アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/07/16 【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (前編)
 2018/07/16 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その3)
 2018/07/16 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (11位-20位)
 2018/07/17 【J1】 優勝争いの展望~サンフレッチェ広島を追うセレッソ大阪と川崎フロンターレとFC東京~
 2018/07/17 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2018/07/17 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その4)
 2018/07/18 【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (後編)
 2018/07/18 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2018/07/18 【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (01位-10位)
 2018/07/19 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/07/19 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/07/19 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その5)
 2018/07/20 【J2】 昇格争いの展望 ~現時点での本命は大宮アルディージャ、続くのは松本山雅とアビスパ福岡~
 2018/07/20 【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/07/20 【J1】 クラブ別の戦力補強の雑感 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) (2018年夏の移籍市場)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1983  2018/07/06  ブラジル×メキシコ、日本×ベルギー、スウェーデン×スイス、コロンビア×イングランド
 #1984  2018/07/07  【日本代表】 4年後のカタールW杯のメンバー23名を予想してみた。 (前編)
 #1985  2018/07/08  【日本代表】 4年後のカタールW杯のメンバー23名を予想してみた。 (後編)
 #1986  2018/07/09  フランス×ウルグアイ、ベルギー×ブラジル、スウェーデン×イングランド、クロアチア×ロシア
 #1987  2018/07/11  【J1】 後半戦の展望 (上)
 #1988  2018/07/12  【J1】 後半戦の展望 (下)
 #1989  2018/07/13  【J2】 昇格争いの展望
 #1990  2018/07/14  フランス×ベルギー、クロアチア×イングランド、新潟×FC東京、松本山雅×浦和
 #1991  2018/07/16  【ロシアW杯】 W杯を経てサッカー界はどう変わるか?
 #1992  2018/07/17  サウジアラビア×エジプト、パナマ×チュニジア、イングランド×ベルギー、フランス×クロアチア

 #0000  2018/07/19 全記事一覧(2005年-2018年)


【FC東京×広島】 吉本クンの開幕戦 (生観戦記 #3) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ Jリーグが開幕

15年目が開幕。FC東京の原博美監督の復帰戦は、ホーム・味の素スタジアムでのサンフレッチェ広島戦。開幕戦はJ1昇格後は負け知らずのFC東京だが、サンフレッチェに対しては、5年間勝ちがない、いわゆる苦手チーム。昨シーズンも、2連敗を喫している。楽な相手ではない。

春らしい天候の中、「ハラトーキョー復活」の姿を目撃しようと、たくさんの人が味の素スタジアムに足を運んだ。最寄の飛田給駅から味の素スタジアムに続く1キロほどの空間は、まさしく「サッカーがある幸せ」を感じさせる絶好のスポットである。これから始まる戦いへの期待感を膨らませたFC東京のサポーターが、足早にスタジアムへ向かう。この雰囲気は、何度体験しても素晴らしい。

味スタ①


味スタ②


味スタ③


■ 2対4の敗戦

試合は、立ち上がりはFC東京が激しいプレスから、シュートチャンスをつかむ。しかしながら、一瞬の隙を突いた佐藤寿人の先制ゴールが、前半13分に決まると、広島が立て続けに3得点をマークし、前半27分の段階で、3対0とリードした。

FC東京は、前半29分に、高卒ルーキーのDF吉本に代えて、藤山を投入し守備の建て直しを図ると、後半5分には、ルーカスのミドルシュートで1点を返す。反撃開始かと思われたが、その直後に、佐藤寿人のループシュートの跳ね返りをウェズレイが押し込んで4対1。再び広島が3点をリードとした。

その後、FC東京はセットプレーからルーカスのヘディングシュートで1点を返すものの、反撃はここまで。4対2で広島が勝利した。

■ 吉本クンの開幕戦

FC東京はCBとして高卒ルーキーの吉本を起用したが、この策が結果的には、裏目に出た。大観衆で埋まったJ開幕戦で、しかも、相手が佐藤寿人&ウェズレイというJ最高の2トップで、さらにCBでパートナーを組む徳永も、プロではサイドバックの経験がほとんどで、CBはプロでは初体験というシチュエーションは、あまりにも酷だった。

佐藤寿人への対応ミスから、2点目のゴールを許した直後には、FC東京のサポーターから「よしもと・よしもと・よしもと」という声援が送られたが、誰の目にも、ミスマッチなのは明らかだった。

佐藤寿人の2点目のゴールが決まったのが、前半18分。ボクはこの時点で、「吉本を交代させるかな?」と思った。ただ、吉本の将来を考えると、それは出来ないということも理解していた。ピカピカのルーキーを、悪いイメージだけを残したまま、前半20分で交代させることは、いくら冷徹な監督でも難しいだろう。

ただし、この試合に勝つことだけを優先させるなら、2失点目のすぐあとに、吉本を交代させたほうがよかった。結果的には、前半27分に広島の3点目が決まって、勝敗の行方はほぼ決まってしまった。

高卒ルーキーとしては、つらすぎるデビュー戦となってしまったが、彼は、このあとの数年間のFC東京の守備陣を支える存在になりうる選手である。今後、どれほどの成長を見せるかわからないが、この日の悔しい経験を必ず、生かして欲しい。将来、吉本が日本を代表するCBになったとしたら、この日の敗北は決して無駄ではなかったということの証明となる。今後に期待しよう。

味スタ④


■ 代役CB藤山の奮闘

その吉本に代わって前半29分にピッチに入ったのが、ベテランの藤山竜仁。その藤山のプレーは、あまりにも素晴らしかった。10点満点で採点するなら、「8.5」。飛び出しの能力に優れた佐藤寿人に裏のスペースを使われることを恐れた吉本が、DFラインの後ろを警戒するあまり、前へのアタックができずに、自在にトップで起点を作られたのとは対照的に、鋭い読みと鋭い出足で、再三再四、くさびのボールをインターセプトして見せて、広島の攻撃の起点となるポイントを封じて見せた。

さらに、守備だけではなく、ボールを奪ったあとの正確なフィードで攻撃の第一歩として効果的なプレーを見せた。攻撃の時には、サイドバックが高い位置を取るため2バック状態になっていたFC東京の危険なDFラインを1人で支える圧巻のパフォーマンスだった。

3点リードを許したFC東京が守備に人数を割くことなく、反撃体制に入れたのは、藤山の奮闘があったればこそ。もし、明日のスポーツ新聞の記事で、「藤山の奮闘振り」について書かれた記事と比べて、「平山開幕戦不発」という見出しの記事の方がスペースを割かれていたとしたら、日本のスポーツマスコミはおしまいである。

■ 不安いっぱいの守備陣

さて、戦前から不安視されていた茂庭&ジャーンの穴だが、確かに大きかった。コンディションが万全ではない今野と福西の活動量が十分ではなく、右サイドバック(伊野波)と左サイドバック(金沢)が攻撃参加した裏のスペースをいいように使われてしまったのが痛かった。前線からのプレスはしっかりとかかっているのだが、中途半端な攻撃で終わって相手のカウンターを受けるときの準備が、あまりにもなされていなかった。

吉本に代わって藤山が入ったことで落ち着きを取り戻したが、左右のサイドバックが頻繁にオーバーラップする攻撃サッカーを掲げるのであっても、最低限のリスクマネージメントはしておきたい。

■ 潜在能力を感じさせたFC東京の攻撃陣

守備面では不安いっぱいのスタートとなったが、攻撃陣は可能性を感じさせた。試合は2対4で敗れたものの、周りの観衆の感想は、シュートシーンが多く、大半が、「負けたけど面白い試合だった。」というものだった。攻撃サッカーを掲げる「ハラ・トーキョー」としては面目躍如の形となった。

フォーメーションは、<4-2-1-3>。右に石川、真ん中に平山、左にルーカスを配置する3トップで、梶山がトップ下に入ったが、ゲームを作る左のルーカスと、縦に突破する石川という左右のバランスも良かった。

初出場となったMF福西は、やはり巧い。相手DFに囲まれたとしても、慌てることなく味方につなぐことができるし、フリーの選手がいれば的確な判断で最善の状況で使ってあげることができる。怪我(捻挫)の影響もあって、運動量は多くなくて、ゴール前でシュートシーンに絡むことはなかったが、存在感は抜群だった。思った以上に、FC東京になじめている印象を受けた。福西の加入は、間違いなく、大きい。

■ 再考が必要な中盤の構成

攻撃陣はそれぞれが持ち味を発揮したが、ただ1人、良くなかったのが、トップ下の梶山のプレー。広島の先制点につながったシーンは、梶山のロストボールから。FWのルーカスと平山が前線でしっかりとボールをキープして起点になれるできる選手なので、トップ下の梶山にボールが渡る回数自体が少ないし、また、その必要性も感じない。なかなかボールに触れない梶山はボランチのポジションまで下がってきてボールを受けようとするが、ダブルボランチとの縦の連携もいまひとつで、ほとんど持ち味を発揮できないまま、前半でピッチを去った。

個人的な印象では、石川・平山・ルーカスという3トップであれば、トップ下はシャドーストライカータイプの選手のほうが、スムーズに事が運ぶのではないだろうか?現状だと、福西と梶山のポジションを入れ替えたほうがうまくいきそうだが・・・。

■ 調子の上がっている平山だが・・・

3トップの中央を任された平山相太。プレーは非常によかったが、やはり、明確な結果が欲しい。この試合では、2度の決定的なチャンスを含む、5本のシュートを放ったが、結局、ノーゴールに終わった。チャンスを呼び込んでいること自体は評価できるし、その中には、彼にしか出来ないようなダイナミックな飛び込みからのヘディングシュートもあり、見ごたえは十分だった。シュートシーンだけではなく、しっかりとボールを受けて起点となるプレーもできており、調子はよさそうではある。

普通の選手であればこれで問題はないが、平山は、やはりエースストライカーなのだから、得点という結果をしっかりと残していって欲しい。ヘラクレス時代を見れば分かるように、もともと、かなりの決定力を持った選手である。しかしながら、どうも、ここ最近は、決定的なシーンで枠を外すケースが目立つ。あと一歩、精進を期待したい。FC東京が上位に食い込むことができるかどうかは、平山の出来にかかっているといっても過言ではないし、また、それだけの重い責任を負わせるだけの価値がある選手である。




味スタ⑤





■ 理想的な試合運びを見せた広島

広島は、立ち上がりこそ攻め込まれたが、その時間帯をしのぐと、一気の攻勢で試合を決めてしまった。FC東京が攻撃的に出てくることを見越したプランが見事にはまった。

特筆すべきは、ウェズレイと佐藤寿人の2トップ。ともに2得点を挙げたが、それだけではなく、前線の起点となる動きとスペースメーキングが見事だった。この2人はボールを受けるときに必ずムービングしているので、彼らが動いたあとのスペースが空いている可能性が高く、この空間を前を向いた状態の柏木や森崎浩に使わせることで、チームの攻撃をスムーズに好転させた。

昨年に引き続いて、佐藤寿人は味スタで2ゴール。彼は、危険極まりないストライカーである。裏に飛び出すうまさは群を抜いている。しっかりとした得点パターンを持っているので、その形が作れさえすればゴールの可能性は一気に高まる。

■ フィードの正確さ

広島の特徴のひとつは、DFラインの人選。戸田・盛田・森崎和の3人は、いずれも本職のCBではない。彼らを抜擢している理由は、CBが攻撃の第一歩だからである。

この試合でも、フィードの精度は高かった。FC東京のDFラインからのボールに比べると、単純なクリアボールだけを見ても、きわどいスペースに供給されていくので、チャンスにつながりやすい。守備能力の低下というデメリットを補うだけのメリットが、現状では見られる。

■ ペトロビッチ流のサッカー

シュトルム・グラーツ時代にオシム監督の指導を間近で見てきたペトロビッチ監督のサッカーからは、オシムサッカーの香りが漂う。特に、攻守の切り替えの速さとチャンスと見たときの全体の押し上げの早さには、目を見張るものがある。

確かに、広島のサッカーは、「華やかなサッカー」ではない。華麗なヒールキックやスルーパスが頻発するものではないので素人受けするものではないかもしれないが、攻守ともに動きの質が高く、見ごたえのあるサッカーといえる。また、トップにボールが入りさえすると高確率でシュートシーンに結びつくので、ゴール前のシーンも多くエキサイティングである。守備的なチームだという印象は、ペトロビッチ監督になって、薄まってきている。

■ 引かれたときにどうするか?

広島のサッカーは、FC東京のように馬鹿正直に戦ってくるチームに対しては、非常に強さを発揮するだろう。問題は、相手に引かれたときに、どう崩していくか。これは、上位に進出できるか否かの分岐点である。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/513-2752cca6





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






欲しいものリスト


最近のエントリー (50記事)


07月20日
全記事一覧(2005年-2018年)

07月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


07月20日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月20日
【J2】 昇格争いの展望 ~現時点での本命は大宮アルディージャ、続くのは松本山雅とアビスパ福岡~

07月19日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その5)

07月19日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月19日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

07月18日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (01位-10位)

07月18日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

07月18日
【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (後編)

07月17日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その4)

07月17日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

07月17日
【J1】 優勝争いの展望~サンフレッチェ広島を追うセレッソ大阪と川崎フロンターレとFC東京~

07月16日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (11位-20位)

07月16日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その3)

07月16日
【ロシアW杯】 32ヵ国の中で「面白いサッカーを見せたチーム」をいくつか挙げてみた。 (前編)

07月16日
【ロシアW杯】 強かったフランス代表。立派な戦いを見せたクロアチア代表。

07月15日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

07月15日
【ロシアW杯】 32ヵ国の選手をポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (キーパー編)

07月15日
【黙祷騒動】 意味不明だった横浜FCのサポーターの行動とその意図

07月14日
【逮捕】 小田桐健一容疑者(元カマタマーレ讃岐)は「元Jリーガー」でも「元プロサッカー選手」でもない。

07月14日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (21位-30位)

07月14日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (31位-40位)

07月13日
【日本代表】 2022年のカタールW杯でのメンバー入りが期待される選手 (41位-50位)

07月13日
【J1】 残留争いの展望 (下) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~

07月13日
【J1】 残留争いの展望 (上) ~降格候補の筆頭はどこになるのか?~

07月12日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (アタッカー編)

07月12日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (ボランチ編)

07月12日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その2)

07月11日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その1)

07月11日
プロスポーツは『結果がすべて』なのか? ~ポーランド戦最後の10分間を考える~

07月11日
【ロシアW杯】 MFエムバペ(フランス代表)の遅延行為を過剰に批判するのは正しいのか?

07月10日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (左SB/WB編)

07月10日
【ロシアW杯】 スター選手から劇団員に落ちたブラジル代表のMFネイマール

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (CB編)

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (右SB/WB編)

07月09日
【ロシアW杯後】 新生・日本代表に誰が召集されるのか?を考えてみた。 (GK編)

07月08日
【日本代表】 GK川島永嗣の後継者として期待したい若手の大型キーパー・10人 (後編)

07月08日
【日本代表】 GK川島永嗣の後継者として期待したい若手の大型キーパー・10人 (前編)

07月08日
【ロシアW杯】 場違いな日の丸に嫌悪感を抱いた件 (ベルギー vs ブラジル)

07月07日
【ロシアW杯】 見苦しい行為が多かった南米勢(ブラジル・アルゼンチン・コロンビアetc.)

07月07日
【ロシアW杯】 ベルギーの強さは半端ない件 (vs ブラジル)

07月07日
【J2】 2018年の夏の移籍市場の勝ち組と負け組はどこだろうか? (前編)

07月06日
【日本代表】 結局、「ハリルホジッチ監督の解任という決断」はどう評価すべきなのか?

07月06日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (01位-10位) (フォワード編)

07月06日
【日本代表】 西野監督の後任としてふさわしいのは誰だろうか?どんな人だろうか?

07月06日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (11位-20位) (フォワード編)

07月05日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (01位-10位) (ボランチ編)

07月05日
【日本代表】 4年後のカタールW杯での活躍が期待される選手 (11位-20位) (ボランチ編)

07月04日
【J1】 2018年の夏の移籍市場の勝ち組はどこだろうか? (後編)

07月04日
【日本代表】 「後任監督選びよりも総括が先」はクレイジーな意見に思えるという話

07月04日
【日本代表】 次期キャプテンにふさわしいのは誰か?を考える。~候補は吉田麻也・香川真司・柴崎岳など~

07月03日
【日本代表】 次期監督にふさわしいのは誰か?を考える。~最有力候補は西野朗監督だが・・・~

07月03日
【W杯:日本×ベルギー】 美しく散った23人の侍たち。彼らのことを誇りに思う。

07月03日
【企画】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバー23名を予想しよう。 (現在の参加者→15名)

07月03日
【投票:ロシアW杯】 日本 vs ベルギーで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: