アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/08/15 【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話
 2017/08/16 【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)
 2017/08/17 【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?
 2017/08/17 【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)
 2017/08/17 【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%
 2017/08/18 【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位)
 2017/08/18 【Jリーグ】 サポーターから信頼されていない主審 (1位-10位)
 2017/08/19 【J1】 優勝予想:鹿島→31.2%、川崎F→25.7%、横浜FM→12.8%、C大阪&柏→10.1%
 2017/08/19 【J2】 「ザスパクサツ群馬」と「tonan前橋」と「菅原GM」の複雑すぎる関係
 2017/08/19 【Jリーグ】 一度は行きたい日本のサッカースタジアム (1位-10位)
 2017/08/20 【J2】 ザスパクサツ群馬は盗難されてしまうのか・・・。
 2017/08/20 【J2】 2017年シーズンの自動昇格争いの展望 (28節終了時点)
 2017/08/20 【J2】 2017年シーズンのプレーオフ争いの展望 (28節終了時点)
 2017/08/21 【J2】 2017年シーズンの残留争いの展望 (28節終了時点)

 2017/08/21 全記事一覧(2005年-2017年)


優秀な選手を多く生み出しているクラブ(ユース・高校)はどこか? (2014年版) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 高校のサッカー部出身が約6割を占める。

「優秀なJリーガーをたくさん輩出しているのはどのチーム(ユース・高校)なのか?」という素朴な疑問を持ったことがきっかけとなって「Jリーグ(J1)でプレーする選手が高校年代にどのチームでプレーしたのか?」を調べた企画は今年で3回目となる。これで3年分(2012年と2013年と2014年)のデータが集まったので、今年はシンプルに「過去3年間の合計」を出してみたいと思う。

 → 2012/12/20  優秀な選手を輩出しているクラブ(ユース・高校)はどこか? (上)
 → 2012/12/21  優秀な選手を輩出しているクラブ(ユース・高校)はどこか? (下)
 → 2012/12/21  優秀な選手を輩出しているクラブ(ユース・高校)はどこか? (J2編)
 → 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (上)
 → 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (中)
 → 2013/12/14  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (下)

まず最初の表1は大分類した結果をまとめたものである。このとおりで、出場時間に着目すると6割弱が高校のサッカー部出身で、約4割がJリーグのユースチーム出身となる。ここ最近は「ユース育ちの選手が増えてきている。」という印象があるが、今の段階ではまだまだ「高校のサッカー部」を経験している選手の方が多い。(ただし、今後、この数字が逆転するのは間違いないところである。)

表1. J1リーガーが高校年代にプレーしていたのは? (過去3年間の合計)
 のべ人数得点試合数出場時間(分)(%)
高校のサッカー部6711,10112,453889,76758.30%
Jリーグのユース4537108,464616,51140.40%
街クラブ195032618,0361.18%
海外クラブ27331,5070.10%
JFAアカデミー41153540.02%


■ 育成力が高いのは横浜FMと広島とG大阪

大きく分けると「高校のサッカー部」と「Jリーグのユースチーム」の2つに分けることができるが、まず最初は「Jリーグのユースチーム」に限定して話を進めていきたいと思う。下の表2はJリーグのユースチームのみで、過去3年間(2012年から2014年まで)の合計をまとめてトータルの出場時間の多いチームから順番に並べたものである。(※ 出場ゼロの選手は人数にはカウントされていない。)

このとおりで出場時間で1位になったのは横浜FMで、のべ人数と試合数も1位だった。DF栗原やMF齋藤学やGK榎本哲など今の横浜FMを支えている選手も多いが、DF丹羽竜(鳥栖)やMF水沼(鳥栖)やMF長谷川(C大阪)など他クラブで活躍している選手が多いのが特徴の1つで、キーパーからフォワードまでどのポジションもまんべんなくいい選手が出てくる点も横浜FMユースの特徴と言える。

出場時間で2位になったのは広島で、のべ人数と試合数は3位で、得点数はJリーグのユースチームの中では一番多かった。横浜FMと同様で(自クラブだけでなく)他クラブで活躍している選手が多い点が特徴で、DF駒野(磐田)、DF槙野(浦和)、DF森脇(浦和)、MF柏木(浦和)などが代表例と言える。大きなブランクもなく、ここ15年ほどは毎年のように優秀な選手を生み出している。

3位になったのはG大阪ユースだったが、結局、横浜FMと広島とG大阪の3チームは、例年、どの項目でも上位に入っており、他のJリーグのクラブと比較すると頭1つあるいは頭2つリードしている。この中で、「広島とG大阪の育成力の高さ」に関してはあらゆるところで語られているので大方の人のイメージ通りだと思うが、横浜FMに関しては意外に感じる人が多いかもしれない。

「3強」に続くのは東京Vである。東京Vは2008年にJ2に降格してからずっとJ2生活が続いている。したがって、「東京Vのユースからトップチームに昇格して東京Vのトップチームで活躍している選手」が対象外となる点は大きなハンディとなる。J1の数字をカウントしているので、全員が東京Vを離れた選手になってしまうが、そういう事情があるにも関わらず4位というのは脅威と言うしかない。

表2. 過去3年間のJ1リーガーの出場時間のランキング (ユース編)
ランクチーム名2012年-2014年主な出身選手
人数得点試合数出場時間(分)
1横浜FM4770100471,403栗原勇蔵、齋藤学、水沼宏太
2広島428482362,238駒野友一、森崎兄弟、槙野智章
3G大阪456484257,664稲本潤一、大黒将志、家長昭博
4東京V385476656,239菅野孝憲、森本貴幸、高木兄弟
5386767650,580大谷秀和、酒井宏樹、工藤壮人
6C大阪306958242,225柿谷曜一朗、山口蛍、南野拓実
7FC東京333956740,670武藤嘉紀、権田修一、李忠成
8大分211940230,741西川周作、清武兄弟、松原健
9清水242738626,934山本真希、石毛秀樹、山本海人
10千葉137132725,857佐藤兄弟、阿部勇樹、山口智
11浦和223133121,718原口元気、山田直輝、加藤順大
12磐田151826819,304太田吉彰、上田康太、山本康裕
13鹿島112224519,012曽ヶ端準、野沢拓也、土居聖真
14大宮10920215,489今井智基、金澤慎、新井涼平
15札幌121221015,186西大伍、藤田征也、奈良竜樹
16湘南11518614,244遠藤航、菊池大介、古林将太
17川崎F71915712,014永木亮太、高山薫、都倉賢
18名古屋14315310,424吉田麻也、ハーフナー・ニッキ
19新潟531007,541酒井高徳、川口尚紀、泉澤仁
20神戸7161016,732小川慶治朗、岩波拓也、松村亮
21京都36776,598角田誠、久保裕也、原川力
22福岡12241,922鈴木惇、安川有、田中佑昌
23愛媛FC30331,751吉村圭司、前野貴徳、藤直也
24仙台10225奥埜博亮


■ 全ての項目で1位となった国見高校

今度の表3は高校サッカーに限定したときのランキングである。ここでは1位から30位までを書き出しているが、トータルの出場時間で1位に輝いたのは国見高校で、それだけでなく、のべ人数も、試合数も、得点数も1位だった。上の表2のとおり、Jリーグのユースチームの中で得点数がもっとも多かったのは広島ユースで84得点だったので、114得点という国見高校はダントツの数字である。

当然、1番多いのはFW大久保(川崎F)で3年間で合計48ゴールをマークしている。2位は26ゴールのFW渡邉千(FC東京→神戸)で、3位はMF兵藤(横浜FM)の14ゴールで、4位はMF渡邉大(大宮)の9ゴールで、5位がFW平山(FC東京)で8ゴールとなる。彼らが高校に在籍していた時期は「国見卒の選手は大成しない。」、「時代遅れのサッカー」など一部からの「国見バッシング」は執拗なものがあった。

3位の市立船橋高、5位の鹿児島実業高、6位の藤枝東高、7位の静岡学園高、8位の清水商高などは伝統校と言えるが、このあたりを抑えて2位に入った流通経済大柏高はどちらかというと最近になって台頭してきた学校である。清水のFW大前と名古屋のMF田口を擁して全国制覇に輝いたときの強さは印象深い。流通経済大に進学してからプロの世界で活躍している選手もたくさんいる。

3位に入った市立船橋高はDF増嶋(柏)とFWカレン・ロバート(スパンブリーFC)が在籍していたときの人気は凄まじいものがあった。このあたりの年代の選手がたくさんプロ入りしており、今もいろいろなチームで活躍しているので、3位というのは納得できる。近年は一時と比べると勢いがなくなっているが、それでもMF中村充(鹿島)などが出てきている。キーパーやCBに優秀な選手が多いのが特徴である。

4位は前橋育英高となったが、この学校は優秀なボランチをたくさん輩出している。フランスW杯の日本代表のMF山口素が代表例と言えるが、その後も、MF青木剛(鹿島)、MF細貝(ヘルタ・ベルリン)、MF青木拓(浦和)、MF小島秀(徳島→浦和)などが出てきた。プロ入り後、同じ前橋市で活動するザスパで活躍する選手が多いのも特徴の1つで、MF松下裕(横浜FC→群馬)やMF小林竜(群馬)もOBとなる。

5位の鹿児島実業高は少数精鋭である。人数は少ないが、ほとんどの選手がチームの中心として活躍している。MF遠藤(G大阪)が代表格と言えるが、MF松井大(磐田)とDF那須(浦和)以外にもFW赤嶺(仙台→G大阪)、DF伊野波(磐田)、DF岩下(G大阪)、DF上本(仙台)が活躍している。アトランタ五輪代表チームで大活躍したMF前園(横浜Fなど)とFW城(市原)も鹿児島実業高のOBとなる。

表3. 過去3年間のJ1リーガーの出場時間のランキング (高校サッカー編)
ランクチーム名2012年-2014年主な出身選手
人数得点試合数出場時間(分)
1国見高3411477556,893大久保嘉人、徳永悠平、平山相太
2流通経済大柏高286061742,469大前元紀、林彰洋、田口泰士
3市立船橋高273250736,548カレン・ロバート、増嶋竜也
4前橋育英高263149236,053細貝萌、田中亜土夢、青山直晃
5鹿児島実業高175541733,936遠藤保仁、松井大輔、那須大亮
6藤枝東高173639731,949中山雅史、山田暢久、山田大記
7静岡学園高241038228,629大島僚太、狩野健太、吉田豊
8清水商高221537326,659名波浩、川口能活、小野伸二
9桐光学園高193735926,530中村俊輔、藤本淳吾、田中裕介
10青森山田高121426821,297柴崎岳、ロメロ・フランク、伊東俊
11星稜高76019917,186本田圭佑、豊田陽平、鈴木大輔
12習志野高91621716,234玉田圭司、栗澤僚一、守田達弥
13東海大五高81519014,675藤田直之、末吉隼也、清水航平
14奈良育英高9115212,924楢崎正剛、北本久仁衛
15麻布大学附属高62716112,848太田宏介、小林悠、小野寺達也
16金光大阪高4012110,716林卓人、斉藤大介、中村太亮
17帝京高131121110,682中田浩二、田中達也、関口
18滝川二高121917810,255岡崎慎司、加地亮、金崎夢生
19山形中央高61212210,063菅井直樹、渡部博文
20前橋商業高671169,443高橋秀人、岩上祐三
21熊本国府高611159,342藤本康太、西弘則、六反勇治
22広島皆実高541039,264森重真人、渡大生、朝日大輔
23三重高361029,180水本裕貴
24帝京三高511119,154西部洋平、亀川諒史、宮沢正史
25三郷工高361019,039中澤佑二
26鵬翔高5371278,993興梠慎三、増田誓志
27日生学園第二高33978,654千葉和彦、尾崎瑛一郎
28初芝橋本高811118,400酒本憲幸、岡山一成、辻尾真二
29大船渡高36978,374小笠原満男
30琴丘高661208,113播戸竜二、増川隆洋


■ 30位までに入らなかった名門校というと・・・。

上の表3は1位から30位までのチームを記述しているが、いくつかの有名な高校が漏れているので、31位以下で気になったチームをピックアップしてみた。それが表4である。意外に感じるのは東福岡高校で、出場時間は46位と平凡だった。インテルのDF長友はJリーグを飛び越えて海外リーグで活躍しているが、DF長友よりも下の世代というのは絶頂期と比べるとやや小粒になっている。

セクシーフットボールで一世を風靡した野洲高校も58位と低めの順位である。こちらもMF乾はJリーグからドイツに渡っているが、他にはMF村田和(清水)とMF楠神(C大阪)が目立つ程度で、「野洲のOBがJ1で大活躍している。」という流れにはなっていない。MF乾が2年生のときに全国制覇を成し遂げたが、当時の中心選手だったMF青木孝(群馬→未定)も含めて、J2が主戦場になっている選手が多い。

小倉・中西・中田を擁して日本一に輝いた四日市中央工高は冬の選手権ではまずまず安定した成績を残しており、五輪世代のFW浅野(広島)が大きな期待を集めているが、近年、J1で活躍している選手は少ない。もっとも意外に感じるのが清水東高校で、DF内田篤(シャルケ)がいて、FW荒田やMF菊岡などはJ2で活躍しているが、過去3年でJ1でプレーしたのはFW高原(当時・清水)のみとなる。

こうしてユースや高校のOBの顔ぶれを見ていくと、高校のチームの方がOBの特徴がはっきりしている。国見高はフィジカルの強い選手が多くて、野洲高や静岡学園高はテクニシャンが多くて、前橋育英高はボールを捌くことができるボランチが多くて、市立船橋高は統率力のあるCBが目立つ。(※ プロの世界に進むことができた選手に限らず、そういう特徴を持った選手は継続的に出てくる印象がある。)

対してユースチームは目立った傾向はない。その理由として、同ポジションで、年が近くて、似たタイプの選手をトップチームに2人・3人と送り出しても、トップチームの強化につながらないという点が挙げられる。高校の場合、卒業後の進路先は分散されるので、同タイプの選手を何年か続けて輩出することで生じる問題は何もないが、ユースになると問題ありで、この点はユースの育成の難しさである。

表4. トータルの出場時間が31位以下だった主なチーム (高校サッカー限定)
ランクチーム名2012年-2014年主な出身選手
人数得点試合数出場時間(分)
33作陽高46947,868青山敏弘、櫻内渚、平岡翼
35大津高1041097,438巻誠一郎、植田直通、豊川雄太
40韮崎高491017,017羽中田昌、中田英寿、柏好文
41八千代高981437,007羽生直剛、米倉恒貴、山崎亮平
46東福岡高971195,961本山雅志、長友佑都、古賀正紘
54鹿児島城西高228655,359大迫勇也、大迫希、吉井孝輔
58野洲高9111515,069乾貴士、村田和哉、楠神順平
63立正大淞南高714944,184岡野雅行、金園英学、松田兄弟
71四日市中央工高70573,485小倉隆史、中西永輔、坪井慶介
98富山第一高36491,848柳沢敦、中島裕希 、西野泰正
118清水東高1118627杉山隆一、高原直泰、内田篤人、
129東海大一高106346澤登正朗、森島寛晃、伊東輝悦、
132武南高206291上野良治、室井市衛、大熊裕司


関連エントリー




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


08月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

08月21日
【J2】 2017年シーズンの残留争いの展望 (28節終了時点)

08月20日
【J2】 2017年シーズンのプレーオフ争いの展望 (28節終了時点)

08月20日
【J2】 2017年シーズンの自動昇格争いの展望 (28節終了時点)

08月20日
【J2】 ザスパクサツ群馬は盗難されてしまうのか・・・。

08月19日
【Jリーグ】 一度は行きたい日本のサッカースタジアム (1位-10位)

08月19日
【J2】 「ザスパクサツ群馬」と「tonan前橋」と「菅原GM」の複雑すぎる関係

08月19日
【J1】 優勝予想:鹿島→31.2%、川崎F→25.7%、横浜FM→12.8%、C大阪&柏→10.1%

08月18日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されていない主審 (1位-10位) ~2位:扇谷健司さん、1位:家本政明さん~

08月18日
【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位) ~3位:吹田スタジアム、2位:埼玉スタジアム、1位は・・・。~

08月17日
【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%

08月17日
【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)

08月17日
【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

08月16日
【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?

08月15日
【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話

08月15日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位) ~3位:MF原輝綺(新潟)、2位:MF市丸瑞希(G大阪)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~

08月13日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~

08月13日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) ~3位:FW清武功暉(千葉)、2位:FWウェリントン(福岡)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWムルジャ(湘南)、2位:MFガブリエル・シャビエル(名古屋)、1位は・・・。~

08月11日
【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWパトリック(広島)、2位:FWジェイ(札幌)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~

08月10日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (フォワード編) ~3位:FW杉本健勇(C大阪)、2位:FWクリスティアーノ(柏)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (アタッカー編) ~3位:MF小林悠(川崎F)、2位:MF中村憲剛(同)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎F)、2位:MFソウザ(C大阪)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (左SB/WB編) ~3位:DF永戸勝也(ベガルタ仙台)、2位:DF吉田豊(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (CB編) ~3位:DF中谷進之介(柏)、2位:DFマテイ・ヨニッチ(C大阪)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(C大阪)、2位:MF関根貴大(浦和)、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:山口、2位:長崎、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (キーパー編) ~3位:GKカミンスキー(磐田)、、2位:GKチョン・ソンリョン(川崎F)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(コンサドーレ札幌)、2位:MF高木彰人(ガンバ大阪)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 ノビシロの大きなクラブ (1位-10位) ~3位:柏レイソル、2位:セレッソ大阪、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 守備力が高いSB (1位-10位) ~3位:DF徳永悠平(FC東京)、2位:DF小林祐三(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 選手補強の上手なクラブ (1位-10位) ~3位:浦和、2位:広島、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されている主審 (1位-10位) ~3位:東城穣さん、2位:家本政明さん、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘に長けたクラブ (1位-10位) ~3位:コンサドーレ札幌、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 下部組織出身が充実しているクラブ (1位-10位) ~3位:セレッソ大阪、2位:ガンバ大阪、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 フロントが優秀なクラブ (1位-10位) ~3位:サンフレッチェ広島、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ボール奪取力に優れたボランチ (1位-10位) ~3位:MF井手口陽介(ガンバ大阪)、2位:MF今野泰幸(同)、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位)

08月03日
【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位)


08月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん