アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/09/19 【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2018/09/21 【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。
 2018/09/21 【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)
 2018/09/21 【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。
 2018/09/21 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)
 2018/09/22 【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)
 2018/09/23 【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)
 2018/09/24 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)
 2018/09/24 【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2029  2018/09/01  新生・日本代表のメンバー・23名について
 #2030  2018/09/02  U-21日本 vs U-23韓国 採点&寸評 (アジア大会:決勝)
 #2031  2018/09/03  C大阪×広島、横浜FM×柏、長崎×湘南、愛媛FC×新潟
 #2032  2018/09/04  浦和×C大阪、G大阪×川崎F、FC東京×鳥栖、山口×千葉
 #2033  2018/09/06  U-16アジア選手権のメンバー・23名について
 #2034  2018/09/07  C大阪U-23×鹿児島、仙台×清水、日本×中国、FC今治×Ho nda FC
 #2035  2018/09/08  「J1の18クラブの残り9試合 or 10試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2036  2018/09/09  「J2の22クラブの残り11試合 or 12試合 or 13試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2037  2018/09/11  【J1】 18クラブの得点パターンについて調べてみた。
 #2038  2018/09/12  【J2】 22クラブの得点パターンについて調べてみた。

 #0000  2018/09/12 全記事一覧(2005年-2018年)


【ブラジルW杯】 主なサッカー解説者(21名)の特徴をまとめてみた。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 解説者のレベルの高さ

ソチ五輪を観ていて感心したのは、解説者のレベルの高さである。もちろん、全員が全員、良かったわけではない。女子フィギュアの解説などは「どうなのか?」と思ったが、その競技に精通していて、日本人選手だけでなく、外国人選手の情報もしっかりと持っていて、さらにはその競技を楽しむためにはどこに注目すべきか?を分かりやすく言葉で伝えることができる人が多かった。

スピードスケートであったり、スキージャンプなど、メジャー競技に関しては多くの人がルール等を理解しているが、スノーボードやカーリングといったあまり馴染みのない競技になると、「ルールは良く分からないけれども、日本人選手を応援したい。」と思ってテレビを観ていた人が多かったと思う。そして、そういう人に競技の魅力を伝える能力を有している解説者が多かった。

ウインタースポーツの場合、男女のフィギュアスケートを除くと、テレビ中継される機会は少ない。特に地上波で中継されるのは五輪の本番くらいなので、4年に一度である。となると、元選手であったり、競技の役員であっても、テレビ慣れしていないのが当たり前であるが、そういったハンディを感じさせなかった。ソチ五輪では「解説者の重要性」を改めて感じることになった。

■ 主な解説者の簡単な経歴と特徴

間もなくW杯が開幕する。現地に行って試合を観戦する人もいると思うが、大部分の人はテレビで試合を観ることになる。なので、試合中継で解説者を担当する人たちには、「サッカーは面白い。」、「W杯が最高。」と思ってもらえるような解説を期待したいところである。W杯というのは新たなファンを拡大するための絶好の機会なので、解説者の重要度は高いと言える。

日本代表が出場するW杯のアジア予選はテレビ朝日系列で独占中継されたので、松木氏、名波氏、中山氏、セルジオ越後氏などはお馴染みの解説者と言えるが、普段、Jリーグの試合をあまり観ていない人がブラジルW杯の中継を観た場合、「この解説者はいったい誰なのか?」、「この解説者の言うことは信用できるのか?」と感じるときもあるだろう。

稀に解説者の発言が気になって、試合に集中できなくなるときもある。解説者の言うことが絶対的に正しいわけではないので、受け流すことも必要ではあるが、せっかくのW杯の試合で楽しないのは勿体無い。ここではブラジルW杯のテレビ中継に登場する可能性の高い主な解説者(21名)の簡単な経歴と特徴をまとめてみた。W杯中継を観るときの参考になれば幸いである。




福西崇史 (NHK) ・・・ さわやかなNHKのエース。

 → 2002年と2006年のW杯メンバーで黄金時代の磐田の中心選手。FW中山、MF名波、MF福西など、磐田OBは解説者としても華々しく活躍している。現役時代はさわやかな顔をしてダーティーなプレーもできるボランチだったが、解説者としてもさわやかな印象がある一方で、選手やチームに対して厳しい発言をすることは少なくない。2008年限りで現役を引退。前回の南アフリカW杯のときは解説者としての経験が浅かったが、4年間で押しも押されぬNHKのエース核となった。




山本昌邦 (NHK) ・・・ 人間力の高い名参謀。

 → トルシエジャパンのときにコーチとしてチームに携わった「名参謀」。日韓W杯の後、アテネ五輪代表チームを指揮してアジア予選を突破したが、本大会ではGLを突破することはできなかった。その後、磐田の監督に就任したが、主力の年齢が高くなってきて下り坂に入っていたチームを立て直すことはできず。「勝者のメンタリティ」、「したたか」、「給水」、「世界基準」など、特定の言葉を多用する傾向があるが、解説者としての評価はまずまずである。


宮澤ミシェル (NHK) ・・・ 父親はフランス人のハーフ。

 → 父親がフランス人で、母親が日本人のハーフ。1993年に日本国籍を取得して、ファルカンジャパンのときに日本代表候補に選出された経験がある。長女は乃木坂46に所属した宮沢セイラで、長男はプロサッカー選手の宮澤勇樹。長男は2013年はJ2の松本山雅でプレーした。解説者としての経験は豊富で、観る目も確かである。トーク力も高いので、安定感のある解説者の1人と言えるだろう。「宮澤ミッシェル」という名前でプレーしていた時期もある。




小島伸幸 (NHK) ・・・ キーパー目先での解説がウリ。

 → 1998年のW杯メンバーの1人。1番手のGK川口、2番手のGK楢崎に次ぐ3番手のキーパーだったが、年が近くて強烈なライバル関係にあったGK川口とGK楢崎の2人の間に入って、ムードメーカーとして岡田ジャパンの潤滑油的な存在となった。キーパー出身の解説者は非常に少ないので、キーパー目先で試合を解説することができる点が最大のウリであり、貴重な存在になっている。ベルマーレ平塚で活躍して、晩年はザスパ草津のJ2昇格に大きく貢献した。




名良橋晃 (NHK) ・・・ 病気というわけではない。

 → 1998年のW杯メンバーの1人。平塚と鹿島で活躍したが、現役時代は攻撃的なSBとしてならした。右のDF名良橋、左のDF相馬の攻撃参加は岡田ジャパンの武器だった。168cmとサイズには恵まれておらず、現役時代はがっちりした体格だったが、どうやら食の細いタイプのようで、現役を退いた後、急激に体重が減ってしまった。スポーツ選手の場合、現役を引退すると太ってしまって体型が変わる選手がほとんどであるが、数少ない例外である。病気ではないようだ。




岡田武史 (NHK) ・・・ 解説者としても日本人トップクラス。

 → 2度(1998年と2010年)もW杯を経験している日本人屈指の指揮官。初戦のコートジボワール戦で解説を担当する。2012年と2013年は中国の杭州緑城を率いていたが、W杯に合わせるかのようにフリーになった。数多くの修羅場を経験しているが、特に南アフリカW杯のときは大会前と大会後で評価が一変した。苦しい時期を乗り越えたことで悟りを開いたかのか、その後は、言動にオーラというか、余裕を感じるようになった。解説者としても日本人屈指の存在である。




山野孝義 (NHK) ・・・ 独特の関西弁が特徴。

 → ヤンマーで活躍した元日本代表。大阪出身で、「○○がいてる。」など関西弁の独特のイントネーションが最大の特徴になっている。一口に関西弁といっても様々で、大阪と神戸は全然違っているし、京都とも全然違っている。ちょっとした語尾や発音の仕方の違いで「どのあたりの出身なのか?」は何となく判別できるが、山野氏の口調はかなり独特で、地域を特定するのは難しい。関西を中心に活動しているので、関西のクラブに所属している選手の情報に強い。




木村和司 (NHK) ・・・ ミスターマリノス。

 → ミスターマリノス。国際Aマッチで24ゴールを挙げているが、これは1位のFW釜本、2位のFW三浦知、3位のMF岡崎、4位のFW原、5位のFW高木に次ぐ歴代6位となる。2010年に横浜FMの監督に就任。志半ばでチームを離れたが、1年目が8位で、2年目が5位。失敗扱いされるときもあるが、成績は悪くなかった。当時、(いい意味で)相手をおちょくるという意味の「ちゃぶる」が流行語になった。解説のときの口数は少ないが、ときおり、ハッとさせられる深い言葉を発する。




森島寛晃 (NHK) ・・・ 偉大な背番号「8」。

 → 1998年と2002年のW杯に出場しているミスターセレッソ。C大阪で背番号8を背負った選手は全員(=MF森島、MF香川、MF清武、FW柿谷)がW杯メンバーに選ばれているということで話題になった。海外サッカーについては「あまり詳しくない。」ということを自分自身でネタにするくらいなので、あまり詳しくないと思うが、いい人オーラが全開なので、NHKに登場する機会は多い。現役時代は「日本一、腰の低いJリーガー」と言われた。モリシの愛称で親しまれている。




松木安太郎 (テレビ朝日系列) ・・・ 人気ナンバーワンの解説者。

 → 1996年のアトランタ五輪の初戦のブラジル戦、1997年のジョホールバルのイラン戦、1998年のフランスW杯の初戦のアルゼンチン戦など、日本サッカー界にとって節目となる試合で解説を任されている。今、見返すとかなり普通であり、かなり真面目である。実はシリアスな解説もできる万能型と言える。持ち前のポジティブ解説がサッカー人気の向上、日本代表人気の向上に大きく貢献したことは間違いないだろう。人気ナンバーワンの解説者と言える。




名波浩 (テレビ朝日系列) ・・・ 夢の中まで左足。

 → 1998年のフランスW杯の日本代表メンバーの1人で背番号「10」を背負った。解説者という立場になっても、現役時代と同様にクレバーさを発揮する。現役時代は味方選手を使うプレーが抜群に上手かったが、放送席あるいはピッチサイドでも他の解説者の良さを引き出すことができる。近い将来、Jリーグのクラブで監督を務めるのは確実で、ピッチ上でMF中田英を操ることができた数少ない日本人選手の1人と言える。日本サッカー史に残るレフティである。




中山雅史 (テレビ朝日系列) ・・・ ニックネームはゴン。

 → 黄金時代のジュビロ磐田の中心選手で、1998年と2002年のW杯メンバー。2012年限りで現役を引退。解説者になって2年目となるが、テレビ朝日系列の代表戦で解説者として登場する機会が多くなっている。日本サッカー界のご意見番と言われるセルジオ越後氏と激しいポジション争いを繰り広げており、解説席を巡る争いも要注目である。現役時代は熱い選手だったが、解説者としては冷静さも持ち合わせている。サッカー選手としては稀代のエンターテイナーである。




セルジオ越後 (テレビ朝日系列) ・・・ 母国でのワールドカップ。

 → ブラジル出身の日系二世で、ブラジル屈指の名門クラブであるコリンチャンスに所属した経験がある。1972年に来日して藤和不動産サッカー部(湘南ベルマーレの前身)でプレーした。元ブラジル代表のFWロナウジーニョの必殺技として知られる「エラシコ」を考案した人物としても知られている。日本代表がW杯出場することは考えられなかった時代に来日しているので、母国のブラジルで開催されるW杯に日本代表が出場することを誰よりも喜んでいると思われる。




都並聡史 (日本テレビ系列) ・・・ 日テレ系のエース格。

 → 黄金時代のヴェルディ川崎の中心選手の1人。歴代で10位タイとなる国際Aマッチ78試合に出場している日本サッカー史上屈指の左SBである。闘争心があって、クレバーで、経験も豊富で、「監督としても成功するのは間違いない。」と思われたが、監督(仙台とC大阪と横浜FC)としてはいずれも成功できなくて、1年あるいは1年未満でチームを去っている。指導者として大成できなかったことは不思議であるが、解説者としてはトップクラス。分かりやすい解説に定評がある。




北沢豪 (日本テレビ系列) ・・・ 元祖ダイナモ。

 → 「ダイナモ」の代名詞的な存在で、黄金時代のヴェルディ川崎と日本代表で活躍した。長髪がトレードマークで、エネルギッシュなプレーで人気を集めた。年末に行われるクラブW杯でお茶の間に登場する機会が多いが、クラブW杯のときはリアクションが大きくなる。1つ1つのプレーに対して大袈裟に反応する傾向はあるが、解説者としてはまずまず評価されている。風貌も相まって現役時代は「チャラい選手だ。」と思われることが多かったが、解説席では普通である。




武田修宏 (日本テレビ系列) ・・・ 解説者としては悪くない。

 → 黄金時代のヴェルディ川崎の中心選手で、天性の嗅覚を持ったストライカー。スピードもあって、ポストプレーもこなした。バラエティー番組がきっかけで『おバカキャラ』が浸透しているが、「解説者としては悪くない。」と評価する人は多い。ただ、試合中に言葉を発する回数は少なくて、解説をしているときは非常に静かである。また、解説者のときは笑いを取ろうとすることはほとんどなくて非常に真面目である。南米のパラグアイのリーグでプレーした経験がある。




城彰二 (日本テレビ系列) ・・・ エースのジョー。

 → 1998年のW杯メンバーの1人。アトランタ五輪代表チームでもエースストライカーだった。スペインでプレーした経験があって、J1リーグでは通算95ゴールを記録している。これは歴代12位となる。市原や横浜Mでは頼りになるストライカーだったが、日本代表では頼りになるストライカーではなかった。なので、攻撃的なポジションの選手を批判すると、「現役時代のお前はどうだったのか?」と言われてしまうのは辛いところである。若い頃から明るい性格で人気を集めた。




金田喜稔 (TBS系列) ・・・ TBSの絶対的なエース。

 → 日本代表の最年少ゴール記録を保持している名ドリブラーで、現役時代は日産でプレーした。TBSのサッカー中継はいくつかの理由からJリーグファンにはあまり評判は良くないが、CSのTBSチャンネルで毎節Jリーグの試合を中継しており、7割程度は解説者として金田氏が登場する。「Jリーグの試合で解説を務めた回数」というのは全ての解説者の中でトップクラスと言えるだろう。C大阪の右SBのDF酒本がお気に入りでその能力を高く評価している。




小倉隆史 (TBS系列) ・・・ 高校サッカー界のヒーロー。

 → レフティーモンスターと呼ばれた未完の大器。強さとしなやかさと創造性を持った万能型のストライカーだった。TBS系列の日本代表戦ではピッチサイドで解説を務めることがほとんどである。「怪我がなかったら・・・。」と永遠に語られる選手で、抜群の知名度を生かして、現役を引退した直後にスーパーサッカーのキャスターに抜擢された。現役時代からユニークなキャラクターで知られていたが、「解説者としてはなかなか上達しない。」というのが正直なところである。




清水秀彦 (フジテレビ系列) ・・・ フジテレビ系列のエース。

 → 1993年のJリーグ開幕戦。V川崎の監督は松木氏で、横浜Mの監督は清水氏だった。あれから20年以上が経過したが、松木氏がテレビ朝日系列のエースとなって、清水氏はフジテレビ系列のエースとなった。もともとフジテレビは現川崎F監督の風間氏、現横浜FC監督の山口氏、元横浜M監督の清水氏の3人体制で回っていたが、2012年の途中に風間氏と山口氏が監督に就任したので、突如として1人エースとなった。愚痴っぽいところがあって、人気はイマイチと言える。




前園真聖 (テレビ東京系列) ・・・ テレ東のエース。

 → アトランタ五輪代表チームのエースで、日本サッカー史に残るドリブラーである。昨年10月に起こした不祥事の影響で活動を自粛していた時期もあったが、最近になってメディアに登場する機会が増えている。長らく、テレビ東京系列のサッカー中継のエース格として活躍してきたので、前園氏を起用できないとなるとテレビ東京的には痛手である。どちらかというと思ったことを素直に口に出すタイプで、選手に対して厳しい表現になることもある。


関連エントリー

 2008/05/02  みんなKAZUが好きだった。
 2008/05/04  カリスマ:山本浩アナの名フレーズを堪能する。
 2008/08/13  ラモス瑠偉と日の丸への思い
 2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
 2008/11/16  名波浩の引退に寄せて・・・
 2009/12/18  【書評】 前園真聖のあまり知られていないキャリアの後半戦
 2013/02/17  【投票結果】 好きな解説者は誰ですか? (1位~30位まで)
 2013/09/11  セルジオ越後 vs 中山雅史 超大物ルーキーは風穴を開けることが出来るか?
 2014/06/10  全記事一覧(2005年-2014年)








| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


09月24日
全記事一覧(2005年-2018年)

09月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


09月24日
【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

09月24日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

09月23日
【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

09月22日
【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

09月21日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

09月21日
【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。

09月21日
【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)

09月21日
【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。

09月20日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月20日
【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【中学サッカー:青森山田中×日章学園中】 U-15日本代表のMF松木玖生は号泣。5連覇ならず。

09月19日
【高校サッカー】 青森山田高の10番のMF檀崎竜孔のコンサドーレ札幌への内定について

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その4)

09月18日
【モンテディオ山形×ヴァンフォーレ甲府】 覚醒中のMF小林成豪。今シーズン11ゴール目。

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その3)

09月17日
【18-19:ストーブリーグ】 DF車屋紳太郎の移籍(川崎フロンターレ)は実現するのか?

09月17日
【事実上の解任】 肯定できないヴィッセル神戸の吉田孝行監督の交代

09月16日
【J2】 2018年のMVPは誰だろうか?~有力候補はMF平戸太貴(町田ゼルビア)、GK守田達弥(松本山雅)など~

09月16日
【サガン鳥栖×サンフレッチェ広島】 充実のGK権田修一。日本代表の定位置確保を期待。

09月16日
【J2】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~こちらもほぼ一択の状況~

09月15日
【J2】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~こちらは迷う必要なく一択~

09月15日
【J1】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~最有力候補に挙げられるのは・・・。~

09月15日
【J1】 2018年のMVP賞は誰だろうか?~最有力候補はFWパトリック(サンフレッチェ広島)、次点はGK林卓人(同)~

09月14日
【J1】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~有力候補は東京五輪世代の4人~

09月14日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (21位-30位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (11位-20位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPANに生き残ったのは誰だろうか? (当確と言えるのは・・・。)

09月12日
【日本代表】 日本テレビ系列の実況&解説は、近年、最低レベルだった。 (vs コスタリカ)

09月12日
【日本代表】 FW南野拓実とセレッソ大阪のエースナンバー8番のお話

09月12日
【日本×コスタリカ】 新しい4年間のはじまり。「8番」を背負ったFW南野拓実が躍動。

09月12日
【ポイチJAPAN】 日本 vs コスタリカ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

09月11日
【投票】 日本 vs コスタリカで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

09月11日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月11日
【アルビレックス新潟×FC岐阜】 チームを救ったのは点取り屋のFW河田篤秀。自身初のハットトリック達成。

09月11日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月10日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月10日
【徳島ヴォルティス×栃木SC】 J2最強の2トップ。FWピーター・ウタカ and FWバラル。

09月10日
 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その2)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その1)

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年・秋)

09月07日
【SBS杯:U-18日本×静岡ユース】 ジェフ千葉内定。193センチのGK相澤ピーターコアミ(日本文理高)が大活躍。

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年・秋)

09月05日
【JFL:FC今治×Honda FC】 強すぎる門番。37才のFW古橋達弥はまだまだ健在。

09月05日
【愛媛FC×アルビレックス新潟】 新天地で水を得た魚のように躍動するFW藤本佳希

09月05日
【日本代表】 ほぼ初代表の197センチのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)に期待したい。

09月04日
【V・ファーレン長崎×湘南ベルマーレ】 年代別代表での活躍も期待される19才のMF石原広教

09月04日
【浦和レッズ×セレッソ大阪】 MFソウザはまだまだ過小評価されすぎている。

09月04日
【体操界:暴力&パワハラ騒動】 「本当に100対0で塚原夫妻が悪いのか?」と思った。

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (フォワード編)

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (アタッカー編)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: