アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/19 【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)
 2017/09/19 【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?
 2017/09/20 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/20 【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。
 2017/09/20 【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

 2017/09/23 全記事一覧(2005年-2017年)


【千葉×G大阪】 右サイドバックとして開花した米倉恒貴 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第23節

J2の第23節。10勝4敗8分けで勝ち点「38」のジェフ千葉と、14勝1敗7分けで勝ち点「49」のガンバ大阪がフクダ電子アリーナで対戦した。千葉は徳島(A)、東京V(H)、富山(A)に勝利して3連勝中と調子を上げてきた。一方のG大阪は日本代表に召集されていたMF遠藤とMF今野が戻って来て、22節のFC岐阜戦はJ2の新記録となる8ゴールを挙げるなど、攻撃陣が好調で首位を走っている。

ホームの千葉は「4-2-3-1」。GK岡本。DF米倉、キム・ヒョヌン、山口智、高橋峻。MF伊藤大、佐藤健、田中佑、大塚、谷澤。FWケンペス。攻撃的なポジションの選手に怪我人が続出しており、MF兵働とMF深井はベンチ外となった。FWケンペスは得点ランキングでトップタイとなる13ゴールを挙げている。守備の要のDF山口智とトップ下のMF大塚の2人は古巣との対決となった。

対するアウェーのG大阪は「4-2-3-1」。GK藤ヶ谷。DF加地、岩下、丹羽、藤春。MF遠藤、今野、阿部、二川。FWパウリーニョ、平井。13ゴールを挙げているFWレアンドロが6月末で契約満了となって、7ゴールを挙げているMF倉田も怪我で長期離脱中と苦しい台所事情のG大阪はFWパウリーニョとFW平井の2トップとなった。FWパウリーニョは5ゴール、FW平井は4ゴールを挙げている。

■ 3対0で千葉が勝利!!!

試合の立ち上がりはアウェーのG大阪ペースとなって、前半11分にはMF遠藤のパスを受けたFWパウリーニョが得意の左足で強烈なシュートを放つが、クロスバー直撃で先制ならず。すると、直後の前半12分にMF大塚のスルーパスを受けた右SBのDF米倉が最終ラインの裏に抜け出して、最後は鮮やかなループシュートを決めて劣勢だった千葉が先制に成功する。DF米倉は今シーズン3ゴール目となった。

さらに前半23分には左サイドでDF高橋峻が粘ってボールを保持して前方のMF大塚にパスを送ると、MF大塚が右足で強烈なシュートを決めて2対0とリードを広げる。G大阪の下部組織出身のMF大塚は今シーズン2ゴール目で、初の古巣対決で1ゴール1アシストという活躍を見せた。その後、G大阪も何度か決定機を作るが、ゴールを奪うことはできない。前半は2対0と千葉がリードして折り返す。

後半になると、ボランチのMF遠藤が積極的に前方に飛び出すようになって、G大阪が攻撃を行う時間が長くなるが、後半13分に千葉が左サイドでFKを得ると、MF伊藤大のボールにDF山口智が合わせてダメ押しの3ゴール目を奪う。DF山口智は今シーズン3ゴール目で、こちらも古巣相手にゴールを決めた。結局、試合は3対0でホームの千葉が勝利して4連勝を飾った。一方のG大阪は今シーズン2敗目となった。

■ 古巣対決となる大塚が大活躍

チケットは2009年のFC東京以来というソールドアウトで、15,982人で埋まった昇格候補同士の対決は、3対0という意外なスコアで千葉が勝利した。ここ最近、怪我人が多く出ているので、鈴木監督はメンバーのやり繰りに苦労しているが、G大阪の下部組織出身で年代別代表でも活躍してきた23歳のMF大塚が1ゴール1アシストと大活躍を見せて、この試合のヒーローとなった。

MF大塚は2006年にアジア制覇を成し遂げたU-16日本代表でフォワードの軸としで活躍した選手である。このときは現甲府の城福監督がチームを率いており、C大阪のFW柿谷や鳥栖のMF水沼らが攻撃の中心を担ったが、MF大塚も欠かせない戦力だった。高校年代のときは将来を嘱望されていたが、G大阪のトップチームに上がってからは出場機会を得ることはできなくて、2012年3月に千葉にレンタル移籍することになった。

結局、昨オフにG大阪から千葉に完全移籍することになったが、古巣を相手にこれ以上ないほどの鮮やかな活躍を見せた。フォワードでプレーすることが多かったが、オールラウンド型の選手で、際立つ武器がなかったので、層の厚いG大阪の攻撃陣の中で埋没していたが、ここ最近、千葉ではトップ下で起用されており、ドリブルも、パスも、シュートも、何でもこなす万能性でチームに貢献している。

■ 右SBで活躍するDF米倉

先制ゴールを挙げたのは右SBのDF米倉だったが、この場面は、DFキム・ヒョヌン→MF田中佑→MF大塚→DF米倉とテンポよくパスが回って、完全に守備陣を崩した。最後のDF米倉の飛び出しも、MF大塚のスルーパスも、DF米倉のループシュートも全て完璧で、相手のG大阪のお株を奪うような見事なパスワークから先制ゴールを奪って、試合の主導権を握ることができた。

それにしても、ここ最近は、DF米倉のところからゴールが生まれるシーンが目立っていて、4連勝の立役者の1人と言える。ここ数年は右サイドハーフでプレーする機会が多かったが、シーズン途中に右SBにコンバートされて、新しいポジションで新たな一面を見せている。DF大岩やDF高橋峻がいるので、DF米倉を右SBにコンバートするというのは、なかなか予想のできないことだったが、見事にハマっている。

DF米倉は身体能力の高い選手であるが、1対1の守備でもマッチアップする選手を封じることが多くて、攻撃的な良さを発揮しつつ、守備でも力を見せている。チーム生え抜きの期待のアタッカーなので、「2列目で攻撃の中心となって、たくさんのゴールに絡むこと。」を期待しているサポーターが多いと思うが、ここ最近は、右SBでチームのストロングポイントになっている。

チームとしても、この勝利で得た勢いを持続させて、G大阪と神戸の2チームを追いかけていきたいところである。もちろん、6位以内であればプレーオフに進むことができるが、プレーオフは一発勝負なので、勝ち抜いてJ1昇格の切符を手にするのは、かなり大変であり、その難しさは千葉の選手やサポーターが、一番、良く分かっていると思うので、自動昇格となる2位以内に入って、J1復帰を決めたいところである。

■ 今シーズン2敗目となったG大阪

一方のG大阪は13節の神戸戦(A)以来の敗戦で、今シーズン2敗目となった。14節以降の9試合は8勝1分けという好成績で、独走しそうな気配もあったが、ブレーキがかかった。前半の決定機の数は同じくらいで、G大阪の攻撃も悪くなかったが、チャンスを確実にゴールに結びつけた千葉とは対照的に、G大阪はMF阿部やFW平井のシュートが惜しいところで決まらなかった。

この日のフクアリは超満員で、相変わらず、G大阪戦の入りは凄まじいものがあるが、15,982人という大観衆は千葉に追い風となった。地方のクラブでJ1昇格経験の無いチームの場合、G大阪戦が一大イベントのような雰囲気になって、「G大阪がやってくる。」とお祭り騒ぎのようになるが、大観衆の前でプレーすることに慣れていない選手が多いので、異様な雰囲気がマイナスに働いてしまう。

この微妙な心理というのは、今シーズンのG大阪が完全アウェーの試合でも結果を残している理由の1つと言えるが、千葉の場合、経験豊富な選手が多いので、大観衆で埋まったとしても、変なプレッシャーを感じることはないので、マイナスでなくて、プラスのエネルギーに変えることができた。久々にフクアリが熱気を帯びていたが、離れつつあったサポーターを、再び、引き寄せる試合になるかもしれない。

G大阪は力のあるチームで、さらに3位以下との差はまだまだ大きいので、G大阪が2位以内に入って昇格を決めるのは、間違いないと思うが、神戸と千葉というJ2の中では規模が大きくて、J1経験の豊富なクラブにアウェーで負けているのは、気になることである。初挑戦のJ2で、格下相手に確実に勝利している点は見事であるが、昇格候補と言われるチームとの対戦は勝ちきれていないことが多い。

当然、J1復帰というのが、今シーズンのG大阪の目標となるが、G大阪には高いレベルが求められるので、今度、J1に戻ったときは、1年目から優勝争いに絡むことが期待される。そのためには、J2で勝つだけではなくて、J1でも優勝争いができるレベルにチーム力を引き上げる必要があるが、こういう試合を見ると、「J1で17位になった2012年とあまり変わっていないのではないか?」という疑念も生まれてくる。


関連エントリー

 2007/12/22  【サハラカップ:G大阪ユース×柏U-18】 ファイナルを目指して・・・ (生観戦記 #21)
 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2008/12/06  【千葉×FC東京】 奇跡のエンディング
 2009/02/21  日本サッカーの未来を担うタレント60人 寸評(上)
 2009/02/21  日本サッカーの未来を担うタレント60人 寸評(中)
 2009/02/22  日本サッカーの未来を担うタレント60人 寸評(下)
 2012/12/24  ガンバ大阪は1年でJ1に復帰できるのか?




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/4156-e06bd6bb





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 川崎フロンターレの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 サガン鳥栖の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌の歴代ベストイレブンを考える。 (1998年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: