アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)
 2017/07/26 【J1】 ゴール量産中のMF杉本健勇(セレッソ大阪)は覚醒なのか?確変なのか?
 2017/07/26 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (ジュビロ磐田・ガンバ大阪編)

 2017/07/26 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×ウズベキスタン】 宇佐美貴史は代表のエースになることはできるか? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ JALチャレンジカップ

JALチャレンジカップの日本代表とウズベキスタン代表の試合は東京スタジアムで開催された。普段は「味の素スタジアム」と呼ばれているが、国際試合のときはもともとの「東京スタジアム」という名前で呼ばれることになる。ハリルホジッチ監督になって2試合目となるが、初陣となったチュニジア戦(@大分スタジアム)は後半にFW岡崎慎とMF本田圭がゴールを決めて日本が2対0で勝利している。

日本は「4-2-3-1」。GK川島。DF内田篤、昌子、森重、酒井高。MF今野、青山敏、本田圭、香川、乾。FW岡崎慎。チュニジア戦のメンバーからは総入れ替えとなって、GK川島、DF内田篤、MF本田圭、MF香川、FW岡崎慎などがスタメン出場となった。鹿島のDF昌子はこれまでに何度か日本代表に召集されていたが、国際Aマッチ初出場となった。MF宇佐美、FW川又、MF柴崎岳などがベンチスタートとなった。

■ 5対1で大勝して2連勝

試合は開始6分に日本が先制する。CKから相手キーパーがパンチングではじいたボールを拾ったボランチのMF青山敏がかなり距離のあるところからロングシュートを放つと、これが鮮やかにネットに吸い込まれて日本が先制に成功する。広島のMF青山敏は代表初ゴールとなった。その後はウズベキスタンにボールを回されて攻め込まれる時間帯もあったが、1対0と日本がリードして折り返す。

迎えた後半9分に日本はカウンターから左SBのDF太田宏がピンポイントクロスを上げると、ファーサイドに待っていたFW岡崎慎が代名詞と言えるダイビングヘッドを決めて2点目を挙げる。さらに後半34分には相手のCKの流れから途中出場のMF柴崎岳が相手キーパーが大きく飛び出している隙を見逃すことなく超・ロングシュートを決めて3対0とリードを広げる。MF柴崎岳は代表通算3ゴール目となった。

後半37分にCKからDFトゥフタフジャエフに決められて1点を返されるが、直後の後半38分にMF大迫のパスを受けたMF宇佐美が中央をドリブルで切り裂いてから右足で決めて4点目を挙げると、後半45分には同じく途中出場のFW川又がヘディングシュートを決めて5点目。MF宇佐美とFW川又は嬉しい代表初ゴールとなった。結局、5対1でウズベキスタンに大勝した。ハリルジャパンはこれで2連勝となった。

■ 守備はあまり機能しなかったが・・・。

相手のウズベキスタンもかなりチャンスを作った。持ち味の技術の高さを駆使して、しっかりとボールを保持して日本の守備の穴を突いてきた。ウズベキスタンがシュートチャンスを迎える場面は多かったので、「内容的には5対1という大差がつくほどの差はなかった。」と言えるが、チュニジア戦と同様で途中出場の選手が活躍。6月にスタートするW杯予選に向けて弾みの付く試合になった。

前回のチュニジア戦は途中出場したMF本田圭、FW岡崎慎、MF香川などずっと日本代表を支えてきた選手の活躍が目立ったが、この日は一転して新戦力あるいは若手選手の活躍が目立った。チュニジア戦の後は「新しい選手が出てこないのは問題だ。」、「経験のある選手が活躍しただけ。」と苦言を呈する人もいたが、この日はMF宇佐美、MF柴崎岳、FW川又などが活躍。収穫の多い試合になった。

結果は文句なしで、スコアも文句なしと言えるが、守備があまり機能しなかったのは気になるところである。チュニジアと比べるとウズベキスタンはテクニックのある選手が多くて、「日本のプレスがはまるのか、はたまた、ウズベキスタンが日本のプレスをかいくぐってチャンスを作るのか。」がこの試合の見どころの1つだったが、残念ながら後者だった。日本のプレスがはまらないシーンが多かった。

相手側の事情であったり、日本の選手のコンディションの問題もあるので、単純には比較することはできないが、前線からの守備ならびに中盤の守備に関してはチュニジア戦のスタメン組の方がかなり良かったと言える。速い攻撃を仕掛けるためには中盤でいい守備をしてボールを奪わないと話にならないが、FW岡崎慎とMF本田圭とMF香川とMF乾の組み合わせて守備がなかなか機能しなかったのは誤算と言える。

■ 圧巻だった宇佐美貴史のゴール

結局のところ、いい守備ができなかったので、なかなかいい攻撃にはつながらなかった。前半6分にMF青山敏のゴールで先制した後は、どちらかというとウズベキスタンのペースだった。ヤキモキする展開になったが、この日はいいところで日本のゴールが生まれた。いいリズムで攻撃をしているにも関わらずゴールが遠い試合もあるが、この日は全く逆で、苦しい時間帯にチームを楽にするゴールが生まれた。

「チャンスシーンを確実に仕留めた。」という点は評価できる。「5ゴール全てがいいゴールだった。」と言えるが、圧巻だったのは後半38分のMF宇佐美のゴールである。MF大迫のパスを受けたMF宇佐美は相手DFが3・4人ほどいる中をドリブルで割って入って記念すべき代表初ゴールを記録した。ドリブルがまず見事で、最後のシュートも正確だった。MF宇佐美らしいゴールだったと言える。

今回の2連戦はハリルホジッチ新監督の選手起用や采配にもっとも注目が集まったが、個々の選手ではMF宇佐美に期待する声が多かった。「ダントツで彼に期待する人が多かった。」と言えたが、この2試合は期待通りか、それ以上の活躍を見せたと言える。MF乾やMF武藤嘉やMF永井謙などがライバルとなるのでポジション争いは熾烈であるが、今回の2連戦でもっともアピールできた選手の1人と言える。

■ 守備力や運動量に問題を抱えている宇佐美貴史

多くの人が指摘するとおり、MF宇佐美は守備力や運動量に問題を抱えている。ユースの頃からあまり動くタイプではなかったが、スタミナが豊富とは言えないので、意図して動き回ろうとすると攻撃の部分に力を注ぐことができなくなる。結果として攻撃面でのクオリティーが落ちてしまう。(バイエルン時代は仕方がないとして、)この点がホッフェンハイムでも活躍できなかった理由の1つと言える。

アスリート能力が低いはずはないので、試合をこなす中で体力が付いてくると「運動量や守備の面でも問題ない。」と言えるレベルに到達できると思うが、G大阪の中ではそれほどガムシャラに動かなくても大丈夫な役割や立場で、もっと言うと、必要以上に守備をすることなく前目に残っていたほうが相手の脅威になることもあって、試合の中で体力面などをレベルアップさせるのが難しい環境だった。

ということもあって、リーグ戦やカップ戦でゴールを量産していたにも関わらず、アギーレ監督には認められなかった。なかなかフル代表に招集されなかったが、幸いにして、本人は変わろうとする意識があるので、徐々にではあるが、体力面も、守備面もレベルアップしている。少なくともこの2試合に関しては(途中出場ということも大いに関係していると思うが、)運動量や守備力の問題はほとんど感じられなかった。

■ 宇佐美貴史は代表のエースになることはできるか?

当然のことながら、爆発的な攻撃センスはスーパーサブでも生きると思うが、これだけ才能を持った選手なので、「できる限り、長い時間プレーしてもらいたい。」と誰もが思うだろう。今回の2連戦は途中出場で大きな存在感を示したが、次はスタメンで、しかも、普段のG大阪のときは異なる左サイドハーフというポジションで起用されてどこまでできるのか?が大きな注目ポイントになる。

今回の2連戦はいずれも途中出場だった。いろいろな見方ができると思うが、個人的には「(ハリルホジッチ監督が)大事に使っている。」という印象を持った。MF武藤嘉であったり、MF永井謙であったり、MF乾と比べると(現時点では)運動量や守備意識でかなり見劣りする。今の時点で長い時間プレーさせるとある程度はボロが出たと思うが、途中出場になるとそういったマイナス要素は見えにくくなる。

ハリルホジッチ監督は「まずは代表の雰囲気に慣れさせて、活躍しやすいシチュエーションで起用して、少し自信がついたところで長時間プレーさせる。」という考えを持っているのではないかと思うが、今のところは順調に来ている。仮に次の日本代表の試合がW杯予選になった場合、MF宇佐美をスタメンで起用するのはかなりの勇気が必要になるが、この2試合で彼に賭けてもいいくらいのプレーは見せた。

ザックジャパンとアギーレジャパンではFW岡崎慎とMF本田圭とMF香川の3人が攻撃の中心だった。(怪我等がない限り、)ほとんどの試合でスタメンで起用されており、「彼らのポジションはほぼ安泰」と言えたが、今後、この3人と並び立つか、この3人を上回るような若手アタッカーが出てこないと日本代表がさらに上にレベルに達することはできないし、2018年のロシアW杯への希望が見えてこない。

ただ、ハードルはかなり高い。欧州リーグと日本代表での実績で、「この3人を確実に上回っている。」と言える選手は歴代の日本人選手を思い出してもほとんどいない。いい勝負ができるのはMF中田英とMF中村俊の2人であるが、この2人でさえ、「確実に上回っている」とは言えない。高い壁と言えるが、MF宇佐美はこれらの選手たちを上回る可能性を秘めた数少ない日本人アタッカーと言える。


★ 現在の投票数 → 1426票

   → 選手を選択してから左下の「投票」のボタンをクリックしてください。
   → 最大で5人まで投票することができます。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
   → 記事内容に関係のないコメント(政治的な内容も含む。)はご遠慮ください。



関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#14)
 2008/08/12  【U-16日本×U-16ルーマニア】 天才・宇佐美貴史の未来(生観戦記#12)
 2011/06/03  宇佐美貴史 バイエルン移籍?に関して
 2011/07/15  【G大阪×神戸】 宇佐美貴史 世界を魅了せよ!!! (生観戦記#2)
 2014/09/10  フットボールチャンネルの「どこよりも早い採点」に対するモヤモヤ感
 2014/12/15  G大阪のFWパトリックが活躍できたのはJリーグのレベルが下がったからなのか?
 2014/12/16  「宇佐美貴史はもう少し試合中に走った方がいいのでは?」という話
 2015/02/26  「Jリーガーが対戦して凄いと思った選手」 ~ 5位は中村憲剛、4位は家長昭博、3位は宇佐美貴史、1位と2位は・・・。~
 2015/02/27  「Jリーガーが一緒にプレーしてみたい選手(日本人編)」 ~ 5位は本田圭佑、4位は中村憲剛、3位は中村俊輔、2位は遠藤保仁、1位に輝いたのは・・・。
 2015/02/28  「Jリーガーが一緒にプレーしてみたい選手(外国人編)」 ~ 1位はメッシ、2位はクリロナ、3位はイニエスタ、4位と5位は?~




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん