アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【東アジアカップ:韓国×日本】 柿谷曜一朗 生まれながらのスター選手 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 韓国戦

東アジアカップの3戦目。初戦の中国戦は3対3の引き分けで、2戦目のオーストラリア戦は3対2で勝利して、1勝1分けで勝ち点「4」。首位に立っているザックジャパンが開催国の韓国と対戦した。韓国は2試合ともスコアレスドローで勝ち点「2」で、3試合を終えた中国は1勝2分けで、オーストラリアは2敗1分けなので、勝つと東アジアカップの初優勝が決定する。引き分けの場合はスコア次第で中国にも優勝のチャンスが出てくる。

日本は「4-2-3-1」。GK西川。DF駒野、栗原、森重、槙野。MF山口螢、青山敏、工藤、高萩、原口。FW柿谷。オーストラリア戦から中2日となるが、スタメンは初戦の中国戦と全く同じで、オーストラリア戦で活躍したFW豊田、MF齋藤学、FW大迫らはベンチスタートとなった。23人が召集されているが、唯一、仙台のGK林だけがスタメンのチャンスを得ることができなかった。

■ ロスタイムに劇的ゴール

試合の立ち上がりは韓国ペースとなる。長身のFWキム・ドンソプにロングボールを当ててきて、こぼれ球を確実に拾って攻め込んでくる。しかし、前半25分にMF青山敏の縦パスからFW柿谷が裏に抜け出すと、キーパーの動きをよく見ながら落ち着いて決めて日本が先制する。FW柿谷は初戦の中国戦に続いて2試合連続ゴールで、デビュー戦から2試合連続弾というのは、史上4人目という快挙達成となった。

しかしながら、前半33分にワンツーを受けてフリーになったMFユン・イルロクが右足でミドルシュートを放つと、これがネット隅に鮮やかに決まって1対1の同点に追い付く。前半の日本はボールのおさまりどころが無くて、ほとんどシュートチャンスを作ることができなかったが、DF栗原やDF森重を中心とした守備陣が踏ん張って、やや劣勢の展開ではあったが、1対1のスコアで折り返す。

後半になると、ようやくパスが回り始めて、トップ下のMF高萩がいい形でボールを受けるシーンが出てくるが、決定機にはつなげられず。韓国も前半に飛ばし過ぎた影響なのか、動きが落ちてきて、ゴール前のシーンを作れなくなる。1対1のままで終わると、日本と中国が「勝ち点」や「得失点差」や「総得点」が全て同じになって、イエローカードの枚数の勝負になるところだったが、後半46分に劇的な決勝ゴールが生まれる。

GK西川が左サイドのDF駒野にパントキックで素晴らしいパスを送って、DF駒野のパスからMF原口が左サイドを抜け出すと、MF原口のシュートはキーパーに防がれるが、こぼれ球をFW柿谷が左足で流し込んで土壇場で勝ち越しに成功する。その後、韓国がセットプレーから大チャンスを作るが、ゴール寸前で途中出場のFW豊田がスーパークリアを見せて韓国の同点ゴールを阻止する。

結局、C大阪のFW柿谷が2ゴールを挙げる活躍を見せた日本がアウェーで韓国に勝利。2勝1分けとなって見事に東アジアカップを制覇した。結局、1勝2分けの中国が2位で、1敗2分けの韓国が3位で、2敗1分けのオーストラリアが4位となった。また、得点王には3ゴールを挙げた日本代表のFW柿谷が輝いて、大会MVPには中盤の底で献身的なプレーを見せたMF山口螢が選出された。

■ 起点となったGK西川

国内組中心で戦ったザックジャパンがアウェーで韓国を下した。韓国も欧州組は不在で、国内組の中心のメンバー構成だったが、GKチョン・ソンリョン、DFキム・チャンス、DFキム・ヨングォンなどは、W杯予選でスタメンで起用されることが多かった選手なので、守備的なポジションはフルに近いメンバーだったが、FW柿谷が後半46分に決勝ゴールを決めて2対1で競り勝った。

決勝ゴールのシーンは、最初のGK西川のフィードが素晴らしかった。GK西川にとっては当たり前のプレーであり、Jリーグの試合でもよく見られるプレーであるが、ハーフウェーラインを少し過ぎたところにいたDF駒野の足に寸分の狂いの無いレベルでロングパスを送って、パスを受けたDF駒野が中継役となって、MF原口のドリブル突破ならびにFW柿谷の決勝ゴールが生まれた。

GK西川は最後のCKでキャッチングをミスして、FW豊田のクリアに助けられるシーンがあったが、そのシーンを除くと、ハイボールの処理も安定していた。日本も決定機はほとんどなかったが、韓国の方も決定的なシュートはほとんどなかったので、GK西川が相手のシュートをセーブする場面というのは全くと言っていいほど、無かったと思うが、相手のラフなクロスを積極的にキャッチしに行って、攻撃を終わらせることが多かった。

コンフェデではGK川島が3試合ともゴールを守って9失点を喫した。もちろん、9失点というのは、彼だけの責任ではないが、その前のブルガリア戦もキャッチミスからゴールを許すなど、やや精彩を欠いている。今大会でGK西川が遜色ない働きを見せたことは、収穫の1つである。カウンター気味に攻める機会が多くなると予想される本大会では、GK西川の正確無比なフィードが生きてくることも考えられる。

■ 奮闘した守備陣

GK西川だけでなく、守備陣はよく頑張った。前半はMFコ・ヨハンというスピードのある選手に掻き回されるシーンもあったが、対峙することが多かったDF槙野も最後のところは自由にやらせなかった。怪我の影響があったのか、どうなのか、詳しい事情は分からないが、後半7分にDF槙野に代えてDF徳永を投入すると、サイドでやられるシーンがなくなって、韓国は攻め手がなくなった。

もちろん、日本がボールのおさまりどころが見つからなくて、奪ったボールをすぐにミスで失ったり、大きくクリアするだけになるシーンが多かったので、基本的には、韓国が試合を優位に進めていたが、ただ、韓国も決定機はほとんどなかった。後方からのロングボールに対しても、DF栗原とDF森重のCBコンビがしっかりと跳ね返していたので、中国戦やオーストラリア戦と比べると、不安定さは感じられなかった。

初戦の中国戦は2点リードを守り切ることができなくて3失点を喫したので、DF駒野、DF栗原、DF森重、DF槙野の4人にとっては、代表に生き残ることができるかどうかの大事な試合であり、無様なパフォーマンスを見せたら、見限られる可能性もあったが、集中力を発揮した。日本がボールを保持して攻め込むことはできなかったが、最終ラインは落ち着いていたので、「危ない。」と感じるシーンは少なかった。

■ 2ゴールを挙げたFW柿谷

一方、攻撃に関しては、ボールを落ち着かせる選手がいなかった。後半になると、左サイドのMF原口のところでボールが持てるようになったので、前半と比べると流れは良くなったが、クリアボールをマイボールにすることができなかったので、波状攻撃を受けることになった。オーストラリア戦は、FW豊田とFW大迫の2人のところでおさまるシーンが多かったが、FW柿谷とMF高萩のところでおさまるシーンを少なかった。

したがって、守備的なポジションの選手に負担のかかる展開となったが、最後のところで、FW柿谷が大仕事をした。ゴールシーン以外ではなかなかボールに触れなかったので、フォワードにとっては、イライラする展開だったと思うが、冷静に左足で流し込んだ。先制ゴールのシーンもそうであるが、チームが困っているときにゴールできる選手は貴重である。

もちろん、「1トップのFW柿谷」の課題は少なくない。ハイボールに対しては、トップ下のMF高萩が競りに行くケースが多かったが、MF高萩に負担がかかっている。また、守備に回った時も、FW柿谷とMF高萩のところで十分にプレッシャーをかけられないシーンも多かった。「それ以外のプレー」に関しては、十分な働きができたとは言えないが、そうは言っても、2試合で3ゴールという結果は文句なしである。

■ 生まれながらのスター

結局、1点目も、2点目も、カウンターから生まれているが、FW柿谷のような選手が前にいると、素早い攻撃が可能になる。ザックジャパンはセットプレーの守備が課題となっていて、例えば、FW前田に代わってFW柿谷を1トップで起用すると、さらに高さが無くなってしまうが、一方で、相手のセットプレーからのカウンターでチャンスを作る可能性は高くなるので、メリットもある。

もちろん、今回は海外組や国内の常連組が参加しておらず、「当確ランプ」が付くわけではない。「これからの競争に参加できる権利を得た。」というレベルだと思うが、『困ったときに何かしてくれそうな選手』というのは、価値がある。今大会のFW柿谷はメディアの注目を一身に集めて、やりがいとともに、大きなプレッシャーがあったと思うが、全てを跳ね除けて結果を残したことは、見事というしかない。

(自分の責任も大きかったが、)FW柿谷はいろいろな苦労をしてきた。メディアのプレッシャーにつぶされそうになった時期もあったが、2009年に徳島ヴォルティスに移籍して、いい監督といい仲間に巡り合って、再び、脚光を浴びるような選手となった。ドラマチックなサッカー人生を送っていて、人を惹きつける魅力を持った選手で、普通の選手ではないことを、一般の人にも、強く印象付ける大会となった。

日本代表の試合では、誰がゴールを決めても、(MF本田圭でも、MF香川でも、MF岡崎でも、FW前田でも、)価値は同じである。その喜びも等しく同じはずであるが、FW柿谷に関しては、苦労してきた姿をよく知っている分、プラスアルファの嬉しさがある。度重なる遅刻が原因で徳島に放出されたときは、こういう日がやってくるとは、想像することはできなかった。


★ 現在の投票数・・・357票 →  http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=116379

   → 韓国戦でもっとも良かったと思う選手は誰ですか?
   → 選択肢の中から1つを選んで、左下の「投票する」をクリックしてください。
   → 「コメント」の欄は何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)





関連エントリー

 2007/04/29  【C大阪×草津】 柿谷曜一朗という才能
 2009/06/22  【徳島×横浜FC】 柿谷曜一朗 デビュー戦でゴール
 2011/01/13  キングKAZUを超える選手
 2011/03/29  【日本代表×Jリーグ選抜】 スーパースター・三浦知良
 2012/10/08  柿谷曜一朗(C大阪)の波瀾万丈なサッカー人生
 2013/03/07  香川真司と柿谷曜一朗
 2013/06/19  日本代表のフォワードは誰がベストか?




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4188-fbe6cac8





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: