アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

 2018/02/20 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)
 2018/02/20 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:212名)
 2018/02/20 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/20 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/20 全記事一覧(2005年-2018年)


【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (C大阪・千葉・札幌・京都・大宮・徳島) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (C大阪・千葉・札幌・京都・大宮・徳島)
 2015/04/07 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (群馬・長崎・岡山・大分・FC岐阜)
 2015/04/08 【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (熊本・栃木SC・讃岐・水戸・愛媛FC)
 2015/04/09  【J2】 1節から5節までのクラブ別の雑感 (磐田・東京V・北九州・横浜FC・福岡・金沢)



セレッソ大阪 2勝0敗3分け 11得点/7失点

 → 開幕5試合を負けなしで乗り切った。興味深いのは5試合とも前半は0対0のスコアで折り返している点で、序盤から押し込んだ2節の大宮戦(H)を除く4試合はいずれも後半の方が出来が良かった。 5節の千葉戦(A)は『ここまで(=1節~5節まで)に行われたJ2の全55試合の中でベストゲーム』と言えるスリリングな試合になったが、0対2から逆転まで持って行ったところに昨シーズンとの違いを感じた。

目立つのは5試合全てに先発出場して3ゴール3アシストのFWフォルランである。勝利にはつながらなかったが、2ゴール1アシストの活躍を見せた5節の千葉戦(A)のプレーは圧巻だった。この試合は「シュート技術の高さ」も光ったが、それ以上に献身的な守備が目立った。プレスバックして相手からボールを奪うシーンが試合中に3度ほどあったが、こういうシーンは昨シーズンのFWフォルランには全く見られなかった。

心配されたモチベーションは問題なくて、コンディションもなかなか良い。5節の千葉戦(A)くらい守備でも頑張ってくれると万々歳であるが、3節の岡山戦(A)程度の(守備面での)貢献度になるとチームとしては困った事態になる。アウトゥオリ監督はここまでは「4-1-2-3」あるいは「4-2-1-3」を採用しており、右ウイングの位置でプレーしているが、FWフォルランが守備に力を注がない時間帯は押し込まれる傾向にある。

「FWフォルランがどこまで守備で貢献してくれるのか?」がC大阪の注目ポイントと言えるが、「サイドチェンジのボールが多くなったこと」と「縦への意識が強くなったこと」の2点が大きな変化と言える。ボールをポゼッションすることもできるメンバー構成と言えるが、後方からミドルパスを用いるシーンが多い。まだチームとしては出来上がっていないが、スタイルはかなり変わったと言える。

FWフォルランにしても、FW玉田にしても、FWカカウにしても、MFパブロにしても、点を取るだけの選手ではなくてアシスト能力も高い。攻撃的なポジションは新加入選手が多いのでコンビネーションは試合を重ねるごとに良くなっていくだろう。献身的なプレーが出来るMF関口、FWフォルランとの相性が良いMF長谷川アーリアジャスールの2人がキーマンと言えるのではないかと思う。滑り出しはまずまずと言える。




ジェフ千葉 3勝0敗2分け 9得点/5失点

 → こちらは3勝2分け。同様に開幕5試合を負けなしで乗り切った。DF山口智が抜けた最終ラインが不安視されていたが、DF大岩とDFキム・ヒョヌンのCBコンビで問題なし。5節のC大阪戦(H)は大量4失点を喫したが、「守備に問題があった。」と言うよりは、「相手の能力が高かった。」と言うしかない試合だった。前線からの守備は機能しており、新加入のMFパウリーニョも効いている。守備力はJ2屈指と言える。

上位対決となったC大阪戦(H)は2ゴール1アシストのFWフォルランに話題をさらわれる形になったが、FWネイツ・ペチュニクは2ゴール2アシストとFWフォルランを上回る成績を残した。これまでの4試合は「4-2-3-1」の右サイドハーフで起用されていたが、この日はFW森本と2トップを組んだ。「C大阪の攻撃(主にビルドアップ)を封じる。」という目的だったのではないかと思うが、素晴らしい活躍を見せた。

ここまでの5試合でFWネイツ・ペチュニクは3ゴール2アシストと結果を出しているが、想像していたよりも万能型の選手である。189センチとサイズがあるので「ポストプレーヤータイプか?」と思っていたが、突破力があって、運動量が多くて、守備力も高い。全く問題なくサイドハーフもこなしているが、FW森本とFWネイツ・ペチュニクの2トップの方が相手チームは怖いと思う。彼の起用法にも注目したい。

5節までは全く同じスタメンで戦っているが、新加入選手では右SBのDF金井も目立っている。2節の水戸戦(H)では(微妙なジャッジだったが、)追加点となる2点目のゴールを記録して、4節の岡山戦(H)は後半36分に決勝ゴールをマークした。もともと「得点力の高さ」に定評があったが、千葉でも良さをフルに発揮している。横浜FMでも鳥栖でもレギュラーに定着できなかったが、飛躍のシーズンになりそうだ。

五輪代表候補のMF井出も飛躍のシーズンになるだろう。昨シーズンの終盤はFC東京に戻ったMF幸野とポジションを争っていたが、ここまでは完全なるレギュラー。トップ下でプレーする機会が多くなっているが、攻撃にアクセントを加える役割を見事にこなしている。その他にもFW森本、MF谷澤など攻撃的なポジションは特徴のある選手が揃っており、ここまでは前評判通りの力を示している。




コンサドーレ札幌 2勝2敗1分け 6得点/6失点

 → オフにFWナザリトとMF稲本を獲得。「注目チームの1つ」に挙げる人が多かった札幌は2勝2敗1分けとそこそこのスタートを切っているが、ホームの札幌ドームでは1勝2敗。2節の長崎戦(H)は前線からの守備が全く機能せずに0対1で敗れて、5節の京都戦(H)は立ち上がりから圧倒的に攻め込んで数多くのチャンスを作ったが決められず。防戦一方だった京都に後半に2ゴールを許して1対2で敗れた。

完全にゲームを支配していたので、『非常に勿体ない試合だった。』と言えるが、内容的には5節の京都戦(H)が一番良かった。怪我でFW都倉を欠いたが、シャドーの位置で起用された20歳のMF中原彰が良い動きを見せて、過去の4試合で一番の問題点と言えた「前線からの守備」も機能した。(※ 内容が非常に良かっただけにFKから先制ゴールを許して1対2で敗れた京都戦の結果は非常に残念だった。)

注目の新戦力のFWナザリトはここまで2つのPKを含む4ゴールと結果を出している。5試合で4ゴールなので十分な成績と言えるが、札幌サポーターの多くはFWナザリトのプレーに関しては「やや不満」に思っているのではないかと思う。守備での貢献度が低くて、かつ、決定的なチャンスシーンでシュートミスするシーンが目立つ。結果は出しているが、パフォーマンス自体はやや物足りないと言える。

当然のことながら、ビッグネームに注目が集まるが、川崎Fから期限付き移籍のDF福森がここまで非常に良いプレーを見せている。チーム事情によって左WBと左CBの両方でプレーしているが、左足のキックの精度が高くて、守備での貢献度も高い。3節の福岡戦(H)で見せた超・ロングシュートは圧巻だったが、今シーズン2勝目をもたらしたミラクルシュートでサポーターのハートを掴むことが出来た。

他には3節の福岡戦(H)からWBの位置で起用されているMF古田のキレのあるドリブルも目立っているが、20歳のMF堀米悠のプレーも光っている。3節の福岡戦(H)と4節の大宮戦(A)はボランチで、5節の京都戦(H)は左WBでプレーしたが、左足の精度が高くてレフティ特有のイマジネーションもある。彼がスタメンで起用されるようになってから札幌は攻撃のバリエーションが格段に広がった。注目の若手と言える。




京都サンガ 2勝2敗1分け 7得点/7失点

 → 開幕戦はアウェイで前評判の高かった福岡を圧倒して3対1で勝利。幸先のいいスタートを切ったが、2節はホームで磐田に0対2で完敗。3節の大宮戦(A)はどちらかと言うと京都が試合の主導権を握っていたが、終了間際にDF河本に決勝ゴールを許した。4節の讃岐戦(H)は内容的にも低調でドローに持ち込むのが精一杯と苦しんだが、5節はアウェイで札幌に2対1で勝利。2勝2敗1分けとイーブンの成績に戻した。

先のとおり、5節の札幌 vs 京都の前半はホームの札幌が圧倒した。前半だけで札幌の方に2・3点入っていてもおかしくないほど一方的な展開だったので、厳しい展開の中、アウェイで勝ち点「3」を積み上げることができたのは京都にとっては非常に大きかった。札幌に敗れていると「完全にスタートダッシュに失敗した。」と言えたが、勝利したことで「(開幕5試合の)最低限のラインはクリアできた。」と言える。

攻守の中心となる五輪代表のMF原川を3節~5節まで欠いている。その影響を考慮する必要があるが、1節の福岡戦(A)の内容は非常に良かったので、2節の磐田戦(H)以降の試合内容が低調なのは『やや意外』と言うしかない。それほど福岡戦(A)は攻守両面で隙のないサッカーを見せた。(※ 今思うと、当時の福岡のチーム状態が最悪で、相対的に京都の出来が素晴らしく見えてしまったところもあると思う・・・。)

気になるのはDF山口智とDFバヤリッツァのCBコンビがともにスピード不足なので、スピード系の選手にやられるシーンが目立つことである。2節の磐田戦(H)でMFアダイウトンに決められた2点目のゴールが象徴的と言える。5節の札幌戦(A)は相手にFWナザリトがいることもあって、スピードに定評のあるDF菅沼をスタメンで起用して、DFバヤリッツァをボランチの位置で起用したが、これで一応は結果が出た。

DF山口智とDFバヤリッツァのCBコンビではかなり苦しいと思うので、「CBの組み合わせ」が当面の注目ポイントと言える。その他では群馬から加入したFWダニエル・ロビーニョがここまで全くいいプレーを出来ずにいる点が不安材料である。3節以降はスタメンで起用されており、和田監督はかなり我慢して長時間プレーさせているが、5節までで彼らしいスピードやドリブルを見せたシーンは皆無に近い。




大宮アルディージャ 2勝1敗2分け 5得点/5失点

 → 優勝候補の筆頭と目されていたが2勝1敗2分け。勝利した1節の金沢戦(H)は後半終了間際にMF家長が決勝ゴールを挙げたが、「辛勝」と呼ぶにふさわしい試合で、2対1で勝利した3節の京都戦(H)もDF河本の決勝ゴールが決まったのは後半の終了間際だった。ここまでの2勝はいずれも終了間際に決勝ゴールが生まれており、過去5試合はいずれも試合の終盤までどうなるのか分からない拮抗した試合だった。

2節以降、FWムルジャとMF家長の両輪を欠いて戦っている影響は大きい。FWムルジャは5節の岡山戦(A)でベンチ入りを果たして途中出場したが、MF家長は4試合連続欠場となった。代わりにFW富山やFW清水慎やMF横谷などが起用されており、MF横谷は4節の札幌戦(H)は直接FKで同点ゴールを決めるなど相当な存在感を発揮しているが、FW富山やFW清水慎は「期待に応えている。」とは言い難い。

同様に左SHで起用されることの多いMF泉澤もここまで低調である。FWムルジャとMF家長が攻撃の軸であり、この2人が揃ってスタメンでプレーできる状態になれば全く違ったチームになると思うが、「第3の男」や「第4の男」は絶対に必要で、FW富山とFW清水慎とMF泉澤の3人のレベルアップは不可欠と言える。FWムルジャとMF家長は計算できる選手なので、この3人が今シーズンの大宮のキーマンと言える。

一方の守備陣はまずまずと言える。浦和から加入したGK加藤は1対3で敗れた2節のC大阪戦(A)こそやや不安定だったが、3節の京都戦(H)ではFW大黒のPKをストップするなどここまではいいプレーをたくさん見せている。得意のフィードでも貢献しており、FC東京から加入したGK塩田とのポジション争いは一歩リードしている。その他ではセットプレーからすでに2ゴールを挙げているDF河本の活躍も目立っている。

強豪との対戦が多くて、かつ、両輪がいない試合がほとんどだった中、5試合で勝ち点「7」というのは悪くないが、「引かれた相手をどう崩すのか?」が当面の課題と言える。J1のステージで大宮を相手にしたとき、「引いて守るチームはほとんどない。」と言えるが、J2のステージになると話は変わってくる。「守備的に戦うチームとの対戦に慣れていない。」と言えるので、序盤戦はそのあたりで苦労する可能性がある。




徳島ヴォルティス 1勝2敗2分け 4得点/6失点

 → ここまでわずか1勝のみ。J1のステージで3勝26敗5分けと負けまくったダメージが残っているのか、スタートダッシュには失敗した。結果が出ていないだけでなく、内容も低調で、「まずまず出来が良かった。」と言えるのは、一時は2対0とリードした5節の熊本戦(A)の前半のみ。後半終了間際に新加入のMF木村祐が決勝ゴールを決めて1対0で勝利した3節のFC岐阜戦(H)も内容は良くなかった。

オフの補強は大成功した。FW佐藤晃が復帰して、FW長谷川悠が加わって、FW津田がいて、FWキム・ジョンミンもいる。タイプの異なる大型フォワードを3枚も有しており、「今シーズンの徳島の最大の強み」と言えたフォワード陣も今のところは期待以下のパフォーマンスと言える。怪我等の影響もあって「フォワードの軸を誰にするのか?」が定まっていな状態で、小林監督の悩みの種になっている。

チームとしても低調で、個人としても低調な出来の選手が多い中で、キーパーのGK長谷川徹と新加入のMF木村祐の2人のプレーは目立っている。攻め込まれる機会が多いのでGK長谷川徹の仕事量は多いが、今シーズンは相当な数の決定機をビッグセーブで防いでいる。中でも4節の栃木SC戦(A)のGK長谷川徹のプレーは圧巻で、試合は1対2で敗れたが、当サイトが選出するJ2の4節のMVPに選出したほどである。

攻撃陣は「MF木村祐が孤軍奮闘している。」と言っていいレベルである。なかなか攻撃の形を作れずにいるが、彼がいい形でボールを触ったときは高確率でチャンスにつながっている。気の利いたパスで味方選手の良さを引き出すシーンが多くて、2列目の軸になりそうな雰囲気もある。「開幕から2試合勝ちなし」で迎えた3節のFC岐阜戦(H)の後半終了間際の決勝ゴールは劇的だった。

J1で失った自信を回復するためにはまだ時間がかかるのではないかと思うが、G大阪から期限付きで加入してきたDF内田裕の使い方がキーになるのではないか。1節と2節は左SBのスタメンで、3節と4節はベンチスタートで、5節の熊本戦(A)は左SHだった。「守備力を考慮してDF藤原広」という選択肢もあるとは思うが、「(守備面は)我慢してDF内田裕を左SBで起用するのがベター」と言えるのではないかと思う。


関連エントリー

 2014/12/10  番狂わせ多発のJ2のプレーオフ制度はこのままでいいのか?
 2014/12/13  本当に「セレッソブーム」は起こっていたのか?を検証してみた。 (上)
 2014/12/13  本当に「セレッソブーム」は起こっていたのか?を検証してみた。 (下)
 2015/01/02  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (札幌・水戸・栃木SC・群馬・大宮・千葉編)
 2015/01/03  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (東京V・横浜FC・金沢・磐田・FC岐阜・京都編)
 2015/01/03  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (C大阪・岡山・徳島・讃岐・愛媛FC編)
 2015/01/04  【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (福岡・北九州・長崎・熊本・大分編)
 2015/03/06  【J2】 2015年開幕直前 順位予想まとめ (参加者数:166名)
 2015/03/07  【J1】 2015年開幕直前 順位予想まとめ (参加者数:304名)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月20日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)

02月20日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)

02月20日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: