アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

 2017/07/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【NC:C大阪×鳥栖】 播戸竜二に期待したい大記録 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第6節

ナビスコカップの第6節。2勝1敗1分けで勝ち点「7」のセレッソ大阪と、1勝2敗1分けで勝ち点「4」のサガン鳥栖がキンチョウスタジアムで対戦した。ナビスコカップは残り2節となって、グループBで2位に位置するC大阪はホームで鳥栖に勝利して、さらに1勝2敗1分けで勝ち点「4」の新潟がFC東京戦で「引き分け以下」に終わると決勝トーナメント進出が決定する。

ホームのC大阪は「4-2-2-2」。GKキム・ジンヒョン。DF酒本、茂庭、藤本、丸橋。MFシンプリシオ、扇原、山口螢、枝村。FW杉本、柿谷。基本的にクルピ監督はターンオーバーをしない監督なので、この日もベストメンバーがスタメンに名を連ねた。FW柿谷はリーグ戦は11試合で6ゴールを挙げている。新外国人のFWエジノは出場停止で、FW播戸がベンチ入りを果たした。

対するアウェーの鳥栖は「4-2-3-1」。GK赤星。DF金井、小林久、坂井、磯崎。MFジョナサン、船谷、水沼、早坂、清武。FWロニ。対象的に尹晶煥監督は積極的にターンオーバーを採用する監督ということもあって、11日(土)に行われたホームの新潟戦からメンバーを大きく入れ替えてきて、2試合連続スタメンは右サイドハーフのMF水沼だけとなった。

■ C大阪が2対1で逆転勝利

C大阪が試合を優位に進めるかと思われたが、開始1分にアウェーの鳥栖が先制に成功する。CBのDF坂井がロングキックで右サイドのDF金井に大きく展開して、右サイドからペナルティエリア内のMF早坂にパスが渡って、最後は中央にポジションを取っていたDF金井が右足で決めて鳥栖が先制。前半はそのまま1対0と鳥栖がリードして折り返す。

後半はC大阪が圧倒的にボールを支配するが、鳥栖は後半21分に1トップのFWロニを下げてDF金正也を投入。5バック気味の布陣に変更して逃げ切り態勢に入る。鳥栖は勝ちパターンに持ち込んだが、後半27分にC大阪はゴール正面の少し距離のあるところでフリーキックを得ると、左SBのDF丸橋が得意の左足で直接FKを決めて1対1の同点に追い付く。

決勝トーナメント進出を決めるには勝利が必要なC大阪は後半37分にFW杉本に代えてFW播戸を投入。直後の後半41分に右サイドからDF酒本がニアに鋭いクロスを入れる。ニアサイドに入って来たFW播戸はヒールあたりで後ろに流して、その後ろに入って来たルーキーのMF南野が押し込んでC大阪が2対1と逆転に成功する。MF南野は第2節の大分戦に続いてナビスコカップでは2ゴール目となった。

結局、試合は2対1でホームのC大阪が逆転勝ち。FC東京と対戦した新潟は1対2で敗れたため、グループBは最終節を前にして鹿島とC大阪の勝ち抜けが決定した。両チームは第7節で対戦するが、鹿島が勝ち点「12」で、C大阪が勝ち点「10」なので、直接対決でC大阪が勝つとC大阪が首位通過となって、引き分け以下に終わると、鹿島が首位通過となる。

■ リーグ戦に力を注ぐ鳥栖

鳥栖はナビスコカップよりもリーグ戦に力を注いでいて、この日も、FW豊田、MF金民友、DF呂成海らはベンチスタートで、MF野田、MF藤田直、DF丹羽などのレギュラークラスはベンチにも入らなかった。昇格1年目の2012年もそういう方針だったので、リーグ戦とナビスコカップを分けて考えているチームと言えるが、今年もGLを突破することはできなかった。

こういったやり方については、否定的な人もいるだろう。C大阪は完全にベストメンバーで、鳥栖は前の試合から10人もメンバーを入れ替えてきたが、「ナビスコカップも勝ち上がってほしい。」と思っているサポーターもいるのは間違いない。だた、尹晶煥監督とクラブの上層部が話し合って方針を決めていると思うので、1つのやり方として受け入れる必要がある。

特に、今シーズンはリーグ戦で結果が出ておらず、2勝5敗4分けという成績で「15位」とギリギリのポジションに位置する。よって、リーグ戦に集中せざる得ない状況とも言えるが、代わりに出場した選手たちはそれぞれに持ち味を発揮した。ゴールに絡んだFWロニやDF金井はもちろんのこと、ボランチのMFジョナサン、センターバックのDF坂井、トップ下のMF早坂なども見せ場を作った。

これだけメンバーが入れ替わっても、それなりの試合が出来るというのは、尹晶煥監督の指導力の高さを示していると言えるが、鳥栖の中で絶対的な存在というのは、FW豊田とMF藤田直の2人くらいで、それ以外のポジションに関しては、盤石とは言えないので、この試合でスタメン起用された選手はレギュラー獲得のチャンスがある。勝ち点にはつながらなかったが、収穫は少なくなかった。

気になったのはボランチのMFジョナサンで、1994年8月生まれなのでまだ18歳であるが、体も出来ていて、18歳には見えない。プレシーズンマッチのFC東京戦ではスタメンで起用されたが、リーグ戦では出番がないので、十分な活躍はできていないが、サイズがあって、展開力もあって、Jリーグではそれほど多くないコロンビア出身のボランチは、面白い存在になるかもしれない。

■ DF丸橋がFKで同点ゴール

一方のC大阪は開始早々に失点を喫したが、後半に2点を奪って決勝トーナメント進出を決めた。6節の鳥栖戦と7節の鹿島戦のどちらかで勝ち点「3」を奪うことが出来ると、2位以内の可能性が極めて高くなる有利な状況だったが、最初の試合で勝ち点「3」を奪った。鳥栖が5バック気味の布陣に変更した後に逆転したというのは、自信につながるだろう。

同点ゴールはDF丸橋の直接FKだったが、今シーズンはセットプレーから全く点が獲れていなかったので、待望のゴールとなった。伝統的にC大阪というチームはセットプレーを苦手にしているが、近年は、MF清武がいて、MFキム・ボギョンがいて、MF扇原がいて、五輪代表やフル代表でプレイスキッカーを任されるような選手を抱えているにも関わらず、セットプレーからのゴールが極めて少ない。

「高さが無い。」というわけでもないので本当に不思議であるが、DF丸橋のFKからのゴールによって、「直接FKからゴールを決める力がある。」と対戦相手に思ってもらえると、ドリブルのできる選手というのは多いので、相手チームにはプレッシャーになるだろう。スピードもコースも完ぺきなFKだったが、ただの1点にとどまらない効果をもたらすことも十分に考えられる。

■ FW播戸が同点ゴールに絡む

決勝ゴールのシーンはFW播戸の飛び出しが早かったので、オフサイドのように思える。よって、鳥栖にとってはアンラッキーなジャッジとなったが、あの位置に入ってくることができるのは彼のいいところで、FW杉本やFWエジノにはできないプレーである。FW杉本には、ああいった際どいところに飛び込んでいくプレーをもっと増やしてほしいところであるが、そう簡単には会得できないプレーだと思われる。

FW播戸はG大阪でキャリアをスタートさせており、1999年のワールドユースの準優勝メンバーの1人である。アジア予選のときはレギュラーで起用されていて、決勝の韓国戦ではゴールも決めたが、本大会では現横浜FCのFW永井がメンバーに入って来たのでサブに回って世界大会では活躍することはできなかった。とはいっても、黄金世代を代表するストライカーである。

出始めの頃は、「岡野2世」と表現されるほどスピードがウリの選手だったが、うまくプレースタイルを変えていって、ボックス内で勝負できるストライカーになった。若い頃はスピードがあったので、ここ最近の動きを見ると、「衰えてきたかな・・・。」という感じもするが、使い方次第では、今でも十分に戦力になることをこの試合で証明することが出来た。

「やんちゃ坊主」というイメージが強いが、彼も33歳になってキャリアも晩年に差し掛かっている。今シーズンはリーグ戦の出場はないので、数字を積み上げることは出来ていないが、J1では313試合に出場して87ゴールを挙げている。87ゴールという数字は、G大阪時代のチームメイトで、現役の日本代表でもあるMF遠藤保仁と同じゴール数で歴代19位タイに相当する。

NPBでは200勝と2000本安打の2つが偉大な記録とされていて、記録達成間近の選手がいると大きな注目を集めるが、Jリーグの場合は100ゴールというのが大きな数字で、これをクリアしているのは、中山(磐田)、三浦知(川崎)、前田(磐田)、マルキーニョス(横浜FM)、ウェズレイ(名古屋)、佐藤寿(広島)、ジュニーニョ(川崎F)、エジミウソン(新潟)、柳沢(鹿島)、藤田(磐田)の10人だけである。

個人的には、FW播戸には何としてでも100ゴールに到達して欲しいと思うが、最近はチャンスが少ないので、なかなか100ゴールに近づくことができない。まずは、クルピ監督の信頼を勝ち取って、「常時、ベンチに入ること。」が最初のステップとなるが、この試合ではいいアピールが出来たので、今度は、リーグ戦でゴールに絡む活躍を期待したい。


関連エントリー

 2011/01/13  キングKAZUを超える選手
 2011/03/29  【日本代表×Jリーグ選抜】 スーパースター・三浦知良
 2011/04/01  独断と偏見で選んだ KING KAZU ベスト10ゴール
 2011/06/26  中田英寿のいた18年前のU-17世界選手権
 2011/07/15  1999年 黄金世代が世界一に近づいたとき
 2011/08/23  【清水×C大阪】 FW播戸竜二 ハットトリックもドロー
 2011/09/11  【C大阪×広島】 FW播戸竜二が神になった日
 2012/12/28  【Jリーグ】 セットプレーからのゴールが多かったチーム (攻撃編)
 2012/12/29  【Jリーグ】 セットプレーからのゴールが多かったチーム (守備編)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3881-efc2f1ae





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん