アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2018/10/19 【Jリーグ】 54クラブの中で「外国人枠の拡大の恩恵を受けそうなチーム」はどこか?
 2018/10/19 【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (フォワード編) (前編)
 2018/10/20 【AFC U-19選手権:GL1戦目】 日本 vs 北朝鮮 採点/寸評 (10点満点)
 2018/10/20 【U-19アジア選手権:日本×北朝鮮】 窮地からチームを救ったのは飛び級のFW久保建英
 2018/10/20 【U-19アジア選手権】 暴力行為で退場。北朝鮮の13番はいったい何を考えているのか?
 2018/10/20 【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (フォワード編) (後編)
 2018/10/21 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2018/10/21 【黄金世代?プラチナ世代?無慈悲世代?】 日本サッカー界の最強世代はどこか?を考える。 (前編)
 2018/10/21 【黄金世代?プラチナ世代?無慈悲世代?】 日本サッカー界の最強世代はどこか?を考える。 (後編)
 2018/10/22 【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (GK編) (2018年版)
 2018/10/22 【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (右SB編) (2018年版)
 2018/10/22 【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (CB編) (2018年版)
 2018/10/23 【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (左SB編) (2018年版)
 2018/10/23 【U-19アジア選手権:日本×タイ】 10番のMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が別格の存在感を発揮
 2018/10/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2057  2018/10/06  FC琉球 vs 鹿児島、北九州 vs C大阪U-23、C大阪U-23 vs 長野、日本 vs 豪州
 #2058  2018/10/07  10月の2連戦の日本代表メンバー・23名について
 #2059  2018/10/08  神戸 vs 長崎、C大阪 vs G大阪、C大阪U-23 vs Y.S.C.C.横浜、日本 vs タジキスタン
 #2060  2018/10/09  【祝・アジア制覇】 U-16アジア選手権を総括してみた。
 #2061  2018/10/11  フィッカデンティ監督(サガン鳥栖)の交代について
 #2062  2018/10/12  熊本 vs 千葉、盛岡 vs 福島、秋田 vs 群馬、富山 vs SC相模原
 #2063  2018/10/13  【J3】 残りは8節。有利なのは鹿児島ユナイテッドか?アスルクラロ沼津か?
 #2064  2018/10/14  【J3】 17クラブの今オフの監督人事について考えてみた。 
 #2065  2018/10/16  【Jリーグ】 2014年以降の全58チームの平均順位を計算してみた。
 #2066  2018/10/17  【J3】 2018年シーズンの各賞の有力候補について考えてみた。

 #0000  2018/10/17  全記事一覧(2005年-2018年)



【C大阪×金沢】 「必然だった。」と言えるツエーゲンの勝利 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J2の第7節

J2の第7節。3勝3分けで勝ち点「12」のセレッソ大阪(4位)と、4勝2敗で勝ち点「12」のツエーゲン金沢(5位)がキンチョウスタジアムで対戦した。ともに勝ち点「12」を獲得しているが、得失点差でC大阪が4位で、金沢が5位という順位になっている。C大阪はここまで負けなしとまずまず順調なスタートを切ったが、サプライズと言えるのが金沢である。ここまで3連勝中と好調で誰もが驚く好成績を残している。

ホームのC大阪は「4-4-2」。GKキム・ジンヒョン。DF椋原、山下、染谷、丸橋。MF山口蛍、長谷川アーリアジャスール、扇原、パブロ。FWフォルラン、カカウ。これまでの試合は「4-1-2-3」を採用することが多かったが、この日はMFパブロがトップ下に入る形で、中盤はダイヤモンド型となった。FWフォルランは6試合で4ゴール3アシストと好調で、FWカカウも2試合連続ゴール中とやや調子が上がってきた。

対するアウェイの金沢は「4-2-2-2」。GK原田。DF辻尾、太田康、作田、チャ・ヨンファン。MF秋葉、山藤、清原、大槻。FW佐藤和、水永。中盤の右サイドに入るMF清原はここまで5ゴールを挙げており、札幌のFWナザリトと並んでJ2の得点ランキングの1位タイに立っている。清水などでプレー経験のある右SBのDF辻尾はここまでFKで2ゴールを挙げており、プレイスキッカーとして多大な貢献をしている。

■ 2対0でアウェイの金沢が勝利

試合の序盤は静かな展開となる。ここまでの6試合はすべて「前半は0対0のスコアで折り返している」C大阪はいつも通りスロースタートだったが、前半15分あたりを過ぎるとタレント力で優るC大阪が攻め込むシーンが多くなる。しかし、前半38分にロングボールから長身フォワードのFW水永が落したボールを拾ったFW佐藤和が距離のあるところから左足で狙うと、これが鮮やかに決まって金沢が先制に成功する。

1対0と金沢がリードして迎えた後半の立ち上がりはややC大阪ペースになるが、なかなか堅い守備を崩しきれない。すると、後半30分に金沢のMF清原が右サイドでボールを持ってドリブルで仕掛けると、ペナルティエリア内でDF丸橋に倒されてPKを獲得。これをMF清原が自ら左足で確実に決めて2対0とリードを広げる。MF清原は今シーズン6ゴール目で、そのうちの4ゴールがPKでのゴールとなった。

2点ビハインドと苦しい展開となったC大阪は最後まで攻撃の形を作れず。シュート数こそ、C大阪が17本で、金沢が9本と上回ったが、金沢のキーパーのGK原田を脅かすようなシュートは数えるほどだった。結局、2対0でアウェイの金沢が勝利して4連勝となった。「J1クラスの戦力を持つ。」と言われるC大阪を相手に金星を獲得した。一方のC大阪は攻守がかみ合わずに今シーズン初黒星となった。

■ 歴史的な勝利

J2初挑戦となる金沢にとっては歴史的な勝利となった。4節でFC岐阜(A)、5節で愛媛FC(H)、6節で群馬(H)を下しているが、やはり、C大阪相手の勝利というのはインパクトが大きい。結果が出ているにも関わらず、まだホームの石川県西部緑地公園陸上競技場に多くのお客さんを集めることが出来ずにいるが、いいアピールになったと言える。単なる勝ち点「3」にとどまらない意味を持つだろう。

内容は完勝だった。これで今シーズン5勝目となったが、勝利した5試合はいずれも「内容でも相手を上回っている。」どころか、「どの試合も相手を圧倒している。」と言ってもいいほどである。1対2で敗れた3節の横浜FC戦(H)こそ、内容はかなり低調だったが、0対1で惜敗した開幕の大宮戦(A)も内容では相手を大きく上回っていた。5勝2敗という成績や4連勝という結果は決してフロックとは言えない。

森下監督が想定していた通りの試合経過だったのではないかと思われる。もちろん、いくつかは大ピンチがあった。前半のDF丸橋のヘディングシュートと後半のFW玉田のヘディングシュートは「外れてラッキー」と言えるシーンだったが、前掛かりになったC大阪の裏を突いて奪った1点目のゴールも、いい時間帯でMF清原がドリブルで仕掛けて得たPKも、いずれも、金沢が得意とする形から生まれた。

「戦力差」もっと正確に言うと「選手の知名度の差」は歴然としている。資金力やブランド力にも大きな差があるのは間違いないところなので、「大金星」と表現する人が多いと思うが、決してまぐれではない。「必然の勝利だった。」と言える。ビギナーズラックというわけではないし、「『本来は10回に1回勝てるくらい。』というほど差があるが、その1回が運良くこの試合で来た。」という感じでもなかった。

スタメン11人等、すべて同じ条件でもう一度戦ったとしても、金沢が勝つ可能性のほうが高いと言えるだろう。「総合力で金沢のほうが上」とまでは言えないが、両チームがこのメンバーでピッチに登場して同じようなゲームプランで戦ったとしたら、もう一度、金沢が勝つ可能性の方が高い。「金星」と表現するのが失礼に思うほど、しっかりとした戦い方で勝利を手にした。見事な試合だったと言える。

■ 空回りした新外国人のMFパブロ

一方のC大阪は今シーズン初黒星となった。当然のことながら、いずれは負ける時が来るが、こちらは「必然の負け」と言えるだろう。疲れの影響なのか、コンディションの問題なのか、この日が35歳の誕生日だったFW玉田をベンチスタートにして、22歳のMFパブロをスタメンで起用。MFパブロのスタメンは2対0で勝利した4節の横浜FC戦(H)以来だったが、ものの見事にMFパブロが空回りした。

今シーズンのC大阪は攻撃に関しては「大きな不安はない。」と言えるが、守備が問題である。言うまでもなく、最終ラインの顔ぶれはJ2では有数で、キーパーには韓国のフル代表のレギュラーを勝ち取ったGKキム・ジンヒョンがいる。後ろの面子については「むしろ強み」と言えるが、中盤から前の守備が機能しない試合が多い。この点は現代サッカーでは致命的で、なかなか相手を圧倒できない最大の理由になっている。

もちろん、FWフォルランは今シーズンは守備でも頑張っている。昨シーズンと比べると雲泥の差で、今シーズンのFWフォルランはコンディションが良くて守備意識が高くなっているが、それでも(守備に関しては)並以下である。一方のFWカカウは頑張るときは頑張るが、サボるときはサボる。FWカカウは点が必要で、かつ、チームの流れが良くない時に守備をサボる傾向があるので、悩みどころになっている。

FW玉田に関してはもともと運動量の多い選手であるが、年齢的な問題もあってハードワークを続けるのは難しい。それでもFWフォルランとFWカカウとFW玉田で3トップを組むときはクレバーなFW玉田が気を利かして守備の穴を作らないようにプレーしてくれるので、何となくバランスは保たれていたが、前の3枚がFWフォルランとFWカカウとMFパブロの組み合わせになるとなかなか難しい。

■ C大阪の攻撃陣はどの組み合わせがベターか?

3試合ぶりのスタメンだったMFパブロは運動量自体はまずまず多い選手だと思うが、この日は「自分でゴールを決めたい。」、「自分で決定的な仕事をしたい。」という思いが強すぎた。やらなければならなかったのは、FWフォルランやFWカカウという先輩2人の分も走り回って攻守に貢献することだったが、経験の浅いMFパブロには難しかった。味方選手のフラストレーションを溜めるようなプレーに終始した。

MFパブロも4試合に出場して2ゴール1アシスト。かなりゴールに絡んでおり、攻撃的なスペックの高い選手であることは間違いないが、チームバランスを考えるとFWフォルランとFWカカウとMFパブロの同時起用というのはリスクが高い。ここまでの7試合の中で、MFパブロがプレーしている時間帯でC大阪の出来が良かったことが「ほぼ無い。」と言えるが、彼の能力不足というよりは組み合わせの問題である。

もちろん、そのあたりはアウトゥオリ監督は十分に分かっていると思うが、この時期なので、「うまくいかないことは承知の上で敢えてそのままやらせた。」というところもあるだろう。「結果を出したい。」という心意気は買えるが、FWフォルランとFWカカウがいる以上、この日のようなプレーであればMFパブロの出場時間は増えない。MFパブロはそのことに気が付いて変わるきっかけにしなけれならない。

C大阪は攻撃的なポジションの組み合わせは沢山考えられるが、いろいろと制約が多いので、なかなか決めるのは難しい。FWカカウに関してはここまで2ゴールを挙げているが、調子自体はあまり良くない。コンディションはこれからもう少し上がってくると思うので、FWフォルランとFWカカウとFW玉田の組み合わせでも大丈夫になると思うが、FWカカウの状態が今くらいであれば、不安を拭い去ることはできない。

控えに回っているMF関口とMF楠神は運動量が多くて、しかも、攻撃力も高い。「彼らをもっとうまく起用するのがベター」だと思うし、ベテランのMF橋本英をアンカーに置いてMF山口蛍のポジションを前目にするというのもありだと思う。新加入のFW田代にも期待したいが、「FWフォルランとFWカカウを最大限に生かすこと。」の優先順位は高いので、(守備の面で)リスクの高いサッカーにならざるえない。


関連するツイート






関連エントリー

 2014/02/25  生・フォルランを観に行って来た。
 2014/03/19  FWフォルランが活躍できない理由は? (都並敏史さんの解説を聞いて)
 2014/05/30  【J3:金沢×町田】 基本的なことに気付かせてくれた有意義な旅 (上) (生観戦記)
 2014/05/30  【J3:金沢×町田】 基本的なことに気付かせてくれた有意義な旅 (下) (生観戦記)
 2014/07/22  柿谷曜一朗に対する悲しい内容の横断幕
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (前編)
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (中編)
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (後編)
 2014/12/13  本当に「セレッソブーム」は起こっていたのか?を検証してみた。 (上)
 2014/12/13  本当に「セレッソブーム」は起こっていたのか?を検証してみた。 (下)








| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月23日
全記事一覧(2005年-2018年)

10月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


10月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

10月23日
【U-19アジア選手権:日本×タイ】 10番のMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が別格の存在感を発揮

10月23日
【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (左SB編) (2018年版)

10月23日
【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (CB編) (2018年版)

10月22日
【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (右SB編) (2018年版)

10月22日
【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (GK編) (2018年版)

10月21日
【黄金世代?プラチナ世代?無慈悲世代?】 日本サッカー界の最強世代はどこか?を考える。 (後編)

10月21日
【黄金世代?プラチナ世代?無慈悲世代?】 日本サッカー界の最強世代はどこか?を考える。 (前編)

10月20日
【U-19アジア選手権】 暴力行為で退場。北朝鮮の13番はいったい何を考えているのか?

10月20日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

10月20日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (フォワード編) (後編)

10月20日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (フォワード編) (後編)

10月20日
【U-19アジア選手権】 暴力行為で退場。北朝鮮の13番はいったい何を考えているのか?

10月20日
【U-19アジア選手権:日本×北朝鮮】 窮地からチームを救ったのは飛び級のFW久保建英

10月20日
【AFC U-19選手権:GL1戦目】 日本 vs 北朝鮮 採点/寸評 (10点満点)

10月19日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (フォワード編) (前編)

10月19日
【Jリーグ】 54クラブの中で「外国人枠の拡大の恩恵を受けそうなチーム」はどこか?

10月19日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (アタッカー編) (後編)

10月18日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (アタッカー編) (後編)

10月18日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (アタッカー編) (前編)

10月18日
【Jリーグ】 J1やJ2のクラブへの個人昇格があると思うJ3所属の選手 (01位-10位) (2018年-2019年オフ)

10月18日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (ボランチ編) (後編)

10月18日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を20名だけ挙げてみた。 (ボランチ編) (前編)

10月17日
【国際親善試合:日本×ウルグアイ】 新・ビッグ3 中島翔哉・南野拓実・堂安律が躍動。

10月17日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を10名だけ挙げてみた。 (左SB/WB編)

10月17日
【国際Aマッチ】 日本 vs ウルグアイ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

10月16日
【投票】 日本 vs ウルグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

10月16日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を10名だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を10名だけ挙げてみた。 (右SB/WB編)

10月16日
【Jリーグ】 今オフ、J2の貧乏クラブが狙うべき選手を10名だけ挙げてみた。 (キーパー編)

10月15日
【Jリーグ】 J1やJ2のクラブへの個人昇格があると思うJ3所属の選手 (11位-20位) (2018年-2019年オフ)

10月15日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (カターレ富山編)

10月15日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (フォワード編) (下)

10月14日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (フォワード編) (中)

10月14日
【日本×パナマ】 レギュラー争いに名乗りを上げた19才のDF冨安健洋

10月14日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (下)
10月13日
【国際Aマッチ】 日本 vs パナマ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

10月13日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (中)

10月12日
【投票】 日本 vs パナマで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

10月12日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (上)

10月12日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

10月12日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (ボランチ編) (後編)

10月11日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (ボランチ編) (前編)

10月11日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

  10月11日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・10名を挙げてみた。 (左SB/WB編)

10月10日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・10名を挙げてみた。 (CB編)

10月10日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿児島ユナイテッド編)

10月10日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・10名を挙げてみた。 (右SB/WB編)

10月09日
【Jリーグ】 2018年-2019年オフの注目銘柄・10名を挙げてみた。 (GK編)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: