アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/04/22 【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話
 2017/04/23 【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?
 2017/04/23 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)
 2017/04/24 『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?
 2017/04/24 【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)
 2017/04/26 【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 22クラブの中で「ここから浮上していくチーム」はどこだろうか?
 2017/04/27 【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について
 2017/04/27 【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

 2017/04/27 全記事一覧(2005年-2017年)


【日韓W杯】 あれから10年 (ロシア戦) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

6月9日になりました。初戦のベルギー戦からは中四日の試合で、20:30キックオフとなりました。初戦でベルギーから勝ち点「1」を獲得した日本にとっては、非常に大事な試合で、注目度も高くて、この試合を中継したのはフジテレビ系列の視聴率は、歴代3位となる66.1%を記録しました。

日本の入ったグループHの初戦は、日本とベルギーの試合が2対2の引き分けで、ロシアはチュニジアに2対0で勝利しました。よって、ロシアが勝ち点「3」で、日本とベルギーが勝ち点「1」で、チュニジアが勝ち点「0」で最下位というスタートになりました。ロシアは、日本に勝つと勝ち点「6」となって、決勝トーナメント進出が決定します。




当時のロシアの中心選手は、スペインリーグのセルタで活躍していたゲームメーカーのモストボイと、サイドプレーヤーのカルピンの二人で、大会前から、「この二人をどう封じるのか?」が、話題を集めていました。しかしながら、モストボイは、怪我のため、この試合に出場することはできませんでした。

日本にとってはラッキーでしたが、振り返ってみると、フランスW杯のときは、クロアチアのボバンが日本戦に出場できず、南アフリカW杯のときも、オランダのロッベンが怪我で日本戦は欠場となりました。よって、これまでのW杯は、相手の中心選手が怪我等で出場できないことが多くて、運にも味方されてきたといえます。

「悪くても引き分け。できれば勝ちたい。」という心理状態の日本は、右アウトサイドに市川大祐ではなくて、明神智和を起用してきました。当時のトルシエ監督は、ウイングバックに専門ではない選手を起用することがほとんどで、伊東輝悦や望月重良や明神智和といったボランチが専門の選手を右アウトサイドで起用することを好みました。

その中でも、明神智和はトルシエ監督に重宝された選手で、「3人の天才と、8人の明神がいればチームは勝てる。」と表現したほど、チームプレーヤーとして、明神智和のことを評価していました。左サイドアウトサイドには、中村俊輔や小野伸二といったゲームメーカーを起用することが多かったので、バランスを取る仕事も期待されましたが、明神智和は求められた仕事を高いレベルでこなして、信頼を勝ち取りました。




運命の試合は、20:30にキックオフされましたが、前半は、落ち着いた試合になりました。初戦のベルギー戦は、ロングボールが多くて、単調な攻撃に終始したトルシエジャパンですが、この日は、ボランチの戸田和幸と稲本潤一のところにボールが渡って、ショートパスで展開するシーンも見られます。

2試合目ということで、選手は大舞台に慣れてきたようで、軽快な動きを見せますが、光ったのは、左ストッパーの中田浩二です。前半28分には、オーバーラップからゴール前にクロスを送って、フリーの中田英寿が決定機を迎えますが、中田英寿の左足のシュートはクロスバーを大きくを超えて、前半の最大のチャンスを逃してしまいます。

帝京高校時代からスター選手だった中田浩二も、トルシエ監督に重宝された選手で、「秘蔵っ子」と言えます。後に、トルシエ監督がフランスリーグのマルセイユの監督に就任したときも、中田浩二をチームに加入させて、試合で起用していますが、「精度の高いキック」と「高い戦術理解度」で、トルシエジャパンの中心選手となりました。




0対0で迎えた後半6分に、ついに歓喜の瞬間が訪れます。起点となったのは、またしても、攻撃参加した中田浩二のクロスで、中央に送ったボールを柳沢敦がダイレクトでゴール前の稲本潤一に落とすと、稲本潤一は落ち着いたコントロールから右足でシュートを決めて、1対0とリードを奪います。

このシーンは、オフサイドか、オフサイドではないのか、微妙なプレーでしたが、副審の旗は上がらず、ゴールが認められました。日韓W杯は「誤審の多い大会」で、大会期間中からレフェリーの判定に大きな注目が集まりましたが、オフサイドを取られても、文句は言えないくらい、どちらとも取れるシーンでした。

このゴールをアシストした柳沢敦は、ベルギー戦でも、稲本のゴールをアシストしているので、2アシストとなりましたが、この大会は、チャンスメーカーとして、期待通りの活躍を見せました。「3-4-1-2」で、柳沢敦と鈴木隆行という2トップがレギュラーとなりましたが、相性が良くて、代表戦では「不敗神話」を作りました。

ともに、献身的なプレースタイルが持ち味でしたが、守備もこなして、ポスト役にもなれて、裏に飛び出すスピードも持っていました。「得点力」という意味では、他国のフォワード陣と比べると見劣りしましたが、中盤の5人の能力を引き出すプレーもできるので、ベストコンビとなりました。




1点をリードした終盤は、中山雅史、服部年宏、福西崇史というジュビロ磐田に所属する選手を次々に投入して、逃げ切りを図りました。当時のジュビロ磐田は、Jリーグでは「最強の称号」を欲しいままにしていましたが、トルシエジャパンは、中田英寿、小野伸二、稲本潤一という海外組が中心となったので、ジュビロ磐田の選手が活躍する機会は、限定的でした。

この3人以外にも、2001年のJリーグMVPの藤田俊哉も充実したプレーを見せていたので、「もっと、ジュビロの選手を有効に使えないのか?」という声は、最後まで消えませんでした。確かに、当時のジュビロ磐田は、強さと美しさを両立させており、ほぼ日本人だけで、黄金時代を築きました。もしかしたら、当時のトルシエジャパンよりも、チーム力は「上」だったのかもしれませんが、中田英寿、小野伸二、稲本潤一を外すことは難しいので、仕方がないと言えるでしょう。

後半23分にベスチャスニフが決定機を迎えるなど、危ないシーンもありましたが、何とか逃げ切って、1対0で勝利して、ついにW杯で初勝利を飾りました。勝ち点「1」を獲得したベルギー戦、初勝利を飾ったロシア戦と、トルシエジャパンは、一歩ずつ前進して、決勝トーナメント進出が手の届くところまで来ました。




この試合でヒーローとなったのは、またしても、稲本潤一でした。値千金の決勝ゴールを決めただけでなく、守備でも奮闘して、チームの勝利に大きく貢献しました。アーセナルでほとんど出番がなかったので、コンディション不良が心配されていましたが、不安の声を一掃するハイパフォーマンスでした。

また、大黒柱の中田英寿も質の高いプレーを見せました。セリエAでもスター選手となっていた中田英寿は、このチームの中では、経験も、実績も、頭一つ抜けた存在でしたが、「森島寛晃がトップ下に入った方がチームは機能する。」という声も多くて、実際に、中田英寿が欠場した2000年のアジアカップが、「史上最強チーム」と言われています。

「3-4-1-2」のトップ下は、相手のマークが厳しいポジションですが、中央でボールを受けて仕事をする中田英寿よりも、動き回って味方にスペースを作って、自らもゴール前に入って行くことのできる森島寛晃が入った方が、流動的な攻撃が出来るので、機能性は高かったのですが、トルシエ監督は、中田英寿を起用しました。

残念ながら、初戦のベルギー戦で捻挫をして、これがかなりの重症だったようで、日韓W杯では、突出したプレーは見せられませんでしたが、ロシア戦では、痛みに耐えて、決定機に絡みました。後半26分には、ドリブルから強烈なシュートを放って、クロスバーに直撃するというシーンを作りましたが、ここのシーンは、ハイライトの一つです。




そして、忘れてならないのが、宮本恒靖です。初戦のベルギー戦でキャプテンの森岡隆三が負傷して、以後、大会に出場することが出来ませんでした。高さや強さといった点では、かなり見劣りするので、宮本恒靖の起用については、不安視する声が多くて、本人もかなりのプレッシャーを感じたと思いますが、見事なラインコントロールを見せて、完封勝利に貢献しました。

ベルギー戦は、2ゴールとも、オフサイドトラップのミスを突かれて失点を喫したので、ディフェンスラインの選手は、責任を感じていたと思いますが、ロシア戦の前に、選手達が自主的に、「無暗にラインを上げない。」というルールを作ったと言われています。トルシエ監督は、「ラインコントロール」に命を懸けていたところがあるので、勇気のいる決断だったと思いますが、結果的には、成功したといえます。

これで、1勝1分けで勝ち点「4」となった日本は、このあと、6月14日に長居スタジアムでチュニジア代表と対戦します。ロシア戦の翌日に行われたベルギーとチュニジアの試合は、1対1の引き分けに終わったので、日本が勝ち点「4」、ロシアが勝ち点「3」、ベルギーが勝ち点「2」、チュニジアが勝ち点「1」となりました。

得失点差は日本が「+1」、チュニジアが「-2」なので、仮に、日本がチュニジアに1点差で敗れて、勝ち点「4」で並んだとしても、得失点差でチュニジアを上回ることができるので、「チュニジアに1点差で負けでも、2位で通過できる。」という非常に有利な状況となりました。


関連エントリー

 2009/02/24  フランスW杯 直前でカズを外した岡田監督の選択は正しかったと思いますか?
 2009/08/31  トルシエがゴン中山を召集した理由
 2010/01/11  【S・ジュビロ×A・ジャポーネ】 名波浩選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2010/01/21  ドイツ・ワールドカップの忘れ物
 2011/01/28  「信頼できるライター」と「信頼できないライター」
 2011/06/26  中田英寿のいた18年前のU-17世界選手権
 2012/06/04  【日韓W杯】 あれから10年 (ベルギー戦)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3206-94f2ad78
-
管理人の承認後に表示されます
2012/06/10(日) 12:46:47 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

04月27日
【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

04月27日
【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について

04月26日
【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?

04月24日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?

04月23日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月23日
【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?

04月22日
【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話

04月22日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月22日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月21日
【J2】 「お粗末だった。」と言える横浜FCのオウンゴールの場面

04月21日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【Jリーグ】 54クラブの中で「ノビシロの大きいクラブ」はどこだろうか?

04月19日
【Jリーグ】 「空中戦に強いCB」というと誰になるだろうか?

04月19日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月17日
【Jリーグ】 「ビルドアップ能力が高いサイドバック」というと誰になるだろうか?

04月16日
【J3】 17クラブの中で「面白いサッカーをしているクラブ」はどこだろうか?

04月16日
【J2】 残念だった高卒ルーキーのMF高橋壱晟(ジェフ千葉)のダイブ→PKについて

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (後編)

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (前編)

04月14日
【J2】 ジェフ千葉の奪オフサイド数がいくら何でも多すぎる件

04月14日
「現代のJリーグを代表するドリブラー」というと誰になるだろうか?

04月13日
【UEFA CL:ドルトムント×モナコ】 爆弾事件にも負けず!!MF香川真司は1ゴール1アシストの活躍。


04月07日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん