アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/22 【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)
 2018/02/22 【重要なお知らせ】 順位予想バトル(J1編・J2編)の締切日当日になりました。

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:530名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:222名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


松本山雅がJ1に昇格できた7つの理由 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 自動昇格圏に予想したのは8.9%の人のみ

表1と表2は当サイトがシーズン前に募集した「J2順位予想バトル2014」の集計結果である。J2編の参加者は169名だったが、松本山雅の平均予想順位は1位の磐田(=1.75位)、2位の京都(=3.74位)、3位の湘南(=4.41位)に次ぐ第4位だった。そして、122人=(72.2%)が「6位以内」に予想しているので、シーズン開幕前から「松本山雅はJ1昇格候補の1つである。」と認識されていたのは間違いない。

ただ、自動昇格圏内となる「2位以内」に予想したのは15人だけ。8.9%に過ぎないので、「プレーオフに進むことはできると思うが、自動昇格圏内に入るのは難しいだろう。」と予想した人がほとんどだった。そういう意味では大方の予想を裏切る結果になったと言えるのは間違いない。ここでは、なぜ、大方の予想を裏切って松本山雅が自動昇格を決めることができたのか?について考えてみたい。


表1. 平均予想順位 (169名分)
 クラブ名平均予想順位
1磐田1.75
2京都3.74
3湘南4.41
4松本山雅5.37
5札幌5.38
6千葉5.58
7山形6.25
8岡山8.84
9長崎9.57
10大分10.37
11横浜FC11.17
12福岡12.91
13東京V13.76
14水戸14.69
15富山15.20
16北九州15.38
17栃木SC16.78
18FC岐阜16.79
19愛媛FC17.46
20熊本17.52
21群馬19.34
22讃岐20.76


表2. 昇格圏・PO圏・降格圏の人数と割合 (169名分)
 クラブ名自動昇格圏PO圏降格圏
1磐田14787.0%16396.4%00.0%
2京都6136.1%14686.4%00.0%
3湘南4929.0%12976.3%00.0%
4松本山雅158.9%12272.2%00.0%
5札幌3319.5%11970.4%00.0%
6千葉116.5%11065.1%00.0%
7山形158.9%9455.6%10.6%
8岡山31.8%4124.3%00.0%
9長崎10.6%3017.8%00.0%
10大分21.2%1810.7%00.0%
11横浜FC00.0%158.9%31.8%
12福岡10.6%63.6%21.2%
13東京V00.0%31.8%84.7%
14水戸00.0%21.2%42.4%
15富山00.0%63.6%158.9%
16北九州00.0%00.0%95.3%
17栃木SC00.0%42.4%2615.4%
18FC岐阜00.0%42.4%2414.2%
19愛媛FC00.0%00.0%2213.0%
20熊本00.0%21.2%3218.9%
21群馬00.0%00.0%6940.8%
22讃岐00.0%00.0%12372.8%



1つ目 : ボランチのMF岩間雄大の加入

 →  戦力的に大きかったのは長崎からボランチのMF岩間を獲得できたことである。昨シーズンは6位に入ったライバルクラブの長崎の戦力を削ぎ落とすという意味でも大きかった。長崎はJ1の神戸から獲得したMF三原雅がボランチの軸に収まったが、昨シーズンのレギュラーのMF井上裕は不調で、J1のC大阪から獲得したMF黒木聖は怪我が多かったため、最後までWボランチの人選で苦しんだ。

MF岩間は派手なプレーは一切ないが、とにかく堅実である。つなぎのパスは正確で、さらにはこぼれ球への反応ピカイチである。90分間、集中を切らすことなく戦うことができる選手として新天地の松本山雅でも欠かせない存在になった。MF岩間が加入したことで唯一のウイークポイントだった左WBに昨シーズンはボランチだったMF岩沼を回すことができるようになったこともチーム力アップにつながった。




2つ目 : 攻撃の軸となる2人の共存に成功

 → MF岩上は昨シーズンの途中に湘南から加入した。ロングスローを武器にすぐにチームの攻撃の中心となったが、一方でMF船山貴が目立たなくなった。この2人はプレースタイルは全く異なるが、得意とするプレーエリアは似通っているため、昨シーズンの後半戦はMF岩上が華々しい活躍をする一方で、本来のエースであるMF船山貴は思うようなプレーができなくなって、ゴール数が伸び悩んだ。

「2人をどのようにして共存させるのか?」が大きなテーマとなったが、MF岩上が少し下がり目のポジションを取るようになったことで関係が良くなった。昨シーズンの終盤あたりはMF船山貴が我を抑えて、新入りのMF岩上に自由にプレーさせようと黒子に回ることでバランスが保たれていたが、今シーズンに入って両者が生きる立ち位置が見つかって、結果として得点パターンが豊富になった。




3つ目 : 経験豊富なMF田中隼磨の加入

 → 元日本代表の松田直樹氏が付けていた背番号「3」を引き継いだMF田中隼の存在感は絶大だった。直接的にゴールに絡む回数はそこまで多くなかったが、彼の加入によって右サイドは安定するようになった。横浜FMや名古屋でプレーしていたときから「鉄人」と呼ばれてほとんど怪我をすることもなく90分間、ハードワークできる選手だったが、32歳とベテランの域に入った今シーズンも変わらなかった。

横浜FMそして名古屋とずっとJ1のトップクラブで中心としてプレーしてきた選手なので、当たり前といえば当たり前であるが、1つ1つのプレーの精度が高かった。質の高さはJ2のレベルをはるかに超越していた。判断のミスや技術的なミスが少なくて、何気ないプレーでチームに安心感をもたらすことができる。当然、精神的な支柱という意味でも彼の加入は大きかったが、プレーの面でもチームを引っ張った。




4つ目 : 怪我人がほとんど出なかったこと。

 → 5月24日(H)の磐田戦でフォワードの軸となるFW塩沢が左アキレス腱断裂で全治5ヶ月という重傷を負ったが、それ以外で主力級の大きな怪我はなかった。そして、小さな怪我というのもほとんどなくて、GK村山、DF飯田、DF犬飼、MF岩間、MF喜山、MF田中隼、MF岩沼、MF船山貴、MF岩上あたりはほぼ出ずっぱりだったが、「(怪我による)1試合や2試合程度のお休み」というのもほとんどなかった。

ハードワークを信条としているチームというのは怪我が付き物である。ハードワークの代償ともいえるが、今シーズンの松本山雅は(絶対的な選手がいなかった)1トップを除くとほぼスタメンが固定されており、反町監督はスタメン選びで迷う必要は全くなかった。もちろん、試合中の怪我というのは避けられない面もあるが、フィジカルコーチやメディカルスタッフの頑張りも評価されるべきだと思う。




5つ目 : ライバルクラブ、特にジュビロ磐田の失速。

 → 表1や表2のとおり、開幕前は磐田・京都・湘南・札幌・千葉・山形などが昇格を争うライバルクラブになると考えられていた。湘南が独走でJ2優勝を決めたのに対して、磐田・京都・札幌・千葉の4チームはもたついて、4チームともシーズン途中に監督を交代させることになった。関塚監督を迎え入れた千葉は急浮上したが、磐田・京都・札幌などは監督交代が劇的なプラス効果を生み出したとは言い難い。

特に磐田が夏場に急失速したことは松本山雅にとって幸いだった。「磐田が2位になるのか、松本山雅が2位になるのか。」という時期があったが、FW前田遼など主力の怪我人で戦力ダウンした磐田が勝ち点を取りこぼして、比較的、楽な状態でシーズンの終盤を迎えることができたのは松本山雅にとっては大きかった。僅差であったならば、もっとプレッシャーがかかったと思うが、最後まで余裕があった。




6つ目 : 熱狂的な松本山雅のサポーター

 → 選手・監督・スタッフの頑張りもさることながら、サポーターに後押しされたところも大きかった。ホームゲームでは平均で12,000人を超えるサポーターを集めており、関東のアウェー戦になるとアウェーのスタジアムが緑に染まるケースも珍しくなかった。昇格が決まった福岡戦(A)も約1,000人の松本山雅サポーターが福岡に終結したが、大きな支えになったことは容易に想像できる。

「アルウィンというJリーグでも屈指の良質なスタジアムを抱えている。」というのは大きなプラスで、「リピーターを集めやすい。」という部分がアドバンテージになっているが、「人が持つエネルギーの大きさ」を周囲にいる人たちに実感させることができるクラブになったと言える。たくさんの人が集まって来ると大きなエネルギーが生まれて、さらに多くの人が引き寄せられてくるという好循環が生まれている。




7つ目 : 百戦錬磨の反町康治監督

 → 反町監督はJリーグの監督としては11年目のシーズンとなる。ちょっと意外に思うが、J1の舞台で戦ったのは新潟時代の2004年と2005年、湘南時代の2010年の3年シーズンだけ。そのときは2004年が10位、2005年が12位、2010年が18位だったので、J1で好成績をおさめているわけではないが、北京五輪代表監督時代を含めて監督として酸いも甘いも経験している点は強みとなる。

反町監督は臨機応変な監督である。松本山雅が3チーム目となるが、新潟時代とも、湘南時代とも、また違ったスタイルのサッカーで結果を出している。もちろん、3チームともハードワークという部分が根底にあるが、「そのときに在籍している選手」と「その土地の風土」と「その土地に住む人の気質」に合ったスタイルを採用して結果を出すことができる点が指導者として極めて優れた部分と言えるだろう。





関連エントリー

 2013/10/13  クラシコ(DVD)を観て ~信州ダービーに期待したいこと~
 2014/02/15  【J2】 補強に成功したクラブはどこか? (上)
 2014/02/16  【J2】 補強に成功したクラブはどこか? (下)
 2014/03/04  【東京V×松本山雅】 非利己的なエース・船山貴之
 2014/05/18  【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。 (2014年版) (前編)
 2014/05/19  【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。 (2014年版) (後編)
 2014/07/29  【松本山雅×東京V】 J2で有数のキーパーとなったGK村山智彦
 2014/08/15  【松本山雅×栃木SC】 なかなかの苦労人であるMF岩間雄大
 2014/09/13  【湘南×松本山雅】 2部リーグの試合とは思えない雰囲気の中で・・・ (生観戦記) (前編)
 2014/09/13  【湘南×松本山雅】 2部リーグの試合とは思えない雰囲気の中で・・・ (生観戦記) (後編)
 2014/11/05  クラブ別エントリー (松本山雅)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月22日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月22日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:530名)

02月22日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:222名)

02月22日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月22日
【重要なお知らせ】 順位予想バトル(J1編・J2編)の締切日当日になりました。

02月22日
【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: