アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/06/17 【U-16日本代表×U-16アメリカ代表】 パリ世代(仮)の攻撃の中心はMF谷本駿介(セレッソ大阪U-18)
 2017/06/18 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (浦和レッズ編)
 2017/06/18 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (鹿島アントラーズ編)
 2017/06/19 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (名古屋グランパス編)
 2017/06/19 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジェフ千葉編)
 2017/06/20 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アビスパ福岡編)
 2017/06/20 【U-16日本代表×U-16ギニア代表】 スター性に溢れた10番のFW斉藤光毅(横浜FCユース)
 2017/06/20 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (水戸ホーリーホック編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ファジアーノ岡山編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC岐阜編)
 2017/06/21 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (徳島ヴォルティス編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ロアッソ熊本編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ザスパクサツ群馬編)
 2017/06/22 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (愛媛FC編)
 2017/06/23 【J1】 FWパトリック(ガンバ大阪→サンフレッチェ広島???)は本当に救世主になるのか?

 2017/06/23 全記事一覧(2005年-2017年)


日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (下) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

 → 日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (上) の続き。



■ 日本代表のコンディションは悪かったのか?

()で述べたとおり、コートジボワール戦の動きは重かった。「日本代表はコンディション作りに失敗したのか?」と当初は思ったが、高温多湿と言われる地域で行われた試合はどのチームも動きが重かった。欧州のリーグ戦やCLの試合と比べると驚くほど選手の走行距離が伸びなかったが、これは他国も同じで、日本代表のコンディション作りに大きな問題があったとは言えないだろう。

「今大会はどのチームもコンディションが良くないな・・・。」と感じた人が多かったと思う。「元気に走り回っていたのはコスタリカやチリやメキシコなどごく一部の国に限られた。」という印象もあるが、4年前のW杯と比べるとどうなのか?これを調べた結果が表5である。勝手に想像していたのとは違って、4年前の南アフリカW杯と比べると全体の走行距離自体はやや増えている。

表5. 前回大会との走行距離の比較 (2チーム合計)
 90分の試合120分の試合
走行距離(km)試合数走行距離(km)試合数
南アフリカW杯209.42060273.4104
ブラジルW杯213.04854276.0526


■ 3試合ともDIS値は相手を上回った日本代表

ここからは日本代表の話が中心になるが、表6はGLの3試合の日本代表のDIS値と相手チームのDIS値の比較である。このとおりで3試合とも相手を上回っている。表1のとおり、コートジボワールは全く走らないチームではあったが、「日本の選手の動きが重い。」と感じたコートジボワール戦でさえ、DIS値は相手を大きく上回っている。「相手に走り負けた。」という見方は適切とは言えない。

走行距離というのは攻撃のときにフリーランニングを行う選手が多いチームやカウンターのときに後方からどんどん選手が湧いてくるチームは数字が伸びていくが、一方で、守備のときに相手にボールを回されて走らされたときも数字が伸びていく。したがって、「単純に走った距離が多い方が良い。(=DIS値が高い方が良い。)」とは言えないが、3試合とも相手を上回ったのは事実である。

表2で示した通り、単純にDISの平均値で比較すると32カ国中で19位となる。平均を下回っているので、他チームと比べると、「日本代表が走れていなかった。」のは確かだが、何度も記述している通り、今回のW杯というのは南北に長いブラジルで開催された特殊なW杯である。試合会場によって条件が大きく違ってくるので、単純に走った距離だけで語ろうとするのは間違いの元である。

表6. 日本代表のGLの3試合のDIS値の比較
 対戦相手試合会場DIS値
日本相手チーム
1戦目コートジボワールレシフェ109.35298.216
2戦目ギリシャナタウ103.063101.880
3戦目コロンビアクイアバ108.302105.872
■ 相手に走り勝ったチームはスイス

動きやすい環境なのか、否かについては、開催地はもちろんのこと、その日の天候や暑さなどにも大きく左右される。となると、一番、楽に比較できるのは対戦相手との差である。 当然、チームごとに戦い方は異なるので、DIS値が相手を上回っていることが必ずしもいいこととは言えないが、相手チームとのDIS値の平均の差が大きい方から順番に並べると表7のようになる。

1位はスイスで「+9.18」となった。スイスは攻撃的なポジションは若い選手が多くて、両SBも積極的に攻撃に参加してくるチームだったが、同程度だった2戦目のフランス戦以外は相手を大きく上回った。2番目はボスニア・ヘルツェゴビナだったが、初出場のボスニア・ヘルツェゴビナはかなり攻撃的で魅力的なサッカーをしていた。結果は出なかったが、今回のW杯では好印象を抱いた。

3番目はロシアで「+7.06」となった。スイスとボスニア・ヘルツェゴビナとロシアの3チームは相手を大きく上回っており、「非常に運動量の多いチームだった。」と言える。4位以下は混戦になってくるが、4番目は日本で「+4.92」だった。この事実をどう捉えるべきか?というと非常に難しい話になる。「運動量の多さが日本の武器なのでもっと差を付けなければならない。」という見方もできる。

表7. 相手チームとのDIS値の差のランキング
 国名試合数±自チームの平均DIS相手チームの平均のDIS値
1スイス49.18110.135100.957
2ボスニア・ヘルツェゴビナ37.38113.736106.358
3ロシア37.06116.988109.928
4日本34.92106.906101.989
5アメリカ44.47115.669111.199
6オーストラリア33.88119.306115.425
7イラン33.74108.922105.183
8ドイツ53.58110.021106.439
9チリ43.42112.317108.894
10メキシコ42.90107.401104.505
11ギリシャ42.40104.316101.918
12クロアチア32.24105.886103.650
13イタリア32.05109.353107.300
14コスタリカ51.80106.795104.994
15フランス51.58106.751105.168
16コロンビア51.58104.356102.774
17オランダ5-0.82109.216110.034
18アルジェリア4-0.88108.811109.689
19韓国3-1.45112.127113.579
20ポルトガル3-1.56110.715112.276
21ウルグアイ4-1.66105.952107.617
22イングランド3-1.97107.396109.362
23ブラジル5-3.43100.954104.379
24カメルーン3-3.5799.962103.535
25ベルギー5-3.87110.115113.987
26ガーナ3-5.29112.062117.353
27ホンジュラス3-5.3598.745104.092
28ナイジェリア4-5.49101.553107.043
29アルゼンチン5-5.82103.893109.716
30スペイン3-6.53109.591116.116
31エクアドル3-6.68101.205107.886
32コートジボワール3-8.9996.760105.753


■ 日本代表はどういうサッカーをすべきか?

個人的には「攻守両面でもっと運動量を生かしたサッカーをするべきだった。」と考える。中盤の選手のテクニックを駆使してショートパスをつなぐプレーも日本の持ち味の1つだとは思うが、運動量の多さも日本の武器である。結局、テクニックと運動量の2つは日本が世界と戦うときの大きな武器となるが、「ザックジャパンは片方の武器しか有効に使おうとしなかった。」という印象である。

例えば、MF香川、MF岡崎、DF長友、MF山口蛍らの運動量は同ポジションの選手の中では世界でも上位クラスと言えるが、ザックジャパンの試合の中で彼らの走力が存分に生かされるシーンがどれだけあったか。W杯の本大会の3試合に限らず、親善試合でもほとんど無かった。個人的には「自分たちのサッカー」と信じたサッカーは「日本が目指すべきサッカー」とは言えないと思う。

ちょうど1年ほど前にザッケローニ監督は日本代表の目指すスタイルに関して、『バルサ型とドルトムント型の中間』と語っていたが、正直なところ、ドルトムントっぽさというのはあまり感じられなかった。中間であるならば「バルサ:5、ドルトムント:5」という比率になってくると思うが、実際には「バルサ:8、ドルトムント:2」あるいは「バルサ:9、ドルトムント:1」だったように感じる。

 →→→ 2013/07/04  日本代表とザックジャパンが目指すスタイルは?

■ どんなサッカーが日本のサッカーなのか?

「自分たちのサッカー」あるいは「日本らしいサッカー」という言葉がブラジルW杯を総括するときのキーワードになるが、4年周期のラストがW杯の本大会である。総仕上げの場と言えるが、W杯の本大会で結果を出すことを何よりも優先させるのであれば、今後は「次のW杯の開催地」のことも考慮して、そこに適したスタイルでチームを作り上げていくことも頭に入れるべきなのかもしれない。

例えば、4年後の2018年のW杯の開催地はロシアである。面積は世界一なので、今回以上に移動距離の問題が生じるだろう。一方、南北というよりも東西に長い国なので気候の差はそこまで大きくならない可能性もあるが、そうは言っても1998年のフランスW杯や2006年のドイツW杯や2010年の南アフリカW杯と比べると「気候の差」を気にする必要があるのは確かである。

そして、8年後の2022年はカタールW杯となるが、こちらは1994年のアメリカW杯のように灼熱地獄の中で行われる大会になる可能性が高い。カタールW杯のように「動きにくい環境」で次のW杯が開催されるケースでは、本大会に入って選手たちの動きが不意に重くなることを想定して、堅守速攻型など「省エネスタイル」のサッカーを本格的に取り入れるのも1つの手と言える。

一方で逆の発想もできる。J2で首位を独走する湘南を例に挙げると、「暑くなって動きにくくなっても自分たちは大丈夫。」、「相手の動きは悪くなるが、自分たちは落ちないので、さらに有利になる。」という前向きな考え方をしている。それには十分な根拠と裏付けが必要となるが、走りにくい環境が想定される中、敢えて運動量をベースにしたサッカーに取り組むのも1つの手である。

結局のところ、強豪国といえども、いつも同じスタイルでW杯を戦っているわけではない。ブラジルというとショートパスを主体とした華麗なサッカーをイメージする人が多いと思うが、今大会のブラジルは堅守速攻の現実的なサッカーをしている。その一方で、イタリアはこの4年間、プランデッリ監督の下、攻撃的なチームを作って、ユーロ2012では結果を残したが、W杯では結果が出なかった。

個人的にはマナウスやレシフェのような過酷な環境で試合を行うことになった場合でも、高温多湿であることをマイナスに捉えるのではなくて、プラスに捉えることができるような「走力を生かしたチーム」を作ることが日本代表にとってベストな道ではないかと思う。ここまでに数字で示した通り、決して3試合とも走り負けたわけではないが、相手を走力で圧倒することはできなかった。

付け加えるとショートパスを主体としたバルサ型のサッカーというのは、負けたときは非常に淡泊に感じられるケースが多いが、走り切るサッカーは感動を呼びやすくて、観ている人も共感しやすいところもある。次のロシアW杯のとき、同じように表7で示した「相手チームとのDIS値の差のランキング」を集計したとき、日本代表が他の出場国を数値で圧倒することを個人的には期待したい。

   → 日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (上)
   → 日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (下)


関連エントリー

 2013/09/28  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (上)
 2013/09/29  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (下)
 2013/09/30  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (extra)
 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (中)
 2013/12/13  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (上)
 2013/12/14  優秀な選手を輩出しているクラブ(高校・ユース)はどこか? (2013年版) (下)
 2013/12/29  Jリーグは11年前と比べてはどこが変わったのか? (上)
 2014/01/10  Jリーグは11年前と比べてはどこが変わったのか? (下)
 2014/07/01  「オランダ人→ブラジル人→日本人→日本人→フランス人→・・・」 次の日本代表監督について考える。
 2014/07/13  全記事一覧(2005年-2014年)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


06月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

06月23日
【J1】 FWパトリック(ガンバ大阪→サンフレッチェ広島???)は本当に救世主になるのか?

06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (愛媛FC編)

06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ザスパクサツ群馬編)

  06月22日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ロアッソ熊本編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (徳島ヴォルティス編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC岐阜編)

06月21日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ファジアーノ岡山編)

06月20日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (水戸ホーリーホック編)

06月20日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アビスパ福岡編)

06月19日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジェフ千葉編)

06月19日
【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (名古屋グランパス編)

06月18日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (鹿島アントラーズ編)

06月18日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (浦和レッズ編)

06月17日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (柏レイソル編)

06月17日
【U-16日本代表×U-16アメリカ代表】 パリ世代(仮)の攻撃の中心はMF谷本駿介(セレッソ大阪U-18)

06月17日
【Jリーグ】 MFレアンドロ・ドミンゲス(元柏レイソル)の移籍先はどこだろうか?

06月16日
【U-16日本代表×U-16オランダ代表】 188センチの大型フォワードのFW栗原イブラヒムジュニアとは?

06月16日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴィッセル神戸編)

06月15日
【J1】 DF塩谷司の代役としてサンフレッチェ広島が獲得しそうなJリーガーは誰だろうか?

06月15日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (川崎フロンターレ編)

06月15日
【J1】 DF 塩谷司 (サンフレッチェ広島)のアル・アインへの移籍(?)について

06月14日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC東京編)

06月14日
【日本代表】 GK川島永嗣の責任なのか?DF吉田麻也の責任なのか? (vs イラク代表)

06月14日
【アジア最終予選:イラク×日本】 過酷な条件で何とか勝ち点「1」をゲットしてW杯出場に王手

06月13日
【W杯予選】 vs イラク戦(@テヘラン)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

06月13日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジュビロ磐田編)

06月13日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ガンバ大阪編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (清水エスパルス編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴァンフォーレ甲府編)

06月12日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (横浜Fマリノス編)

06月11日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アルビレックス新潟編)

06月11日
【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (大宮アルディージャ編)


06月11日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん