アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/14 【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)
 2017/07/14 【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。
 2017/07/15 【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話
 2017/07/16 【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。
 2017/07/16 【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)
 2017/07/16 【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?
 2017/07/17 【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。
 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/18 【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説
 2017/07/18 【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

 2017/07/20 全記事一覧(2005年-2017年)


【神戸U-18×札幌U-18】 ユースを支える赤と黒のサポーター (生観戦記) (後編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

 → 【JYC:神戸U-18×札幌U-18】 ユースを支える赤と黒のサポーター (生観戦記) (前編)


■ 観光名所の通天閣

翌朝。せっかくここまで来たので「通天閣」を目指す。地下鉄に乗るとなんば駅から天王寺駅までは約6分。こちらも「歩いてもOK」と言える距離である。今の通天閣は2代目で1956年(昭和31年)に完成した。塔自体の高さは100m。1996年10月にスタートして「マナカナちゃん」のデビュー作として知られる『ふたりっ子(NHK連続テレビ小説)』は、ここらへんのエリアがメインで物語が進んでいく。

 #15 ビリケン
Jユース(12)

 #16 通天閣
Jユース(13)

通天閣の入場料は大人が600円。エレベーターで上まで昇っていくが、その5階には「足の裏を撫でると幸運が訪れる。」という言い伝えがある幸運の神様「ビリケンさん」の像が安置されている。最上階から大阪市内を一望できるが、今回は時間がないので、中には入らない。真下から見た「通天閣」はこんな感じ(↓)になるが、土台はしっかりしていて、それまでに想像していた以上に、大きくて、高くて、人も多い。

 #17 通天閣 (真下から)
Jユース(14)

 #18 新世界
Jユース(15)
■ 最寄り駅

通天閣を見上げた後、歩いて天王寺駅まで行って、そこでJRの阪和線に乗って最寄り駅となる鶴ヶ丘駅に向かう。鶴ヶ丘駅はセレッソカラーの「ピンク」に染まっており、FW柿谷、MF山口螢など選手たちの写真がいくつも飾られている。長居スタジアムやキンチョウスタジアムまで2・3分のところにあるのでアクセス的には申し分ない。アクセスに関しては、日本屈指のスタジアムと言えるだろう。

 #19 JR鶴ヶ丘駅
Jユース(17)

 #20 長居スタジアム(左側)
Jユース(30)

 #21 キンチョウスタジアム (正面)
Jユース(18)

■ 両チームのスタメン

2度目のJユースカップ制覇を目指す神戸は「4-1-2-3」。GK吉丸。DF藤谷、加古、東、山口。MF堂園、表原、中井。FW南島、藤本、米澤。184センチのGK吉丸が神戸のトップチームへの昇格を決めており、背番号「10」を背負っているMF表原は愛媛FCのトップチームに入団することが決定している。1年生と2年生が多くて、3年生はGK吉丸、MF堂園、MF表原の3人だけ。非常に若いスタメン構成になっている。

2連覇を目指す札幌は「4-2-2-2」。GK輪島。DF近藤、進藤、内山、井端。MF杉山、前、鈴木、蒲生。FW國分、松尾。こちらはDF内山とMF前の2人が札幌のトップチームに昇格することが決まっている。そして、183cmのDF内山は1995年生まれと1996年生まれの選手が中心となるU-18日本代表の守備の要になることが期待されている。札幌はスタメン11人の中で3年生が8人。「3年生が中心」となる。

 #22 準決勝の1試合目
Jユース(19)

■ 1対0で神戸が逃げ切る

試合は神戸が優勢となる。3年生でアンカーのMF堂園を中心としたパスワークで試合をのリズムを作る。すると、前半16分に右サイドでボールを持ったMF表原が中央にスライドしてから左足でシュートを放つと、これが鮮やかに決まって神戸が先制に成功する。J2の愛媛FCへの入団が内定しているエースのゴールで先制した神戸が1対0とリードしてハーフタイムに突入する。

後半も神戸ペースで進んでいく。札幌はスピードのあるFW國分とFW松尾の2トップを生かそうと、積極的に裏のスペースを目掛けてミドルパスを出すが、「1年生が2人で、2年生が2人」という若い神戸の最終ラインがしっかりと対応してなかなかチャンスを作ることができない。一方、カウンターから何度かチャンスを作った神戸も試合を決める追加点を挙げることはできない。

結局、後半はともにゴールは生まれずに1対0のままで終了。神戸がDF柳川やDF林がいた2005年以来でクラブ史上3度目となる決勝進出を果たした。この試合の後に行われた準決勝の2試合目は延長戦の末、広島が4対3で川崎Fに勝利したので、23日(月)に長居スタジアムで決勝戦は神戸と広島のカードとなった。一方、完封負けを喫した札幌は2連覇達成はならなかった。

 #23 神戸のサポーター
Jユース(20)

■ 札幌の連覇はならず・・・

ロンドン五輪代表チームは、MF清武、MF扇原、MF山口螢のC大阪組が中核を為したが、次のリオ五輪代表チームは「札幌の選手が中心になるのではないか?」と言われるほど、札幌はリオ世代に有望株をそろえている。すでにトップチームでレギュラーを張っているDF奈良、MF荒野だけでなく、MF深井も、DF櫛引も、FW榊も、高い能力を秘めているが、今回のU-18も能力の高い選手をたくさん擁している。

残念ながら、この試合は力を出し切れなかった。「普段の力を出せなかった。」という選手がほとんどだと思うが、攻撃が単調すぎた点は否めない。昨年のJユースカップでも目立っていたFW國分とFW松尾の2トップはスピードがあって、仕掛ける意欲も高いが、2トップの前方のスペースにミドルパスを送る攻撃が中心となったので、中盤でボールを落ち着かせてパスワークで組み立てるシーンはほとんどなかった。

 #24 バックスタンドとゴール裏の様子
Jユース(21)

■ 決勝ゴールを決めた表原玄太

神戸は1週間前に行われた高円宮杯U-18サッカーリーグ2013のチャンピオンシップで、流通経済大学附属柏高校にPK戦で敗れてタイトルを逃したが、もう一度、日本一に挑戦する権利を得た。神戸はDF岩波とMF松村のいた昨年度のチームが強力だったので、「今の3年生は下級生のときに十分な試合経験を積むことができなかった。」と言われているが、評価の高かった「岩波世代」を上回る結果を残している。。

決勝ゴールを決めたのは、愛媛FCへの入団が内定しているMF表原だったが、FWメッシやMF香川やMF齋藤学が得意にしている「横にスライドしながら相手DFをかわしてからシュートを放つプレー」でネットを揺らした。右サイドから切れ込んで左足でシュートを放ったが、MF表原は右利きということである。逆足でこれだけのプレーができる選手というのは、「J1の中でもほとんどいない。」と言える。

試合の序盤からたくさんボールに触っていたが、右利きなのか、左利きなのか、全く区別が付かなかった。右利きの選手が見せるタッチで相手をかわしたかと思うと、今度は左利きの選手が見せるようなボールコントロールから逆サイドに左足でロングパスを送って局面を変えるプレーを見せる。MF香川も「左利き」と間違えられることがあるほど両足を遜色なく使えるが、MF表原も相当な「逆足の使い手」である。

神戸は「4-1-2-3」あるいは「4-1-4-1」と表現できるシステムなので、インサイドハーフでプレーしているが、プレーを観た印象では、「名古屋のMF藤本淳と川崎FのMF大島を足して2で割ってもう少しドリブラーの要素を高めた選手」と表現できる。プロでレギュラーを張るには「運動量」と「守備力」をもうワンランク高める必要があると思うが、個人技が高くてシンプルに味方を使うこともできる。

■ ユースから他クラブのトップチームへ・・・

愛媛FCはMF加藤大が新潟に戻って、MF東が長崎に移籍することになった。今後、補強のニュースが聞こえてくると思うが、石丸監督のサッカーでもっとも重要なポジションである2人が抜けてしまった。正キーパーのGK秋元も湘南に移籍するので、「J2のクラブの中でもっとも苦しいオフになっているチームの1つ」と言えるが、MF表原にとっては、プロ1年目から試合に絡むことができるチャンスである。

残念ながら神戸のトップチームに昇格することはできなかった。「(神戸の)トップチームへの昇格」を目標に3年間、頑張って来たと思うので、大きな挫折と言えるが、神戸にはMF森岡がいて、MF小川がいて、MF松村がいて、さらには、MF廣田もいる。1.5列目や2列目のポジションは有望株が目白押しで、年齢の近いMF表原を昇格させてもうまく使うのは難しいので、仕方がないと言えるだろう。

C大阪U-18から群馬のトップチームに進むFW大津にも同じことが言えるが、「神戸やC大阪のようなJ1経験の豊富なチーム」と「愛媛FCや群馬のようなJ1未経験のクラブ」では、トップチーム昇格のハードルの高さは全く違っている。近年は、ユースから大学に進学して、大学卒業後にトップチームに戻ってくる選手も増えてきたが、高卒で他のJクラブのトップチームに昇格する選手はもっと増えてもいいと思う。

清水ユースから岡山のトップチームに昇格してレギュラーに近い立場にいるMF石原が成功例の1つと言えるが、「大学の4年間が遠回りになるのではないか?」と思う選手もいる。トップ昇格はできなかったが、J2の選手層の薄いクラブであれば、早い時期から出番がありそうな選手というのは、毎年、何人かいるので、MF表原やFW大津にはトップチームで活躍して、1つの流れを作って欲しいと思う。

 #25 試合終了直後
Jユース(24)

■ 熱心なサポーター

準決勝が行われたのは3連休の初日である。21日(土)に準決勝が行われて、23日(月)に決勝戦が行われるので、(もちろん、準決勝で勝たないと決勝に進むことができないが、)上手くいくと、準決勝と決勝の2試合を観戦することができる。「比較的、アクションを起こしやすい日程になっている。」という面はあるが、それにしても、札幌のサポーターの数は多かった。

1試合目が神戸と札幌の試合で、2試合目が川崎Fと広島の試合だったが、サポーターの人数的には、4チームで大きな差は無かったと思う。もちろん、札幌のサポーターの全員が北海道から遠征してきたやって来た人ではなくて、「北海道出身で今は関西に住んでいる。」というサポーターも大勢いたと思うが、遠征して来た人も多かっただろう。大阪と札幌の距離を考えると、びっくりするような人数だった。

近年、札幌のユースは全国大会で結果を残しており、「黄金世代」とも言われているが、遠くまで駆け付けてくれるサポーターの存在が大きな助けになっているのは間違いない。「時間とお金をかけて遠くまで来てくれる人がいる。」ということは選手たちも分かっていると思うので、「こういう人たちの期待に応えるために頑張ろう。」という気持ちが生まれてくるのは、当たり前の話である。

「なぜ、札幌のユースからいい選手が次々に出てくるのか?」というと、「札幌を中心とした北海道という大きなエリアの人材をほぼ独占できるから。」というのが1つの答えとなるが、赤と黒で染まったスタンドを見ると、それだけではないことが分かる。「熱心にユースを応援してくれるサポーターがたくさんいるから。」というのも、間違いなく、いいサイクルを生み出している主要因の1つと言えるだろう。

 #26 札幌のサポーター
Jユース(23)


関連エントリー

 2012/11/26  【JYC:広島×磐田】 サンフレッチェの強さの理由 (生観戦記)
 2012/11/28  【JYC:C大阪×札幌】 FW南野拓実に期待したいこと (生観戦記)
 2013/01/29  【読エ】 思い出のストライカー新居辰基
 2013/02/01  1人のサポーターにできること
 2013/02/02  【Fリーグ:大阪×府中】 生涯初のフットサル観戦 (前編) ~オーシャンアリーナへ~
 2013/02/03  【Fリーグ:大阪×府中】 生涯初のフットサル観戦 (後編) ~オーシャンアリーナへ~
 2013/02/03  JリーグとFリーグの違い ~フットサルの応援に太鼓は必要なのか~
 2013/12/24  【JYC:神戸U-18×札幌U-18】 ユースを支える赤と黒のサポーター (生観戦記) (前編)
 2013/12/24  【JYC:神戸U-18×札幌U-18】 ユースを支える赤と黒のサポーター (生観戦記) (後編)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月05日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月05日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月04日
【J2】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで)

07月04日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

07月04日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

07月03日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)


07月02日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん