アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/17 【Jリーグ】 ベガルタ仙台の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/17 【Jリーグ】 ヴァンフォーレ甲府の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)
 2017/09/19 【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/19 【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)
 2017/09/19 【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?
 2017/09/20 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/20 【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。
 2017/09/20 【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

 2017/09/21 全記事一覧(2005年-2017年)


【G大阪×鹿島】 ポスト・遠藤として期待されるMF柴崎岳 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第6節

J1の第6節。1勝2敗2分けで勝ち点「5」のガンバ大阪(14位)と、4勝1敗で勝ち点「12」の鹿島アントラーズ(1位)が万博競技場で対戦した。鹿島はオフにエースのFW大迫が抜けたこともあって前評判はあまり高くなかったが、4節でC大阪(H)に敗れただけ。5節はアウェーで横浜FMに3対1で逆転勝ちするなど調子の良さが目立っている。一方のG大阪は得点源のFW宇佐美を欠いた影響は大きくて出だしでやや躓いた。

ホームのG大阪は「4-2-3-1」。GK東口。DF加地、岩下、丹羽、藤春。MF遠藤、今野、阿部、倉田。FW佐藤晃、リンス。2013年は途中加入ながら18試合で19ゴールと大爆発したFW宇佐美は怪我で欠場中で、この日はFW佐藤晃とFWリンスの2トップとなった。リーグ戦でゴールを決めているのは、DF岩下とMF大森とMF遠藤の3人なので、FW佐藤晃やFWリンスなどフォワード陣にゴールが生まれていない。

対するアウェーの鹿島は「4-2-3-1」。GK曽ヶ端。DF伊東幸、青木剛、昌子、山本脩。MF柴崎岳、小笠原、遠藤康、土居、カイオ。FWダヴィ。鹿島はリーグ最多の12ゴールを挙げているが、MF遠藤康が3ゴールで、FWダヴィとMF土居が2ゴールを挙げるなど、攻撃陣は満遍なくゴールを記録している。CBのDF昌子とボランチのMF柴崎岳の2人は日本代表候補合宿のメンバーに選出されている。

■ 2対0で鹿島が勝利

試合は鹿島ペースで進んでいく。好調の理由の1つである攻守の切り替えの早さでG大阪を圧倒して、鋭いカウンターからチャンスを作っていく。先制ゴールが決まったのは前半38分で、バイタルエリアでルーズになったボールを拾ったFWダヴィが右足で強烈なシュートを突き刺してアウェーの鹿島が先制する。FWダヴィは開幕戦の甲府戦(A)以来のゴールで今シーズン3ゴール目となった。

1対0で迎えた後半も鹿島ペースとなる。G大阪は3試合連続スタメンとなる新外国人のFWリンスに期待が集まったが、なかなか前を向いて仕掛けるシーンを作れない。鹿島も試合を決める2点目を奪えない時間帯が続いたが、後半38分にMF柴崎岳がつないだボールを初スタメンのMFカイオが豪快に決めて2対0とリードを広げる。高卒ルーキーのMFカイオは嬉しいJリーグ初ゴールとなった。

結局、試合は2対0で鹿島が快勝して勝ち点「3」を獲得。昨シーズンはなかなかアウェーで勝つことができずに苦しんだが、今シーズンはアウェーで4戦全勝と強さを発揮している。これで5勝1敗となって首位をキープした。一方のG大阪は4試合勝ちなしで、1勝3敗2分けと苦しいスタートとなった。こちらはホームの万博競技場で0勝2敗1分けと結果が出ていない。7節はアウェーでC大阪と対戦する。
■ アウェーでは4戦全勝

開幕前の評価はどちらかというとG大阪の方が高くて、鹿島を中位に予想する人が多かったが、大方の予想を裏切って、好スタートを切っている。先のとおり、今シーズンはアウェー戦を得意としているが、試合内容も非常に良くて、隙の無い戦いができている。当然、FW大迫がいなくなったことはマイナス材料であるが、FWダヴィをうまく生かしており、ここまではFW大迫の穴を全く感じさせない。

FWダヴィはこの日も2つのゴールに絡んだが、今シーズンは存在感が抜群である。6試合で3ゴールなので超・ハイペースでゴールを量産しているわけではないが、アシストも多くて、前線で起点となる仕事も十二分にこなしている。MF土居、MF豊川、MFカイオなど、周囲が若くて経験の少ない選手が多くなったことがプラスに作用して、FWダヴィがプレーしやすい環境になったと言える。

2点目のゴールを決めたのは高卒ルーキーのMFカイオだったが、今シーズンの鹿島は若手が次々に出てくる。20歳前後の選手が多くなって、若手がノビノビとプレーできる雰囲気になったが、トニーニョ・セレーゾ監督も積極的に若手を起用しており、急速に世代交代が進んでいる。MFカイオは途中出場で活躍した横浜FM戦(A)の方が出来としては良かったが、初ゴールというのは大きな自信になるだろう。

■ ポスト・遠藤の1番手

4月3日(木)に日本代表候補メンバー23人が発表されたので、どうしても、今節は代表候補に選出された選手に注目が集まるが、鹿島ではDF昌子とMF柴崎岳の2人が選ばれた。DF昌子は初代表で、MF柴崎岳は去年7月の東アジアカップ以来の代表選出となったが、CBのDF昌子は90分を通して落ち着いてプレーした。G大阪のJrユース出身なので、ある意味では古巣対決だったが、成長した姿を披露した。

一方のMF柴崎岳は1ゴール1アシストだった5節の横浜FM戦(A)に続いて好パフォーマンスだった。2点目のMFカイオのゴールを生み出したプレーはオフサイドで誤審のように思えたが、この日は、運動量が非常に多くて、何度となくタイミングのいい攻撃参加で厚みを加えた。G大阪の中盤がMF柴崎岳をフリーにし過ぎた感もあるが、ほとんどミスもなくて、出色の出来だったと言える。

本人は「自身のブラジルW杯行きの可能性は10%程度」と語っているようだが、確かに確率はそれくらいである。「次の2018年のロシアW杯に向けた新生・日本代表の中心になる選手だ。」とザッケローニ監督が考えているのであれば、大逆転でのメンバー入りの可能性も無いとは言えない。10%というのは非常に的確な数字と言えるが、自身の立ち位置をしっかりと把握できているところが彼のいい部分である。

この試合はG大阪のMF遠藤が今シーズン初めてボランチの位置で先発したので、G大阪のMF遠藤と鹿島のMF小笠原という1999年のワールドユースで準優勝に輝いた「U-20トルシエジャパン」の中心だった黄金世代の2人の直接対決が見所の1つとなったが、ボランチで起用されている日本代表のMF今野を含めた計4人のボランチの中でMF柴崎岳のパフォーマンスがもっとも良かった。

本人がどこまで意識しているのかは分からないが、至る所で「ポスト・遠藤」と言われているので、全く無関心であるとは考えにくい。「本人の目の前で実力を示したい。」という気持ちは少なからずあったと思うが、そう言われるに値する選手であることをピッチ上で示した。冷静さや落ち着きというのはなかなか身に付かないものあるが、この2つに関しては、MF遠藤に対抗できる数少ない日本人選手の1人である。

35歳になったMF小笠原が健在なので、なかなかそうならないと思うが、個人的には、MF柴崎岳にはもっと負担のかかる役回りでプレーしてほしいと思う。今はMF小笠原がいて、責任を半分以上背負って貰えているので、MF柴崎岳は、比較的、楽な状況でプレーできているが、追い込まれれば追い込まれるほど真価を発揮しそうな選手なので、追い込まれた状況でプレーするMF柴崎岳をもっと見たいと思う。

■ 布陣が固まらないG大阪

対するG大阪は6試合で1勝3敗2分け。なかなか結果が出ていないが、何よりも6試合で3ゴールというのが寂しい。3節の仙台戦(A)はシュートがわずかに1本だけだったが、内容的に良かったのは、2対0で勝利した2節の新潟戦(A)くらいである。その他の試合はあまりチャンスを作れておらず、決定機も数えるほどである。FW宇佐美の穴は大きくて、攻撃に関しては完全に迫力不足である。

FW宇佐美はまだ少し時間がかかりそうなので、あと数試合は今のメンバーで耐えるしかないが、前目の6つのポジションのほとんどが固定できていない点が今のG大阪の苦しいところである。MF遠藤をフォワードで起用したり、サイドハーフで起用したり、ボランチで起用したり、試合によって様々であるが、確定しているのは、MF今野をボランチで起用することと、MF遠藤を起用することの2つだけである。

なかなか結果が出ていないので、いろいろと弄りたくなる気持ちは分かるが、ここまで未確定のポジションが多いと、チームは落ち着かない。MF遠藤はスタートのポジションがどこであっても、かなり自由にプレーするが、フォワードに近いポジションで起用すると、やはりゴール前の厚みが無くなってしまう。個人的にはボランチで固定するのがベストではないかと思う。

特に頑張らないといけないのはFW佐藤晃とFWリンスの2人である。FW佐藤晃は前線でボールをおさめようと頑張っているが、サポートが少ないこともあって、起点になることができていない。一方のFWリンスはいくつかの場面で能力の高さを示しており、優秀なアタッカーであることは間違いないが、周囲の選手と呼吸が合っておらず、不用意なロストが目立っている。


関連エントリー

 2011/07/15  1999年 黄金世代が世界一に近づいたとき
 2013/07/16  日本代表の柴崎岳の「落ち着き」について
 2013/12/27  【J1】 セットプレーの得意なチームと苦手なチームはどこか? (攻撃編)
 2013/12/28  【J1】 セットプレーの得意なチームと苦手なチームはどこか? (守備編)
 2014/01/08  大迫勇也の海外移籍で感じること
 2014/02/22  【J1】 2014年 順位予想まとめ (参加者数:301名)
 2014/02/23  【J2】 2014年 順位予想まとめ (参加者数:169名)
 2014/04/09  個人別エントリー (宇佐美貴史)
 2014/04/09  個人別エントリー (柴崎岳)
 2014/04/09  全記事一覧(2005年-2014年)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 川崎フロンターレの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 サガン鳥栖の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌の歴代ベストイレブンを考える。 (1998年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月09日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (アタッカー編)~3位:MF南野拓実、2位:MF鎌田大地、1位:FW久保建英~

09月09日
【Jリーグ】 「大宮アルディージャ」というチームのサポーターに関して


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: