アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)
 2017/10/20 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)
 2017/10/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (長野パルセイロ編)
 2017/10/20 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2017/10/21 【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)
 2017/10/21 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)
 2017/10/21 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

 2017/10/21 全記事一覧(2005年-2017年)


【東アジアカップ:日本×豪州】 レギュラー候補に名乗りを上げた高橋秀人 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2試合目

東アジアカップの2戦目。初戦は中国と対戦して3対3の引き分けだったザックジャパンは、元浦和のオジェック監督率いるオーストラリアと対戦した。日本も、オーストラリアも、国内組が中心のメンバーとなっていて、オーストラリアの初戦は開催国の韓国と対戦して0対0の引き分けだった。前の日に行われた韓国と中国の試合も0対0の引き分けだったので、ここまでのところ、3試合すべて引き分けとなっている。

日本は「4-2-2-2」。GK権田。DF森脇、鈴木大、千葉、徳永。MF高橋秀、扇原、齋藤学、山田大。FW大迫、豊田。中3日の試合で、さらには、「日曜日に韓国戦を控えている。」という過密日程も考慮して、スタメンは総入れ替えで、11人全員が初スタメンとなった。FW柿谷、MF工藤、MF原口、MF高萩、MF山口螢、MF青山敏、DF槙野、DF栗原、DF森重、DF駒野、GK西川、GK林の12人がベンチスタートとなった。

■ 3対2で日本が勝利!!!

同じメンバーがスタメンに名を連ねたオーストラリアに対して、日本は全員が変更となったので、コンビネーション等では不利になるが、コンディション的には有利である。序盤はオーストラリアがボールを回す時間が長かったが、初戦の中国戦とは違って、日本代表は高いラインを設定して、中盤でプレッシャーをかけることができたので、ボランチのところでボールを奪ってカウンター気味に仕掛けるシーンを何度か作る。

すると、前半26分に波状攻撃からセンターバックのDF千葉の縦パスを受けたMF齋藤学がドリブルで仕掛けてペナルティエリア内に侵入すると、右サイドにスライドしながらシュートコースを作って、最後は、右足でループ気味の鮮やかなシュートを決めて日本が先制する。横浜FMのMF齋藤学は国際Aマッチは2試合目の出場で初ゴールとなった。前半は1対0と日本がリードして折り返す。

試合の主導権を握った日本は、後半11分にもDF鈴木大の縦パスからFW豊田がつないで、MF齋藤学のスルーを挟んでフリーでボールを受けたFW大迫が落ち着いたコントロールから右足で決めて2対0とリードを広げる。しかし、後半31分にロングパスの処理を誤ると、最後はフリーで抜け出したFWデュークに決められて1点差に迫られると、さらに、後半33分にも中央を崩されてFWユリッチに同点ゴールを奪われる。

またしても2点リードを守り切れなかったが、再開直後のプレーでFW大迫の落としから、MF工藤→FW豊田→FW大迫とパスがつながって、最後は、FW大迫が右足でミドルシュートを決めて3対2と勝ち越しに成功する。結局、試合は3対2で日本が競り勝って今大会初勝利。これで2試合を終えて1勝1分けとなって首位に立った。韓国と中国は2引き分けで、オーストラリアが1敗1分けなので、最終日の韓国戦に勝利すると初優勝となる。

■ ターンオーバーが成功

日本は先発11人全員を入れ替えてきたが、これが成功した。ターンオーバーにはプラス面とマイナス面があるが、プラスの面は「連携が取れている」ということで、韓国に入ってからずっとサブ組で一緒にプレーして来た選手たちなので、チグハグ感はなかった。また、17日(水)に行われたJ1の第17節の試合から中7日になる選手がほとんどなので、コンディション面の問題もなかった。

もちろん、初戦の中国戦のスタメンが正メンバーで、そこに合致する選手を探していくことが目的であるならば、総入れ替えというのは正しい作戦とは言えないが、中国戦のスタメン11人はそういうわけではないので、総入れ替えをしたとしても、何の問題もない。ザッケローニ監督は大会前から「新戦力を発掘したい。」というコメントを残していたが、2試合で仙台のGK林以外の全員をテストできたのは、有意義だったと言える。

練習期間とコンディションと対戦相手が違っているので、単純に初戦のスタメン組と比較することはできないが、明らかにオーストラリア戦の方がチームとして整備されていて、特に、最終ラインの高さと中盤のコンパクトさの2点が全く違っていた。さすがに、ザッケローニ監督は経験豊富な指導者なので、「7日」というある程度の期間を与えられると、急造メンバーであっても、それなりに組織的に戦えるチームを作ってくる。

■ フル代表初ゴールの齋藤学

これで1勝1分けとなって、最終日の韓国戦に勝利すれば、自力で初優勝を決めることができるが、この大会で重要なのは、順位ではなくて、新戦力を発掘することである。その点で言うと、この日も、収穫は多かった。初戦の中国戦は、ボランチのMF山口螢、サイドハーフのMF工藤がアピールに成功したが、オーストラリア戦では、MF齋藤学、MF山田大、FW大迫、FW豊田、MF高橋秀の5人の活躍が目立った。

フル代表初ゴールを決めたMF齋藤学は、初戦の中国戦もMF原口に代わって後半途中に登場したが、思うような働きができなかった。得意のドリブルを披露するシーンも無くて、試合の流れを悪くする一因となったが、この日は、得意のドリブルで相手を切り裂いた。先制ゴールのシーンは、最近の調子の良さをフルに発揮したゴールで、あそこのエリアで横に流れながらシュートを放つプレーは得意としている。

ゴールには絡めなかったが、磐田のMF山田大もいいプレーを見せた。彼は地味な選手なので、クローズアップされる機会は少ないが、サイドハーフのポジションで堅実なプレーを見せた。もう少し大胆なプレーをしても良かったかもしれないが、FW豊田らを生かそうと奮闘した。自分が輝くシーンは多くなかったが、インテリジェンスを感じさせるプレーを最後まで続けた。ゴールを決めたMF齋藤学と同等の評価ができる。

■ 2トップ気味の布陣が成功

注目のフォワード陣は、中国戦でC大阪のFW柿谷が1ゴール1アシストと結果を残したが、この日は、鳥栖のFW豊田と鹿島のFW大迫の2トップ気味の布陣となった。「FW豊田が前にいて、その少し下にFW大迫がいる。」という形だったが、2人の距離感が良くて、2点目のゴールも、3点目のゴールも、FW豊田のアシストからFW大迫が決めるという形だった。ザックジャパンでは珍しい2トップ気味の布陣がハマったと言える。

FW豊田については、2度ほど大チャンスがあったので、ここで決めていれば、もっと評価されたと思うが、よくボールがおさまっていた。鳥栖でここまでボールがおさまることはないので、「出来過ぎ」という感じもするが、注目された最初の試合でこれだけできるというのは、見事である。試合の序盤は後方からのロングボールも多かったが、これもしっかりとマイボールにしていたので、貢献度は非常に高かった。

FW豊田はポストプレーは苦手なタイプであるが、FW大迫が近くにいたことが、助けになった。鳥栖では、左サイドハーフにポストプレーヤーのMF野田を置いて、彼に起点を作る仕事を任せることで、FW豊田の負担を減らすことに成功しているが、この日も、FW大迫が同じような感じでFW豊田をサポートしてくれたので、比較的、楽にプレーすることができた。この2人をセットで起用したのは、大成功だったと言える。

一方、FW大迫に関しては、平常時はもっとボールがおさまる選手なので、FW豊田とは真逆で、もうワンランク上のプレーが期待できる選手である。よって、素晴らしい出来だったとは言えないが、2ゴールと結果を残したのは見事である。若干、下がり目のポジションで起用されたので、慣れたポジションではなかったと思うが、1点目も、2点目も、見事なシュートで、特に、2点目のシュートはチームを救うゴールだった。

FW大迫が下がり目で好プレーを見せたことは、たくさんある収穫の中でも、特に大きなものである。当然、FW大迫という選手は1トップのレギュラー候補の1人であり、「1トップとしてどれくらいできるか」というのも、テストしておきたいところであるが、「MF本田圭がいないときのトップ下」というのも、ザックジャパンの課題となっている。FW大迫が下がり目の位置でこういう活躍できることが分かったのは大きい。

■ 攻守両面で活躍した高橋秀人

一方、守備的なポジションの選手は、「2失点したこと」と「1点差に迫られた後に慌ててしまったこと」がマイナス評価となるが、どの選手も悪くは無かった。CBコンビに関しては、中央を割られて同点ゴールを許したので、ザッケローニ監督はお冠だったが、1点目のMF齋藤学のゴールはDF千葉、2点目のFW大迫のゴールはDF鈴木大の楔のパスが起点となっている。積極的な縦パスで攻撃の起点になろうとしたことは、評価できる。

DF森脇、DF徳永、MF扇原、GK権田の4人も、まずまずだった。左SBで起用されたDF徳永は、1失点目の中途半端なクリアが悔やまれるが、1対1の強さを至るところで発揮した。あまり目立たないプレーであるが、左サイドの裏のスペースにロングボールを蹴られても、簡単に対応してくれるので、ピンチにつながらない。守備的なサイドバックとして、改めて、ユーティリティー性と能力の高さを示した。

後ろの7人の中で、もっとも目立ったのは、ボランチのMF高橋秀である。初戦の中国戦の出来もまずまずだったが、この日の出来は秀逸だった。MF扇原とのコンビネーションも良好で、高さのある2人が真ん中に構えていると、相手チームはロングボールを使いにくくなる。MF遠藤とMF長谷部のダブルボランチの守備力が不安視されているが、高さのあるボランチが2枚もいると後ろの選手の負担が軽くなる。

攻撃も良かった。どちらかというと、MF扇原にボールが集まることが多くて、前半はMF扇原の鋭い縦へのパスからチャンスを作っていたが、MF高橋秀の正確なパスと落ち着きも光った。また、中盤でバランスを取るだけでなく、前半終了間際にはゴール前に侵入してヘディングシュートを放っている。こういうシーンは、MF遠藤とMF長谷部のコンビにはあまり見られないので新鮮だった。

コンフェデでは3試合で9失点したことで、CBやGKの弱さが指摘される機会が多くなっているが、はっきり言うと、「DF吉田やDF今野やGK川島よりも明らかに上」という選手を探そうとしても、本大会までの1年間では見つからないだろう。CBやGKを代えたとしても、劇的に守備が良くなることは考えにくいが、ボランチのところに守備力の高い選手を置くことで、最終ラインの負担を軽減することができる。

MF遠藤とMF長谷部のコンビというのは、熟成されており、ザックジャパンの肝となっているが、非常に攻撃的なコンビである。今後も、基本的にはこの2人がレギュラーで問題はないと思うが、対戦相手や日程を考慮して、組み合わせを変えるのもアリだと思う。中国戦ではMF山口螢が存在感を発揮したが、オーストラリアのMF高橋秀のプレーも収穫で、懸念されているボランチで若手が力を発揮したのは、好材料である。


★ 現在の投票数・・・172票
   → 選択肢から1つを選んで、左下の「投票する」をクリックしてください。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)





関連エントリー

 2013/01/31  鳥栖サポーターにとっての豊田陽平とは?
 2013/02/08  正しい日本代表の叩き方を考えてみる。
 2013/02/12  ザッケローニ監督と巡り合った幸運
 2013/06/16  日本代表のWボランチは誰がいいのか?
 2013/06/18  日本代表のベストイレブンを考える。 (CB編)
 2013/06/19  日本代表のフォワードは誰がベストか?
 2013/07/17  サガン鳥栖のサポーターの夢がかなった日
 2013/07/18  【読エ】 セルジオ越後さんに怒っています。
 2013/07/25  【採点:日本代表】 オーストラリア戦 (受付中_7名)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4183-319ea549





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月21日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)

10月21日
【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)

10月20日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

10月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (長野パルセイロ編)

10月20日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。


10月02日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: