アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/15 【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。
 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)
 2017/11/18 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)
 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

 2017/11/19 全記事一覧(2005年-2017年)


日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (上) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ W杯の走行距離について

確かに運動量に関しては、「量よりも質が大事だ。」と言われた時代もあったが、10年ほど前から「運動量が多くて、かつ、テクニックも備わっている。」というハイブリッド型の選手が続々と出てきた。「質も量も備わっている選手」がいい選手の必須条件になっており、どちらか片方だけではモダンな選手とは言えなくなっている。(数少ない例外の1人はアルゼンチンのFWメッシである。)

もちろん、中2日や中3日で試合が続いていく決勝トーナメントを勝ち抜くためには「省エネのサッカー」で勝利することも場合によって必要になってくるが、基本は「動かないと駄目」で、「動けないチームは駄目」である。FIFAの公式サイトには今回のブラジルW杯の全試合のチームごとの走行距離や各選手の走行距離が示されているので、今回は走行距離に注目してみた。

サッカーの試合における走行距離を語るときは「チームとして何キロ走ったか?」と「個人としてどのくらい走ったか?」の2つが焦点になるが、チーム全体の走行距離を考えるとき、試合中に退場者が出て10人での戦いを強いられたケースと、決勝トーナメントになって延長戦に突入したケースがイレギュラーとなる。単純に「走ったトータルの距離」で比較すると、ややこしい話になってくる。

なので、話を簡単にするために「1人の選手が1分間にどれだけの距離を走ったか?」に着目して、これを「DIS」と表現したい。チーム全体の走行距離(メートル)をチーム全員分の出場時間(分)で割った数値を「DIS」と定義するので、退場者が出ることなく90分で試合が終了した場合は90分×11人→990で割る。(延長戦で決着したときは120分×11人→1320で割る。)

■ もっとも平均値が高かったオーストラリア

表1は準々決勝が終了した段階での32カ国のDISの平均値を算出して、数値の大きいチームから順番に並べたものである。もちろん、延長戦に突入すると疲れから運動量が落ちてくるので、延長戦を経験しているチーム(ブラジル・チリ・スイス・アルゼンチン・ギリシャ・コスタリカ・ドイツ・アルジェリア・オランダ・アメリカ・ベルギー)は不利になるが、トップはオーストラリアだった。

オーストラリアの平均のDIS値は119.306だった。3試合とも退場者は出ておらず、プレー時間は90分×11人×3試合で2970分で、119.306×2970=354338.82となる。3試合で合計354338.82メートル(=約354.3キロ)の走行距離となって、1試合当たり約118.1キロとなる。90分の試合で退場者が出なかったときは990で割るので、この数字とDIS値は似た値になる。

表1. 全32チームの平均のDIS値 (対象は準々決勝までの60試合)
 GL突破 試合数平均のDIS値
1 オーストラリア3119.306
2 ロシア3116.988
3アメリカ4115.669
4 ボスニア ヘルツェゴビナ3113.736
5チリ4112.317
6 韓国3112.127
7 ガーナ3112.062
8 ポルトガル3110.715
9スイス4110.135
10ベルギー5110.115
11ドイツ5110.021
12 スペイン3109.591
13 イタリア3109.353
14オランダ5109.216
15 イラン3108.922
16アルジェリア4108.811
17メキシコ4107.401
18 イングランド3107.396
19 日本3106.906
20コスタリカ5106.795
21フランス5106.751
22ウルグアイ4105.952
23 クロアチア3105.886
24コロンビア5104.356
25ギリシャ4104.316
26アルゼンチン5103.893
27ナイジェリア4101.553
28 エクアドル3101.205
29ブラジル5100.954
30 カメルーン399.962
31 ホンジュラス398.745
32 コートジボワール396.760

■ なぜオーストラリアのDIS値が高いのか?

オーストラリアと日本は頻繁に対戦しているが、オーストラリアに対して「運動量の多いチーム」というイメージはあまり無い。ちょっと意外な結果と言えるが、若返りを図って動ける選手を積極的に起用したという理由がまず考えられる。そして、今大会のオーストラリアはブラジル南部での試合が多くて、高温多湿と言われる地域での試合が無かったことも理由の1つと言える。

ブラジルは南北に長い国であるが、この時期は「北は暑くて、南は涼しい。」というのが基本となる。北部のマナウスやレシフェは高温多湿で、「ここで試合をするチームは大変」と言われていたが、一方で南部のポルトアレグレは厚手のコートが必要なくらいの寒さだという。「会場によって気象条件が全く違う。」というのが今回のW杯の特徴の1つで、パフォーマンスや成績に大きく関係した。

図1. ブラジルW杯の開催地 (12カ所)
ブラジルの地図


■ 日本は全体で19番目

オーストラリアは1戦目のチリ戦がクイアバで、2戦目のオランダ戦がポルトアレグレで、3戦目のスペイン戦がクリチバでの試合となった。ブラジルの地理に詳しくないと位置関係はイメージできないと思うが、上の図1のとおり、クイアバは南寄りで、クリチバとポルトアレグレは南部にある。涼しい環境の中で3試合とも戦うことができた点がオーストラリアの数値が高くなった理由と言える。

日本代表は106.906で19番目となった。全体の平均値は107.747なので平均を下回った。「運動量の多さ」が日本サッカーの持ち味の1つと言えるが、単純に1人が走った距離は並以下だった。今大会の日本代表はダイナミックさに欠けた印象があって、コンディションが良くないのかな?と感じた試合もあったが、「1人が走った距離は多くなかった。」ということを数字が示している。

日本代表の敗因の1つに「高温多湿の環境で試合をせざるえなかった点」を挙げる人もいる。「それ故に日本らしいサッカーができなかった」と語る人は少なくないが、開催地によってどれくらいの差があるか?を確認するために、まずは準々決勝までの計60試合で両チームのDIS値を合わせた数値を算出して、合計した数字が多い試合から順番に並べてみた。これが下の表2である。

表2. 2チーム合計のDIS値のランキング (準々決勝までの60試合が対象)
 チーム名チーム名開催地DISの合計値備考
1オーストラリアオランダポルトアレグレ238.023 
2オーストラリアスペインクリチバ234.396 
3オーストラリアチリクイアバ231.773 
4ドイツガーナフォルタレザ229.929 
5アメリカガーナナタル229.863 
6アメリカドイツレシフェ229.645 
7チリスペインリオデジャネイロ229.156 
8アルジェリア韓国ポルトアレグレ229.023 
9アメリカベルギーサルバドル228.956延長戦
10ポルトガルガーナブラジリア228.454 
11ロシアアルジェリアクリチバ228.401 
12ロシアベルギーリオデジャネイロ228.156 
13オランダメキシコフォルタレザ227.219 
14アルジェリアベルギーベロオリゾンテ225.698 
15ロシア韓国クイアバ224.192 
16韓国ベルギーサンパウロ223.903 
17ボスニア・ヘルツェゴビナアルゼンチンリオデジャネイロ223.164 
18ドイツポルトガルサルバドル221.510 
19ボスニア・ヘルツェゴビナイランサルバドル221.354 
20イタリアイングランドマナウス219.925 
21フランスエクアドルリオデジャネイロ219.784 
22アメリカポルトガルマナウス219.009 
23コスタリカイングランドベロオリゾンテ218.646 
24イタリアウルグアイナタル216.314 
25ボスニア・ヘルツェゴビナナイジェリアクイアバ215.764 
26コスタリカウルグアイフォルタレザ215.133 
27スイスエクアドルブラジリア214.703 
28コロンビアギリシャベロオリゾンテ214.627 
29メキシコクロアチアレシフェ214.230 
30日本コロンビアクイアバ214.174 
31フランスホンジュラスポルトアレグレ214.028 
32スイスアルゼンチンサンパウロ214.007延長戦
33スイスフランスサルバドル213.962 
34ベルギーアルゼンチンブラジリア213.797 
35チリブラジルベロオリゾンテ213.774延長戦
36コスタリカイタリアレシフェ213.719 
37オランダスペインサルバドル213.567 
38クロアチアブラジルサンパウロ213.404 
39ウルグアイイングランドサンパウロ211.701 
40ウルグアイコロンビアリオデジャネイロ211.129 
41イランナイジェリアクリチバ210.511 
42イランアルゼンチンベロオリゾンテ210.448 
43ドイツフランスリオデジャネイロ210.336 
44チリオランダサンパウロ210.140 
45日本コートジボワールレシフェ207.568 
46コスタリカオランダサルバドル207.298延長戦
47ナイジェリアアルゼンチンポルトアレグレ206.626 
48メキシコカメルーンナタル206.581 
49日本ギリシャナタル204.943 
50ギリシャコスタリカレシフェ204.148延長戦
51ブラジルカメルーンブラジリア202.935 
52スイスホンジュラスマナウス201.695 
53フランスナイジェリアブラジリア201.485 
54ギリシャコートジボワールフォルタレザ201.215 
55クロアチアカメルーンマナウス200.975 
56メキシコブラジルフォルタレザ199.592 
57コロンビアコートジボワールブラジリア198.755 
58コロンビアブラジルフォルタレザ196.962 
59ホンジュラスエクアドルクリチバ192.787 
60ドイツアルジェリアポルトアレグレ190.876延長戦


■ オーストラリアが1位から3位まで独占

準々決勝までの60試合の中で1位に輝いたのは南部のポルトアレグレで行われたGLの2試合目のオーストラリアとオランダの試合で、1位から3位までをオーストラリアの試合が独占している。「運動量が豊富な選手が多かった。」というオーストラリアのメンバー構成も関係しているとは思うが、先のとおり、3試合とも動きやすい環境で試合をすることができた点が大きかったと言える。

他にはガーナの試合、アメリカの試合、ロシアの試合、韓国の試合が軒並み上位に来ている。プレースタイルと気候が大きく関わってくるが、これらのチームが絡んだ試合は展開が速くて、面白い試合が多かったのではないかと推測できる。 決勝トーナメントの1回戦のアメリカとベルギーの試合は文字通りの死闘となったが、不利な条件と言える延長戦であるにも関わらず一桁順位になった。

日本代表の試合の順位は低めである。3戦目のコロンビア戦の30位が最高で、1戦目のコートジボワール戦は45位で、2戦目のギリシャ戦は49位。ということで3試合ともアップテンポにはならなくて、全体の運動量は乏しかったと言える。ポジティブに表現すると慌ただしいサッカーではなかったと言えるが、日本チームだけでなく相手チームの動きも少ない試合になったと言える。

開催地に着目すると、やはり、ポルトアレグレやリオデジャネイロやサンパウロやクリチバなど南部の都市で行われた試合は上位に位置する傾向があって、レシフェやマナウスなど過酷と言われた都市で行われた試合は下位に位置する傾向がある。ただ、日によって温度や湿度は違ってくるので例外もある。最下位の60位はポルトアレグレで行われたドイツとアルジェリアの試合だった。

■ もっとも数値が高かったのはクイアバ

結局、開催地でどのくらいの差が生じるのか?という疑問を解決するために、開催地ごとに平均のDIS値を算出したのが表3である。2チーム合計のDIS値の平均が高い方から順番に並べているが、221.476のクイアバが1位になった。クイアバは南寄りになるが、雨の少ない地域と言われている。比較的、気温は高かったが、湿度が低かったので、動きやすい環境だったと考えられる。

結果はともかくとして、日本代表がもっともいい内容のサッカーが出来たのはクイアバで行われた3戦目のコロンビア戦だったと思う。前の2試合で噴出した課題を少し改善できたことや選手を代えたこともその理由と考えられるが、動きやすい環境だったことも大いに関係していると想像できる。逆に言うと、1戦目に動きの良くない選手が多かったのは環境の問題が大きかったと言える。

3戦目のコロンビア戦が行われたクイアバと1戦目のコートジボワール戦が行われたレシフェの差は「7.614」なので、990(11人×90分)を掛けると7537.6125(メートル)となる。90分の試合ではチーム全体として3.77キロほど走行距離に差が生じる。運動量で相手を上回って主導権を握りたい日本にとっては大事な初戦が「動きにくい環境」と言えるレシフェだったのは不運だった。

表3. 都市別のDIS値の比較
 試合数DIS値(2チーム合計)備考
クイアバ4221.476日本 vs コロンビア
リオデジャネイロ6220.288 
サルバドル6217.775 
ベロオリゾンテ5216.639 
クリチバ4216.524 
ポルトアレグレ5215.715 
サンパウロ5214.631 
ナタル4214.425日本 vs ギリシャ
レシフェ5213.862日本 vs コートジボワール
フォルタレザ6211.675 
マナウス4210.401 
ブラジリア6210.022 


■ 試合の時間帯によってどのくらいの差が生じるか?

念のため、キックオフ時間とDIS値の関係をまとめてみた。これが表4である。FIFAの上層部は日程を考えるときに「高温多湿な環境のところはできるだけ遅い時間帯に試合を行う。」という風な配慮をしていると思うが、暑さの影響で選手の動きが鈍る可能性がある13時キックオフの試合の数値が極端に悪くなることはなかった。むしろ13時キックオフの試合の平均値は高めである。

表4. キックオフ時間によるDIS値の比較
キックオフ時間試合数DISの合計値
13時24217.434
16時12215.206
17時13211.018
18時6218.606
20時4212.690
22時1207.568


 → 日本代表は32カ国中で19番目 ~ブラジルW杯の走行距離について~ (下) に続く。


関連エントリー

 2013/06/13  数字で見るザックジャパンのこれまで (前編)
 2013/06/14  数字で見るザックジャパンのこれまで (後編)
 2014/01/14  数字で楽しむJリーグ (インターセプト編) (前編)
 2014/01/15  数字で楽しむJリーグ (インターセプト編) (後編)
 2014/01/19  数字で感じるMFミキッチ(広島)の凄さ (前編)
 2014/01/19  数字で感じるMFミキッチ(広島)の凄さ (後編)
 2014/02/24  Jリーグの選手名鑑(4冊)を比較してみた。 (2014年版)
 2014/05/22  【Jリーグ】 覚えておくべき主審のジャッジの傾向 (上)
 2014/05/22  【Jリーグ】 覚えておくべき主審のジャッジの傾向 (下)
 2014/07/13  全記事一覧(2005年-2014年)



おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (アタッカー編)

10月30日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (京都サンガ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (ボランチ編)


10月29日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: