欲しいものリスト
アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/08/10 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について
 2018/08/13 【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。
 2018/08/13 【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)
 2018/08/13 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)
 2018/08/14 【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島・山形・山口・京都あたり~
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~福岡・横浜FC・東京Vも勝ち組候補~
 2018/08/15 【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。
 2018/08/15 【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。
 2018/08/15 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1992  2018/07/17  サウジアラビア×エジプト、パナマ×チュニジア、イングランド×ベルギー、フランス×クロアチア
 #1993  2018/07/18  大事な国際大会が続く日本サッカー界
 #1994  2018/07/19  【ロシアW杯】 全64試合を観終えた今、思うこと。
 #1995  2018/07/21  札幌×川崎F、柏×FC東京、浦和×名古屋、長崎×神戸
 #1996  2018/07/22  湘南×鳥栖、磐田×鹿島、仙台×横浜FM、千葉×金沢
 #1997  2018/07/23  清水×C大阪、徳島×大宮、愛媛FC×岡山、町田×金沢
 #1998  2018/07/24  海外でプレーする日本人選手の動向について
 #1999  2018/07/26  名古屋×広島、鳥栖×仙台、沼津×C大阪U-23、千葉×甲府
 #2000  2018/07/27  徳島×福岡、大分×愛媛FC、大宮×松本山雅、東京V×新潟
 #2001  2018/07/28  G大阪×清水、熊本×山口、C大阪U-23×盛岡、札幌×磐田

 #0000  2018/07/28 全記事一覧(2005年-2018年)


【川崎F×磐田】 大久保嘉人の代表復帰の障害となるものは? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第29節

J1の第29節。13勝9敗6分けで勝ち点「45」の川崎フロンターレ(6位)と、3勝14敗11分けで勝ち点「20」のジュビロ磐田(17位)が等々力競技場で対戦した。悲願の初タイトルを目指す川崎Fは残り6試合となって首位の広島との差が「8」なので、勝たなければならない試合が続いていく。一方の磐田はターゲットとなる15位の甲府との差は「10」。6試合で勝ち点「10」の差を逆転するためには、残り6試合は全部勝つしかない。

ホームの川崎Fは「4-2-3-1」。GK杉山。DF田中裕、ジェシ、伊藤、登里。MF稲本、山本真、小林悠、大久保、レナト。FW矢島。大黒柱のMF中村憲は腰痛のためベンチスタートとなった。また、MF森谷は怪我のためベンチ外となった。J1の得点ランキングの首位を走っているMF大久保は27試合で21ゴールを挙げており、2位で並んでいるFW川又とFW佐藤寿とFW渡邉千に4ゴール差を付けている。MFレナトは22試合で11ゴールを挙げている。

対するアウェーの磐田は「4-2-2-2」。GK八田。DF駒野、チョ・ビョングク、菅沼、宮崎。MF藤田義、松岡、山本康、小林裕。FW前田、阿部。ボランチのMFカルリーニョスが出場停止のため、神戸から移籍して2年目のMF松岡が今シーズン初先発となった。攻撃陣に怪我人が続出していて、MF山田大とMF山崎とMF松浦はベンチ外となったが、FW金園が復帰してベンチスタートとなった。日本代表のDF伊野波はコンディションが万全ではないためベンチ外となった。

■ 2対1で川崎Fが劇的な勝利

試合の前半はやや磐田ペースとなる。MF中村憲がベンチスタートになった川崎Fは全体の動きが鈍くて、本来のパス回しができない。一方の磐田は先発の機会を得たボランチのMF松岡とフォワードのFW阿部が攻守に渡って奮闘して、気持ちの強さで川崎Fを上回る。しかしながら、サイドからのクロスがなかなか中央で待っているFW前田やFW阿部には合わない。前半は0対0で終了する。

後半も同じような感じで試合は進んでいくが、大事な先制ゴールを奪ったのはアウェーの磐田で、後半28分にカウンターから右サイドのスペースに飛び出したMF小林裕のクロスをFW阿部が頭で合わせて磐田が先制する。33歳のベテランのFW阿部は今シーズン2ゴール目となった。優勝争いに踏みとどまるためには、勝つしかない川崎Fは失点した直後にコンディションが万全とはいえないMF中村憲を投入。FW大久保の1トップに変更する。

すると、後半39分に左サイドのCKを獲得すると、相手のクリアミスのボールを拾ったDFジェシが右足で決めて1対1の同点に追い付く。DFジェシは今シーズン2ゴール目となった。さらに終了間際のロスタイムに左サイドでFKを得ると、またしても混戦状態から最後は得点王のFW大久保の体に当たってゴールイン。正真正銘のラストプレーでホームの川崎Fが2対1と逆転に成功する。FW大久保は今シーズン22ゴール目となった。

結局、試合は後半49分に逆転ゴールを奪ったホームの川崎Fが2対1で勝利して、勝ち点「3」を獲得。リーグ戦は3連勝となった。次節(=30節)は同じく上位争いに加わっている鹿島とアウェーで対戦する予定になっている。一方の磐田は後半28分に先制ゴールを奪ったが、またしてもリードを守り切ることが出来ず。J1は残り5試合となって、15位の甲府との差が「10」なので、J1残留は絶望的な数字と言える。
■ 痛恨の逆転負け・・・

17位の磐田にとっては、痛恨の逆転負けとなった。選手たちはここ最近の試合と比べると、はるかに気持ちの入ったプレーを見せていたので、力は出し尽くしたと思うが、結果にはつながらなかった。余裕のあるチームだと、「アウェーの川崎F戦」ということを考慮して「引き分けでもOK」という戦い方を選択することも可能であるが、磐田には、そういう余裕は全く無い。こうなると、1対1のスコアでも無理をせざるえないので、余計に勝ち点を獲りにくくなる。

今シーズンは先制しながら追いつかれたり、逆転で負けた試合がたくさんあるので、一種のトラウマになっていると思うが、前述のとおり、内容自体は悪くなかった。特に目立ったのは、ボランチのMF松岡で、磐田に移籍してから初めてのスタメンだったが、攻撃でも、守備でも、惜しみなく動いてリズムを作った。後半にはカウンターから左ポストに直撃するシュートを放っているが、躍動感あふれるプレーでチームを引っ張った。

また、先制ゴールを挙げたベテランストライカーのFW阿部も持てる力をフルに発揮した。2トップの一角でプレーしており、前線から相手を追い回すプレーも期待されているが、それだけにとどまらず、チャンスのときはゴール前に入って相手の脅威となった。ゴールシーンはいいタイミングでゴール前に入ることができたが、彼らしい気持ちで押し込んだ見事なダイビングヘッドだった。

■ 先制したときの勝率の低さ

磐田は17位と苦しんでいるが、先制点を奪っても、生かしきれていないところが、一番の問題点である。1ステージ制で18チーム制になった2005年以降では、J1の試合で先制ゴールを奪ったチームの成績というのは、1705勝341敗481分けなので、勝率は0.675となる。先制したにもかかわらず、逆転で敗れる確率は13.5%なので、サッカーにおける先制ゴールの重要性が分かるが、今シーズンの磐田は、10試合で2勝4敗4分けと散々な数字である。

29試合のうち10試合で先制ゴールを奪っているので、それなりに先制することはできているが、10回のうち、2回しか勝利につながっていない。(先制点を奪って勝利したのは8節の湘南戦と25節の柏戦の2試合だけ。)2005年から2013年までの9シーズンの延べ162チームで、先制したときの勝率が今シーズンの磐田よりも劣っているのは、2013年の大分(11試合で1勝6敗4分け)だけなので、ワースト2位となる。これでは勝ち点を伸ばすのは無理である。

日本では、リードしているチームが守備の枚数を増やして守りに入った後、同点に追いつかれるようなことがあると、監督の采配が過剰なほど批判されるが、守備的な選手の枚数を増やしたら確実にリードを守りきれるかというと、そういうわけでは無い。ただ、「逃げ切り確率」は上がるケースが多いので、逃げ切り用のプランを前もって用意しているチームはいくつかあるが、今シーズンの磐田にはなかった。無策と言われても仕方がないところはある。

■ MF中村憲の投入で雰囲気が変わる

一方の川崎Fはチーム全体の出来としてはかなり悪かった。MF中村憲がベンチスタートになって、MF森谷が欠場した影響が大きかったと思うが、立ち上がりから攻撃のテンポが上がらなくて、スピードアップするシーンがほとんどなかった。MFレナトの個人技など、単発では何度かチャンスを作ったが、思うような攻撃にはならなくて、後半28分にFW阿部に先制ゴールを決められてしまったが、後半29分にMF中村憲が投入されると雰囲気は一変した。

MF中村憲の存在感の大きさならびに依存度の高さを感じる試合となったが、能力の高い選手がピッチ上にいないとき、チーム力がダウンするのは仕方がないと思う。しばしば、「○○頼みのサッカー」と言われて、監督が批判されることもあるが、その監督が中心選手の能力を高いレベルでチームに還元させることに成功しているからこそ生じる現象なので、「○○頼みのサッカー」というのは、監督に向けられる言葉であるならば、褒め言葉のように感じる。

結局、MFレナトとMF中村憲の精度の高いプレイスキックから同点ゴールと逆転ゴールが生まれたが、決勝ゴールはFW大久保のゴールとなった。ゴール前でスクランブル状態になったので、DFジェシのゴールだったのか、オウンゴールだったのか、FW大久保のゴールだったのか、かなり微妙なプレーではあったが、リプレーを見ると、確かにFW大久保の足に当たってラインを割っているように見えるので、FW大久保のゴールで間違いないだろう。

このゴールに関しては、ラッキーなところもあるが、勝ち点「1」で終わるのか、勝ち点「3」を獲ることができるのか、大きな違いがあるので、価値のあるゴールとなった。FW大久保はこれで22ゴール目となったが、試合を決める大事なところでゴールを決めることが多い。川崎Fの最終順位にもよるが、得点王やベストイレブンだけでなく、リーグMVPという可能性も考えられる。それほど、今シーズンのパフォーマンスは優れている。

こうなると、やはり、「日本代表への復帰」を期待する声も出てくるが、ザックジャパンにおいては、2012年2月に一度、召集されて、アイスランド戦に出場しただけで、以後は、全く呼ばれていない。昨シーズンまでは怪我が多かったので、未召集でも仕方がない状態だったが、ここまでの活躍を続けていると、待望論が出てくるのは、当たり前で、「今後も代表には呼ばない。」というのであれば、周囲は騒がしくなってくるだろう。

■ 代表復帰のネックになるものは?

ただ、代表復帰が実現するかどうかは、微妙なところである。1つには、31歳という年齢がネックになる。今シーズンのJ1で20ゴール前後を記録している選手は何人かいるが、同じくらいのゴール数であるならば、FW柿谷あるいはFW大迫あるいはFW工藤といった若い選手が優遇されるのは仕方がない。目先のことだけでなく、次の次の2018年のロシアW杯のことも考慮してメンバーを選ぶことも必要になってくるので、年齢的なハンディはある。

また、川崎Fのサッカーが独特なところもネックになりうる。日本代表でプレーするとしたら、1トップの位置になると思うが、1トップでプレーしているときのFW大久保の動きは異質である。神戸の時は左サイドハーフでプレーすることが多くて、攻守両面に渡ってフルパワーでプレーしていたが、川崎Fでは、周りにいい選手が何人かいることもあって、セーブするところはセーブして、ゴール前のプレーにかなり集中できる環境の中でプレーしている。

なので、攻撃においても、守備においても、運動量という点ではかなり少なくなっていると思うが、日本代表の1トップでプレーするときは、そういうわけにはいかない。守備にエネルギーを使いつつ、攻撃面になったときも、今と同じレベルのプレーができるのかどうか。また、「動かない」という選択肢があることが風間サッカーの大きな特徴と言えるが、日本代表の中にパッと入って、すぐに共鳴し合える選手はごくわずかだと考えられる。

したがって、川崎Fでプレーする時と、日本代表でプレーする時とは、頭をうまく切り替えないといけないが、31歳というベテランの域に入った選手がうまくアジャストできるかどうか。28試合で22ゴールという数字だけを見ると、「なぜ、日本代表に呼ばないのか?」という疑問が生じるのは当たり前であるが、気性の問題も含めて、ザッケローニ監督が今のタイミングで日本代表に呼ぶことに対して消極的になる理由はいくつか考えられる。果たしてどうなるか。


関連エントリー

 2012/10/11  風間八宏監督について考える。 (余談)
 2012/10/12  マグネット式システム論の無意味さ
 2013/01/10  【Jリーグ】 パスに関する数値が優秀なのは誰か?
 2013/07/06  【川崎F×鹿島】 若い頃の野性味を取り戻した大久保嘉人
 2013/09/15  【川崎F×広島】 キャリア最高のプレーを続ける中村憲剛
 2013/09/28  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (上)
 2013/09/29  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (下)
 2013/09/30  Jリーグの観客動員数は本当に減っているのか? (extra)
 2013/10/20  個人別エントリー (風間八宏)
 2013/10/20  個人別エントリー (大久保嘉人)



トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4293-323897f3





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


08月15日
全記事一覧(2005年-2018年)

08月15日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


08月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

08月15日
【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。

08月15日
【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~アビスパ福岡・横浜FC・東京ヴェルディも勝ち組候補~

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島ヴォルティス・モンテディオ山形・レノファ山口・京都サンガあたり~

08月14日
【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。

08月13日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)

08月13日
【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)

08月13日
【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。

08月12日
【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について

08月12日
【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。

08月11日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【女子U-20W杯:日本×スペイン】 欧州女王の壁は打ち破れず。エースのFW植木理子(日テレ・ベレーザ)は不発。

08月10日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その9)

08月09日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月09日
【J2】 ポジション別に11位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【新10番】 レノファ山口のMF池上丈二の「ラストパス/90分」が異次元な件。

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【女子:U-20W杯】 初の世界一に向けて好発進。決勝ゴールを決めたのはMF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の中盤戦)

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (後編)

08月06日
【京都サンガ×モンテディオ山形】 JFLのFC大阪から加入したFWジュニーニョが相当に凄い。

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (前編)

08月06日
【日本代表】 新生・ポイチJAPANは3バックを採用するのか?4バックを採用するのか?

08月05日
【ジェフ千葉×松本山雅】 脅威のスピードスターのMF前田大然が輝きを放つ。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (MF/FW編)

08月04日
【ヴィッセル神戸×柏レイソル】 スペイン代表のMFイニエスタはさすがのプレーを見せる。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (GK/DF編)

08月03日
【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名が発表~初代表はDF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)~

08月03日
【FC琉球×Y.S.C.C.横浜】 輝かしい未来を予感させる22才のMF富樫佑太

08月03日
【降格危機】 フィッカデンティ監督(サガン鳥栖)の解任はあり得るのか?

08月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その8)

08月02日
【長野パルセイロ×ブラウブリッツ秋田】 期待外れの両チーム。浮上のきっかけを掴めるか?

08月02日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (守備編)

08月01日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (攻撃編)

08月01日
【サガン鳥栖×ジュビロ磐田】 FWフェルナンド・トーレス&FW金崎夢生の夢の2トップは不発

08月01日
【移籍話】 FW小野瀬康介の移籍について (レノファ山口→ガンバ大阪)

07月31日
【京都サンガ×東京ヴェルディ】 現実味を帯びてきたまさかのJ3降格

07月31日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その7)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: