アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−
 2018/04/23 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/23 【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/24 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)
 2018/04/24 ハリルホジッチ監督解任は妥当だが・・・。~問題なのは日本サッカー協会の長期的戦略の無さ~
 2018/04/24 【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)
 2018/04/25 【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)
 2018/04/26 【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)
 2018/04/27 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)
 2018/04/27 【アウェイ全敗】 ジェフ千葉の低迷の理由をスタッツから考えてみた。


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921  2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?
 #1922  2018/04/21  【J1】 「90分あたりの走行距離のワースト20」を計算してみた。~5位:大井健太郎、4位:昌子源、3位:アダイウトン、2位:ジョー、1位は…~
 #1923  2018/04/22  群馬 vs 藤枝MYFC、日本 vs 豪州、愛媛FC vs 甲府、東京V vs 水戸
 #1924  2018/04/23  金沢 vs 大分、横浜FM vs 湘南、神戸 vs 名古屋、川崎F vs 鹿島
 #1925  2018/04/24  清水 vs FC東京、岡山 vs FC岐阜、徳島 vs 讃岐、京都 vs 熊本
 #1926  2018/04/26  広島 vs 鳥栖、広島Y vs 神戸Y、仙台 vs 磐田、福岡 vs 千葉
 #1927  2018/04/27  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (前編)
 #1928  2018/04/28  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (後編)

 #0000  2018/04/28 全記事一覧(2005年-2018年)


サッカー漫画 「GIANT KILLING」が面白い!!! | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ マイブーム

「自分の中だけではやっている物や出来事」を意味するマイブームという言葉が広く認知されるようになったのは、1990年代の半ばのことで、漫画家のみうらじゅんさんが広めた言葉である。1997年の「新語・流行語大賞」に選ばれているが、今、マイブームになっているのは、『GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)というサッカー漫画である。2007年から『モーニング』(講談社)で連載されており、単行本としては、1巻から28巻まで発行されている。

「GIANT KILLING(通称:ジャイキリ)」の存在を知ったのは、2009年あたりで、その時に「大人買い」をして、1巻から8巻まで、当時、発売になっていた全巻を購入した。なかなか面白かったが、9巻以降を続けて購入することはなくて、長い間、8巻で止まっていたが、最近、1巻から「GIANT KILLING」を読み直したところ、見事にハマってしまった。1ヶ月ほど前から、寝る前に「GIANT KILLING」を読むことが日課になっている。

先のとおり、1巻から28巻まで発売になっているが、一挙に読み進めるのは面白くない。ということで、今回、新規で購入するときは、1冊 or 2冊だけを取り寄せることにしたので、まだ、最後まで到達しておらず、17巻を読み終えた段階である。なので、2/3程度しか進んでいないが、ストーリーが面白くて、登場人物も個性的で、コアなサッカーファン、特に、Jリーグのサポーターには、おススメしたいサッカー漫画の筆頭と言える。

■ 人気を集めている理由

2010年にはアニメになって、NHKで放送されていたので、詳しく説明する必要はないかもしれないが、主人公は達海猛(たつみ・たけし)で、怪我のため、若くして現役を引退した35歳の彼が古巣のETU(East Tokyo United)というクラブ(=一部リーグ)の監督に就任するところから物語がスタートする。通称・タッツミーは、タイトルにもなっている通り、「ジャイアントキリング(=大物食い)」を成し遂げることを生き甲斐にしている。

現役時代は日本代表にも選出されて「ETUの星」と言われたが、かなりいい加減な性格で、周囲を困らせることが多い。ただ、サッカーに関しては非常に研究熱心で、相手チームの弱点を突くことに長けていて、人を惹きつける魅力を持っている。タッツミーに率いられたETUというクラブが発展していく姿を描いた漫画と言えるが、描写が細かくて、リアルなところも「GIANT KILLING」が人気を集めている理由の1つだと言われている。

移籍騒動があったり、サポーター同士のいざこざがあったり、選手とサポーターの交流を描いたシーンがあったり、サポーターがチームバスを取り囲むシーンがあったり、代表召集があったり、選手同士の内紛のようなものが起こったり、Jリーグのクラブでも起こりそうな出来事が次々に起こっていく。「必殺シュート」のような現実離れしたプレーはなくて、試合中の描写は派手ではないが、選手や監督やサポーターの心理状態をうまく描いているところに特徴がある。
■ 魅力的な登場人物

「うちのクラブでもありそう。」と思いながら読んでいる人が多いと思うが、監督であるタッツミーだけにスポットライトが当たっているわけではない。EUTの選手はもちろんのこと、対戦相手の選手にも細かいキャラ設定がなされていて、出てくる人のほとんどが個性的で、魅力的である。いい具合に対戦相手の選手や監督のエピソードが盛り込まれているので、「ETUよりも、東京ヴィクトリーや大阪ガンナーズの方が気になる。」という人もいると思う。

個人的に好きな選手を挙げると、まず、EUTの中では、エースストライカーのFW夏木陽太郎である。昨年のチーム内の得点王で、簡単なシュートを外すこともあるが、勝負強さを持っていて、バイシクルなど派手なゴールが多い。熱い性格で、クヨクヨしないタイプのように見えるが、実は繊細な性格で、タッツミーの評価を常に気にする小さいところもある。ストライカー向きの性格なのか、そうではないのか、微妙なところも面白い。

同じくフォワードのFW世良恭平も面白い。FW夏木とは1トップの座を巡ってポジション争いをするライバルとなるが、166cmとサイズには恵まれていない。本人は劣等感を抱いているが、タッツミーには、『世良みたいな選手ってのは、自分に何ができないかを知ってる。それはつまり自分にできる限られたことがわかってるってことだ。だからピッチで迷わない。選択肢がない分、プレー中の判断が早い。』と評価されている。

特にフォワードは、ゴール数やアシスト数といった数字で評価されるポジションなので、ライバルが結果を残すと自分の出番は減っていく。面白く感じないのが当たり前だと思うが、チームが勝つためには、チームプレーに徹する必要もある。現実世界では、嫉妬心があったとしても、なかなか口に出すことはできないが、漫画なので、本心がところどころで描写されている。FW堺良則も含めて、フォワード陣の心理的な葛藤に関しては、うまく表現されていると思う。

■ 気になる相手チームの選手

対戦相手の中にも、魅力的な選手が何人もいるが、惹かれるのは、大阪ガンナーズのFW窪田晴彦や東京ヴィクトリーのMF持田で、ともに良いキャラクターをしている。FW窪田晴彦はおとなしくて、目立つことを好まないが、「4トップ」を採用している大阪ガンナーズのキープレーヤーになっていて、モンテビア山形に所属している日本サッカー界のレジェンドの「ケン様(41歳)」ことFW古内健に褒められて鼻血を出すというピュアなところも面白い。

一方、東京VのMF持田は思ったことをズバズバ言う性格で、周りにいるとめんどくさいタイプと言えるが、フィールド上では圧倒的な存在感がある。ETUとは同じ東京に本拠地を置くライバルチームであるが、ETUは日本代表でもあるMF持田にやられてしまうことが多い。天敵と言えるが、異常なほど勝つことに執念を見せるところが、慢性的な足の怪我でいつプレーが出来なくなってもおかしくないという覚悟と隣り合わせになっている点には、切なさも感じる。

そして、もちろん、主人公であるタッツミーも魅力的な人物である。ETUは、ビッグクラブである東京Vと比べると、はるかに小さなクラブで、戦力や資金力に恵まれているとは言えないが、いろいろなアイディアを駆使して、大物食いを目指す。選手交代やアドバイスで試合の流れを変えることも多いが、毎度毎度、タッツミーの策がうまくいくわけではなくて、失敗したり、神頼みになってしまったり、現実離れしていないところも、この漫画のいいところと言える。

■ 心に残る名言

「GIANT KILLING」には名言がたくさんあるが、1巻から17巻までの中で、気に入ったセリフを挙げてみると、次のようになった。こうしてみると、ETUの広報の有里ちゃんは名言をたくさん残していて、しかも、最初の1巻からキュンとなるようなセリフがいくつも登場するが、14巻や15巻あたりで触れられている現役時代のタッツミーのエピソード(ETUを離れた理由、プレミアデビュー戦のことなど)を知った上で、1巻を読みなおすとさらに心に響いてくる。

いまさらな話ではあるが、サッカーファン、特に、Jリーグのクラブを応援している人には、感情移入もしやすいと思うので、「こういう漫画があるとは、知らなかった。」、「名前は知っているけれども、読んだことは無い。」という人はもちろんのこと、「漫画なんて読んだこと無いよ。」という年配の人にも、一度、読んでほしい。28巻まで出ているので、今から、全部揃えるのは大変かもしれないが、高確率でハマると思うので、自信を持っておススメできる。


・『そっか・・・、わかりました。この町が居心地のいい理由。似てるんです。私達のクラブの町の人達に。他のクラブのサポーターと比べたら、規模も小さいし、格好悪いかもしれないけど、それでも皆、心を込めて、町ぐるみで自分のチームを応援してる。だから、なんだか温かいんだ。(1巻:ETUの広報の有里ちゃん)』 → イングランドを訪問した時

・『チーム事情、チームのバランス、戦術・・・。そんなもんまでお前(=キャプテンの村越)が背負いこむ必要はねえ。俺に言わせりゃ、お前はただいい監督にめぐまれなかっただけだ。お前は紅白戦で負けた。若手に比べりゃ、まるで走れねぇ。それでも勝てる自分の武器を、これからお前は死ぬ気で探せ。その代わり、お前が背負ってきたもんの半分は、これから俺が命懸けで背負ってやるよ。(1巻:タッツミー)』

・『(夕方になって、雪が降ってきて、彼氏に「スノボー、行ったの思い出すね。」と言った同い年くらいのOLを見て)ふーん。そういうこと、思い出すのか・・・。私の場合は・・・。(1巻:ETUの広報の有里ちゃん)』

・『それに、達海さん、覚えてない?天宮杯でETUが準々決勝まで行った試合。あの時もナイターで、こんな感じで雪が降っててさ・・・。2-0から達海さんがハットトリック決めて逆転勝ちしたの。あの試合ってさ、ETUサポーターの間じゃ、伝説の一戦なのよ・・・。達海さんのこういう画って、サポーターがあの頃を重ねてくれると思うんだよね・・・。強いETUが帰ってくる・・・。そんな感じがするもの。(1巻:ETUの広報の有里ちゃん)』

・『味方のゴールが決まったら、会社ぐるみで大喜びすんのよ。連敗でもしたら、お通夜みたいに全員で暗くなっちゃって。こんな、情熱注げて感動できる職場、どこ探したって見つからないわよ。(1巻:ETUの広報の有里ちゃん)』

・『何でも思いどおりにいって何が楽しいよ。俺が楽しいのは、俺の頭ん中よりスゲーことが起こった時だよ。(2巻:タッツミー)』

・『いいことじゃんかよ、椿。コンプレックス持ってる奴は強いぜ。長年、お前が自分を変えたいと思ってきたその想い、そいつは、すげえパワー持ってる。お前の力になってる。お前を育てた人達は、皆、同じようなことを言ってたよ。10回のうち、9回はヘマをするが、たった一回、輝かしいプレーで全ての人を魅了する。お前に魅せられた人達が、ここまでお前の背中を押したんだ。お前の実力だ、椿。そのまま行け。何度でもしくじれ。その代わり、一回のプレーで観客を酔わせろ。敵の度肝を抜け。 お前ん中の、ジャイアント・キリングを起こせ。(2巻:タッツミー)』

・『最後にもっかい想像してみて。ETUみたいな貧乏な弱小クラブが、すげえフットボールをして、強豪クラブをバッタバッタとなぎ倒す。痛快だろ?まー見てなって、この国のサッカー界・・・、俺が面白くしてやるよ。以上っ。(3巻:タッツミー)』 → リーグ開幕前のプレスカンファレンスにて

・『でもよ。打ちにいくよな。怪我するなんて考えずによ。FWだもんな。そういう人種なんだよな。FWって。何よりも自分のゴールが欲しいんだ。(6巻:ETUの堺良則)』 → 試合中に怪我をしたFWのライバルで後輩の世良に対して

・『ボールってのはな、世良。しぶとく諦めない奴の前に、必ず転がってくるもんなんだよ。これ、俺の持論。(6巻:ETUの堺良則)』 → 同上

・『さっき黒(=黒田)がいいこと言ったぜ。俺の作戦は面白そうだ、ってな。大事なのはそこだ。お前らがこの試合を面白がれるかどうか。俺の作戦通りいったらこの試合、そりゃ面白いものになる。面白い試合になれば、観客も盛り上がる。お前たちも余計楽しくプレーできる。そういう時だ、自分の想像を超えたいいプレーができちまうって時は。そんで結果的に、今季負け無しの大阪を俺たちが初めてやっつけるんだ。ほ~ら、面白いことずくめだろ?(7巻:タッツミー)」』 → 試合前に選手たちに向けて

・『FWなんてさ・・・ただのポジションの名前だよ。よくFWが点取れないと叩かれるけどさ・・・その考えって安易だと思うんだ・・・。フットボールはもっと自由だ。けどね・・・、たまにいるんだ、エゴイストになれるFWってのが。例えば、前線まで味方が運んでくれたボールがあるとする。このボールはチームのものか?FWのものか?ほとんどの選手は『チームのボール』と答えるよ、だって当たり前のことだから。けど、エゴイストは違う。そいつはチームのボールだと分かった上で、自分のボールだと思い込める度胸がある。味方の想いを背負い切って自分のためにプレーできるか・・・。それがエゴイスティックなFWとしての決心だよ。そういうFWは強いよ。度胸があるからしくじっても何度でもパスを要求する、どこからでもシュートを狙う、だからゴールも量産される。(8巻:タッツミー)」』

・『おそらく世良みたいな選手は劣等感から始まってる。できないことを消去法でそぎ落とし、できることだけを磨いてプレーしてる。磨いて輝かないものなんてない。だから期待するんだ俺は。そういう奴が才能ってもんを凌駕するのを。そういう選手の頑張りがチームを強くするんだ。(9巻:タッツミー)』

・『俺には才能なんてもんはない。プロでやれてるだけで奇跡的だ。けど、監督はこんな俺を使ってくれてる。それなら、信じてみてもいいかもしれない。俺が・・・、俺っていう選手のことを。(9巻:ETUの世良良則)』

・『何も起きてないよ。皆で仲良くカレー食べてら。選手も、フロントの人間も、地元の人達も、食堂のおばちゃんもジュニアのコーチも、皆、一緒になってひとつのことを共有してる。これがクラブだよ後藤(=ETUのGM)。ピッチに立ってプレーするのは11人・・・でもそれだけじゃリーグ戦の長丁場は戦えない。ベンチ、フロント、サポータークラブに関わる沢山の人・・・そのすべてが同じ方向を向いて戦うんだ。それが出来りゃETUは、もっともっと強くなる。(10巻:タッツミー)』

・『お前ら見たー?向こうのサポーターじゃなくて、うちのサポーターのことだよ。東京Vのサポーターで埋めつくされたスタジアムの一角で、アップの時からすげー必死に声出してたよ。まーほとんど、相手の声にかき消されてたけど。それでも、何か届くもんはあるよな。だろ?だったら、あいつらを気分よく帰してやろうぜ。何万ている向こうのサポーターが肩落として帰っていく中、あいつらだけ胸張って上機嫌で帰るんだ。それを叶えられんのは、お前らだけなんだぜ?(11巻:タッツミー)』 → 試合前に選手たちに向けて

・『サポーターが戦ってんのに、俺たちが戦わないわけにはいかない。向こうはチャンピオン、俺達はチャレンジャーだ。挑戦しないヤツはチャレンジャーとは言えねえ。勝利ってのは、挑戦の先にあるもんだ。果敢に挑んで、勝ち点3もぎ取る!そんでついでに、「東京最強」の座も頂いてこい!」(11巻:タッツミー)』 → 試合前に選手たちに向けて

・『平泉さん(=東京Vの監督)がスゲェサッカーやるとか言って、どいつもこいつもそれに翻弄されて、自分を見失ったようなプレーしちゃってさ。よくまあそれでチャンピオンとか言ってられるよ。俺からしたら笑わせようとしてるとしか思えないね、あは。サッカーなんて接触プレーが激しいスポーツは、いつ選手生命が終わるかわかんないんだぜ?もし、今日誰かの足がブッ壊れたら、この試合がそいつのラストゲームだ。それでもあんたら悠長にキレイなサッカー目指してられんの?(12巻:東京Vの持田)』 → 試合中に味方選手に

・『俺は嫌だね。俺はどんな手を使ってでも勝ちたいと思ってる奴としか組みたくない。そうでない奴はピッチから出てってコーヒーでも飲んでろよ。(12巻:東京Vの持田)』 → 試合中に味方選手に

・『でも思ったことは言う。そうじゃないとクラブは発展していかない。各々の垣根を越えて、自分の役割以上の仕事をする。それが俺の憧れるクラブの形だからね。本当はそのためにはそれらの意見を取りまとめるような人が必要なんだよ。人の意見を拾って集めるんじゃない。向こうから自然と集まってくるような人だ。(16巻:タッツミー)』 → 元GMの笠野さんと話しているときに

・『この人なら自分の意見を形にしてくれるんじゃないか・・・。そう思わせてくれるだけの器と信念を持った人がETUには必要なんだ。俺はかつてそんな人が作ったクラブを愛していたよ。(16巻:タッツミー)』 → 同上


GIANT KILLING (Wikipedia)


    





おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4264-99525647





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月27日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)

04月26日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)

04月26日
【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月26日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)

04月25日
【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)

04月24日
【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月24日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)

04月23日
【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月23日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。


04月05日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: