アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)
 2017/07/21 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

 2017/07/24 全記事一覧(2005年-2017年)


オシムジャパン考察① | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ オシムジャパンの道のり

昨年のT&T戦から、札幌でのサウジまで計7試合を行ったオシムジャパン。アジアカップの予選は公式戦だったとはいえフルモードというわけではなくて、テストの一環だったともいえる。まだ、厳しい試合が一度もないため、追い込まれた状況でどういう試合が出来るのかを見てみたいところである。

2006/08/09   トリニダード・トバゴ戦(H) 2-0   選評はこちら → CLICK

2006/08/09   イエメン戦(H) 2-0   選評はこちら → CLICK

2006/09/03   サウジアラビア戦(A) 0-1   選評はこちら → CLICK

2006/09/06   イエメン戦(A) 1-0   選評はこちら → CLICK

2006/10/04   ガーナ戦(H) 0-1   選評はこちら → CLICK

2006/10/11   インド戦(A) 3-0   選評はこちら → CLICK

2006/11/15   サウジアラビア戦(H) 3-1   選評はこちら → CLICK

以下で、オシムジャパンを語る上でのキーワードとなる「マンマーク」と「走るサッカー」についての考察を行う。とはいっても、まだまだ、立ち上がったばかりのチームであり、どうしても推測や仮説が多くなるのだが、ご了承いただきたい。

■ 特徴的なマンマーク

オシムジャパンのシステムは非常に流動的で、表現しにくい。一説によると、試合前のミーティング中にオシム監督からフォーメーションに関する指示を受けることはなくて、試合が始まったあとで、フィールド上の選手たちが自ら相手の布陣を見て、最適な配置を決めるらしい。(基本的に、相手が1トップの場合は4バックで、相手が2トップのときは3バックになるようだ。阿部の位置を動かすことで、対応が可能。)

オシムジャパンでは、3バックのときは、ストッパーの2人が相手のフォワードにマンマークでつくことが多い。(トルシエジャパンの3バックは、ゾーンディフェンス。)一般的なマンマーク・システムの意味するところは、90分間、ストッパーの2人が相手FWを密着マークすることを意味するが、オシムジャパンのマンマークは、やや趣向が異なる。

[メモ]

   ・古典的なマンマーク → 90分間、相手に密着マーク。
   ・オシム式マンマーク → マークを放り出して攻撃参加してもよい。


→ マンマークで「守ること」で相手の攻撃力を減少させるだけではなくて、こちから側から仕掛けることで、攻守を逆転させる発想をもつ。

オシムジャパンのマンマークがガチガチのマンマークではないという典型的なシーンは、サウジアラビア戦(札幌)の2点目のシーン。相手ボールを奪ったあと、中央の闘莉王から左CBの阿部に展開。阿部はドリブルで運んだあと、左足で右ウイングバックの加地に大きなチェンジサイドのパスを送る。そして、加地がボールをトラップした瞬間に、右CBの今野が、加地の右サイドの裏のスペースに走りこんで攻撃に参加。加地のパスを受けた今野はサイドを突破。少し中央に切れ込んでから左足でクロスを送ると、我那覇のヘディングのゴールが生まれた。

このシーンで、今野はマークをすべき相手を放り出して攻撃に参加している。ほんの数秒前まで、今野は相手FWをマークしていたので、今野の近くには、当然、相手FWがいるはず。この選手が今野のケアをするのか、しないのかが、大きな分かれ目になる。取り上げたサウジ戦のシーンでは、サウジの選手が今野のマークに付いていくことはなかった。その結果、フリーでサイドを駆け上がった今野が、我那覇のゴールをアシストした。

チャンスと見るやマークマンを放り出して攻撃に参加した今野のこのプレーは、非常に難しい判断が要求される。一歩間違えると、カウンターで失点を食らう可能性があるからである。ただ、今野がオーバーラップすることで、チャンスを大きくできる可能性も含んでいる。オシムのサッカーでは、常時、リスクとリターンを天秤にかけて、状況を判断することが求められる。

[メモ]

ストッパーが攻撃に参加するメリット

   ・相手FWに不得意な守備の仕事を課すことができる。
   ・攻撃に参加する人数が増える。

ストッパーが攻撃に参加するデメリット

   ・マークすべき相手FWのマークが一時的にゆるくなる。
   ・フレキシブルにマークの受け渡しを行うのは非常に難しい。


→ ストッパーの攻撃参加は非常にリスクを伴うが、得られるメリットがリスクよりも大きいと判断できれば、自身の判断で攻撃に参加しても良い。メリットの方が大きいと思われる場面で、安全のために消極的な選択を行うことは評価されない。また、むやみにリスクを冒すことも奨励されない。的確な判断ができる選手だけが代表に生き残っていくだろう。攻撃参加によって生まれるギャップを管理するのが、鈴木啓太と阿部の役割。

オシム語録 「これは極端な話だが、バルセロナと試合する時、ロナウジーニョにマンマークしたとする。その場合はマークする選手が、必要以上におびえる。相手を消すプレーしかしない。でもロナウジーニョをマークする選手が前線に走った時、ロナウジーニョがその選手の守備にいけば、もはやロナウジーニョではない。そんな対策もある」。

■ ガーナ戦の佐藤寿人の例

逆に、相手のマークを意識しすぎたために失敗したケースが、ガーナ戦の佐藤寿人。彼は、オシム監督の指示内容を消化できずに、自分の持ち味を消してしまった。その結果、チームの一員としても機能することができなかった。

この試合の日本代表は、巻・佐藤・山岸の3トップ気味の布陣だったが、山岸と佐藤寿人には、ガーナのサイドバックを監視する役割も与えられた。試合後の戦評のなかで、「FW佐藤寿人に相手のSBのマークを要求するというのはいかがなものか?」という声が挙がっていたが、オシム監督が佐藤寿人に要求したのは、「相手SBの攻撃力を削ぐこと」であり、「自軍まで戻って守備をしなさい」という指示をしたわけではないと推測する。佐藤寿人に求められたのは、自身の攻撃力に対する恐怖で、相手SBを攻撃に参加させない(自軍にとどめておく)ことだった。

[メモ]

相手の攻撃力を削ぐ方法

   ① 守備のときに、相手をずっと監視する。
   ② 相手を押し込むことで攻撃に参加する機会を与えない。


■ 1対1の攻防での主導権争い

オシム監督が就任して、坂本・村井・山岸・水野といったジェフ千葉のサイドの選手が脚光を浴びるようになったが、これは、オシムサッカーでは、フィールド上のあらゆるポジションで、90分を通して1対1の駆け引きが繰り広げられているからであり、どこかひとつふたつのポジションにだけウエイトを置くサッカーではなく、11のポジション全てが均等に、重要視されるサッカーであるからではないだろうか。ジーコジャパンのときは、味方によって使われることが主だった加地や駒野が、オシムジャパンではより生き生きしているように見える。

したがって、オシム監督が、サイドプレーヤーやCB(ストッパー)に要求することは、攻守両面で、マッチアップする相手に対して、優位性を保ったまま試合を進めること。よって、攻撃や守備のスペシャリストではなくて、攻守ともに能力の高い選手(阿部・今野・山岸ら)が起用される傾向にある。

求められる選手

   ・相手の攻撃を押さえられるだけの守備力を持つ選手。
   ・攻撃に移ったときは、相手にダメージを与えられる選手。


→ どちらが欠けてもいけない。

■ 自由度の高い攻撃

闘莉王・鈴木・阿部の3人を軸にメンバーも固定されて安定感の出てきた守備陣に対して、攻撃はまだまだ手探りの状態である。ただ、傾向としては、ジェフ千葉の時代と同様に、ボールをもった選手には最大限の自由が与えられている、ということは読み取れる。このあたりは、攻撃の大部分を選手の創造性に任せていたジーコジャパンと同様であるが、大きく異なるのはボールをもっていない選手に対する要求の多さである。

[メモ]

ジーコジャパン

   ・選手個々のイマジネーションを重視。制約は少ない。

オシムジャパン

   ・選手個々のイマジネーションを重視。ボールをもった選手に対する制約は少ないが、ボールをもたない選手に対する要求は多岐にわたる。


→ 攻撃のときに、極力、制約を設けないのは同様。川淵氏が、オシム監督就任のときに、「ジーコの路線を継続できる監督」と表現したことは、自己保身のための全く的外れな意見というわけではないと思う。

「走るサッカー」というと泥臭いイメージがあるが、走る目的は明確で、味方がプレーしやすい状況を作り出してあげるためである。パスコースが2つのときよりも、3つあるときの方がボールマンはアイディアを発揮しやすいし、ゴールにつながりやすい。”味方にやさしいサッカー”といえる。

[メモ]

走ることの目的

   ・ボールをもった選手へのプレッシャーを軽減させる。
   ・ボールをもった選手の選択肢を増やす。
   ・ゴール前の枚数を増やし、得点チャンスを拡大させる。





とりあえず、(1st Half)はここで終了します。(2nd Half)は、オシムジャパンの問題点と、オシムサッカーを完成に近づけるために使ってみれば面白いと思う選手を取り上げます。




■ 告知

オシム・ジャパンのメンバー選考や戦い方、期待すること等、思うことがありましたら、下記のフォームから送信してください。

アンケートフォーム


---質問事項---

Q1. オシムジャパンを支持しますか?
Q2. その理由を簡潔に書いてください。
Q3. 今シーズン、代表に定着してほしい選手は誰ですか?
Q4. 海外組で必要だと思うのは誰ですか?(複数選択可能)
Q5. アジアカップのノルマは?
Q6. 当サイトに対するご意見やご要望があればお書きください。




また、簡易アンケートも実施しています。

Q. オシムジャパンを支持しますか?

http://vote1.fc2.com/poll.cgi?uid=1133583&no=4&cate=1&mode=browse


よろしくお願いします。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/475-bdde1137





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん