アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/22 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/23 全記事一覧(2005年-2018年)


【天皇杯:岡山×富山】 4年ぶりの岡山訪問 (生観戦記_後編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ kankoスタジアム

kankoスタジアム(=岡山県総合グラウンド陸上競技場)は、1957年にオープンした歴史のある陸上競技場で、1962年と2005年の岡山国体のメイン会場になっている。2005年の国体を開催するにあたって、大規模な改修が行われており、収容人数は20,000人と発表されている。

岡山駅の近くにあるので、街の中心地にあるスタジアムであるが、周辺は緑に囲まれていて、国体用に作られた競技場とは思えないほど、恵まれた環境である。同じ敷地内に、野球場や武道館もあるので、敷地内に入ってからkankoスタジアムに着くまで、結構な距離があるのはマイナスポイントであるが、それ以外では、大きな問題は感じない。

     #8 スタジアム周辺(1)
岡山(8)


寄ってみると、外観もキレイで、古臭さは感じない。すぐ近くには、「津島遺跡」もあって、なかなか趣のあるスタジアムである。尾崎商事とは、『5年契約で年間1,000万円』という契約を結んでいるというが、これくらいの額であれば、十分に元が取れるのでは?と思う。

     #9 スタジアム周辺(2)
岡山(17)


■ 天皇杯の2回戦

この日は、ファジアーノ岡山とカターレ富山の対戦となった。ともにJ2のクラブで、2009年に同時にJ2に昇格してきた同期生であるが、今シーズンの成績は対照的で、岡山は10位とプレーオフを狙えるポジションに付けているが、富山は勝ち点「22」で最下位に沈んでいる。

J2は、FC岐阜・鳥取・町田・富山の4チームで激しい残留争いが行われていて、19位のFC岐阜が勝ち点「26」、20位の鳥取が勝ち点「24」、21位の町田が勝ち点「23」、22位で最下位の富山が勝ち点「22」なので、わずかな差である。

富山としては、JFL降格の危機が迫っているので、天皇杯に力を注いでいる状況ではないが、プライドもあるので、1つでも上に進んで、存在感を発揮したいところである。

     #10 アウェーサポーター
岡山(11)


■ 両チームのスタメン

ホームの岡山は「3-4-2-1」で、GK真子。DF篠原、後藤、植田。MF千明、大屋、田中、服部、三村、関戸。FWチアゴというスタメンで、GK中林、DF竹田、MF澤口、MF金民均、MF石原、FW川又らが不在で、控え組が中心のメンバー構成となった。

対する富山は「3-4-2-1」で、GK守田。DF池端、福田、吉川健。MF森、大西、國吉、舘野、木村、西川。FW木本というスタメンで、FW苔口、MF朝日らがベンチスタートとなった。こちらも32節の愛媛FC戦から5人の選手を入れ替えてきた。

     #11 試合前
岡山(12)


■ 岡山が2対0で勝利

試合は立ち上がりからホームの岡山のペースとなる。左サイドのMF三村が積極的にドリブルで仕掛けて攻撃をリードする。しかしながら、コンビネーション不足もあってパスミスも目立つ。対する富山は、右WBのMF國吉のところから、何度かいい形を作るが、なかなか決定機は作れず。前半は0対0で終了する。

先制したのはホームの岡山で、後半8分にMF田中が倒されてPKを獲得すると、これをFWチアゴが落ち着いて決めて岡山が先制に成功する。その後、岡山は、FW川又とMF石原を投入し、前線にパワーを注入すると、後半31分にセットプレーからMF関戸のキックをDF後藤がヘディングで決めて2対0とリードを広げる。

ビハインドの富山は、FW苔口とMF朝日を投入し、終盤は何度か決定機を作ったが、決めることはできず。結局、試合は2対0で岡山が勝利して、3回戦に進出を決めた。3回戦は10月10日に富山県総合運動公園陸上競技場でJ1の名古屋と対戦する予定になっている。

     #12 ホーム側のサポーター
岡山(10)


■ 新戦力が活躍

両チームとも、主力数名を休ませており、コンビネーション不足のところがあったが、岡山が地力の差を見せつけて、2対0で勝利した。PKとセットプレーからのゴールだったが、FW川又とMF石原を投入した後は、カウンターを中心に流れの中でもいい形を作って、3点目を挙げるチャンスもあった。

この試合は、大卒2年目のMF三村、大卒ルーキーのMF田中、神戸から獲得したMF大屋など、リーグ戦で出番の少ない選手にチャンスが与えられたが、まずまずのプレーを見せた。終盤戦に向けて選手層を厚くする必要があるが、期待に応えるプレーを見せたといえる。

FC東京のユース出身で右WBで起用されたMF田中は、先制のPKを奪取する働きを見せたが、サイドでボールを持ったときの突破力には、観るべきものがある。MF澤口はバランス感覚に優れた選手で、かなりタイプは異なるが、得点の欲しいときは、MF田中を起用するのも、面白いと思う。

MF三村については、ここ最近、リーグ戦でも途中出場するケースが増えているが、スピードと突破力は武器になる。積極的にドリブルで仕掛けることができるので、途中出場で流れを変える働きができる選手と言える。岡山の2列目は、MF金民均、MF石原、MF関戸の3人が力を付けてきたので、ポジション争いは熾烈であるが、結果を残して出場のチャンスを増やしたいところである。

     #13 試合終了
岡山(14)


■ 右WBのMF國吉

一方の富山は、長身のMF西川をスタメンで起用して、MF西川のところにロングボールを送る作戦でチャンスを作ろうとしたが、味方のフォローも少なくて、決定機に結びつくことはなかった。ショートパスで崩すサッカーには、限界があるので、MF西川のような選手は攻撃のアクセントになりうるが、期待されたようなパフォーマンスは見せられなかった。

チャンスになりかけたのは、右WBのMF國吉がボールをもったときである。安間監督はウイングバックのポジションに攻撃的な選手を起用することが多いが、この日も、右サイドでMF國吉がボールを持ったときは、決定機につながりそうな雰囲気はあった。

ただ、MF國吉はせっかくいい左足のキックを持っているにもかかわらず、右足でクロスを上げて攻撃が終了するケースもあって、右WBに置いている意味はあまり感じられなかった。鳥栖から移籍して間もないが、チームに馴染んでいるように思うので、MF國吉は2列目で起用するのがベターではないか。

     #14 アウェーゴール裏
岡山(13)


■ リーグ5位の動員力

ということで、試合は2対0でホームの岡山が勝利して3回戦に進出した。3回戦は富山での試合ということで、岡山のサポーターも、名古屋のサポーターも、試合を観に行くのは大変な中立地での試合となったが、J1のビッグクラブと試合ができるチャンスはめったにないことなので、岡山にとっては、大きな舞台である。

今シーズンのJ2の観客動員数のランキングを見ると、1位は甲府で9,926人、2位は松本山雅で9,823人、3位は大分で9,424人、4位は千葉で8,981人、5位が岡山で8,068人となっており、岡山はJ2の平均(=5,664人)を大きくオーバーしている。

理由の1つは、人口の密集したところにあるクラブである点が挙げられる。岡山市の人口は約71万人で、倉敷市が約48万人なので、合わせると100万人をオーバーする。女子サッカーの岡山湯郷Belle、女子バレーの岡山シーガルズもあるが、お客さんを取り合うような競合するプロスポーツは存在しないので、この点は、ファジアーノ岡山の強みと言える。

また、kankoスタジアムのアクセスが優れている点も、無視できない要素である。岡山駅からは約15分で、倉敷駅からスタジアムに向かっても30分強なので、ストレスを感じない距離である。J2のクラブのホームスタジアムは、僻地にあるところが多くて、それはそれで雰囲気はあるが、毎度のことになると、近い方がいいのは当たり前である。

     #15 ファジアーノ岡山
岡山(18)


■ スタジアムの一体感

もう1つ、kankoスタジアムはかなり一体感があるので、「みんなでファジアーノを応援している。」という仲間意識を共有できる点も、動員力に貢献しているのではないかと思う。この日の観衆は3,277人なので、普段のリーグ戦の1/3強と言えるが、3,277人とは思えないほど、大きな歓声で選手たちを後押していた。

前半はバックスタンドの中央付近で試合を観戦して、ハーフタイムに大粒の雨が降ってきたので、後半からメインスタンドのホーム寄りに移動したが、メインスタンドの盛り上がりは、相当なものだった。天皇杯を観に来るくらいなので、かなりコアなファンが集まっていたと思うが、それでも、普段の1/3強の人数でこのボリュームなので、1万人くらいが集まったら、どうなるのかと思うほどであった。

kankoスタジアムがどういう構造になっているのか、詳しいことは分からないが、声が反響しやすい作りになっているのは、間違いないだろう。ノーマルな陸上競技場の場合、声援が上空に流れてしまって、せっかくのサポーターの応援がピッチ上の選手に届かないこともあるが、kankoスタジアムはうまく作られているように思う。

     #16 津島遺跡
岡山(20)


また、バックスタンドのサポーター集団とメインスタンドの観衆の融合具合も、なかなかのレベルである。ゴール裏であったり、バックスタンドにいるコアなサポーターだけが大きな声を出して、それ以外のエリアの人は、「静かに試合を見守っている。」というパターンは非常に多いが、kankoスタジアムでは、「コアなサポーターとそれ以外」という線引きはされていない。

初めてサッカー場に来たとき、何をすればいいのか、どこを観ればいいのか、戸惑う人が多いという。そうなると、疎外感を感じてしまって、リピーターにはなりずらいが、そういう視点で言うと、kankoスタジアムの雰囲気は、初めてサッカーを観に来た人にも、優しい環境と言えるのかもしれない。

当然のことながら、サッカー専用であったり、球技専用のスタジアムの方が、臨場感が生まれて、サポーターを集めやすいが、簡単には、陸上競技場から専用スタジアムに置き換えることはできない。となると、陸上競技場のままで、どこまで、スタジアムを魅力的に出来るかが、重要になってくるが、kankoスタジアムの雰囲気は、いい線を行っているように思う。これも、このクラブの財産なのかな?と岡山駅へ向かう帰り道で感じたのであった。

     #17 帰路
岡山(19)



関連エントリー

 2008/08/04  【JFL:岡山×鳥取】 ファジアーノが羽ばたくとき (生観戦記 #10)
 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2010/02/03  ファジアーノ岡山の1つの宣言
 2012/05/02  【岡山×草津】 プチ・バルセロナのサッカー
 2012/08/29  魅力的なフットボールを見せる4年目のファジアーノ岡山
 2012/09/12  【天皇杯:岡山×富山】 4年ぶりの岡山訪問 (生観戦記_前編)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3293-1a3a08bf





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: