アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/08/13 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/08/13 【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位)
 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位)
 2017/08/15 【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位)
 2017/08/15 【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話
 2017/08/16 【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)
 2017/08/17 【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?
 2017/08/17 【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)
 2017/08/17 【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%
 2017/08/18 【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位)
 2017/08/18 【Jリーグ】 サポーターから信頼されていない主審 (1位-10位)
 2017/08/19 【J1】 優勝予想:鹿島→31.2%、川崎F→25.7%、横浜FM→12.8%、C大阪&柏→10.1%
 2017/08/19 【J2】 「ザスパクサツ群馬」と「tonan前橋」と「菅原GM」の複雑すぎる関係
 2017/08/19 【Jリーグ】 一度は行きたい日本のサッカースタジアム (1位-10位)

 2017/08/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (群馬・長崎・岡山・大分・FC岐阜) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (C大阪・千葉・札幌・京都・大宮・徳島)
 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (群馬・長崎・岡山・大分・FC岐阜)
 2015/04/08 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (熊本・栃木SC・讃岐・水戸・愛媛FC)
 2015/04/09  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (磐田・東京V・北九州・横浜FC・福岡・金沢)



ザスパクサツ群馬 1勝2敗2分け 4得点/5失点

 → 勝利したのは1つだけ。ホームでは0勝2敗1分けと結果が出ていない。オフに何人もの主力選手が抜けたため、「降格候補の1つ」と言われていたが、ここまでの戦いぶりは意外と悪くない。横浜フリューゲルスなどで活躍した服部浩紀新監督はプロクラブを率いた経験がなかったのでかなり不安視されていたが、「メンバーは大幅に入れ替わったにも関わらず、開幕に合わせてうまくチームを作ってきた。」と言える。

目立つのは活きの若手選手の活躍である。残念ながらエースになることが活躍が期待された(←そうなる可能性は高かった。)21歳の大型フォワードのFWタンケは怪我の影響で「今シーズン絶望」となった。3試合を終えた段階でエース候補を失ったが、MF江坂とFW小牟田の大卒ルーキーコンビ、22歳のMF吉濱、19歳のFW大津耀で組む「平均年齢→21.25歳のカルテット」はそれぞれが個性的で魅力いっぱいと言える。

中でも一番目立っているのは流通経済大出身のMF江坂である。大卒ルーキーでは水戸のDF今瀬、大分のDF鈴木義などもレギュラーとして活躍しているが、「ここまででもっとも目立っているルーキー」と言える。左サイドハーフが主戦場になっているが、ドリブルで突破することができて、ラストパスのセンスがあって、左右両足から繰り出されるシュートは正確で強烈。インパクト大のプレーを見せている。

「シュート技術の高さに特化したタイプのアタッカー」かと思っていたが、万能型と言える。エース候補だったFWタンケが離脱しており、この時点で早くも「群馬の中でもっとも警戒される選手」になった。J2は試合数が多くて、コンディションを整えるのも大変である。ここから苦労することもあると思うが、攻撃陣を引っ張っていく必要がある。大卒ルーキーではあるが、それだけの責任を託されても不思議はない。

すでに2ゴールを挙げているMF江坂の陰に隠れているが、湘南から加入のMF吉濱の活躍も光っている。好不調の波が激しくて守備面に課題を抱えているが、柔らかいボールタッチのドリブルは魅力でイマジネーションもある。上質な左足を持っている選手なので、試合経験を積んでプレーヤーとして洗練されていくと面白いことになるだろう。アシスト役だけでなく、得点面でもチームに貢献することが期待される。

2節以降スタメン起用が続いている182センチのFW大津耀の活躍は予想外だったと言える。素材型の選手で、プロとして活躍できるまでにちょっと時間のかかるタイプだと思っていたが、なかなかのプレーを続けている。C大阪U-18から群馬のトップチームに進んでプロ2年目。ボールタッチが柔らかくてボールのおさまりもなかなかである。FWタンケを失った今、フォワードの軸候補の1人として大きな期待を受けている。




V・ファーレン長崎 3勝1敗1分け 5得点/2失点
 
 → 昇格1年目の2013年は6位でプレーオフに進んだが、2014年は2年目のジンクスにハマって14位と順位を大きく下げた。オフに補強期限付き移籍だったレギュラー格の選手が数名抜けた一方で、新加入選手は実績の少ない選手が大半だった。そのため長崎の前評判は非常に低かったが、5試合を終えて勝ち点「10」。予想以上のスタートを切った。「序盤のJ2のサプライズチームの1つ」と言える。

内容も伴っており「フロック」とは言えないが、特徴の1つは「大型チームになっていること」である。1対0で勝利した5節の群馬戦(A)を例に出すと、スタメン11人の中で180センチを超えている選手が何と10名もいる。(※ 185センチを超えているのは4人。)11人の平均身長は181.36センチだった。180センチ未満は164センチのMF梶川のみ。「170センチ台の選手がゼロ」というのはJリーグでは極めて珍しい。

大型選手が多くなった点はセットプレーでも威力を発揮しているが、ロングボール中心のサッカーになっているわけではない。むしろ、今シーズンの長崎のもう1つの特徴は「ショートパスを丁寧につなぐこと」で、WボランチのMF黒木聖とMF花井の2人を中心にテンポよくパスが回る。湘南から期限付き移籍のMF梶川がキーマンになっており、隙間でボールを受けることが得意なMF梶川はどの試合でも存在感がある。

昨年末には韓国のフル代表にも選出されたエースのFWイ・ヨンジェはここまで5試合で2ゴール。1人でやりすぎる感もあるが、右サイドに流れてボールを持った時はドリブルを駆使して高確率で自らのシュートチャンスを作り出すことが出来る。フィニッシュの精度に課題を抱えているが、スピードがあって、フィジカルも強い。怪我なく1シーズンを戦うことができたら、15ゴール程度は楽に記録できる選手と言える。

サプライズはMF花井の活躍である。10代の頃から「天才」と評されていたが、プロ入り後、その名にふさわしいプレーを見せることはほとんどなかった。なかなか芽が出ずに25歳になったが、ここまでの活躍は素晴らしい。技術の高さを随所に披露しており、MF黒木聖とのコンビネーションも抜群である。加入1年にも関わらず、10番という重い番号を背負っているが、それに全く恥じないプレーを見せている。




ファジアーノ岡山 2勝1敗2分け 5得点/2失点

 → 2節が大分(A)で、3節がC大阪(H)で、4節が千葉(A)で、5節が大宮(H)。序盤戦は昇格候補との対戦が続く超ハードな日程になっているが、5試合を終えて勝ち点「8」というのは十分な成績である。開幕のFC岐阜戦(H)で3対0と大勝したことで波に乗ることができたが、目立つのは何といっても「守備力の高さ」である。5試合でわずか2失点のみ。「岡山の守備力はリーグ屈指」と言える。

元日本代表のDF岩政が加入した効果はやはり絶大だった。187センチの長身を生かした空中戦の強さは圧倒的で、単純なクロスボールであれば、ほとんどをDF岩政が簡単に跳ね返してくれる。3バックの中央で起用されているが、リーダーシップがあって味方選手に安心感を与えることができるのでチームが浮足立つことも無くなった。ここまでは期待通りのパフォーマンスを見せている。

同様に元日本代表のDF加地もチームに落ち着きをもたらしている。年齢的な不安もあったが、ここまではすべての試合で右WBで起用されている。「無尽蔵」と言われた全盛期の運動量は無いが、ツボを押さえたプレーを見せており、右サイドを崩されるシーンはほとんどない。攻撃でも積極的にゴール前に顔を出しており、1つ1つのプレーの精度が高い。「さすがは元日本代表」と言えるプレーを続けている。

地味ながら愛媛FCから加入したボランチのMF渡邊一の貢献度も高い。前任のMF上田康はプレイメーカーで主に攻撃の局面で存在感があった。「彼が抜けた穴の大きさ」を指摘する声は多かったが、「J2でも屈指」と言える守備力を誇るMF渡邊一の加入によって中盤の守備力が向上した。また、怪我から復帰して左ストッパーで起用されているDF竹田忠もここまではハイパフォーマンスを見せている。

DF岩政、DF加地、MF渡邊一の加入でもともと堅かった守備はさらに強固になったが、問題は攻撃である。ここまでは今シーズンから1トップの位置でプレーしているエースのFW押谷の決定力やシュート技術の高さに助けられているが、昇格争いのライバルと比べると攻撃力はツーランクほど落ちる。攻撃的なポジションは補強も必要だと思うが、既存の選手では司令塔でボランチのMF千明がキーマンと言える。




大分トリニータ 1勝3敗1分け 8得点/8失点 

 → 昇格候補の1つだったが、開幕4試合は0勝3敗1分け。4節を終えた時点では最下位だった。完全に出遅れたが、5節のFC岐阜戦(H)は前半だけ5ゴールを奪って6対2で大勝した。相手のFC岐阜の状態の悪さにも助けられたが、開幕から決定機を生かせずにもどかしい試合が続いていたので、ようやく「サポーターがスカッとする試合」を提供することができた。浮上のきっかけになりそうな大勝だったと言える。

開幕からエースのMF為田を怪我で欠いていることもあって「攻撃の軸」が定まらなかった。そして、システムはキャンプ期間中からいろいろと試したが、システムが定まらなかった点もスタートで出遅れた一因だと思う。その点はかなり勿体なかったと思うが、ひとまず、6対2で大勝したFC岐阜戦(H)で採用した「3-4-2-1」で落ち着きそうだ。今の大分でもっともベターなのが「3-4-2-1」ではないかと思う。

勝てなかった最初の4試合も決して内容が悪かったわけではない。0対1で惜敗した2節の岡山戦(H)はほぼ大分が試合の主導権を握っていた。極端に出来の良くない選手は見当たらないが、キレキレのプレーを見せているのが右WBのMF西弘則である。4節の磐田戦(A)はカウンターからMF風間宏矢の同点ゴールをアシストして、5節の岐阜戦(H)は自らゴールも決めているが、大分の選手の中でもっとも状態が良い選手と言える。

「3-4-2-1」を採用した5節のFC岐阜戦(H)は開幕直後にC大阪から期限付き移籍したFW永井龍が1トップに入って、シャドーの位置にMFエヴァンドロとMF風間宏矢が起用されたが、FW永井龍を獲得できたのは大きい。契約期間は半年で、C大阪戦には出場できない契約になっているが、昇格争いをするライバルクラブの1つである大分に昇格が至上命題となるC大阪が有力選手を貸し出すとは思わなかった。

C大阪はフォワードのポジションにFWフォルランやFW玉田やFWカカウがいるので、アウトゥオリ監督になってからFW永井龍に出場のチャンスは巡ってこなかったが、スピードがあって、体が強くて、ハードワークも出来る万能型のフォワードである。プロ入り後は決定機を逃すシーンが多いが、本来はいろいろな形から点を取ることが出来るストライカーなので、大分にとっては大きな補強と言える。




FC岐阜 1勝4敗 3得点/12失点

 → 開幕前の2月22日(日)に行われた名古屋とのプレシーズンマッチは2対3で敗れたが、非常に良い内容だった。ラモス監督も「この試合は理想のサッカーが出来た。」と言うほどの素晴らしい出来だった。ラモス体制の2年目に期待する人が多かったが、5試合を終えて1勝のみ。5節の大分戦(A)は前半だけで5ゴールを許すなど2対6と大敗した。「まさかのスタートになった。」と言える。

1対0で勝利した2節の讃岐戦(H)も出来は良くなかった。もっと正確に表現すると「この日のFC岐阜のサッカーはかなり酷かった。」と言える。特に昇格2年目の讃岐に押されまくった後半の出来は解説の戸塚さんだけでなく、実況アナウンサーも苦言を呈するほど。2試合目で今シーズン初勝利を手にしたが、手ごたえの無い形で得た2節の讃岐戦(H)の勝利がチームを好転させることは無かった。

「名古屋戦(H)であれだけのサッカーを見せたFC岐阜がなぜこれほど苦戦しているのか?」は1つの疑問と言えるが、J1開幕後の名古屋の戦いぶりを見ると分かるとおり、「みんなが思っていたほど名古屋が強くなかった。」というのは間違いなくあると思う。開幕戦で(チーム状態が悪かった)福岡に大勝して必要以上にチーム状態が良く見えてしまった京都と同様の現象が起こったと言える。

さらにはあまりにも名古屋戦の出来が良くて、手応えも感じていたので、開幕の岡山戦(A)で0対3で敗れて必要以上に自信を喪失してしまったところもあると思う。(※ 岡山戦(A)の内容はそれほど悪くなかった。前半に先制ゴールを許したが、その後はFC岐阜がペースを握っていた。終盤にカウンターから2ゴールを許したが、攻めに出た上での失点である。0対3のスコアになるほど内容的に差は無かった。)

したがって、岡山に0対3で敗れたことを極端に悲観する必要はなかったが、「0対3で敗れた。」、「3点差で敗れた。」という結果だけを深刻に受け止めてドツボにはまったように思える。0対1で敗れた3節の徳島戦(A)でやや状態が上向きになったが、4節はホームで金沢に0対2で敗れて、5節はアウェイで大分に2対6で大敗した。過密日程ということもあって大分戦(A)は大幅にメンバーを入れ替えたが、逆効果だった。


関連エントリー

 2014/11/01  「Jリーグの七不思議」の7つを勝手に選定してみた。 (前編)
 2014/11/03  「Jリーグの七不思議」の7つを勝手に選定してみた。 (後編)
 2014/11/22  なぜファジアーノ岡山はシーズン終盤に大失速したのか?
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (前編)
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (中編)
 2014/12/06  セレッソ大阪の「J2降格」の原因について考える。 (後編)
 2014/12/17  J2のアウェー動員についてまとめてみた。 (前編) ~異次元だった2013年のガンバノミクス~
 2014/12/17  J2のアウェー動員についてまとめてみた。 (後編) ~絶大なるキングカズ効果~
 2015/01/07  2015年のブレイクを期待したいJリーガー10人 (前編)
 2015/01/07  2015年のブレイクを期待したいJリーガー10人 (後編)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


08月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

08月19日
【Jリーグ】 一度は行きたい日本のサッカースタジアム (1位-10位)

08月19日
【J2】 「ザスパクサツ群馬」と「tonan前橋」と「菅原GM」の複雑すぎる関係

08月19日
【J1】 優勝予想:鹿島→31.2%、川崎F→25.7%、横浜FM→12.8%、C大阪&柏→10.1%

08月18日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されていない主審 (1位-10位) ~2位:扇谷健司さん、1位:家本政明さん~

08月18日
【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位) ~3位:吹田スタジアム、2位:埼玉スタジアム、1位は・・・。~

08月17日
【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%

08月17日
【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)

08月17日
【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

08月16日
【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?

08月15日
【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話

08月15日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位) ~3位:MF原輝綺(新潟)、2位:MF市丸瑞希(G大阪)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~

08月13日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~

08月13日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) ~3位:FW清武功暉(千葉)、2位:FWウェリントン(福岡)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWムルジャ(湘南)、2位:MFガブリエル・シャビエル(名古屋)、1位は・・・。~

08月11日
【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWパトリック(広島)、2位:FWジェイ(札幌)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~

08月10日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (フォワード編) ~3位:FW杉本健勇(C大阪)、2位:FWクリスティアーノ(柏)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (アタッカー編) ~3位:MF小林悠(川崎F)、2位:MF中村憲剛(同)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎F)、2位:MFソウザ(C大阪)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (左SB/WB編) ~3位:DF永戸勝也(ベガルタ仙台)、2位:DF吉田豊(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (CB編) ~3位:DF中谷進之介(柏)、2位:DFマテイ・ヨニッチ(C大阪)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(C大阪)、2位:MF関根貴大(浦和)、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:山口、2位:長崎、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (キーパー編) ~3位:GKカミンスキー(磐田)、、2位:GKチョン・ソンリョン(川崎F)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(コンサドーレ札幌)、2位:MF高木彰人(ガンバ大阪)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 ノビシロの大きなクラブ (1位-10位) ~3位:柏レイソル、2位:セレッソ大阪、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 守備力が高いSB (1位-10位) ~3位:DF徳永悠平(FC東京)、2位:DF小林祐三(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 選手補強の上手なクラブ (1位-10位) ~3位:浦和、2位:広島、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されている主審 (1位-10位) ~3位:東城穣さん、2位:家本政明さん、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘に長けたクラブ (1位-10位) ~3位:コンサドーレ札幌、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 下部組織出身が充実しているクラブ (1位-10位) ~3位:セレッソ大阪、2位:ガンバ大阪、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 フロントが優秀なクラブ (1位-10位) ~3位:サンフレッチェ広島、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ボール奪取力に優れたボランチ (1位-10位) ~3位:MF井手口陽介(ガンバ大阪)、2位:MF今野泰幸(同)、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位)

08月03日
【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位)

08月02日
【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) ~3位はFW興梠慎三(浦和)、2位はFW小林悠(川崎F)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) ~3位はDF初瀬亮(G大阪)、2位はDF駒野友一(福岡)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) ~3位はFWクリスティアーノ(柏)、2位はMF中村憲剛(川崎F)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) ~3位はMF中村憲剛(川崎F)、MF遠藤保仁(G大阪)、1位は・・・。~


08月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん