アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |

thumbnail_sports_tips_728x90_4[1]





最近のエントリー (15記事)

 2018/06/14 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)
 2018/06/15 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)
 2018/06/15 【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート
 2018/06/15 【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。
 2018/06/16 【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。
 2018/06/17 【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。
 2018/06/17 【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ
 2018/06/17 【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。
 2018/06/17 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)
 2018/06/18 【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)
 2018/06/18 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)
 2018/06/18 【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。
 2018/06/19 【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。
 2018/06/19 【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1953  2018/05/29  FC岐阜 vs 新潟、東京V vs 愛媛FC、水戸 vs 福岡、千葉 vs 熊本
 #1954  2018/05/31  U-21日本 vs U-20トルコ 採点&寸評 (トゥーロン国際:1戦目)
 #1955  2018/06/01  徳島 vs 松本山雅、山形 vs 金沢、甲府 vs 大分、山口 vs 讃岐
 #1956  2018/06/02  日本 vs ガーナ 採点&寸評 (キリンチャレンジカップ2018)
 #1957  2018/06/03  U-21日本 vs U-19ポルトガル 採点&寸評 (トゥーロン国際:2戦目)
 #1958  2018/06/04  千葉 vs 山口、金沢 vs 京都、FC岐阜 vs 水戸、C阪U-23 vs G大阪U-23
 #1959  2018/06/06  U-21日本 vs U-21カナダ 採点&寸評 (トゥーロン国際:3戦目)
 #1960  2018/06/07  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (上)
 #1961  2018/06/08  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (中)
 #1962  2018/06/09  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (下)

 #0000  2018/06/09 全記事一覧(2005年-2018年)


冬の選手権のPK戦の勝率が高い都道府県はどこか?1位が栃木、2位が山形、3位が高知。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ PK戦の歴史は意外と浅い。

ちょっと前のエントリーでは『PK戦の歴史は意外と浅い。』と記述した。主要な国際大会で初めてPK戦が採用されたのは1976年の欧州選手権のときだったが、それでは冬の選手権はいつ頃からPK戦を採用しているのか?気になったので調べてみると、1974年の52回大会からPK戦が行われている。それまではどのようにして勝ち上がりのチームを決めていたのかというと「抽選」を行って決めていた。

「抽選」によって敗退が決まって、高校サッカーが終了となるのは精神的にキツイものがあると思うが、抽選で決まるようになったのはいつからなのか?これははっきりとは分からなかったが、戦前の大会は同点の場合は「CKの本数が多かったチーム」が勝ち上がるというルールで、CKの本数も同じだった場合はゴールキックの数で勝ち上がりチームを決めていたという。(少ない方が勝ち上がりとなる。)

「CKやゴールキックの本数で勝敗を決めていた。」というのはなかなか面白い話だと思うが、PK戦に関するエピソードというのはいくつかある。有名なのは「(西)ドイツはPK戦に強い。」という話で、主要な大会でPK戦で敗れたのは1976年の欧州選手権の決勝のチェコスロバキア戦のみ。これ以降はW杯でも、欧州選手権でも、PK戦では負けておらず、現在のところ、「5連勝中」と勝負強さを発揮している。

■ PK戦に突入した試合数

もちろん、PK戦の勝敗というのはキーパーの能力とキッカーの技術が大きく関係してくるので、「運」あるいは「精神力」が影響する度合いは大きくはないが、それでも、全く関係がないわけではない。「ゲルマン魂」と言われる(西)ドイツの例を考えると分かるとおり、特に精神的に強いのか?精神的に弱いのか?はPK戦の勝敗を左右する1つのファクターになっている。これは、おそらく、間違いないだろう。

日本にも「県民性」という言葉があるとおり、各都道府県に住む人によって性格や行動や志向などに違いがあることはよく知られている。冬の選手権は各都道府県の代表校が日本一をかけて争う場であるが、幾分かであったとしても、精神的な強さ(or 弱さ)がPK戦の勝敗にかかわって来るのであれば、選手権のPK戦の勝敗を調べてみると面白い結果が得られるのではないか?と思ったのでまとめてみた。

まずは試合数である。表1はPK戦に突入した試合数が多い都道府県のベスト10で、表2はPK戦に突入した試合数が少ないチームのベスト10である。一番多かったのは東京都だったが、これは当たり前のことで、東京都はA代表とB代表の2校が出場できるので、そもそもの試合数が他とは違っている。(※ ちなみに、原則として1都道府県1代表制になったのは1983年度の第62回大会からである。)

逆にPK戦に突入した試合数が少なかったのは島根県で5試合だけ。以下、高知県と香川県が7試合で、山形県と秋田県と鳥取県が8試合で、長野県と岐阜県が9試合となっている。やはりと言うべきか、サッカーがそれほど盛んではない県が上位にランクしている。実力が同程度で、かつ、拮抗した展開にならないとPK戦にはならないが、実力的に劣る場合はPK戦の前に決着が着いてしまう。

表1. PK戦に突入した試合数の多かった都道府県 (ベスト10)
(都道府県名)合計(試合数)
1東京都31
2広島県23
3千葉県22
4静岡県21
5京都府20
5大阪府20
7兵庫県19
7神奈川県19
9三重県18
9埼玉県18
9石川県18
9長崎県18
9愛知県18


表2. PK戦に突入した試合数が少なかった都道府県 (ベスト10)
(都道府県名)合計(試合数)
1島根県5
2高知県7
2香川県7
4山形県8
4秋田県8
4鳥取県8
7長野県9
7岐阜県9
9沖縄県10
9奈良県10
9佐賀県10


■ 最も勝率が高かったのは?

今度の表3は勝率である。何だかんだで「50%」付近に収束している都道府県が多いのかと思っていたが、都道府県によってかなりのバラつきがある。また、静岡県であったり、埼玉県であったり、千葉県であったり、神奈川県であったり、長崎県であったり、高校サッカーが盛んで、代表校が選手権の上位に食い込むことが多い都道府県の勝率が高いのかと思ったが、そういうわけでもない。

1位になったのは栃木県で13試合で10勝3敗。76.9%という高い勝率を誇っている。「栃木県の男性は精神的に強い人や勇気を持った人が多いのか?」と考えて、栃木県の県民性を「とことん県民性」というサイトで調べてみたが、『渋めのいぶし銀タイプ。恥ずかしがり屋が多い。正直で真面目、律儀で堅実。慎重すぎるきらいがある。』となっており、何とも言えない微妙な答えである。

2位になったのは山形県で8試合で6勝2敗、3位になったのは高知県で7試合で5勝2敗だった。同様に県民性を調べてみると、山形県の男性は『金銭感覚はシビアで、恋愛中であっても無駄な出費は避けるほど。やや気が小さく、口数も少ない。』で、高知県の男性は『頑固で強情で、権威に屈せず、妥協しないタイプ。勝気でギャンブル好きな人も多く、プライドも高い。』と記述されている。

高知県の県民性は「PK戦の勝率が高いこと。」に少しは関係しているのかと思うが、山形県の県民性は「やや気が小さい。」なので、どちらかというと勝負の場ではマイナスに作用しそうな性格である。4位は三重県と宮崎県と青森県と長野県の4つで、8位が山梨県、9位が愛知県、10位が兵庫県となっているが、このあたりの都道府県の勝率は60%台なので、平均の50%を大きく上回っている。

表3. 都道府県別のPK戦における勝率 (ベスト10)
ランク都道府県合計勝率
1栃木県1310376.9%
2山形県86275.0%
3高知県75271.4%
4三重県1812666.7%
4宮崎県1510566.7%
4青森県128466.7%
4長野県96366.7%
8山梨県1711664.7%
9愛媛県117463.6%
10兵庫県1912763.2%


■ 最も勝率が低かったのは?

表4は逆にPK戦の勝率が低かった都道府県である。不名誉な1位に輝いたのは岩手県で13試合で3勝10敗。勝率は23.1%と散々である。一応、岩手県の県民性も調べてみたが、『盛岡など内陸北部は粘り強い努力家。消極的で口数は少なく、やや頑固。とっつきは悪いが付き合っていくうちに人柄がにじみ出てくるタイプが多い。』となっている。岩手県は内陸北部と内陸南部と沿岸部で性格は異なるようだ。

ワースト2位は秋田県と鳥取県で勝率は25.0%だった。ワースト1位が岩手県で、ワースト2位タイが秋田県なので、「東北のチームはPK戦に弱いのか?」と考えたが、前述のとおり、山形県は75.0%で2位で、青森県は66.7%で4位タイなので、東北地方といっても様々である。その他の地域も確認したが、「○○地方は勝率が高い。」、「○○地方は勝率が低い。」というような分かりやすい傾向はなかった。

興味深かったのは大阪府の勝率が非常に低かったことで、20試合で6勝14敗なので30.0%だった。これはワースト5位タイで、PKでの14敗というのは東京都と並んで最多となる。ただ、先のとおり、東京都はA代表とB代表の2つがあって試合数が非常に多い。東京都は31試合で17勝14敗なので、同じ14敗ではあるが、20試合で6勝14敗の大阪府とは勝率は全く違っている。

大阪府の県民性(府民性)に関しては改めて言うまでもないと思うが、『金に細かいというイメージがあるが、正確にはコストパフォーマンスにこだわるタイプ。価値があれば金払いはいい。明るく話し上手、バイタリティーもある。新しいもの好きの遊び上手。目立ちたがり屋で、ややマナーに欠ける傾向も。』と記されている。「肝が据わっている人が多い。」というイメージもあるが、PK戦の勝率は極めて悪い。

表4. 都道府県別のPK戦における勝率 (ワースト10)
ランク都道府県合計勝率
1岩手県1331023.1%
2秋田県82625.0%
2鳥取県82625.0%
4香川県72528.6%
5大阪府2061430.0%
5奈良県103730.0%
5佐賀県103730.0%
8大分県124833.3%
8岐阜県93633.3%
10宮城県114736.4%
10新潟県114736.4%
10和歌山県114736.4%


表5. 冬の選手権のPK戦における勝率のランキング (47都道府県)
ランク都道府県合計勝率
1栃木県1310376.9%
2山形県86275.0%
3高知県75271.4%
4三重県1812666.7%
4宮崎県1510566.7%
4青森県128466.7%
4長野県96366.7%
8山梨県1711664.7%
9愛媛県117463.6%
10兵庫県1912763.2%
11北海道1610662.5%
12埼玉県1811761.1%
13広島県2314960.9%
14沖縄県106460.0%
14島根県53260.0%
16東京都31171454.8%
17山口県137653.8%
18茨城県158753.3%
18福井県158753.3%
20福島県179852.9%
21千葉県22111150.0%
21京都府20101050.0%
21石川県189950.0%
21長崎県189950.0%
21群馬県126650.0%
21鹿児島県126650.0%
27静岡県21101147.6%
28熊本県178947.1%
29滋賀県136746.2%
30富山県115645.5%
31岡山県167943.8%
32神奈川県1981142.1%
33福岡県125741.7%
34愛知県1871138.9%
35徳島県135838.5%
36宮城県114736.4%
36新潟県114736.4%
36和歌山県114736.4%
39大分県124833.3%
39岐阜県93633.3%
41大阪府2061430.0%
41奈良県103730.0%
41佐賀県103730.0%
44香川県72528.6%
45秋田県82625.0%
45鳥取県82625.0%
47岩手県1331023.1%



関連エントリー

 2009/12/18  【書評】 前園真聖のあまり知られていないキャリアの後半戦
 2010/01/09  「わたし」が好きだったJリーガー
 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (上)
 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (中)
 2013/12/14  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (下)
 2014/01/11  『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識」』を読んで (前編)
 2014/01/12  『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識」』を読んで (後編)
 2014/07/13  日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (上)
 2014/07/14  日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (下)








| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


06月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


06月19日
【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について

06月19日
【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。

06月18日
【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。

06月18日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)

06月18日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)

06月17日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)

06月17日
【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。

06月17日
【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ

06月17日
【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。

06月16日
【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。

06月16日
【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月16日
【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。

06月15日
【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月15日
【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート

06月15日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)

06月14日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)

06月14日
【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)

06月13日
【壮行試合:日本×パラグアイ】 セレッソ育ちのゴールデンコンビが躍動する。

06月13日
【投票:親善試合】 日本 vs パラグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (中)

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (上)

06月12日
【J2】 水戸ホーリーホックの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J1】 ガンバ大阪の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J2】 京都サンガの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【移籍市場】 FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)はなぜ泥船に飛び込むのか?

06月10日
【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【J2】 愛媛FCの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【移籍市場】 「確率は0%」とは言えないFW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍

06月9日
【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月9日
【J2】 下品なヴァンフォーレ甲府&上野展裕監督にドン引きした件

06月9日
【親善試合:スイス×日本】 それほど悪くはない試合

06月9日
【投票:親善試合】 スイス vs 日本で「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月8日
【J2】 カマタマーレ讃岐の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月8日
【天皇杯:ガンバ大阪×関西学院大】 歴史的な番狂わせ。ヒーローは1年生のFW山見大登

06月8日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J3】 ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の試合後のインタビューはそこまで酷かったのか? (vs カターレ富山)

06月7日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月6日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月6日
【J3】 理解に苦しむガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の解任

06月6日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月5日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【C大阪U-23×G大阪U-23】 アタッカーとして覚醒しつつあるMF山根永遠

06月05日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【FC岐阜×水戸ホーリーホック】 J2屈指のアタッカーに成長したFW古橋亨梧

06月04日
【五輪代表】 「伸び悩み気味」に感じる東京世代のエース候補のFW小川航基(ジュビロ磐田)

06月04日
【千葉×山口】 ストライカーとして覚醒しつつあるFWオナイウ阿道

06月04日
【トゥーロン国際:日本×カナダ】 今大会で森保監督にアピールできたのは誰だろうか?

06月03日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月03日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (左SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (CB編)



06月02日
全記事一覧(2005年-2018年)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: