アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)
 2017/07/26 【J1】 ゴール量産中のMF杉本健勇(セレッソ大阪)は覚醒なのか?確変なのか?
 2017/07/26 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (ジュビロ磐田・ガンバ大阪編)
 2017/07/26 【J1】 FW杉本健勇(セレッソ大阪)が達成したJリーグ史上4人目となる大記録とは?
 2017/07/27 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (セレッソ大阪・ヴィッセル神戸編)
 2017/07/27 【J1】 「タイのメッシ」ことMFチャナティップ(コンサドーレ札幌)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/27 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (サンフレッチェ広島・サガン鳥栖編)

 2017/07/27 全記事一覧(2005年-2017年)


【浦和×仙台】 アーノルド監督に下した判断は正しかったか? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第6節

J1の第6節。2勝2敗1分けで勝ち点「7」の浦和レッズ(11位)と、0勝3敗2分けで勝ち点「2」のベガルタ仙台(17位)が埼玉スタジアムで対戦した。2節の鳥栖戦(H)で横断幕騒動が起こった浦和はリーグ戦の4節の清水戦(H)が無観客試合となった。ナビスコカップではホーム戦を開催しているが、リーグ戦では問題勃発の鳥栖戦(H)以来のホーム戦となった。一方の仙台は開幕から5試合勝ちなしと苦労している。

ホームの浦和は「3-4-2-1」。GK西川。DF森脇、永田、槙野。MF柏木、阿部、平川、宇賀神、興梠、原口。FW李忠成。ナビスコカップの大宮戦(H)で初ゴールを決めたFW李忠成が1トップに入って、MF興梠が2列目に回って、MF柏木がボランチで起用された。元日本代表のFW李忠成はリーグ戦は初スタメンとなる。3バックの中央はDF那須がベンチスタートになって、元日本代表のDF永田が起用された。

対するアウェーの仙台は「4-2-2-2」。GK関。DF菅井、渡辺、鎌田、石川。MF富田、角田、太田吉、梁勇基。FW柳沢、ウイルソン。国際Aマッチは58試合で17ゴールを挙げている元日本代表のFW柳沢が2試合連続スタメンとなった。仙台は5試合で2ゴールと得点力不足に陥っているが、リーグ戦でゴールを決めているのはMF富田とMF角田の2人だけ。攻撃的なポジションの選手にゴールが生まれていない。

■ 4対0で浦和が大勝

試合は大方の予想通り、ホームの浦和ペースで進んでいく。2度ほど1トップのFW李忠成に決定機が訪れたが決めることができなくて嫌な流れになりかけたが、前半40分にMF興梠とMF原口のお膳立てからこの試合の中で3度目の決定機を迎えたFW李忠成が得意の左足で落ち着いて決めて浦和が先制に成功する。国際Aマッチは11試合で2ゴールを挙げているFW李忠成はリーグ戦では加入後初ゴールとなった。

1対0で迎えた後半の立ち上がりはアウェーの仙台ペースとなる。前半はほとんどチャンスを作れなかったが、FWウイルソンを起点にいい形を作るようになる。しかし、チャンスに決められずにいると、後半21分にMF原口のパスを受けたFW李忠成が鮮やかなループシュートを2点目を挙げると、後半26分にはFW李忠成のパスから左WBのMF宇賀神がミドルシュートを決めて3対0として試合を決めてしまう。

勢いの止まらない浦和は後半35分にもMF原口のパスを受けた途中出場のMF鈴木啓が強烈なミドルシュートを決めて4点目を挙げる。日本代表候補のMF原口はこの試合は3アシストの活躍だった。その後、FW李忠成にハットトリックのチャンスが訪れるが、シュートミスで決めることができない。しかしながら、4対0でホームの浦和が大勝して勝ち点「3」を獲得した。一方の仙台は開幕から6試合勝ちなしとなった。
■ アーノルド監督は退任・・・

仙台はナビスコカップも2試合を終えて0勝1敗分け。しかも、初戦の清水戦(A)は0対4で大敗している。ということで、公式戦は8試合を終えて0勝5敗3分けとなったが、3得点で18失点と苦しんでいる。この日の浦和戦(A)も0対4のスコアだったが、わずか8試合で0対4で大敗した試合が3回もある。ということもあって、4月9日(水)にアーノルド監督の退任が発表された。「事実上の解任」と報じられている。

この判断(=事実上の解任)はどうなのか?と問われたとき、即答するのは難しい。そもそもとして、今シーズンの仙台はそこまで前評判は高くなくて、長期政権を築いた手倉森監督からアーノルド監督になって困難なシーズンになることは十分に予想できた。リーグ戦に限定すると0勝4敗2分けで17位に位置するが、予想の範疇である。監督交代のタイミングとしては、かなり早い感じもする。

アーノルド監督はJリーグの広島でプレーした経験があって、母国のオーストラリアではフル代表と五輪代表を率いた実績がある。オーストラリアではかなり評価の高い指導者で、監督としてJリーグのクラブを率いるのは今回が初めてである。今、アーセナルの監督を務めているヴェンゲル監督も名古屋の監督時代は最初は全くうまくいかずに苦しんだので、「長い目で見ても良かったのでは?」というところもある。

ただ、3度の大敗は大きなマイナスポイントで、得点が獲れておらず、失点が多いというのも印象が良くない。当初は「4-2-3-1」を採用して、MF梁勇基をトップ下で起用していたが、ここ最近は「4-2-2-2」に戻して、MF梁勇基をサイドハーフで起用するなど、ある意味では原点回帰で立て直しを図ったが、うまくいかなかった。引き分けに終わった5節の甲府戦(H)の試合後の振る舞いも印象を悪くしたかもしれない。

結果が出ていない理由の1つとして、攻守の要のMF角田が2節・3節・4節を欠場したことが挙げられるが、目茶苦茶、怪我人が出ているかというそういうわけでもない。FW赤嶺の調子が上がって来ないのは大きな誤算と言えるが、今後、夏の補強以外で劇的に変わる可能性があるとしたら、FW赤嶺の復活くらいである。打てる手があまり無いので、「監督交代という手を打つしかなかった。」という見方もできる。

いずれにしても、このタイミングでの監督交代というのは非常に思い切った決断である。6節を終えた時点では、1勝2敗3分けの甲府、0勝4敗2分けの仙台、開幕6連敗の徳島の3チームが「J2降格の危険性の高いチーム」と言えるので、後任の渡邉晋監督の責任は重大である。先のとおり、選手層などを考慮すると、新監督ができそうなことは多くない。どのようにしてチームを立て直すのか、注目したいところである。

■ FW李忠成がヒーロー

一方の浦和は開幕5試合で2勝2敗1分け。5試合で5得点5失点とロースコアの試合が多かった。横断幕騒動もあって、すっきりしない序盤戦になっていたので、不調の仙台が相手といっても、弾みの付く大勝劇と言える。前半40分に先制ゴールを奪ってから、後半21分に2点目のゴールが決まるまでの約25分ほどは相手に攻め込まれたが、ここで同点に追いつかれることなく1対0をキープできたことが大きかった。

なかなか得点力が上がって来なかったので、この日は、FW李忠成を1トップに据えて、MF興梠を2列目で起用して、MF柏木をボランチで起用するという攻撃的な布陣を採用した。FW興梠とMF柏木とMF原口の組み合わせになるとゴール前の迫力が出なくて、サイドからクロスを上げても相手に恐さを与えることができないが、FW李忠成はクロスをシュートに持っていく能力が高いのでゴール前の迫力が出てくる。

浦和の攻撃の中心になっているのは1トップで起用されることが多かったMF興梠である。彼のところに縦パスが入ってきて、そこからチャンスを拡大させるシーンが非常に多いので、MF興梠のポジションが下がり目の位置になって、どうなることか?と思われたが、2列目でも大きな問題は生じなかった。1点目のFW李忠成のゴールはMF興梠の巧みなポストプレーが起点となっており、前の3人の関係はまずまずだった。

W杯メンバー入りを目指すMF原口も3アシストと結果を出したが、この試合はFW李忠成が主役だった。「問題視された横断幕は彼個人を対象にしたものではなかった。」という結論に至ったようだが、いろいろと報道されたので、もっとも苦しんだ選手であることは間違いない。なかなかスタメンのチャンスが巡って来なくて、騒動にも巻き込まれて、モヤモヤしたところがあったと思うが、見事に結果を残した。

先のとおり、この日の仙台戦(H)がリーグ戦においては騒動後の初のホーム戦だったが、応援に関していろいろなことが制限されている。スタジアムの雰囲気は今までの埼玉スタジアムのものとは違っていたが、もっとも注目されていた選手が2ゴール1アシストと結果を残した。FW李忠成という選手が人とは違う何かを持っていて、良くも、悪くも、注目に値する選手であることを知らしめる一戦となった。


関連エントリー

 2014/03/10  不可解なFW李忠成への(?)横断幕
 2014/03/13  (続) 不可解なFW李忠成への(?)横断幕
 2014/03/14  【推理】 なぜ「JAPANESE ONLY」の横断幕を掲げたか?
 2014/03/15  横断幕事件と李忠成選手によせて
 2014/03/16  浦和の横断幕問題で考えるスポーツと政治の関係
 2014/03/17  FW李忠成の「アジア代表発言」は誤解? 引用の危険性~横断幕問題~
 2014/03/18  【Jリーグ】 運営に問われる管理力
 2014/03/20  浦和の横断幕問題に負けない応援する気持ち
 2014/04/12  全記事一覧(2005年-2014年)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月27日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (サンフレッチェ広島・サガン鳥栖編)

07月27日
【J1】 「タイのメッシ」ことMFチャナティップ(コンサドーレ札幌)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月27日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (セレッソ大阪・ヴィッセル神戸編)

07月26日
【J1】 FW杉本健勇(セレッソ大阪)が達成したJリーグ史上4人目となる大記録とは?

07月26日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (ジュビロ磐田・ガンバ大阪編)

07月26日
【J1】 ゴール量産中のMF杉本健勇(セレッソ大阪)は覚醒なのか?確変なのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?


07月15日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん