欲しいものリスト
アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/08/12 【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について
 2018/08/13 【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。
 2018/08/13 【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)
 2018/08/13 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)
 2018/08/14 【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島・山形・山口・京都あたり~
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~福岡・横浜FC・東京Vも勝ち組候補~
 2018/08/15 【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。
 2018/08/15 【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。
 2018/08/15 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)
 2018/08/16 【J2】 22クラブの中でセットプレーに強いチームはどこだろうか? (2018年版)
 2018/08/16 【ロアッソ熊本×横浜FC】 依然としてJ2トップレベルのMFレアンドロ・ドミンゲス。2ゴール2アシストの活躍。
 2018/08/16 【電撃移籍】 FW久保建英(FC東京→横浜Fマリノス)は本当に伸び悩んでいるのか?
 2018/08/17 【移籍市場】 まさかの草刈り場になっている徳島ヴォルティスだが・・・。

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2001  2018/07/28  G大阪×清水、熊本×山口、C大阪U-23×盛岡、札幌×磐田
 #2002  2018/07/29  【J1】 ガンバ大阪のクルピ監督の解任について
 #2003  2018/07/31  米国×日本、日本×ブラジル、新潟×千葉、京都×東京V
 #2004  2018/08/01  【日本代表】 森保一監督の就任について
 #2005  2018/08/02  C大阪×浦和、C大阪×鹿島、鳥栖×磐田、長野×秋田
 #2006  2018/08/03  【J3】 ブラウブリッツ秋田の監督交代について
 #2007  2018/08/04  【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名について
 #2008  2018/08/06  【女子】 U-20W杯のメンバー・21名について
 #2009  2018/08/07  神戸×柏、FC琉球×YS横浜、千葉×松本山雅、徳島×水戸
 #2010  2018/08/08  【J2】 ラストパスの本数に注目してみた。

 #0000  2018/08/08 全記事一覧(2005年-2018年)


【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (熊本・栃木SC・讃岐・水戸・愛媛FC) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (C大阪・千葉・札幌・京都・大宮・徳島)
 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (群馬・長崎・岡山・大分・FC岐阜)
 2015/04/08 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (熊本・栃木SC・讃岐・水戸・愛媛FC)
 2015/04/09  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (磐田・東京V・北九州・横浜FC・福岡・金沢)



ロアッソ熊本 1勝1敗3分け 5得点/5失点

 → オフの補強に成功した熊本は5試合で勝ち点「6」。まずまずのスタートを切ったと言える。ここまでの5試合の中で内容が良かったのは3節の愛媛FC戦(A)。スコアこそ1対0の僅差だったが、他にも多くのチャンスを作った。「完勝だった。」と言えるが、1節の水戸戦(A)と2節の群馬戦(H)と4節の福岡戦(A)の出来は今一つで、2対2の引き分けに終わった5節の徳島戦(H)の出来は普通だった。

ということで、内容的にはいいとは言えない試合が多い。それなりに結果が出ているが、「調子が良い。」とは言えない。「前線からのプレッシング」が胆となるチームなので当たり前と言えば当たり前であるが、ロングボールを多用するチームとの相性は良くない。5節までの対戦相手の中で水戸・群馬・福岡といった前線に高さのある大型ストライカーを擁しているチームとの試合は軒並み苦戦を強いられている。

それに対して後方からパスを繋ぐサッカーを志向する愛媛FCとの試合は熊本の良さがフルに発揮された試合だったので、「相手の攻撃スタイル」と「熊本の出来」にはかなりの相関関係がある。187センチのDFクォン・ハンジンが加入したことで最終ラインのハイボールへの対応力は上がっているが、(熊本の良さが出にくい)ロングボール中心のサッカーをするチームを相手にしたときの戦い方が課題と言える。

ということで、狙い通りの展開になったすっきりした試合は少ないが、ここまではキーパーのGK原の活躍が目立っている。プレスがハマらなくて決定機を作られるシーンが多かったがGK原がビッグセーブで防いでいる。187センチと大柄であるが、その割には動ける選手なので、将来性は高い。24歳とキーパーとしては若くてJリーグの試合経験がほとんどない選手を大抜擢した小野監督の期待に応えている。

5試合で5ゴールと「可もなく不可もなく」の攻撃陣では5節の徳島戦(H)で待望の移籍後初ゴールを決めたFW平繁に期待がかかる。FW齊藤和であったり、FW常盤であったり、FW巻と比べると献身性では劣る。FW平繁が1トップの位置に入っているときは「前からのプレスが効きにくくなる」というところもあるがゴール前のプレーは一流。彼が中央で待っていると相手に与える怖さが全然違ってくる。




栃木SC 1勝2敗2分け 5得点/8失点

 → 1節が札幌(H)で、2節が横浜FC(A)で、3節が千葉(H)で、4節が徳島(H)で、5節が磐田(A)ということで、序盤はJ1経験のあるクラブとの対戦が続いている。「厳しい日程だった。」と言えるが1勝2敗2分け。厳しい相手との試合が続いたことを考えると開幕5試合は「最低ラインはクリアできた。」と言える。5節の磐田戦(A)は完敗だったが、その他の試合は拮抗した展開で内容は悪くなかった。

やろうとしているサッカーはなかなか面白い。何人かの選手が入れ替わっているが、戦術の浸透度はまずまずで、持ち味である組織力はかなりのレベルである。個々の選手で目立っているのは浦和から期限付きで獲得したFW阪野で、ここまではフォワードの軸として起用されており、4節の徳島戦(H)では初ゴールを記録した。タフに戦えるハードワーカーで、ボールもおさまりもまずまず。欠かせない選手になった。

他には同じく新戦力の左SBのDFパク・ヒョンジンの活躍も目立っている。4節の徳島戦(H)ではCKから2つのゴールをアシストしているが、プレイスキッカーとしても存在感を発揮している。「攻撃力のある左SB」はJリーグには少ない。左SBの人選で苦労しているチームが多い中、DFパク・ヒョンジンの存在は今シーズンの栃木SCのストロングポイントになっている。非常にいい補強が出来たと言える。

また、GK榎本達とGK柴崎邦とGK鈴木智がチームを離れたことで実績のある選手が皆無に近かったので、開幕前に最も不安視されていたキーパーのポジションは磐田から加入したGK竹重が良く頑張っている。FW阪野、DFパク・ヒョンジン、GK竹重と新戦力の活躍が目立つ一方、期待された生え抜きの選手のパフォーマンスはやや物足りない。これから順位を上げていくためには彼らの奮起が不可欠と言える。

攻守の軸であり、「J2でも有数のボランチ」と言えるMF小野寺は2節の横浜FC戦(A)の後半終了間際に「決めたらほぼ勝ち」と言えたPKを失敗して、3節の千葉戦(H)と4節の徳島戦(H)はスタメンから外れた。そして、サポーターの期待を集めている栃木県出身のアタッカーのMF湯澤とMF中美の2人は時折いいプレーを見せるが試合から消えている時間が長い。生え抜きの3人の活躍に期待したい。




カマタマーレ讃岐 2勝1敗2分け 4得点/2失点

 → 5節を終えた時点で7位。ここまでのJ2のサプライズチームの1つと言える。昨シーズンはリーグワースト2位となる71失点を喫したが、ここまで5試合で2失点のみ。強豪の磐田に1対0で勝利した3節の試合が象徴的と言えるが、人数をかけてしっかりと守ってセットプレーあるいはカウンターでチャンスを作るスタイルが確立された。狙い通りの形で磐田に勝利したことで選手たちは大きな自信を手にした。

オフに長らく山形の正キーパーとして活躍してきたGK清水健を獲得できたのは大きかった。昨シーズンはキーパーのレギュラーがなかなか定まらなくて、泣き所のポジションになっていたが、今シーズンは逆にキーパーがストロングポイントになっている。ハイボールの処理に関しては少し安定感を欠いているが、最大の特徴である反射神経の鋭さを駆使して失点を防いでいる。5試合で2失点はリーグ最少タイである。

攻撃陣ではMF仲間の加入が大きい。讃岐は攻撃のバリエーションが豊富なチームではなくて、昨シーズンはロングボールとセットプレーとFWアンドレアの突破くらいしか武器が無かった。今シーズンも基本的な戦い方は変わっていないが、この3つに加えて「MF仲間の個人技」が攻撃の武器として新たに加わったので、昨シーズンよりは攻撃が多彩になった。MF仲間も期待通りか、それ以上の活躍を見せている。

新加入選手以外ではFWアンドレアの活躍が目立つ。2トップで一角でプレーするときと左サイドハーフに入るときの2パターンあるが、単独でサイドを切り裂くことができるのは魅力。クロスやシュートの精度が高くないので、彼の突破が直接的にゴールにつながるシーンは少ないが、ドリブルで縦にボールを運ぶことが出来るので、セットプレーを獲得したり、守備陣が休む時間を作ることが出来る。

ここに来て怪我で欠場が続いているが、右サイドハーフでプレーするMF沼田の活躍も印象的。開幕の大分戦(H)では先制ゴールを記録して3節の磐田戦(H)では直接FKで値千金の決勝ゴールをマークした。近隣クラブである岡山戦に強くて「瀬戸大橋ダービー男」と言われているが、キックの精度が高くて、ヘディングでゴールを狙うことも出来る。いいところでゴールを奪う「勝負強さ」も持っている選手である。




水戸ホーリーホック 1勝2敗2分け 3得点/5失点

 → 4節の愛媛FC戦(H)は3対1で快勝して今シーズン初勝利を挙げた。この試合は内容でも相手を圧倒した完勝だったが、結局、それ以外の4試合はノーゴールに終わっている。開幕の熊本戦(H)と5節の讃岐戦(A)はスコアレスドローだったので、勝ち点「5」を稼いでいるが、「5試合中4試合が無得点」という結果はかなり不本意で、5節終了時点で16位という順位もかなり不本意と言える。

『5試合で3ゴールだけ』という結果や数字だけを見ると「得点力不足」であり、「攻撃力不足」のように思えるが、決してそういうことはない。シュートチャンスはたくさん作っており、攻撃のバリエーションはかなり豊富で決定機も多い。フィニッシュの精度を欠く場面が多くて、「攻め込みながらも点が取れない。」というフラストレーションの溜まる試合が続いているが、辛抱してやり続けるしかない。

センターフォワードがキーになるだろう。ここまでは湘南から期限付きで移籍してきた186センチのFW宮市剛とFW三島康のどちらかがスタメンで起用されており、どちらが軸になるのかは決まっていないが、ともに高さがある。19歳のFW宮市剛は体が出来上がっておらず、タフさには欠けるが兄と同様にスピードがあって、183センチのFW三島康は言うまでもなくJ2では屈指のストロングヘッダーである。

移籍2年目のMF吉田眞にかかる期待は大きい。「たくさんシュートチャンスを作っているにも関わらず、なかなかゴールが奪えない。」というのはMF吉田眞のシュートがなかなか枠に飛ばないことが主要因の1つなので、ここまでは本領発揮とはいかないが、シュートへの意識が高くて、点を取ることに貪欲な選手である。特大のポテンシャルを考えると15ゴール程度を記録しても全く不思議はない。

守備的なポジションでは大卒ルーキーのDF今瀬に注目したい。184センチの長身で、フィード力が高くて、国士舘大出身で、身体能力も高い。水戸から広島に移籍して日本代表になったDF塩谷を彷彿とさせるが、フィードの部分で苦労している。4節の愛媛FC戦(H)が象徴的と言えるが、フィードのミスで決定機を招くシーンが多いのでかなり苦労しているが、柱谷監督は我慢してスタメンで起用し続けている。




愛媛FC 1勝3敗1分け 4得点/8失点

 → 開幕の四国ダービーは内容ではライバルを圧倒してスコアレスドロー。2戦目の福岡戦(H)も前半は相手を圧倒して2対1で勝利。今シーズン初勝利を飾った。2試合を終えて1勝1分け。非常に良いスタートを切ったが、3節以降は3連敗。4節は水戸に1対3で敗れて、5節も金沢に1対3で敗れた。ともにアウェイ戦で、0対3になってから1ゴールを返したが、「2試合連続で完敗だった。」と言える。

急失速の原因ははっきりしている。2節の福岡戦(H)の後半にMF藤田息とMF藤とMF河原の3人が立て続けに負傷をしてプレー続行不可となるアクシデントが発生したが、尋常ではないほどの怪我人の多さに苦しんでいる。「選手層」という点では「J2ではもっとも下のランク」と言えるが、他にもDF村上佑やDF西岡やDF浦田などが怪我で戦列を離れている。ここまで怪我人が続出するとやり繰りは無理である。

2試合で勝ち点「4」といいスタートを切っただけに怪我人の多さには「ツキの無さ」を感じる。Wボランチと最終ラインの3人の顔ぶれが毎試合のように大きく代わる状態では安定した成績を残すのは難しい。ボランチが本職で170センチのDF江口を最終ラインの中央で起用するなど木山監督はいろいろなことに挑戦しているが、とにかく、怪我で戦列を離れている選手たちの早期の復帰が待たれる。

期待された新戦力のFW瀬沼はここまでの5試合はいずれもスタメンで起用されている。5節の金沢戦(A)の前半は2シャドーの位置に入ったが、5試合を終えてノーゴール。期待に応える活躍はできておらず、物足りないパフォーマンスが続いている。FW瀬沼は185センチとサイズがあるが、足元の技術も高くて、スピードもある。万能型のフォワードと言えるが、何を武器にするのかが整理されていない。

FW瀬沼はポストプレーも出来る選手なので、真ん中でどっしりと構えて体を張ったプレーで攻撃の起点になることが一番望まれていると思うが、現状はサイドに流れることが多い。また、動きにメリハリがないので、いいタイミングでボールが出てこなくて、FW瀬沼が生きるシーンはほとんどない。エース候補のFW瀬沼の不出来も大きな誤算で、怪我明けのMF河原のプレーも冴えない。誤算続きの序盤戦と言える。


関連エントリー

 2015/01/14  【J2】 個人スタッツから考える2015年の活躍が期待されるJリーガー20人 (上)
 2015/01/15  【J2】 個人スタッツから考える2015年の活躍が期待されるJリーガー20人 (下)
 2015/01/16  【J2】 個人スタッツから考える2015年の活躍が期待されるJリーガー20人 (extra)
 2015/02/17  【Jリーグ】 アクチュアル・プレイング・タイムのお話 (前編) ~各カテゴリーで最長はサンフレッチェ広島とザスパクサツ群馬とブラウブリッツ秋田~
 2015/02/17  【Jリーグ】 アクチュアル・プレイング・タイムのお話 (後編) ~注目はブラウブリッツ秋田&ロアッソ熊本~
 2015/04/03  U-22日本代表入りを期待したい若手選手(49名)のリスト (その1)
 2015/04/03  U-22日本代表入りを期待したい若手選手(49名)のリスト (その2)
 2015/04/04  U-22日本代表入りを期待したい若手選手(49名)のリスト (その3)








| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


08月16日
全記事一覧(2005年-2018年)

08月16日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


08月16日
【電撃移籍】 FW久保建英(FC東京→横浜Fマリノス)は本当に伸び悩んでいるのか?

08月16日
【ロアッソ熊本×横浜FC】 依然としてJ2トップレベルのMFレアンドロ・ドミンゲス。2ゴール2アシストの活躍。

08月16日
【J2】 22クラブの中でセットプレーに強いチームはどこだろうか? (2018年版)

08月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

08月15日
【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。

08月15日
【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~アビスパ福岡・横浜FC・東京ヴェルディも勝ち組候補~

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島ヴォルティス・モンテディオ山形・レノファ山口・京都サンガあたり~

08月14日
【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。

08月13日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)

08月13日
【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)

08月13日
【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。

08月12日
【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について

08月12日
【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。

08月11日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【女子U-20W杯:日本×スペイン】 欧州女王の壁は打ち破れず。エースのFW植木理子(日テレ・ベレーザ)は不発。

08月10日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その9)

08月09日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月09日
【J2】 ポジション別に11位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【新10番】 レノファ山口のMF池上丈二の「ラストパス/90分」が異次元な件。

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【女子:U-20W杯】 初の世界一に向けて好発進。決勝ゴールを決めたのはMF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の中盤戦)

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (後編)

08月06日
【京都サンガ×モンテディオ山形】 JFLのFC大阪から加入したFWジュニーニョが相当に凄い。

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (前編)

08月06日
【日本代表】 新生・ポイチJAPANは3バックを採用するのか?4バックを採用するのか?

08月05日
【ジェフ千葉×松本山雅】 脅威のスピードスターのMF前田大然が輝きを放つ。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (MF/FW編)

08月04日
【ヴィッセル神戸×柏レイソル】 スペイン代表のMFイニエスタはさすがのプレーを見せる。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (GK/DF編)

08月03日
【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名が発表~初代表はDF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)~

08月03日
【FC琉球×Y.S.C.C.横浜】 輝かしい未来を予感させる22才のMF富樫佑太

08月03日
【降格危機】 フィッカデンティ監督(サガン鳥栖)の解任はあり得るのか?

08月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その8)

08月02日
【長野パルセイロ×ブラウブリッツ秋田】 期待外れの両チーム。浮上のきっかけを掴めるか?

08月02日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (守備編)

08月01日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (攻撃編)

08月01日
【サガン鳥栖×ジュビロ磐田】 FWフェルナンド・トーレス&FW金崎夢生の夢の2トップは不発

08月01日
【移籍話】 FW小野瀬康介の移籍について (レノファ山口→ガンバ大阪)

07月31日
【京都サンガ×東京ヴェルディ】 現実味を帯びてきたまさかのJ3降格

07月31日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その7)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: