アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |





thumbnail_sports_tips_728x90_4[1]


最近のエントリー (15記事)

 2018/06/17 【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。
 2018/06/17 【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ
 2018/06/17 【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。
 2018/06/17 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)
 2018/06/18 【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)
 2018/06/18 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)
 2018/06/18 【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。
 2018/06/19 【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。
 2018/06/19 【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について
 2018/06/19 【移籍市場】 諸刃の剣・FWピーター・ウタカは徳島ヴォルティスの救世主になるか?
 2018/06/19 【投票:ロシアW杯】 日本 vs コロンビアで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?
 2018/06/20 【W杯:日本×コロンビア】 やったね!!!日本代表。白星スタート!!!
 2018/06/20 【ロシアW杯】 日本 vs コロンビア 各選手の採点&寸評 (10点満点)
 2018/06/20 【日本代表】 ついにW杯の舞台で輝きを放ったMF香川真司
 2018/06/20 【日本代表】 西野監督はGK川島永嗣と心中するのか?見限るのか?
 2018/06/21 【ロシアW杯】 セネガルの2点目の場面の非フェアプレー(?)にモヤモヤした件 (vs ポーランド)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1961  2018/06/08  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (中)
 #1962  2018/06/09  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (下)
 #1963  2018/06/11  【国際親善試合】 スイス代表 vs 日本代表 採点&寸評
 #1964  2018/06/12  G大阪 vs 関西学院大、山口 vs 岡山、徳島 vs 町田、愛媛FC vs 大分
 #1965  2018/06/13  【国際親善試合】 日本代表 vs パラグアイ代表 採点&寸評
 #1966  2018/06/14  浅野哲也監督(長野パルセイロ)の退任について
 #1967  2018/06/16  イタリア vs 西ドイツ、オランダ vs 西ドイツ、日本 vs パラグアイ、鳥取 vs 秋田
 #1968  2018/06/17  ロシア vs サウジ、ウルグアイ vs エジプト、スペイン vs ポルトガル、イラン vs モロッコ
 #1969  2018/06/18  U-16インターナショナルドリームカップ2018の総括
 #1970  2018/06/19  アルゼンチン×アイスランド、ブラジル×スイス、日本×スペイン、フランス×豪州

 #0000  2018/06/09 全記事一覧(2005年-2018年)


2007年展望・1 浦和レッズ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

◆ 06シーズンを振り返る

■ 圧倒的な戦力で初めてのリーグ制覇

開幕前にFWワシントン、MF小野、MF相馬らを獲得し、Jリーグ史上最高の戦力を有した浦和レッズ。シーズンの序盤は、FW田中の怪我もあり、ワシントンの1トップを採用。小野とポンテをトップ下に置く、<3-6-1>の布陣で戦っていたが、小野がなかなかチームにフィットせずに不完全燃焼に終わった。

W杯中断以後は、田中が復帰しワシントンと2トップを組んだが、2トップもなかなか機能せず。最終的には、山田暢久を右ウイングバックからトップ下にコンバートし、ワシントンの1トップで、山田とポンテのトップ下という、<3-6-1>を採用。トップ下に起用された山田は、切れ味鋭いドリブルと正確なシュートを武器に試合を決定つける印象的なプレーを連発し、リーグ制覇の原動力となった。

一方の守備陣は、闘莉王・坪井・堀之内(ネネ)の3バックが磐石で、リーグ最小の28失点。その中でも、特出した活躍を見せた闘莉王は、高さ・強さ・リーダーシップのどれをとっても、文句のつけようがなかった。“DFなのに前線に上り過ぎる”という批判を受けることもあるが、DFだから上がってはいけないという決まりはどこにもない。むしろ、リスクを背負ってでもゴールに上がっていく積極性を買いたい。闘莉王が留守中は、鈴木啓太が完全にカバーし、闘莉王と鈴木啓太のコンビは、オシムジャパンでも、そのまま中核となった。

[優勝の要因]

   ・リーグ最高の守備陣 ・・・ リーグ最小失点
   ・ワシントンの勝負強さ ・・・ 得点王
   ・獅子奮迅の山田の活躍 ・・・ コンバートが成功


浦和レッズ フォーメーション(1)
序盤戦の基本フォーメーション


浦和レッズ フォーメーション(2)
W杯中断以降の基本フォーメーション


<補足>
 
2列目にポンテと新加入の小野を並べるというフォーメーションは、キープ力の向上というポジティブな面もあったが、ボールを持てる選手が増えたために、浦和レッズ本来の縦への速さが失われてしまった。

ポンテ・小野・長谷部の3人を共存させる布陣は魅力的ではあったが、機能性はいまひとつだった。中断以後、小野の怪我もあり、山田をトップ下にコンバートさせ、空いた右サイドには平川を起用すると、ボールのないところでも動きが活発になり、スムーズな攻撃ができるようになった。


■ 浦和レッズのサポーターの特異性

浦和のリーグ制覇の要因のひとつにとなったのは、サッカーをよく知る熱狂的なサポーターの存在が挙げられる。とにかく、このチームのサポーターは、チーム(=レッズ)のマイナスになるような行動は決して行わない。

試合中に軽率なミスをした選手に対するブーイング、劣勢の展開のときに横パスが続いたときに浴びせられるブーイング、失点を喫したときの罵声などなど、味方選手への野次等の行為は、日頃、スタジアムでもよく見られる光景だが、大局的に見ると、スタジアムの空気が悪くなるだけで、決してチームのプラスにはならない。「試合途中で劣勢の展開であっても最終的にはレッズが勝つ。」という勝者の持つ余裕なのかもしれないが、ホームでの強さの一因である。

■ 植えつけられた勝者のメンタリティ

天皇杯決勝の後、ブッフバルト監督が、「勝者のメンタリティ」というフレーズを使っていたことが印象的だった。天皇杯の決勝は終始押され気味で、サッカーの内容では、ガンバを下回っていた。それでも試合に勝利したのは浦和だった。

チームごとの戦力の差が少ないJリーグでは、サッカーの内容で上回ったチームが順当に勝利する試合が多いのだが、浦和レッズだけは別で、彼らは、Jリーグの中では、唯一、自分達が主体のサッカーが出来なくても、耐えて勝利をつかむことが出来るチームである。かつての西ドイツ代表やユベントス、黄金時代の鹿島アントラーズのように。ただ、これらのチームは、経験豊富なベテランが多く流れを読むことに長けた選手が主力を担っていた。浦和の選手は、これからキャリアのピークを迎える選手がほとんどである。特異な例といえるかもしれない。

■ 物足りなさを感じた攻撃陣

戦力を考えると、浦和の優勝は必然だった。特に、日本代表クラスが何人もベンチに控える選手層は、他チームを圧倒した。ただし、攻撃に関していうと、持てる武器を全てチームに還元できたかというと疑問符がつく。

06年の浦和のサッカーは、極力リスクをかけないサッカーだったといえる。前線にタレントが揃っていたため、バランスを崩してまでリスクをかける必要のがなかったともいえるが、それにしても、ワシントン・ポンテ・山田・三都主の個人技に頼った単調な攻撃が目立った。引かれた相手を崩しきれずに、勝ち点を失う最大の要因であった。

ポジションを離れて前線に飛び出していくのは闘莉王くらいで、MF長谷部であっても、ゴール前に進出して、シュートを狙う場面は多くなかった。同じポジションの中村(川崎)のシュート数が68本、遠藤(G大阪)のシュート数が66本であることを考えると、長谷部のシュート数が34本だけであることはあまりにも少ない。相手チームが、攻意意欲を持って試合に臨んできたときは、自分達の持ち味が発揮できた。そのため、上位との直接対決に強かったが、格下相手で、引いて守られたときは苦戦した。

攻撃陣の課題

   ・攻撃のバリエーションに乏しい
   ・受身のサッカーであるため、相手に引かれると崩しきれない。
   ・最小限のリスク → ポジションを崩すのは闘莉王のみ。
   ・過剰なリスク管理 → もっと攻撃的にできる。





◆ 07シーズンの展望

■ オジェック氏の就任

07シーズンは、ブッフバルト監督に代わってオジェック氏が監督に就任し、リーグ連覇とアジア制覇に挑戦する。

95年シーズンの浦和レッズでの戦い方や、01年のコンフェデレーションズカップでのカナダ代表での戦い方を見る限り、ブッフバルト監督と同系統のサッカースタイルでる。継続路線となり、悪くない人選である。(ブッフバルト監督が、浦和時代に監督であったオジェック氏の影響を少なからず受けていて、監督としてのスタイルを築き上げたという方が正しいだろう。系統が似ているのは当然といえる。)

ブッフバルト氏の辞任については惜しむ声もあるが、タイミング的には、一番いい形でチームを離れることになったと思う。素晴らしい守備組織を作ったブッフバルト氏の手腕は高く評価できるが、前述したように、攻撃に関しては、それほどの多くの引き出しを持っていたとは思えない。07シーズンも監督を続けることになっていれば、何かしらのボロがでていたことだろう。潮時だった。

■ 左サイド・三都主の穴

人気と資金力が豊富なチームなので、主力がライバルクラブに引き抜かれる危険性はほとんどないが、海外移籍となると話は別で、三都主がザルツブルグに移籍することが決定した。全試合に出場して、5得点10アシストをマークした、左サイドのスペシャリストを失うことになった。

「サブには相馬がいるので大丈夫。」という意見もあるが、そうは思わない。確かに、突破力では三都主を上回るかもしれないが、クロスの精度は三都主に、はるかに及ばない。試合中に、より効果的に得点に絡めるのは三都主で間違いない。相馬もポテンシャルは高いが、相馬で代役で務まるは思わない。

■ 存在感を示して欲しい長谷部

本人も認めているように、06シーズンの長谷部は不完全燃焼であった。確かに守備面での貢献は高かったが、攻撃面では才能を発揮するシーンはほとんどなく、得意の長距離ドリブルは封印されたままだった。

06シーズンを振り返ったとき、「長谷部の出来が悪かったから試合に負けた。」といわれるような試合は、一度もなかった。長谷部のような将来の日本代表を背負って立つべきプレーヤーは、勝っても負けても、彼自身の出来が、チーム勝敗を左右するような状況(立場)で、プレーし続けてもらいたい。

例を挙げると、マンチェスターU所属の朴智星とセルティック所属の中村俊輔。ともに、イギリスのクラブでプレーするアジア人で、ともにチームに大きく貢献している両選手ではあるが、チーム内での立場は異なる。所属チームの格という点では朴のほうが上ではあることは間違いないが、マンチェスターUが試合に敗れたとしても、朴に批判が集まることはない。まず、批判が行くのは、ルーニーであり、ロナウドであり、スコールズである。その一方で、セルティックが試合に敗れれば、まずはじめに、チームの中心である中村俊輔に批判の声が上がる。プレーヤーとしてステップアップするためには、どちらの状況が望ましいのかは一目瞭然である。

■ 飛翔の07シーズン

リーグ戦と天皇杯を制したことで、名実ともにビッグクラブの仲間入りを果たした浦和レッズではあるが、素晴らしい内容で勝ち取ったタイトルというわけではなかった。07シーズンに期待されることは、ライバルチームを圧倒してタイトルを獲得することであり、それが可能なだけのポテンシャルを持ったチームといえる。

そのためには、やや後ろ向きだったチームスタイルを前向きに改善したい。人数をかけて攻撃をすることで新たにリスクが生まれるが、そのリスク以上に、相手チームに脅威を与えることが出来るだろう。常に試合の主導権を握って試合を進めることが出来るようになれば、浦和を止めるチームは本当に限られてくる。

07シーズンの序盤は、モデルチェンジのために、苦しむものと思われる。ただ、それはステップアップのための生みの苦しみであって、避けては通れないものである。そして、その壁を乗り越えることができれば、輝かしい未来が待っているだろう。

だから、後世では、06年の浦和レッズのサッカーは、退屈なサッカーだったと記憶されることだろう。殻を破った後の浦和レッズのスペクタクルなサッカーと比べると・・・。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/453-fb479281





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


06月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


06月20日
【ロシアW杯】 セネガルの2点目の場面の非フェアプレー(?)にモヤモヤした件 (vs ポーランド)

06月20日
【日本代表】 西野監督はGK川島永嗣と心中するのか?見限るのか?

06月20日
【日本代表】 ついにW杯の舞台で輝きを放ったMF香川真司

06月20日
【W杯:日本×コロンビア】 やったね!!!日本代表。白星スタート!!!

06月19日
【移籍市場】 諸刃の剣・FWピーター・ウタカは徳島ヴォルティスの救世主になるか?

06月19日
【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について

06月19日
【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。

06月18日
【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。

06月18日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)

06月18日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)

06月17日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)

06月17日
【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。

06月17日
【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ

06月17日
【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。

06月16日
【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。

06月16日
【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月16日
【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。

06月15日
【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月15日
【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート

06月15日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)

06月14日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)

06月14日
【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)

06月13日
【壮行試合:日本×パラグアイ】 セレッソ育ちのゴールデンコンビが躍動する。

06月13日
【投票:親善試合】 日本 vs パラグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (中)

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (上)

06月12日
【J2】 水戸ホーリーホックの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J1】 ガンバ大阪の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J2】 京都サンガの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【移籍市場】 FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)はなぜ泥船に飛び込むのか?

06月10日
【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【J2】 愛媛FCの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【移籍市場】 「確率は0%」とは言えないFW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍

06月9日
【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月9日
【J2】 下品なヴァンフォーレ甲府&上野展裕監督にドン引きした件

06月9日
【親善試合:スイス×日本】 それほど悪くはない試合

06月9日
【投票:親善試合】 スイス vs 日本で「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月8日
【J2】 カマタマーレ讃岐の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月8日
【天皇杯:ガンバ大阪×関西学院大】 歴史的な番狂わせ。ヒーローは1年生のFW山見大登

06月8日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J3】 ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の試合後のインタビューはそこまで酷かったのか? (vs カターレ富山)

06月7日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月6日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月6日
【J3】 理解に苦しむガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の解任

06月6日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月5日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【C大阪U-23×G大阪U-23】 アタッカーとして覚醒しつつあるMF山根永遠

06月05日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【FC岐阜×水戸ホーリーホック】 J2屈指のアタッカーに成長したFW古橋亨梧

06月04日
【五輪代表】 「伸び悩み気味」に感じる東京世代のエース候補のFW小川航基(ジュビロ磐田)

06月04日
【千葉×山口】 ストライカーとして覚醒しつつあるFWオナイウ阿道



06月02日
全記事一覧(2005年-2018年)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: