アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/03/16 【日本代表】 ハリルJAPANに召集したら面白いと思うJリーガー (1位~20位まで)
 2017/03/16 【日本代表】 ハリルホジッチ監督が本田圭佑(ACミラン)を招集した8つの理由
 2017/03/17 【長文注意】 ハリルホジッチ監督の日本代表招集メンバー(=25人)への評価をまとめてみた。 (vs UAE、vsタイ)
 2017/03/17 【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (アタッカー編)
 2017/03/18 【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)
 2017/03/18 【Jリーグ】 全54クラブの中で「ストライカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?
 2017/03/19 【Jリーグ】 全54クラブの中で「アタッカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?
 2017/03/20 【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?
 2017/03/21 【Jリーグ】 DAZNのサッカー中継の実況アナウンサーが酷かったという話 (ギラヴァンツ北九州戦、大分トリニータ戦)
 2017/03/20 【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?
 2017/03/21 【Jリーグ】 全44クラブの中で「チームアイデンティフィケーションの数値が高いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は大分トリニータ、3位はコンサドーレ札幌~
 2017/03/22 【Jリーグ】 全44クラブの中で「サポーターのお小遣いの額が多いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は東京ヴェルディ、3位は横浜FC~
 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~プレーオフ争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

 2017/03/23 全記事一覧(2005年-2017年)


魅力的なサッカーを見せた昔のグランパス | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ アーセナルで18年目

プレミアリーグの強豪のアーセナルが来日して、ストイコビッチ監督率いる名古屋グランパスと親善試合を行ったが、3対1でアーセナルが勝利した。名古屋のGK楢崎が何度もファインセーブを見せたので、3失点で済んだが、5点・6点と入っていてもおかしくないほど、アーセナルはたくさんの決定機を作った。プレミアリーグの開幕まで1ヶ月を切っているが、仕上がりの良さを感じさせる試合内容だった。

アーセナルを率いているヴェンゲル監督は1995年に名古屋の監督に就任して、1996年のシーズン途中に名古屋を離れてアーセナルの監督に就任しているが、以後、ずっとアーセナルの監督を務めているので、今年で18年目のシーズンとなる。マンチェスターUの前監督のファーガソン監督は26年半に渡ってチームを指揮してきたが、ヴェンゲル監督の18年という期間も物凄いことである。

ここ数年は主要タイトルから遠ざかっており、さらには、獲得した若手が期待に応えることができないケースも増えているので、ヴェンゲル監督に否定的な人も増えていると言う。正念場を迎えているが、世界屈指のプレミアリーグで18年間も同じチームを指揮できるというのは、普通では考えられないことである。「勝ちにこだわるだけでなく、魅力的なサッカーを繰り広げてきたから。」と言えるだろう。

■ 衝撃を与えた名古屋時代

ヴェンゲル監督が名古屋を指揮したのは、約1年半である。期間はそれほど長くは無かったが、日本サッカーに与えた影響は大きかった。日本サッカー協会は、長い間、ヴェンゲル監督のストーカーのような感じになっていて、「何とかしてヴェンゲル監督に日本代表を率いて欲しい。」という気持ちを露わにしていた時期があったが、名古屋での1年半の仕事ぶりを思い出すと、ストーカーになる気持ちも理解できる。

名古屋は2010年にリーグ制覇を成し遂げるなど、J1の中では強豪チームの1つと言えるが、Jリーグが発足した当初は強豪とは言えず下位に低迷した。1年目の1993年(10チーム制)は1stステージが9位で、2ndステージが8位で、2年目の1994年(12チーム制)は1stステージが8位で、2ndステージが12位で最下位だった。FWリネカーが怪我の影響で活躍できなかったのが痛かったが、「Jリーグのお荷物」と言われたこともある。

ヴェンゲル監督が名古屋にやって来たのは、3年目の1995年(14チーム制)だったが、低迷していたチームをわずかな期間で強豪チームに変えて見せた。1stステージの序盤こそ負けが先行したが、中盤以降、破竹の快進撃を見せて、1stステージは4位になると、2ndステージは2位と優勝争いを経験した。さらに、年末の天皇杯では、準決勝で鹿島に5対1、決勝で広島に3対0で圧勝して、クラブに初タイトルをもたらした。

■ 異次元だったストイコビッチ

この戦績だけでもヴェンゲル監督の凄さを感じることができるが、もっと重要なのは、魅力的で、エレガントで、面白いサッカーをして、サポーターを魅了したことである。1994年をピークにJリーグは急激に人気が落ち込んで、ほとんどのチームが集客で苦労するようになったが、ヴェンゲル監督が率いた名古屋は、常にスタジアムがいっぱいに埋まって、スタジアムから熱狂が失われることはなかった。

当時、よく用いられたのは、「コレクティブ」や「ディシプリン」というフレーズで、この2つが、当時の名古屋のサッカーを象徴する言葉と言える。組織的で、規律の正しいサッカーだったが、一方、ダイナミックで、フィールド上の11人全員が躍動している。当時の日本サッカー界は、ヴェルディ川崎を中心に回っており、「ブラジルスタイル」が主流となっていたが、全く異なるアプローチで王者に挑んでいった。

もちろん、ピクシーというJリーグ史上最高の選手であり、世界屈指のファンタジスタを抱えていたのは、大きかった。1995年当時のJリーグは、バブルは崩壊しつつあったが、それでも、MFドゥンガ、MFジーニョ、MFジョルジーニョ、MFレオナルド、MFサンパイオとブラジル代表のレギュラークラスの選手が何人もプレーしていたが、彼らと比べてもピクシーのプレーはワンランクもツーランクも上だった。

そして、DFトーレスとMFデュリックスの2人の存在も大きかった。DFトーレスは高さがあって、得点力があって、カバーリング能力も高い総合力の高いCBで、ボランチのMFデュリックスのオールラウンドな活躍も見事だった。Jリーグ史上でも屈指と言える優良助っ人トリオが中心となって、日本人がその脇を固めるという構図だったが、彼らのサポートの下、FW小倉、MF平野、MF岡山、DF大岩など若手も力を伸ばした。

■ サイドチェンジの鮮やかさ

ピクシーのような飛び抜けた選手がいると、頼りきりのサッカーになるというのが普通で、その方が手っ取り早いと言えるが、このときの名古屋のサッカーは、彼が周りの選手に合わせてプレーレベルを下げるのではなくて、組織的なサッカーの中で、ピクシーという天才を輝かせることに成功した。この点に関しては、「さすがは、ワールドクラスの監督である。」と脱帽するしかなかった。

創造性を発揮できるのは、ピクシーとFW小倉の2人だけで、天才肌の2人以外は、決して難しいプレーをするわけではなかったが、躍動感があって、美しいサッカーだった。「走る」というのは、サッカーの基本と言えるが、どちらかというと、泥臭いプレーである。ただ、「走る」という作業を突き詰めていくと、美しさを感じるようになる。この点は、サッカーという競技のおもしろいところであり、不思議なところである。

もう1つ、当時の名古屋を象徴するプレーと言えるのが、サイドチェンジである。ダブルボランチのMF浅野とMFデュリックスの2人から繰り出されるサイドチェンジのボールは鮮やかで、大きな展開から左サイドで待っているピクシーにボールが渡って、そこから仕掛けてたくさんのゴールシーンを生み出した。これだけサイドチェンジを有効かつ効果的に使ったチームは、Jリーグの20年の中で他にはなかった。

また、DFトーレスとMFデュリックスとルーキーだったDF大岩を除くと、ほとんどの選手が前年の2ndステージで最下位だった時に所属していた選手である。無秩序で、攻守両面でいいとこなしだったチームを率いて、結果を出しながら、魅力的なチームに作り上げたのは、実に見事だった。1人の監督でここまでチームが変わるのか、世界で評価される監督というのは、ここまでチームを変えることができるのか、と誰もが驚いた。

その後、ピクシーのもう1人の恩師であるイビチャ・オシム監督が来日して、ジェフ市原・千葉を強豪チームに押し上げたが、ヴェンゲル監督のインパクトというのは、オシム監督に優るとも劣らないものがある。当時は、ブラジル代表クラスのビッグネームにお金をつぎ込むことが多かったが、「もっと監督にお金をかけるべきだ。」という風潮が生まれた。「監督の大事さ」を日本サッカー界に知らしめた指導者とも言える。


関連エントリー

 2008/02/19  イビチャ・オシム監督がPK戦を見ることができなかった尊い理由
 2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
 2010/01/09  「わたし」が好きだったJリーガー
 2010/01/19  「Jリーグ史上最強のチームはどこか?」を考える。
 2010/01/26  【Jリーグ】 期待外れに終わった外国人選手 (1位-15位)
 2010/01/28  【Jリーグ】 地味だったけども、いい選手だったなあと思う外国人選手 (1位-10位)
 2010/01/30  【Jリーグ】 歴代の偉大だと思う外国人選手 (1位-15位)
 2010/11/21  グランパスに所属した歴代の外国籍選手の思い出
 2010/11/22  ???で理解に苦しむサッカーコラム




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4181-3f2767dc





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


03月22日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月22日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「サポーターのお小遣いの額が多いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は東京ヴェルディ、3位は横浜FC~

03月21日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「チームアイデンティフィケーションの数値が高いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は大分トリニータ、3位はコンサドーレ札幌~

03月20日
【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?

03月19日
【Jリーグ】 DAZNのサッカー中継の実況アナウンサーが酷かったという話 (ギラヴァンツ北九州戦、大分トリニータ戦)

03月19日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「アタッカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「ストライカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)

03月17日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (アタッカー編)

03月17日
【長文注意】 ハリルホジッチ監督の日本代表招集メンバー(=25人)への評価をまとめてみた。 (vs UAE、vsタイ)

03月16日
【日本代表】 ハリルホジッチ監督が本田圭佑(ACミラン)を招集した8つの理由

03月16日
【U-20W杯】 本大会の組み合わせが決定!!! ~実績では1:ウルグアイ、2:日本、3:イタリア、4:南アフリカになるが・・・。~

03月16日
【日本代表】 ハリルJAPANに召集したら面白いと思うJリーガー (1位~20位まで)

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (ボランチ編)

03月15日
【ドイツ杯準々決勝:シュポルトフロインデ・ロッテ×ドルトムント】 キレキレの状態だったMF香川真司

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (左SB編)

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (CB編)W

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (右SB編)

03月13日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (GK編)

03月13日
【日本代表】 MF本田圭佑(ACミラン)は招集するべきなのか?外すべきなのか?

03月12日
「今のハリルJAPANに召集したら面白いのでは?」と思うJリーガーを10人だけ挙げてみた。

03月12日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「ホームタウンで大きな貢献をしているクラブ」はどこだろうか?~1位は松本山雅、2位は川崎フロンターレ、3位はレノファ山口~

03月11日
【川崎F×柏】 「日本代表に選ばれて当然」と言えるプレーを続けているMF中村憲剛

03月11日
【J2】 2017年のアタリ新外国人助っ人は誰だろうか? (後編)

03月10日
「チームメイトから無視をされた。」というアビスパ福岡の選手は誰なのか?を調べてみた。

03月10日
【J2】 2017年のアタリ新外国人助っ人は誰だろうか? (前編)

03月08日
【千葉×山形】 本物感が漂うアルゼンチン出身のFWラリベイ

03月08日
【京都×徳島】 相手の脅威になるだろうベルギー出身のFWケヴィン・オリス

03月07日
【磐田×仙台】 新天地で復活を遂げつつあるFW石原直樹

03月07日
【岡山×熊本】 ゴール量産が期待されるMF豊川雄太

03月06日
【山口×福岡】 止めようがなかった規格外のFWウェリントン


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん