アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【甲府×鹿島】 ヴァンフォーレの「5-4-1」の是非 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第25節

J1の第25節。6勝11敗7分けで勝ち点「25」のヴァンフォーレ甲府(15位)と、12勝7敗5分けで勝ち点「41」の鹿島アントラーズ(4位)が山梨中銀スタジアムで対戦した。残り10試合となって残留争いに巻き込まれている甲府は、16位の湘南との差が「5」で、17位の磐田との差は「9」なので、まだ安心できる勝ち点差ではない。一方、4位の鹿島は首位の横浜FMとの差が「6」なので、2009年以来のリーグ制覇が狙える位置にいる。

ホームの甲府は「3-4-2-1」。GK荻。DF青山、山本英、佐々木。MF保坂、マルキーニョス・パラナ、柏、福田、河本、ジウシーニョ。FWパトリック。夏にチームに加入したFWパトリックは7試合で2ゴールを挙げている。システムが3バックに変更になったので、右WBでプレーするようになったMF柏はここ5試合で3ゴールと結果を残している。怪我で戦列を離れていたベテランのMF羽生がベンチ入りを果たした。

対するアウェーの鹿島は「4-2-3-1」。GK曽ヶ端。DF西、青木剛、山村、前野。MF小笠原、柴崎、遠藤、土居、ジュニーニョ。FW大迫。日本代表としてガーナ戦とグアテマラ戦に出場したFW大迫は23試合で14ゴールを挙げており、ここ13試合で11ゴールと量産体制に入っている。怪我から戻ってきたFWダヴィは古巣との対決となる。甲府では1年半プレーして、2012年はJ2で38試合で32ゴールを挙げてJ1昇格の立役者となった。

■ 3対0で甲府が快勝

試合は前半7分にホームの甲府が先制する。左サイドからMFジウシーニョがクロスを入れると、ファーサイドに飛び込んできたMF柏が頭で合わせて先制に成功する。MF柏は今シーズン4ゴール目となった。さらに前半31分にも右サイドのCKを獲得すると、MFジウシーニョの蹴ったボールをDF佐々木が豪快に合わせて2点目を挙げる。DF佐々木は今シーズン3ゴール目で、MFジウシーニョはこの試合は2アシストと結果を残した。

勢いの止まらない甲府は、前半44分にも右サイドでフリーキックを得ると、DF山本英がゴール前に上げたボールをFWパトリックが頭で合わせて3点目を挙げる。川崎Fから加入のFWパトリックは甲府に移籍してからは3ゴール目で、川崎F時代を含めると今シーズン5ゴール目となった。一方の鹿島はチャンスは作ったが、ゴールを奪うことはできない。前半は3対0とホームの甲府が大量リードして折り返す。

後半開始から鹿島はMF遠藤に代えてFWダヴィを投入。FW大迫とFWダヴィの2トップになって、ゴール前の迫力が出てくるが、GK荻を中心とした甲府の守りを崩しきることはできない。結局、後半にはゴールは生まれず、試合はそのまま3対0で甲府が勝利して、J1残留に大きく前進する貴重な勝ち点「3」を獲得した。対する鹿島はアウェー戦を苦手にしており、これでアウェーでは7連敗となった。
■ チームを変えた助っ人コンビ

甲府は11節から18節まで8連敗を喫して、絶体絶命のピンチに追い込まれたが、盛り返してきた。19節のC大阪戦(A)で1対0で勝利して連敗をストップさせたが、19節以降は4勝1敗2分けの好成績を残している。今シーズンは、なかなかホームで勝てなかったが、23節は広島に2対0で勝利して、今節は鹿島に3対0で勝利した。上位争いをしている2チームから勝利を奪ったのは大きくて、残留争いから抜け出しそうな雰囲気もある。

大きかったのは、FWパトリックとMFジウシーニョを獲得したことで、FWパトリックは18節の仙台戦(H)、MFジウシーニョは19節のC大阪戦(A)からスタメンで出場しているが、2人が入ったことで攻撃に迫力が出てきた。FWウーゴはまずまずの活躍をしていたが、それ以外の外国人選手は機能しなくて、連敗中は得点力不足が深刻になっていたが、流れは大きく変わった。実力派の2人を夏の移籍市場で獲得できたことは、何よりも大きかった。

MFジウシーニョはまだゴールは生まれていないが、アシストは多くて、攻撃の起点にもなっている。磐田時代から献身的なプレースタイルの選手で、守備でも頑張れる選手だったが、その特徴は全く変わっておらず、チームへの貢献度は非常に高い。この日は2アシストを記録したが、右足のキックが冴えていて、あまりそういうイメージは無かったが、プレイスキッカーとしてもチームに貢献している。

一方のFWパトリックも存在は絶大である。1トップでプレーしており、孤立しているシーンも多いが、体が強くて、なおかつ、スピードもあるので、前線でのキープでもチームに貢献している。この日は、意図的だと思うが、鹿島の左サイドの裏にポジションを取ることが多くて、左CBのDF山村とマッチアップすることが多かったが、DF山村が全く対応できなかったので、鹿島はDF青木剛とDF山村の位置を代えざる得なかった。

FWパトリックは川崎Fでは出番は少なかったが、短い時間であっても存在感は発揮していたので、川崎Fでもチャンスが与えられていれば、ある程度のゴール数を記録したと思うが、スタメンで出場する可能性はほとんど無かったので、甲府にとってはもちろんのこと、本人にとっても、いい移籍となった。5ゴールとそれなりに結果を出していたFWウーゴを切るという選択は、ギャンブル性が高かったが、ギャンブルに成功したと言える。

■ 3バックへの変更が成功

甲府は東アジアカップの中断明けから「3バック」を採用しているが、これも浮上のきっかけとなった。相手ボールになったときは、素早く戻って「5-4-1」という形を作って、FWパトリックが1人だけ前線に残って、残りの9人でブロックを形成するが、最終ラインは5枚で、これだけ後ろに人数をかけてスペースを消してしまうと、どこが相手であっても、簡単には崩されない。18節以降の8試合では7失点なので、3バック効果は絶大である。

正直なところ、「5-4-1」で守るやり方は好きではない。ここまで後ろの枚数を増やすと、前からプレッシャーをかけるのは無理なので、守る時間は長くなる。相手チームの立場に立つと、ボールは保持できるが、人数をかけて守っているエリアに闇雲に突っ込んで行くのは非効率的なので、必然的に後ろの方でゆっくりとボールをつなぐ時間が長くなって、動きの少ない試合となる。「5-4-1」で守るチームが先制ゴールを奪うと、なおさらである。

プレーが止まっているわけではないので、アクチュアル・プレイング・タイムは増えていくが、「仕掛けるきっかけのきっかけ」を探している時間が長いだけで、感覚的には「止まっている時間」であって、エキサイティングではない。個人的には、これ以上、「5-4-1」を採用するチームが増えないことを期待するが、甲府に関して言うと、切羽詰まった状況に追い込まれているので、彼らがこのやり方を用いることに対しては、否定的な感情は無い。

もちろん、エンターテイメント性の高いサッカーを目指した方が、プレーしている選手は楽しいだろうし、監督やスタッフも楽しいだろうし、サポーターも楽しいと思うが、今の甲府には、そういったことを考える余裕は一切ない。人数をかけて守って失点を抑えて、FWパトリックやMFジウシーニョを中心としたカウンターで攻めるというやり方に活路を見出したことは、批判の対象にはならないと思う。

城福監督はU-16日本代表やU-17日本代表やFC東京のときは、「ムービングフットボール」というフレーズを用いて、「魅力のあるサッカーをすること」にこだわった指導者で、かなりの理想主義者なので、相当な葛藤があったと思うが、FC東京のときは、自分のやり方にこだわり過ぎて「解任」という憂き目にあった。やり方を貫くことも大事であるが、臨機応変に対応することも大事なことで、決断は支持したい。

■ アウェーに弱いアントラーズ

一方の鹿島は、今節は上位陣があまり勝ち点を伸ばせていないので、勝ち点「3」を得ていると、優勝争いに本格的に参戦することができたが、0対3というまさかのスコアで大敗となった。決定機の数に関しては、鹿島も甲府も同じくらいだったと思うが、鹿島のシュートは「惜しくも枠から外れる。」というシーンが何度かあって、この試合に関しては、全く運もなかった。結局、7節の甲府戦(H)以来の無得点試合となった。

これで鹿島はアウェーでは7連敗となった。ホームでは10勝2分けと圧倒的な強さを見せているが、アウェーでは2勝8敗3分けと散々である。鹿島スタジアムで強いことに関しては驚きはないが、ここまで極端な差となるのは、Jリーグでは珍しい。ホームタウンの鹿島は交通の便のいいところではないので、都会の真ん中にあるチームと比べるとアウェー戦は大変だと思うが、これについては、今までも同じなので、不思議としか言いようがない。

ときおり、外国から来たばかりの指導者が「ホーム&アウェー」を意識しすぎて、アウェー戦では守備を重視したメンバーを用いてくることがある。今シーズン、福岡にやって来たプシュニク監督は、アウェー戦になると、攻撃的な要素を弱めてくる。日本では、そこまでホームとアウェーを意識する指導者はいないので、ちょっと新鮮に感じるが、セレーゾ監督はホームとアウェーで何かを大きく変えているという感じはないので、理由に言及するのは難しい。

注目されたFWダヴィは、古巣の甲府のサポーターにも歓迎された模様で、ボールを持った時も、盛大なブーイングを浴びることはなかった。FWダヴィは熱くなりやすい性格なので、甲府側からブーイングを浴びたとしたら、プレーに影響が出るくらい、頭に血が上ったのではないかと思うが、J1昇格の最大の功労者なので、ほとんどのサポーターがFWダヴィには感謝していると思う。負の感情が露わになることは無かった。


関連エントリー

 2007/04/22  【甲府×柏】 何が人々を惹きつけるのか? (生観戦記 #8)
 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2009/10/20  FWダヴィのせつないカタール生活
 2011/08/08  三浦俊也監督の退任とヴァンフォーレの未来
 2012/10/12  マグネット式システム論の無意味さ
 2013/07/16  日本代表の柴崎岳の「落ち着き」について
 2013/09/19  個人別エントリー (大迫勇也))
 2013/09/19  個人別エントリー (ダヴィ)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4256-f83c4baa





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: