アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

 2017/07/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【C大阪×広島】 予想外の飛躍を遂げたMF山口螢 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第32節

J1の第32節。14勝6敗11分けで勝ち点「53」のセレッソ大阪(5位)と、17勝8敗6分けで勝ち点「57」のサンフレッチェ広島(3位)がキンチョウで対戦した。J1は残り3節となったが、優勝の可能性が残っているのは、首位で勝ち点「59」の横浜FM、2位で勝ち点「58」の浦和、3位で勝ち点「57」の広島、4位で勝ち点「56」の鹿島、5位で勝ち点「53」のC大阪、6位で勝ち点「51」で川崎Fの6チームだけ。この試合は3位と5位の直接対決となった。

ホームのC大阪は「4-2-3-1」。GKキム・ジンヒョン。DF酒本、藤本、山下、丸橋。MF山口螢、扇原、エジノ、シンプリシオ、南野。FW柿谷。187センチのFW杉本はベンチスタートで、天皇杯の鳥栖戦でFKでゴールを決めたMFエジノがスタメンで起用された。日本代表の欧州遠征に参加してオランダ戦とベルギー戦に出場したFW柿谷とMF山口螢はスタメン出場となった。FW柿谷は31試合で18ゴールを挙げてJ1の得点ランキングの3位タイに付けている。

一方の広島は「3-4-2-1」。GK西川。DF塩谷、千葉、水本。MF青山敏、森崎和、ミキッチ、ファン・ソッコ、石原、高萩。FW佐藤寿。こちらも日本代表のGK西川と韓国代表のMFファン・ソッコは揃ってスタメンで出場して、「現段階ではベスト」と言える11人がスタメン起用された。エースのFW佐藤寿は31試合で17ゴールを挙げてJ1の得点ランキングの5位タイに付けている。シャドーのMF石原は30試合で8ゴールを挙げている。

■ 1対0でC大阪が勝利

ともに優勝のためには「勝たなければいけない試合」だったが、前半はスローな展開となる。広島がゆっくりとしたボール回しをして、確実につながるパスを多用したため、アウェーの広島がボールをキープして、ホームのC大阪が守る展開となる。広島はFW佐藤寿が鋭い動き出しから何度かフリーで抜け出しかけたが、大チャンスには至らない。結局、前半の45分間は双方があまり見せ場を作れずに0対0で折り返す。

後半になると、一転してスピーディーな展開となる。先制したのはC大阪で、後半7分にC大阪らしいパスワークから最後はFW柿谷のスルーパスを受けたトップ下のMFシンプリシオが落ち着いて決めて5位のC大阪が先制に成功する。MFシンプリシオは今シーズン4ゴール目となった。その後は、C大阪も、広島も、持ち味である絶妙のコンビネーションから何度かチャンスを作るが、シュート精度を欠いてゴールを生み出すことは出来ない。

試合の終盤になると、広島が立て続けに惜しいシーンを作ったが、シュートがクリーンヒットしないケースが多くて、同点ゴールには至らず。結局、5位のC大阪と3位の広島の直接対決はC大阪が勝利して、かろうじて優勝の可能性を残した。C大阪は33節がホーム最終戦でACLの出場権を争っている鹿島と対戦する。一方の広島はリーグ連覇が遠ざかる完封負けとなった。33節はホームで湘南と対戦して、34節はアウェーで鹿島と対戦する。
■ リーグ連覇は難しくなる・・・

この試合は2週間前にチケットが完売になっており、17,489人という大入り満員で埋まったが、前半はサポーターが望んでいなかったスローな展開になったが、両チームともハーフタイムでギアチェンジして、後半はともにたくさんの見せ場を作った。勝ち点「1」ではダメなので、ともに勝ち点「3」を目指して戦ったが、C大阪にとっては、「この試合の最初の決定機」をゴールに結びつけて、1対0で勝利した。これで広島との差も「1」となった。

広島は試合前の時点では首位の横浜FMとの差が「2」だったので、十分に逆転できる差だったが、32節で横浜FMが勝ち点「3」を積み上げたので、「5」差となった。決定機に近い形というのは、広島の方が多くて、特に後半はパスワークから何度もいい形を作ったので、攻撃に関してはそれほど悪くなかったが、勝ち点「3」が必要な試合なので、もう少し前半から積極的な姿勢を見せた方が良かったのではないか。

広島は31節を終えた段階で28失点という成績だったが、これは首位の横浜FMと5位のC大阪と同じ失点数で、J1の中では最少タイの数字である。GK西川、DF塩谷、DF千葉、DF水本の4人のセットというのは「ほぼ固定」で、コンビネーションも良好で、かつ、個人能力も高いので、「リーグ最高の守備ユニット」と言えるが、今シーズンも、5バック気味にして、後ろに人数をかけて慎重な試合運びをすることが多くなっている。

もちろん、そういう戦い方が安定感を生んでいるのは間違いない。そして、これが森保監督やスタッフの方針であり、昨シーズンは、この戦い方で結果を出しているので、外野からとやかく言われる類のものでもないが、これだけ攻撃陣にタレントがいて、かつ、コンビネーションも熟成しているので、もっと積極的なサッカーをされたほうが相手としては厄介で、今のような慎重な試合運びをしてくれると相手は戦いやすくなる。

■ 優勝の可能性は残る

一方のC大阪は首位の横浜FMとの差が「6」なので、「3連勝しても逆転できるかは微妙」と言える。勝つしかない状況で、32節が広島(H)、33節が鹿島(H)、34節が浦和(A)と続く上位との3連戦がスタートしたが、まずは最初の関門を突破した。横浜FMとの差が縮まらなかったので「逆転優勝」というのは非常に難しくなったが、横浜FM以外の上位のチームが思うように勝ち点を得ることが出来なかったので、ACLの可能性は膨らんできた。

C大阪も前半はあまり良くなかった。攻撃もあまり良くなかったが、守備のところで、DF山下とDF藤本の間のスペースを1トップのFW佐藤寿に突かれるケースが何度かあった。FW佐藤寿の消える動きに付いていけないシーンが目立ったが、前半41分にDF藤本が怪我で交代してDF茂庭が入ってからはFW佐藤寿がフリーになるケースが無くなって、最終ラインは安定した。DF藤本の怪我は残念だったが、怪我の功名で守備は良くなった。

ベルギー戦で1ゴール1アシストと結果を残して代表定着をアピールしたFW柿谷は、決勝ゴールをアシストした。この日は1トップで起用されたが、下がってくるケースが多くて、DFラインの裏を狙う動きはほとんどなくて、中盤で組み立ての仕事をする場面が多かったが、アシストの場面も下がってきてボールを受けてから、一瞬、フリーになったMFシンプリシオに絶妙のパスを出した。その他でも、周りを生かそうとする意識が高かった。

オランダ戦とベルギー戦の2試合で評価を急上昇させたMF山口螢は、攻撃でも、守備でも、目立っていた。攻撃では2度ほど鋭いゴール前への飛び出しを見せて大チャンスを作ったが、このように3列目から飛び出す形でゴールを決めることができるようになったならば、ボランチとしてさらにレベルアップすることができる。簡単に相手を振り切ることができる圧倒的なスピードがあるので、全速力で飛び出されると相手はマークするのは難しくなる。

■ 4年間で目覚ましい成長

日本代表においては、「ボランチの3番手」という評価にとどまらず、「MF長谷部あるいはMF遠藤からポジションを奪ってしまうのではないか?」という人もいる。ボランチの争いに関しては停滞感があったので、むしろ、「MF山口螢にレギュラーを奪取してもらって、チームに刺激を与えてほしい。」と感じている人もたくさんいると思うが、ここ最近は、攻守両面で見事なパフォーマンスを発揮している。海外のクラブから狙われるのも納得である。

先日は、「ドイツ2部のケルンが興味を示している。」と報じられたが、W杯の本大会まで7・8カ月を切ったので、「W杯の本大会のメンバー入りは確実」と考えられる選手でない限り、今冬は日本代表クラスの選手の海外移籍はちょっと考えにくい。FW柿谷も同様であるが、W杯に出場できれば、もっと自身の評価を高めることができるので、とりあえずはC大阪に残留することになると思うが、欧州リーグでも活躍できるだけの実力を備えつつある。

一番、いいところは、運動量の多さとスピードである。ボランチとしての経験が長いわけではなくて、J1での試合経験もそれほど多いわけではないので、ボランチに必要なクレバーさを感じるシーンは少ないが、動きの量の多さとスピードでカバーできている。ただ、もっとレベルの高いリーグで、もっと厳しい環境でプレーしたら、もっと考える力が養われると思うので、伸びシロはたっぷりあって、まだまだボランチとして成長できる余地はある。

MF山口螢は今シーズンがプロ5年目となるが、プロ初出場はC大阪がJ2に所属していた2009年の10月の愛媛FC(H)との試合だった。怪我人が多発して、苦しいメンバー構成になったときにスタメンのチャンスが巡ってきたが、ほとんど何もできないままで途中交代となった。あれから4年経ったが、日本代表の一員としてブラジルW杯の出場を狙える選手になるとは、当時、全く想像できなかった。

「5年後のブラジルW杯のメンバーはどうなるだろう?」と、2009年当時も、いろいろな人が空想したり、予想していると思うが、おそらく、MF山口螢の名前をブラジルW杯の日本代表候補に挙げた人はいなかったと思う。同じC大阪で育った選手でも、MF香川、MF乾、FW柿谷、MF扇原、FW杉本らは、10代の頃から「人とは違った才能を持っている。」ということが誰でもすぐに分かったが、MF山口螢はそうではなかった。そういう意味では、異質である。


関連エントリー

 2012/07/28  光を照らすボランチ山口螢
 2012/08/06  類希な才能を持つ扇原貴宏
 2013/05/03  【湘南×C大阪】 日本代表入りが期待される山口螢
 2013/06/16  日本代表のWボランチは誰がいいのか?
 2013/11/09  言うほどザックジャパンって末期症状なのか?
 2013/11/10  言うほどザックジャパンの選手選考はおかしいか?
 2013/11/17  【オランダ×日本】 ドローで取り戻した自信と信頼の2つ
 2013/11/20  【ベルギー×日本】 有言実行の本田圭佑
 2013/11/30  全記事一覧(2005年-2013年)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4341-2821f9b9
-
管理人の承認後に表示されます
2013/12/02(月) 20:22:45 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん