けることも大事なのかもしれないが、一方で、煽てて気持ち良くプレーできる環境を作ってあげることも大事なことで、どういう方法が正解なのか?を判断するのは難しい。


関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#14)
 2011/07/15  【G大阪×神戸】 宇佐美貴史 世界を魅了せよ!!! (生観戦記#2)
 2014/12/15  G大阪のFWパトリックが活躍できたのはJリーグのレベルが下がったからなのか?
 2015/03/28  【日本×チュニジア】 岡崎・本田・香川・宇佐美という新たなカルテット
 2015/03/28  【投票】 日本 vs チュニジアで「出来が良かった」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2015/04/01  【日本×ウズベキスタン】 宇佐美貴史は代表のエースになることはできるか?
 2015/04/01  【投票】 日本 vs ウズベキスタンで「出来が良かった」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2015/04/13  クラブ別エントリー(ガンバ大阪)
 2015/04/13  クラブ別エントリー(清水エスパルス)
 2015/04/13  個人別エントリー (宇佐美貴史)



おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月20日
【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

11月20日
【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。

11月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)

11月19日
【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)


10月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: