アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)
 2017/10/13 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2017/10/14 【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

 2017/10/17 全記事一覧(2005年-2017年)


【PO:京都×徳島】 ヴォルティスが悲願のJ1昇格を決める!!! | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ファイナルステージ

J2のプレーオフの決勝戦。1回戦はホームで長崎と対戦して0対0で決勝進出を決めた京都サンガ(3位)と、ホームで千葉と対戦して1対1で勝ち上がった徳島ヴォルティス(4位)が国立競技場で対戦した。POはリーグ戦で上位だったチームにアドバンテージが与えられるので、引き分けの場合、リーグ戦で3位だった京都がJ1に昇格する。よって、徳島は勝たなければJ1に昇格することはできない。

京都は「4-1-2-3」。GKオ・スンフン。DF安藤、酒井、バヤリッツァ、福村。MF秋本、工藤、倉貫。FW駒井、横谷、山瀬功。怪我のため37節の群馬戦(A)から欠場が続いていた右SBのDF安藤が戻ってきて、さっそくスタメンで起用された。一方、DF染谷が怪我で欠場となったので、先の長崎戦は右SBでプレーしたDF酒井がCBに回って、DFバヤリッツァとコンビを組む。FW横谷は37試合で11ゴールを挙げている。

対する徳島は「4-2-2-2」。GK松井。DF藤原、橋内、千代反田、アレックス。MF柴崎、濱田、宮崎、大崎。FW津田、高崎。1回戦の千葉戦の前半終了間際で負傷して途中交代となったFWドウグラスはベンチスタートで、189センチのFW高崎がスタメンとなった。FW高崎はシーズン序盤はレギュラーで起用されていたが、その後、ポジションを失っており、スタメン出場は15節の岡山戦(A)以来となる。

■ 徳島が2対0で勝利

試合の序盤は京都がボールを支配して徳島が守る展開となる。京都はPOの1回戦の長崎戦はなかなか自分たちのサッカーができなかったが、この日は、試合の入り方は良くてペースを握っていく。しかし、決定機を作るには至らず。徳島が盛り返しつつあった前半39分に徳島が右CKを獲得すると、ベテランのDF千代反田が頭で合わせて勝たなければならない徳島が先制に成功する。

1対1に追い付くことができると「京都のJ1昇格」となるので、京都は焦る必要は無かったが、前半43分に徳島の右SBのDF藤原のフィードをFW高崎がフリックして、フリーになったFW津田が裏に抜け出すと、FW津田が落ち着いて決めて徳島が貴重な2点目を挙げる。FW津田はリーグ戦の最後のゴールが33節の山形戦(H)だったので、しばらくゴールから遠ざかっていたが、ここ一番で大仕事をした。

2対0で迎えた後半は「2点リード」で余裕が出てきた徳島のペースとなる。「2ゴール以上」が必要な京都だったが、徳島ゴールに迫るシーンを作れず。逆にカウンターから徳島にチャンスを作られる展開となる。結局、徳島も試合を決める3点目を挙げることはできなかったが、2対0とリードを守り切って、この結果、四国勢としては初となるJ1昇格を決めた。一方の京都は2年連続でPOで敗退となった。
■ 初のJ1昇格

J2のPOの1回戦は、3位チームあるいは4位チームのホームスタジアムで開催されるが、決勝戦は中立地での開催となる。当然、アウェーの地で戦うよりは、中立地で戦う方が上位チームが持っているアドバンテージは小さくなるので、下位チームにはありがたい。2012年と同様に今年も国立競技場でファイナルが行われたが、今年も「リーグ戦では下の順位だったチームがJ1昇格を決める。」という結果となった。

この日の国立競技場は23,266人という観衆が集まったが、驚いたのは、徳島のサポーターの多さである。もちろん、京都のサポーターも多かったが、さらにホームタウンまでの距離が遠い徳島のサポーターも多かった。どちらのチームのサポーターでもない「中立のサポーター」も多かったと思うが、青く染まったスタンドが選手たちのパワーになったのは、間違いないところである。

試合後のインタビューで小林監督がコメントしていたとおり、徳島の試合の入り方はあまり良くなかったが、セットプレーとカウンターから2点を奪うことができた。徳島は最前線に高さのある選手を起用することがほとんどで、ロングボールを使う頻度も高いが、ボランチにはMF柴崎とMF濱田がいるので、つなぐ能力も非常に高いチームである。後半は余裕を持った試合運びを見せて、京都を寄せ付けなかった。

1点目のDF千代反田のゴールも大きかったが、2点目のFW津田もゴールも大きかった。後方からのロングボールをFW高崎で頭でつないでFW津田がGKと1対1になったが、FW津田という選手はあのような形になることをずっと狙っている選手で、こういう形になると確実に決める力を持っている。「2試合連続PK失敗」もあって、終盤戦はゴールという結果を出せていなかったが、最後にエースの働きを見せた。

■ 歴史的な一日

これで徳島は四国勢としては初となる「J1昇格」を決めたが、同じ日に香川県にあるカマタマーレ讃岐もJ2の鳥取との入替戦を制して「J2昇格」を決めたので、2013年12月8日(日)というのは、四国のサッカー界にとっては、歴史的な一日となった。蚊帳の外に置かれる形となった愛媛FCにも大きな刺激となったのは間違いないので、徳島・讃岐・愛媛FCの3チームを中心にして「いい循環」が生まれつつある。

今シーズンの徳島はスタートは今一つだった。2012年と同様で、勝ったり、負けたり、引き分けたり、ちょっと出遅れてしまったが、22節から「12試合負けなし」と快進撃を見せた。その後、37節から3連敗を喫して、後方から猛烈に追い上げてきた松本山雅や栃木SCに追い抜かれそうな時期もあったが、最後の3試合は2勝1分け。4位となってPOの1回戦をホームの鳴門で開催できたのは大きかった。

横浜FC(37節)にホームで敗れて、さらにはG大阪(38節)にもホームで1対5と大敗して、さらにはアウェーの福岡戦(39節)も0対1で敗れて3連敗となった。「PO出場の当確ランプ」が点灯しつつあった中での3連敗だったので、監督や選手には大きなプレッシャーがかかったと思うが、40節の岡山戦(H)で流れを食い止めることができた。ホームで岡山を圧倒した40節がターニングポイントだったと言える。

これで2014年は初のJ1での戦いが待っているが、難しいシーズンになるのは間違いないだろう。もちろん、2009年の山形、2012年の鳥栖など、昇格初年度で予想を覆す好成績を残した例はいくつかあるが、やはり、大方の予想通りに下位に低迷して「1年でJ2降格」となったチームの方が多い。「J1残留」が最大の目標となるが、同じタイミングで昇格するG大阪や神戸と比べるとかなり苦しい。

あまりにもJ1のステージで勝てないようだと、せっかく盛り上がった地元のサッカー熱が萎んでしまう可能性があるので、オフの補強が重要になってくるが、「完成度の高さ」がウリの1つなので、うまくいっているバランスを大きく壊すことにつながる補強は避けなければならない。ただ、「J1ブランド」で選手補強がJ2時代よりもやりやすくなるのは確実なので、効果的な補強が期待される。

■ 3年連続でJ1昇格に失敗

一方の京都は2年連続でPOで敗れてJ1昇格を逃した。2009年から2011年までの3年間は「J2の1位と2位と3位のチームがJ1に自動昇格する。」というレギュレーションだったので、それを考えると「PO制度の導入」でもっとも割を食ったチームと言えるが、この点については、シーズンの最初から決まっているルールなので、このタイミングでとやかく言っても仕方がない。

1回戦の長崎戦も思うようなサッカーができなかったが、この日も、いいサッカーを見せることはできなかった。試合の序盤はボールを保持して京都ペースになりかけたが、前半39分に先制された後は、経験豊富な選手の多い徳島の試合運びの巧さにしてやられて、追撃弾となる1点目を奪うこともできなかった。3位となってPOのアドバンテージを得たが、2試合連続無得点ではこういう結果になっても仕方がない。

京都は3年連続でJ1昇格に失敗したので、「大木監督がチームを去る可能性は高い。」と報じられている。2011年が7位、2012年と2013年が3位という順位だったが、3シーズンとも開幕前の評価は高かった。2012年は昇格候補の大本命で、2011年と2013年も昇格の有力候補の1つだったので、「3年連続でJ1昇格に失敗」となった以上、大木監督を積極的に引きとめるのは難しいと言えるだろう。

注目されるのは、後任監督をどうするかである。「勝負弱さ」と「波の激しさ」の2点は最後まで改善されなかったが、(育成システムの改革を行って、いい選手が次々にトップチームに昇格してくる時期と重なるという幸運もあったが、)この3年間は、活きのいい若手が次々に出てきて、ハマったときのサッカーは魅力的だった。「京都サンガ」というクラブのイメージが大きく変わった3年間だったと言える。

結局、結果にはつながらなくて、J1に復帰することもできなかったが、育成面を含めて「いいチーム」になりつつある。この流れを推し進めることができて、かつ、結果も残せるような監督を連れてくる必要があるが、一方で、勝負にこだわる姿勢が強すぎる監督を連れてきてしまうと、せっかく、種を蒔いて、ここまでに育って来たものが無になる可能性もある。今オフの監督選びは非常に重要である。


関連エントリー

 2013/06/25  西京極競技場の旅 (6月22日)
 2013/10/09  注目したいJ2の大卒ルーキー 3名
 2013/11/14  英断だったJ2のプレーオフ制度の導入
 2013/12/04  【J2】 2013年のポジション別ベストプレーヤーを考える。 (GK編)
 2013/12/04  【J2】 2013年のポジション別ベストプレーヤーを考える。 (右SB/右WB編)
 2013/12/05  【J2】 2013年のポジション別ベストプレーヤーを考える。 (左SB/左WB編)
 2013/12/06  【J2】 2013年のポジション別ベストプレーヤーを考える。 (CB編)
 2013/12/06  【J2】 2013年のポジション別ベストプレーヤーを考える。 (ボランチ編)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4365-7cb292d2





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編) 10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~

09月29日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬の歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月29日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月27日
「セレッソ大阪のばばあサポーター(@キンチョウスタジアム)」が迷惑すぎる件

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。


09月25日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: