アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

 2017/10/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【J1】 サガン鳥栖のDF丹羽竜平のインターセプト数が凄い。 (上) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ インターセプトの本数が1位だったのは鳥栖の丹羽竜平

当サイトでは過去にも何度か「インターセプト数」に着目したエントリーを書いているが、今シーズンが終了したのでインターセプト数に着目したエントリーを書いてみたいと思う。各選手のインターセプトに関する数値は「 週刊サッカーダイジェスト増刊 2014Jリーグ総集編 2015年 2/5号 [雑誌]」から拝借しているが、「誤植の可能性」と「計算間違いをしている可能性」があることは最初に断わっておきたいと思う。

まず最初の表1は今シーズンのJ1のインターセプト数のランキングである。ここでは1位から30位までを書き出しているが、1位に輝いたのは鳥栖の右SBのDF丹羽竜で33試合に出場して36回もインターセプトを記録している。2位タイは広島のMF森崎和と神戸のMFチョン・ウヨンと新潟のMFレオ・シルバの3人で30回で、5位タイはG大阪のMF今野とFC東京のMF米本の2人で27回だった。

表1. 2014年シーズンのJ1のインターセプト数のランキング (1位から30位まで)
 選手名チーム名試合数出場時間(分)回数
1丹羽 竜平鳥栖332,91136
2森崎 和幸広島292,50830
2チョン ウヨン神戸332,95030
2レオ シルバ新潟332,97030
5今野 泰幸G大阪332,76627
5米本 拓司FC東京332,75327
7塩谷 司広島322,73526
8森脇 良太浦和332,93825
9田口 泰士名古屋292,38124
9大島 僚太川崎F282,49624
11ダニルソン名古屋272,12023
11高橋 秀人FC東京322,81923
13富田 晋伍仙台342,96822
14田中 亜土夢新潟332,68421
15谷口 彰悟川崎F302,68720
16大谷 秀和302,57919
16鈴木 大輔322,83619
16柴崎 岳鹿島343,04619
19本多 勇喜名古屋332,89818
19マルキーニョス パラナ甲府262,22018
19山本 英臣甲府332,96918
22濱田 武徳島332,97017
22六平 光成清水322,65717
22阿部 勇樹浦和343,06017
25中村 俊輔横浜FM322,46516
25丸橋 祐介C大阪332,91816
25平岡 康裕清水343,06016
25水沼 宏太鳥栖322,35616
25中村 憲剛川崎F302,54516
30中町 公祐横浜FM231,47515
30菅井 直樹仙台302,37715
30山口 蛍C大阪191,69115
30高木 俊幸清水311,91215
30高橋 義希鳥栖301,95215
30今井 智基大宮302,62615
30新井 涼平甲府322,66715
30松原 健新潟312,67915


■ 大きく2つのグループに分けることができる。

当然、チームの守り方にも左右される数字なので、「回数が多い=能力が高い」、「回数が少ない=能力が低い」というわけではないが、上位にランクインしている選手は大きく2つのグループに分けることができる。1つ目はMFレオ・シルバ(新潟)、MF今野(G大阪)、MF米本(FC東京)、MFダニルソン(名古屋)など力強さを持った選手であり、「ボール奪取力が高い選手」と認識されている選手のグループである。

2つ目はDF丹羽竜(鳥栖)やMF森崎和(広島)やMF大島僚(川崎F)などサイズやフィジカルには恵まれていないが、クレバーさやポジショニングで本数を稼ぐタイプである。前者のグループに入る選手は凄さが伝わりやすくて、「守備力が高い選手だ。」と高評価されやすいが、後者のグループは評価されにくいところもある。しかし、個の力でボールを奪い取るだけが「いい守備」ではないので注意が必要である。

そして、MFレオ・シルバやMF今野やMF米本やMFダニルソンなどがインターセプト数で上位に入って来ることは容易に予想できるが、後者のグループに組み込まれる選手が上位にランクされているとちょっと新鮮である。数字を扱うときは恣意的にならないように注意をする必要があるが、普段とは違った角度から選手を評価できるようになるケースがあって、インターセプト数はその最たる例と言える。

■ 90分あたりのインターセプト数の1位はG大阪の内田達也

上の表1は単純にインターセプトの回数が多かった選手から順番に並べているが、今度は「90分あたりのインターセプト数」を算出して1位から30位まで書き出してみた。(※ インターセプト数が5回以上の選手限定。)インターセプトの回数が1位だった鳥栖のDF丹羽竜は1.113回/90分で3位となる。非常に優秀な数値であるが、これを上回ったのはG大阪のMF内田達と神戸のMF大屋の2人である。

ちょっと意外な感じもするが、実はこの2人は去年のランキングでも上位に入っている。G大阪も、神戸も、2013年はJ2に所属したため、いずれもJ2での数字となるが、「インターセプト/90分」は神戸のMF大屋は0.905回/90分で第3位、G大阪のMF内田達は0.793回/90分で第9位だった。(ちなみに1位は神戸のMFエステバンで1.122回/90分で、2位は札幌のMF深井一で1.021回/90分だった。)

 → 2014/02/06  数字が示すMF深井一希(札幌)の凄さ (前編)
 → 2014/02/06  数字が示すMF深井一希(札幌)の凄さ (後編)

4位に入ったのは柏のボランチのMF小林祐で1.111回/90分だった。柏U-18出身のMF小林祐はプロ1年目の2013年はJ1の試合には出場できなかったが、プロ2年目の今シーズンは10試合に出場した。1994年生まれなので、リオ五輪代表チームに入って来る可能性を秘めた有望株である。昨シーズンのJ2編で「インターセプト/90分」がもっとも高かったMFエステバン(徳島)は今年はJ1編で6位になった。

表2. 90分あたりのインターセプト数のランキング (インターセプト数が5回以上の選手限定)
 選手名チーム名試合数出場時間(分)回数/90分
1内田 達也G大阪12734141.717
2大屋 翼神戸1262481.154
3丹羽 竜平鳥栖332,911361.113
4小林 祐介1048661.111
5森崎 和幸広島292,508301.077
6エステバン徳島141,101120.981
7ダニルソン名古屋272,120230.976
8小椋 祥平横浜FM191,346140.936
9中町 公祐横浜FM231,475150.915
9チョン ウヨン神戸332,950300.915
11レオ シルバ新潟332,970300.909
12田口 泰士名古屋292,381240.907
13三門 雄大横浜FM1379980.901
14米本 拓司FC東京332,753270.883
15今野 泰幸G大阪332,766270.879
16大島 僚太川崎F282,496240.865
17塩谷 司広島322,735260.856
18山口 蛍C大阪191,691150.798
19森脇 良太浦和332,938250.766
20金 珍洙新潟121,07990.751
21高橋 秀人FC東京322,819230.734
22マルキーニョス パラナ甲府262,220180.730
23高木 俊幸清水311,912150.706
24田中 亜土夢新潟332,684210.704
25高橋 義希鳥栖301,952150.692
26岡本 知剛鳥栖1991970.686
27谷口 彰悟川崎F302,687200.670
28富田 晋伍仙台342,968220.667
29小宮山 尊信川崎F181,21890.665
30大谷 秀和302,579190.663


■ クラブ別の本数で1位になったのは横浜Fマリノス

上の表2をクラブ別に見ていくと、目立つのは横浜FMである。8位にMF小椋、9位にMF中町、13位にMF三門が入っており、(表2は1位から30位までを書き出しているためこの中には登場しないが、)36位にはMF佐藤優、39位にはMF中村俊、50位にはMF富澤、78位にはDF中澤佑、89位にはMF小林祐が入っており、100位以内に横浜FMの選手が8人も顔を出している。

横浜FMの選手が目立つのは当たり前で、クラブ別のインターセプトの回数が一番多かったのは横浜FMだった。下の表3は各クラブの2013年と2014年のインターセプト数ならびに増減を示しているが、2013年は98回でリーグ12位だったので劇的な変化と言える。監督は同じで、メンバーも大きくは変わっておらず、順位は7位に落ちてしまったが、守り方は同じではなかったことが数字から分かる。

増減に着目すると、1位が川崎Fで「+43」、2位が清水で「+39」、3位が横浜FMで「+38」、4位が甲府で「+31」だった。J1は全体的にインターセプト数が増えているが、この4チームのインターセプト数がこれだけ増えているというのは興味深いところである。逆に大きく落ち込んだのは鹿島と大宮の2チームであるが、3位と躍進した鹿島に対して、大宮は16位でついに「J2降格」となった。結果は対照的だった。

表3. クラブ別のインターセプト数 (2013年と2014年の比較)
 クラブ名2013年2014年増減
1川崎フロンターレ8312643
2清水エスパルス8312239
3横浜Fマリノス9813638
4ヴァンフォーレ甲府10413531
5FC東京9211119
6サガン鳥栖12513510
7ベガルタ仙台90999
8サンフレッチェ広島1271358
8名古屋グランパス1241328
10浦和レッズ108107-1
11アルビレックス新潟140135-5
12セレッソ大阪120114-6
13柏レイソル111103-8
14鹿島アントラーズ10288-14
15大宮アルディージャ10787-20


 → 2014/12/20  【J1】 サガン鳥栖のDF丹羽竜平のインターセプト数が凄い。 (上)
 → 2014/12/21  【J1】 サガン鳥栖のDF丹羽竜平のインターセプト数が凄い。 (中)
 → 2014/12/21  【J1】 サガン鳥栖のDF丹羽竜平のインターセプト数が凄い。 (下)


関連エントリー

 2013/09/28  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (上)
 2013/09/29  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (下)
 2013/09/30  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (extra)
 2013/12/27  【J1】 セットプレーの得意なチームと苦手なチームはどこか? (攻撃編)
 2013/12/28  【J1】 セットプレーの得意なチームと苦手なチームはどこか? (守備編)
 2014/01/17  「ドリブル力」を取り戻した中村俊輔
 2014/01/19  数字で感じるMFミキッチ(広島)の凄さ (前編)
 2014/01/19  数字で感じるMFミキッチ(広島)の凄さ (後編)
 2014/12/20  クラブ別エントリー(サガン鳥栖)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: